買い物 カゴ。 買い物かご・各種スーパー、コンビニ用の買物かご販売

買い物カゴ&買い物カートは大和産業 マイバスケットも!

買い物 カゴ

TOPICS 2020. 28 を更新しました。 2020. 28 を更新しました 2019. 20 を掲載しました 2018. 21 新製品を発売しました 2018. 21 新製品を発売しました 2018. 21 新製品 ST80を発売しました 2017. 22 新製品とを発売しました 2016. 01 ホームページをリニューアルしました 2016. 10 を更新しました。 2016. 10 を更新しました 2015. 17 大阪ほんわかテレビで紹介されました 2014. 18 製品カタログのPDFを掲載しました 2014. 15 新型エンジェルワゴン コンビウィズ株式会社製品 を発売しました.

次の

買い物カゴ|挨拶状ドットコム

買い物 カゴ

ご来店、誠に有難うございます。 スーパーマーケットオンラインショップ運営責任者の樋口です。 このサイトは、全国のスーパーマーケット、百貨店、コンビニ、ドラッグストア等の取引先に、買物カゴやショッピングカート、ベルトパーテーション等の店舗什器や備品を卸している、製造・販売メーカー株式会社スーパーメイトが運営している通販サイトです。 業界では老舗のメーカーとして、開発力・技術力・製造力に定評あり、何十年も皆さまから支持され続けております。 この本店サイトは、業界の方から一般個人の方までも安心して購入して頂ける様、メーカーとして責任持って運営対応しております。 ご質問等ありましたら、お問合わせ頂ければと思います。 【当社の買物カゴについて】 スーパーマーケットオンラインショップ本店では、メーカー直営ならではの様々な買い物かご(ショッピングバスケット)をラインナップしております。 全国のスーパーなどで今や主流になっている大判33リットルサイズの買い物カゴ6色は定番品として随時在庫が切れないようにストックしております。 エコ活動の一環として、時代に即したマイバスケット&エコバックもご用意。 小型店舗や店舗に合わせて30リットル2色を定番に。 29リットル、28リットルのサイズの買物カゴは、様々な店舗の要求に応えて生まれた買物カゴです。 ただし、定番品ではないため、各店舗から依頼があった時に余分に生産した在庫品をネットショップで販売している状況です。 そのため、在庫品が無くなり次第販売終了となります。 小ロットで買物カゴが欲しい方、買い物かごの色やサイズにこだわらない方、ホットスタンプを印字して店舗の定番買物カゴとして数店舗で使用を考えている方には、不向きかと思います。 全国店舗での統一した買物カゴや、後から同じ買物カゴを追加していく予定の方は、大容量の33リットル、30リットル、小ぶりな16リットルの定番にある買い物かごをお勧めしております。 雑貨屋、小型店舗などで人気の16リットルの買物カゴも一部除いて定番品です。 子供用のお買い物カゴとして、レジ周りのバックヤード用として小型の可愛い7リットルカゴも定番品です。 ちょっとお洒落に、良く海外からの輸入雑貨屋や高速道路のサービスエリア店舗内などで定番のスチールバスケット大、小や、シックな店舗に合わせたラス網バスケット16リットルサイズの買物カゴをご用意致しております。 各店舗や用途に合わせて生まれた買い物かごです。 買物かご台車合わせてご検討頂けると幸いです。 販売認定を取得し、当社が直接販売する理由を一度聞いてください。 株式会社スーパーメイトが運営するスーパーマーケットオンラインショップ本店では、各店舗様に応じた買い物かごを各種気軽に購入出来る通販にて多数ご用意しております。 当社の買物カゴは、全国のスーパーマーケットや、コンビニエンスストアなどでお使いいただいている買い物かごと同一の商品です。 独自のノウハウから生まれた業務用の商品のため、一般に雑貨として販売されているカゴと比べ丈夫で長持ちいたします。 買い物かごとしてだけでなく、お部屋や車内の整理に、スポーツや仕事道具の運搬になど、アイデア次第で幅広い使い方ができます。 しかもメーカーならではのお買い得価格、激安価格で、安心してご購入を検討して頂けます。 【取り扱い商品についてのご注意】 弊社営業販売と在庫を統一しておりますので、当サイト上で在庫有りとなっていても在庫切れになっている場合がございます。 その際は速やかに納期を確認しご連絡差し上げます。 また、仕様変更、廃番により商品がご用意できない場合もございます。 お急ぎのお客様にはご迷惑をお掛けする場合がございますが、ご理解のうえご容赦いただきますようお願い申し上げます。

次の

マイカゴは迷惑?買い物を楽にしたいのとエコの為スーパーと同じ...

買い物 カゴ

咲来さん(@sakkurusan)さんのツイートより、編集部でトリミング こちらは、北海道夕張郡にあるスーパー「フレッシュ・イン・グローブ・ナカモリ」の入り口の様子。 買い物カゴの隣に掲示されている「お客様へのお願い」にはこんな言葉が書いてある。 「現在三蜜回避のため、入店制限中です! 当店の買物かごを入場券代わりとさせていただきます。 この入場券(カゴ)なしの方はご入店はできません ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。 店主」(原文ママ) 店のカゴを持った人しか店内に入れないため、店内にいる客の人数が多くなりすぎることがなくなる、というわけだ。 同店にたまたま立ち寄ったというツイッターユーザーの咲来さん(@sakkurusan)さんが2020年5月7日にこの写真をツイートしたところ大きな話題となり、日本語版ツイッターモーメントにも取り上げられた。 咲来さんの投稿は8日19時現在、約3万件のリツイートと約8万7000件のいいねを集め、ユーザーからは 「これは良い! 近所のスーパーでは大人の胸くらいまでの高さで4列並べちゃってるからなー 取手の消毒とかも間に合わないだろうし、ぜひ参考にしてほしい」 「このやり方だと3密も回避できるし店員もかご持ってない人に説得もしやすいし頭いいなと思った」 「良いアイディア。 うちの方もこうしてほしい」 などのコメントが寄せられている。 社長「従業員の不安を少しでも取り除きたい」 Jタウンネット編集部が8日、同店を運営する中森正浩社長を取材したところ、この混雑防止策を取り始めたのは4月26日から。 スーパーの入り口は1か所で、そこに40〜50のカゴを置き、店内に入れる人数を制限しているという。 外出自粛が要請されてから、来店者は増えているのか尋ねると 「多いですね、他に行く場所ないですから。 ホームセンターと、スーパーとマクドナルドくらいしか」 と中森社長。 入り口に張り付いて入場制限をすることは同店の人員の都合上できないため、カゴを入場券がわりにすることを思いついたという。 実施以降店内が混みすぎることはなく、店を回転させることができているそうだ。 「お客様から理解していただけて。 だいぶクレームが来るかと思ったんですけど、全然ないですね」(中森社長) 使い終わったカゴは回収され、再び入り口に戻される。 入り口に置かれていない時は、客は店の外で待つことになるという。 店外には「間隔をあけてお並びください」という掲示もしているそうだ。 今回の対策を行った最も大きな理由は、従業員の不安を和らげるためだ、と中森社長。 「レジ前ですごく混雑しちゃうんで、あれは良くないだろうなと。 働く人が非常に怖がってましたんで、何か方法はないかと考えてまして。 安心はできないと思いますが、少しでも不安な状況を取り除こうと努力しています」 とのことだった。 外部サイト.

次の