爪 ボコボコ 理由。 爪で親指だけでこぼこの場合の原因と対処法について

爪がボコボコになる11の原因と病気!爪で健康状態をチェックしよう!

爪 ボコボコ 理由

爪は皮膚が硬化したもので、乾燥など日常生活上の原因によって爪が割れることや、でこぼこした状態になることがありますが、病気が原因で起こる場合もあります。 白く濁り始めて、表面がでこぼこするようになった。 周りにも同じ症状の人がいる• 急に爪の付け根の皮膚に膨らみができて、放っていたら爪の表面に縦方向の溝ができた• 最近になって爪が凹型のように反り返るようになった こういった場合に考えられる原因とは一体何なのでしょうか。 爪にでこぼこが生じる病気 爪がでこぼこする病気としては、主に以下のようなものがあります。 爪 白癬 はくせん 白癬とは、一般的にと呼ばれている病気のことで、白癬菌というカビ(真菌)に感染することで起こります。 多くは皮膚に感染しますが、爪に感染することもあります。 また、足の爪に感染することが多いですが、手の爪に感染することもあります。 爪に感染すると爪が白く濁るほか、爪が分厚くなります。 進行するとボロボロになり、欠けてでこぼこした状態になることもあります。 指粘液 嚢腫 のうしゅ 指とは、指にゼリー状の粘液が詰まった膨らみが生じる良性の病気です。 指の甲側に膨らみが生じることが多く、通常膨らみは無症状ですが、大きくなると痛みが現れる場合があります。 また、爪の付け根部分に膨らみが生じた場合、その膨らみの圧迫によって爪に縦に走る溝が生じたり、爪の根本あたりが陥没して爪がでこぼこした状態になることがあります。 波板状爪 波板状爪とは、爪の表面に次々と横溝ができて波打ったようにでこぼこした状態になる状態を指します。 爪の根本の皮膚( 後爪郭 こうそくかく )を習慣的に押すことが原因とされ、特に親指に生じることが多いといわれています。 匙状爪 さじじょうづめ 爪が反り返った状態を匙状爪といい、別名「」とも呼ばれています。 指の先端の掌側(指の腹)に日常的に力が加わることが原因とされ、親指・人差し指・中指に生じることが多いといわれています。 などを起こしている場合、爪が正常のときと比べて弱くなることから、匙状爪になりやすい傾向があります。 受診の目安とポイント 常に爪がでこぼこしている、爪のでこぼこに加えて爪が白くなった、爪周りの皮膚に赤い皮疹がある、爪の付け根部分に膨らみがあるなどの場合には、病院を受診することを考えましょう。 受診に適した診療科は皮膚科です。 診察時には、症状が出はじめた時期、きっかけはあるか(銭湯やプールに行ったなど)、同じ症状をもつ人が周りにいるか、普段どのように指先を使うことが多いかどうかなどを医師に伝えましょう。 日常生活上の原因と対処法 指先の乾燥や化学物質による刺激など、日常生活上の原因によって爪がでこぼこすることもあります。 指先の乾燥 爪の下にある皮膚( 爪床 そうしょう 部)から爪に絶え間なく水分が補給されています。 しかし、指先が乾燥すると皮膚の水分量が減少し、それに伴って爪への補給量も減少します。 爪の水分量が不足すると爪が脆くなるために、外からの力などによって爪の表面が剥がれる、でこぼこするといった爪の変化が生じることがあります。 指先の乾燥を感じたら 指先の乾燥を感じたら、爪を含め指先の保湿を積極的に行いましょう。 保湿の方法としては、保湿クリームを塗る、爪用のマッサージオイルを使用して爪を優しくマッサージするなどにより、効果が期待できます。 また、爪に除光液を多用しない、石鹸を過度に使用して手を洗わないなど、乾燥予防も同時に実施していきましょう。 水仕事が多い 過度な水仕事でも、乾燥による爪の水分量の減少や、洗剤などに含まれている化学物質の刺激などによって、爪が脆くなりやすく、爪が割れたり表面が剥がれたり変形することがあります。 水仕事の際に気をつけたいポイント 水仕事のときには、ゴム手袋を使用するとよいでしょう。 また、水を使用したあとは乾燥した状態になっています。 水仕事のあと、手洗いのあと、お風呂のあとなど、水を使用したあとには保湿クリームを塗るようにするとよいでしょう。 よくならないときには 上で挙げた対策をとっても改善がみられない場合には、何らかの病気が原因になっているかもしれません。 一度、病院で診察してもらいましょう。 対策をとるのが難しい場合にも病院を受診し、医師に相談するのがよいでしょう。

次の

爪が割れる・でこぼこする原因|栄養不足や病気の可能性。ケア方法は?

爪 ボコボコ 理由

縦線でこぼこの原因と対策 【原因】 縦線でこぼこの原因は、主に「」があげられます。 肌と同じように、爪も乾燥に弱いと言われています。 オイルをハケで塗りこむことで、爪周りをピンポイントで潤わせることができます。 爪の周りの皮膚に揉み込むように塗布してください。 ハンドは手がベタベタするから何回も塗りたくない、という方にもおすすめです。 ネイルオイルはさまざまなタイプがありますが、自分の使いやすいものを選んでみてください。 その後でハンドクリームを塗って、手と指先の乾燥を防ぎ、保護しましょう。 さらに、食器洗いやの洗剤は、肌や爪の負担になることがあるとされています。 手が荒れやすい方はゴム手袋をするようにしましょう。 また、水回りの家事をした後はその都度、ハンドクリーム+ネイルオイルを塗って爪のをすることを心がけてください。 ハンドドライヤーで乾かしたり手を振って自然乾燥させたりすると、手に残った水分が蒸発する際に爪も乾燥しやすくなると言われています。 なるべくハンカチを持ち歩いて、使うようにしましょう。 横線でこぼこの原因と対策 【原因】 横線のでこぼこは、爪の根元にダメージを与えたか、栄養不足が原因で健康的な爪が作られなかった場合に起こると言われています。 一度できた爪に横線が入るのではなく、最初から横線の入った爪が生えるようです。 爪には、爪母(そうぼ)という爪を作る「工場」があります。 この爪母で作られた爪が、徐々に伸びていくのですが、この工場の役割がうまくいっていないときに、横線が入った爪ができあがると言われています。 そのため、爪に直接何かしらの負担を与えたか、体内のリズムの乱れや栄養状態などにより、爪母の役割が十分に果たせなくなってしまった場合などが考えられます。 具体的な例として、下記の4つなどが考えられます。 甘皮を処理すると爪の形が整って見えて印象が良くなるというメリットがありますが、適当にやってしまうと爪を傷つけてしまう恐れがあります。 甘皮は本来、爪を保護するためにあるものなので、無理矢理はがすのではなく、あくまではみ出た余分なものだけを取るように心がけましょう。 具体的には、プッシャーで押しすぎないようにすることと、ガーゼで拭き取る際に力を入れすぎないようにすることです。 甘皮処理を含めたネイルケアメニューは、サロンによって価格は異なりますが、3,000円前後でできるようです。 食生活の乱れに心当たりのある方は、まず主食・主菜・副菜を意識して、そこに健康的な爪のために不足したくない栄養素を含む食材を加えてみると良いでしょう。 健康的な爪のためには、特にたんぱく質とビタミン類を意識して摂るようにしましょう。 睡眠は長さよりも質が大事なので、長時間寝ればいいというものでもないのですが、短すぎるのもよくありません。 しっかりと睡眠時間を取るように心がけてください。 また、毎日きちんと睡眠を取り、生活のリズムを整えることが大切なので、「寝だめ」をするよりも、同じような時間帯に、同じくらいの時間寝るように心がけましょう 4. でこぼこ爪のお手入れ方法 やすりで磨くことで、気になるでこぼこを目立ちにくくすることができます。 最後に紹介した湾曲爪の場合は、爪の状況によっては控えた方が良いこともあります。 4-1. 使用する道具 バッファーとシャイナーの2つを用意します。 バッファーは爪の表面を削って凹凸をなめらかにし、シャイナーは仕上げに磨くことで爪をピカピカに見せてくれる道具です。 スポンジ状で厚くなっていて、削りすぎを防ぎやすいとされています。 また、商品名に数字が書いてある場合は、グリッド数といって、「数字が低い=目が粗い」です。 爪のでこぼこ具合が大きく、目につくという方は100~180程度、細かいでこぼこが気になるという方はそれ以上の数字を目安にしましょう。 様々な商品がありますので、お好みで選んでください。 4-2. ピースをしてからはさんであげると分かりやすいです。 親指と人差し指で挟むと、力が入り過ぎて爪が薄くなってしまいがちなので注意しましょう。 ほとんどの商品には2つのグリッド数が書いてあり、表面・裏面によって粗さが異なります。 触ってみると粗さの違いが分かるかと思いますので、最初に粗い方で削り、その後細かい面で削ると、だんだん平らになりやすくなります。 スポンジバッファーの段階で爪の表面が粗くなっている場合は、シャイナーを使ってもなめらかにはなりませんので、その場合は数字の大きい細かいスポンジバッファーでなめらかになるまでこすってください。 また、爪を整えた後には、爪を保護する役割を持つネイルを塗っておくのもよいでしょう。 最後に 再度お伝えしますが、爪は「健康のバロメーター」とも呼ばれるパーツとされています。 身体は自分の食べたものと行動から作られますので、自分の日常を一度思い返してみましょう。

次の

爪がボコボコと変形!原因は病気?治し方、治療法についても!

爪 ボコボコ 理由

必ずしも、これらが原因とは限りません。 爪母の刺激などにより、でこぼこした爪が生えてくる場合もありますので、皮膚科で診てもらいましょう。 爪を噛んだり、むしるのも原因となる 爪母への刺激や栄養不足と違い、爪を噛む癖がある方は、でこぼこになりやすいといえます。 また、爪をむしるなどの行為も影響を与えます。 爪を噛む• 爪をむしる• 甘皮処理のしすぎ• マニキュアやリムーバーによる爪への負担 このような原因も考えられます。 心当たりがないか振り返ってみましょう。 爪のでこぼこの改善策4つ 爪のでこぼこは、見た目も気になるので早く治したいですよね。 栄養のとれた食事を心がけること以外にも改善策があります。 ここでは、でこぼこを改善するための4つの方法をご紹介します。 ぜひ、参考にしてみてくださいね。 ネイルオイル&ハンドクリームで保湿する ハンドクリームは、手の乾燥を防ぐために使用している方も多いですよね。 爪の乾燥には、ハンドクリームとネイルオイルの兼用がおすすめ! ネイルオイルは、爪の周りに塗ることでしっかりと保湿されます。 爪の甘皮部分に塗布したら、指の腹で優しくマッサージしましょう。 注意点 夜間に行う場合、親指の爪もみは避けましょう。 親指には、交感神経があるため睡眠前は行わないのがベスト。 親指は、今が頑張りどき!という時など、眠気を回避したい場合にマッサージするといいかもしれませんね。 やすりで磨いて目立ちにくくする 爪のでこぼこは、やすりで磨くと目立たなくすることができます。 ほかの改善策を実践しながら取り入れることをお勧めします。 やすりはスポンジバッファーとシャイナーを用意しましょう。 爪の表面を削ったあとに磨くと、きれいな爪に仕上がります。 やすりの使用方法• バッファーの粗い面で、爪の表面を力を入れずに削ります。 次に、細かい面で削っていきましょう。 ある程度、表面が平らになったらバッファーでのケアは完了です。 今度はシャイナーで爪を磨きます。 爪の表面がピカピカになったら完成!• 最後に、ネイルオイルでしっかり保湿しましょう。 爪が薄くなっている状態の場合は、やすりでのケアは控えましょう。 甘皮の処理をする セルフでの甘皮の処理は、取りすぎる可能性もあります。 取り過ぎてしまうと、さらにでこぼこのトラブルを招いてしまいます。 正しい処理の方法で、注意して行いましょう。 甘皮処理の方法• キューティクルリムーバー、キューティクルプッシャー・ガーゼを用意しましょう。 まず、キューティクルリムーバーを塗布し、指を3分間お湯に浸します。 水気を取り、再度キューティクルリムーバーを塗ります。 プッシャーを、爪に対して45度になるように甘皮部分に当てます。 爪の根元に向かって、優しく押しましょう。 湿ったガーゼを人差し指に巻き、甘皮をこすりながら取って完了です。 定期的に甘皮処理をして、きれいな爪を保ちましょう。 マニキュアやジェルでカバーする方法もある でこぼこしていないキレイな爪が伸びてくるまで、見た目も気になりますよね。 その場合、マニキュアやジェルでカバーする方法があります。 オフィスなどで色のついたネイルをして行けない方も、透明色など目立たないもので試してみてくださいね。 ジェルでカバー でこぼこの爪の上に、ただジェルをコーティングするだけではキレイになりません。 でこぼこや溝が目立つようでは意味がありませんよね。 ジェルで上手にカバーする方法• 爪にベースジェルを塗ります。 (この状態ではまだ凸凹が目立ちます。 次に、爪が凹んでいる部分にジェルを埋めましょう。 とても簡単ですよね。 これで爪の表面がツルッと綺麗になります。 上手に溝が埋まったら、カラージェルを塗って楽しむのもいいですね。 【pa ネイルオイル】• 筆タイプで、使用感はしっとり• 無香料• 参考価格 410円 高価なオイルも良いですが、長く愛用するならコスパ重視で選びたいですね。 香りやべたつかない使用感も考慮してみましょう。 爪のでこぼこケアの前に気をつけたい生活習慣 爪のでこぼこケアも大切ですが、生活習慣の見直しもしてみましょう。 爪は「健康のバロメーター」とも言われています。 ここでは、爪の健康維持のために気をつけたい生活習慣をご紹介します。 できることから見直し、でこぼこケアをより効果的なものにしましょう。 ストレスを和らげる ストレス社会と言われるこの時代。 ストレスを感じないようにするのは難しいですよね。 ストレスを和らげるには、意識して取り組まなければなりません。 趣味を見つけたり、運動で汗を流すだけでもストレスを軽減することができます。 カラオケが得意な方は、思い切り歌うのもいいですね。 ちょっとしたことでも、ストレスは軽減できるものです。 上手にガス抜きして、ストレスを和らげましょう。 関連記事 水周りの家事に気をつける 水周りの家事といえば、食器洗いですよね。 食器洗いは、素手で行うと手荒れや乾燥を招き、爪のトラブルにつながります。 さらに悪化させる原因として、お湯の使用が挙げられます。 お湯は、肌だけでなく爪も乾燥させてしまいます。 水周りの家事をする際は、ゴム手袋を使用して、お湯や洗剤が直接手に触れることがないように注意しましょう。 質の良い睡眠 爪は、寝ている間に作られることを知っていましたか?睡眠不足や、質の悪い睡眠は、爪にも健康にもよくありません。 質の良い睡眠とは、長時間寝ることではなく、生活リズムを整え毎日同じ時間に同じ睡眠時間を取ることです。 睡眠の質を上げるコツは、就寝3時間前には夕食を済ませること。 また、温かい飲み物で眠気を促すのも良いでしょう。 関連記事 アトピーの人はでこぼこになりやすい アトピー性皮膚炎にかかっていると、爪がでこぼこになる人が多いです。 アトピーと爪は、どのような関係があるでしょうか? ここでは、アトピーが理由で爪がでこぼこになる原因を解説します。 アトピーで爪がでこぼこになる3つの原因 アトピー性皮膚炎は、乾燥やかゆみなど辛い症状が続きます。 手指に症状がある場合、爪のトラブルも招く場合があります。 爪の乾燥 アトピーは、肌が乾燥している状態。 同時に、爪も乾燥しています。 十分な水分が得られていない爪は、でこぼこしてしまうのです。 甘皮がなくなる 甘皮は、角質化した皮膚です。 健康な爪が生えてくるための重要な役割を果たしています。 アトピーの症状が指に出ている場合、角質にトラブルが起き甘皮がなくなってしまいます。 ステロイドの副作用 アトピーの治療に効果的なステロイドですが、使用頻度が高いと副作用を起こします。 爪の甘皮に影響を与え、でこぼこした爪になります。 3つの原因が重なると、爪に悪影響を及ぼします。 お肌の乾燥が改善すれば、爪の状態も回復するので、まずはアトピーの治療が優先といえるでしょう。 爪水虫の可能性も視野に入れる 爪のでこぼこは、爪水虫に感染しているかもしれないことも視野に入れておきましょう。 ここでは、爪水虫の特徴を解説します。 自分の爪の状態と比較し、疑いがあるようなら早目に皮膚科の受診をおすすめします。 爪水虫の原因 爪水虫の正式名称は、「爪白癬」といいます。 その名の通り、白癬菌に感染することで。 水虫になります。 爪白癬の特徴として、初期のうちは爪の色が白濁し白い筋が入ることもあります。 症状が進むと、白濁から黄色、黒色と変化します。 爪は盛り上がったように厚くなり、剥がれ落ちる場合もあります。 悪化すると、歩行困難や靴が履けない状態になる可能性も。 爪水虫かも?と疑ったら、早目に専門医に診てもらいましょう。 爪のでこぼこを改善して、指の先まで美しく! 爪は健康状態をあらわすもの。 身体の中から健康になって、美しい爪を取り戻しましょう。 爪のでこぼこは、正しい生活習慣や食生活、ネイルケアなどで改善できます。 できることから始めて、ストレスなく取り組むことが大切です。 爪は毎日少しずつ生えています。 焦らずにケアすることを心がけましょう。

次の