剣盾 サザンガルド。 【最終533位】黒翼邪龍軸厨二サザンガルド(剣盾シングル):旧禁娯楽のレノバスタン

【最高2位最終325位】“サザンガルド巨大サイクル″【剣盾シーズン2】

剣盾 サザンガルド

高い特攻から半減されにくい「あくのはどう」を連打するだけでも強力で、技範囲も広いことから非常に受けづらいポケモンになります。 また、「こだわりスカーフ」を持たせた場合は「ドラパルト」の素早さを上回るため、流行中のドラパルトよりも先に攻撃することが可能です。 「だいもんじ」との選択技。 命中安定だが火力が物足りず、仮想敵の確定数が変ってしまうデメリットがある。 フェアリーに対する打点。 HPの減ったフェアータイプに打つことで、不利対面を覆せる。 ウインディやヒートロトムに対する有効打。 みがわりによって相手のダイマックスターンを消費させやすいのも、この型の利点となっています。 努力値は、アタッカーとしての能力を発揮するために特攻には最大まで振り、HPは「たべのこし」が4回発動すると「みがわり」が1回使えるようになる値に調整しています。 残りの努力値は素早さに割り振っています。 命中を重視したい場合は「かえんほうしゃ」もあり。 ウインディやヒートロトムなどの炎タイプを相手したい場合。 鋼・フェアリータイプ以外には等倍でダメージを通せる。 特攻を下げたくなければ「りゅうのはどう」もあり。 サザンドラの役割と立ち回り 技の選択肢が豊富なアタッカー 「サザンドラ」は覚えられる技の選択肢が多く、有利対面を作りやすいのが魅力です。 「ミミッキュ」を出されても、「とんぼがえり」で逃げて別のポケモンで対応することもできるため、 フレキシブルなポケモンと言えます。 固有タイプを活かして立ち回れる サザンドラは「あく・ドラゴン」で、今作では固有のタイプとなっています。 この固有タイプを生かすことで、後出しからでも攻撃を受けて有利対面に持ち込むことも可能です。 サザンドラの対策 フェアリータイプで攻撃 「サザンドラ」は「あく・ドラゴン」タイプなので、フェアリータイプの攻撃を受けると4倍のダメージを受けます。 フェアリー技を当てれば、倒しきることができるため、サザンドラを出された時はフェアリータイプで対応してください。 レンタルパーティは 育成不要で戦える代物なので、ぜひ活用してみてください。

次の

【ポケモンソードシールド】サザンガルド パーティー 考察【ポケモン剣盾】

剣盾 サザンガルド

高い特攻から半減されにくい「あくのはどう」を連打するだけでも強力で、技範囲も広いことから非常に受けづらいポケモンになります。 また、「こだわりスカーフ」を持たせた場合は「ドラパルト」の素早さを上回るため、流行中のドラパルトよりも先に攻撃することが可能です。 「だいもんじ」との選択技。 命中安定だが火力が物足りず、仮想敵の確定数が変ってしまうデメリットがある。 フェアリーに対する打点。 HPの減ったフェアータイプに打つことで、不利対面を覆せる。 ウインディやヒートロトムに対する有効打。 みがわりによって相手のダイマックスターンを消費させやすいのも、この型の利点となっています。 努力値は、アタッカーとしての能力を発揮するために特攻には最大まで振り、HPは「たべのこし」が4回発動すると「みがわり」が1回使えるようになる値に調整しています。 残りの努力値は素早さに割り振っています。 命中を重視したい場合は「かえんほうしゃ」もあり。 ウインディやヒートロトムなどの炎タイプを相手したい場合。 鋼・フェアリータイプ以外には等倍でダメージを通せる。 特攻を下げたくなければ「りゅうのはどう」もあり。 サザンドラの役割と立ち回り 技の選択肢が豊富なアタッカー 「サザンドラ」は覚えられる技の選択肢が多く、有利対面を作りやすいのが魅力です。 「ミミッキュ」を出されても、「とんぼがえり」で逃げて別のポケモンで対応することもできるため、 フレキシブルなポケモンと言えます。 固有タイプを活かして立ち回れる サザンドラは「あく・ドラゴン」で、今作では固有のタイプとなっています。 この固有タイプを生かすことで、後出しからでも攻撃を受けて有利対面に持ち込むことも可能です。 サザンドラの対策 フェアリータイプで攻撃 「サザンドラ」は「あく・ドラゴン」タイプなので、フェアリータイプの攻撃を受けると4倍のダメージを受けます。 フェアリー技を当てれば、倒しきることができるため、サザンドラを出された時はフェアリータイプで対応してください。 レンタルパーティは 育成不要で戦える代物なので、ぜひ活用してみてください。

次の

【ポケモン剣盾】サザンドラの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

剣盾 サザンガルド

おはようございます。 しんぺいです。 今回はポケモン対戦におけるサザンガルドのパーティ構築について。 ポケモン対戦は剣盾からやり始めて、とりあえずマスターボール級にはいけるようになりました。 とりあえず自分の好きなポケモンで戦えそうな感じのやつを6匹ぶっこんだらまあまあ良い感じだったんですが、やっぱり素人構築なので抜けが目立つ。 で、他の人のパーティの組み方とか見てたんですが、サザンガルドなる構築があることを発見しました。 僕サザンドラ好きなんでね。 サザンドラをめっちゃ活かせて、しかも上位でも使われてるということでサザンガルドを組んでみたいんですが、ポケモンの選択肢が結構多そうな様子。 色々迷ってきたので一回ブログにまとめて整理しておきます。 サザンガルドとは サザンガルドとは、サザンドラとギルガルドを入れたパーティのことです。 サザンドラとギルガルドはタイプ的に相性が良いんですよね。 サザンドラの弱点である格闘、ドラゴン、氷、虫、フェアリータイプは全部ギルガルドが半減以下。 逆にギルガルドの弱点である炎、ゴースト、地面、悪タイプは全部サザンドラが半減以下で受けられます。 攻撃面でも通りの良い悪タイプとゴーストタイプがありますし、攻守ともにかなり優れた組み合わせです。 この2体を軸に残りの1体を決めていくことで、良い感じのパーティが作れそうです。 ていうかサザンドラとギルガルドの組み合わせが単純に好き。 カッコいい。 なんか厨二っぽさを感じる。 サザンドラとギルガルドについて 軸となるサザンドラとギルガルドは色々な型があります。 サザンドラは単純な特殊アタッカー運用から身代わりや悪だくみを入れてる型、持ち物ひとつ取ってもスカーフやメガネ、いのちのたまにラムの実など幅広い。 ギルガルドも物理アタッカー型に特殊アタッカー型、キングシールドと身代わり搭載型など多種多様。 サザンドラもギルガルドも初見ではどういう型なのか色んな可能性が考えられるので読まれにくいメリットがあります。 ていうか僕もサザンドラ対サザンドラの対面になった時めちゃくちゃ迷いますしね。 相手スカーフだったら終わりだなとか思って後ろに引いたら身代わりされて絶望することも。 ギルガルド相手にした時も、効果抜群でさっさと倒そうと思ったらやけに硬くて弱点保険持ってたり。 きあいのタスキ持ってて一撃で倒せなかったり。 物理か特殊かも分からんからリフレクターと光の壁どっちから貼るか迷ったり。 両方とも型が分かりにくいのでめっちゃ相手しにくいです。 まあそれは相手した時の話で、逆に言うとこっちもパーティ組む時にそれぞれどんな型にするかめっちゃ迷うわけなんですが。 ちなみに僕は無難に特殊アタッカー型で使おうと思ってます。 サザンドラもギルガルドも。 変に凝った型にしても扱いにくそうなんで。 残り4匹のポケモンについて フェアリータイプ枠は必要そう サザンガルドで相性補完出来てるとか言いましたが、それはあくまでタイプだけで見た話であって、実際には1体で両方の弱点を突いてくるポケモンはいます。 というかサザンドラ自体もそうなんですよね。 サザンドラをドラゴン技で、ギルガルドを悪技で押していけます。 僕も今使ってるパーティだとサザンガルド出てきたらとりあえずサザンドラ選出してますし。 ドラパルトもキツくて、サザンドラがドラゴン技、ギルガルドがゴースト技でやられてしまいます。 なので環境でよく見かけるドラゴンタイプには弱く、フェアリータイプを入れときたいところ。 サザンドラが特殊アタッカー、ドラパルトはどっちかと言うと物理アタッカー多めで分かれてるのがつらいですが、せめてどっちかは安定して受けたいですね。 ちなみに僕の中で候補にはガラルマタドガスがいます。 毒とフェアリータイプを持っており、防御種族値が高めなので、物理アタッカー受けに使えそう。 特殊アタッカー型にして、とつげきチョッキを持たせるのも良いかもしれませんね。 上手くすればサザンドラとドラパルト両方に出していけるかも。 10万ボルトや火炎放射など優秀なサブウェポンに恵まれてるのも良いところ。 あとは安定のミミッキュ。 やっぱり1回ばけのかわで攻撃を防げるのはでかい。 サザンドラとギルガルドを特殊アタッカーにする場合は物理アタッカー枠が欲しくなりますしね。 特殊受けを重視するならニンフィアでも良いですね。 ただ環境に特殊アタッカーがあまりいないので優先度は下がりそう。 ニンフィアかわいいけど。 なるべく欲しい飛行タイプ 同じくサザンガルド両方に安定して攻撃できるポケモンとして、メジャーなやつにはかたやぶりドリュウズがいます。 サザンドラはふゆうで地面技が効きませんが、かたやぶりで無効にされます。。。 ドリュウズ自体アタッカーであることがほとんどなので、サザンドラで相手をすると削られ過ぎてマズイ。 きあいのタスキ持ちを割と見るため、突っ張って攻撃するのもちょっと危ないんですよね。 なのでなるべくなら飛行タイプを入れておきたい。 対ドリュウズだけを考えるならアーマーガアが良い感じですね。 僕も今使ってますが、ドリュウズとかバンギラスみたいな厄介な物理アタッカーが出てきたらアーマーガア出してます。 アーマーガアはロトムに弱いですが、ロトム相手にはサザンドラを出せば何とかなるのでそこの相性が良いのも嬉しいところ。 というか僕はアーマーガアすでに育成済みなので使い回せれば楽とか考えてる節もあります。 あとはトゲキッスとか。 トゲキッスめちゃくちゃ強いですし、雑に活躍してくれそう。 ドリュウズ対策の面では微妙ですが。 とつげきチョッキ持ちドリュウズで詰みかねない。 飛行タイプで優秀と言えばギャラドスもそうですね。 でもこっちもドリュウズには弱点突かれます。 基本的に岩技を持ってるドリュウズは飛行タイプの弱点を突けるので、ドリュウズを重く見るならやっぱりアーマーガアでしょうか。 物理アタッカーを広く見られるのは便利そうですしね。 クッション的な役割ができるポケモンが欲しい サザンガルドは相性補完に優れているので、基本的に有利なやつを後出ししていったら何とかなりそうです。 ただ、ギルガルドはともかくサザンドラは特別耐久に優れてるわけでもないので、あんまりダラダラ出し入れしても微妙なところ。 さっきのドリュウズみたいに一貫して攻撃されることを考えると、受けを間に入れたくもあります。 アーマーガアみたいな感じ。 サザンガルドで受けづらそうなアタッカーって• かたやぶりドリュウズ• エースバーン• じしんかじょうギャラドス• ヒヒダルマ 出てきそうなのはこの辺りでしょうか。 あとミミッキュもあやしいか。 なのでここら辺を見られる受けは入れときたいですね。 アーマーガアだとドリュウズとギャラドスは見られそう。 ギャラドスちょっとあやしいけど。 ヒヒダルマが微妙なんですよね。 スカーフ持ちだとかなりやばい。 そもそもヒヒダルマを受けられるポケモンっているのか・・・?僕は今のところ鉄壁積んだアーマーガアでしか受けられてない記憶。 エースバーンを重く見るならドヒドイデなんですよね。 エースバーンの炎と格闘技を両方とも半減できるのは非常にえらい。 でもエースバーン自体そんな当たらんしなあ。 この辺りはおそらく誰を重く見るかで変わってきそう。 サザンガルド自体構築の幅が広いですし、人によって全然違うパーティになりそうですね。 暫定的サザンガルド 諸々考えた結果、とりあえず• サザンドラ• ギルガルド• アーマーガア• ガラルマタドガス• カビゴン• ギャラドス こんな感じで行こうかと思います。 サザンガルドを軸に、相手パーティによって苦手そうなやつを1匹入れていく感じ。 ドリュウズ相手にアーマーガア、ヒヒダルマ相手にカビゴン。 ドラゴン相手にはガラルマタドガスを出していく感じ。 ギャラドスはヌオーやトリトドンがめんどくさそうなのでパワーウィップでぶっ飛ばしていく予定です。 いけるのかこれ??正直かなり怪しいけど使ってみてまとまったらまた記事にしようかと思います。

次の