雅子さま 馬車。 天皇皇后両陛下のご日程

雅子さま 馬アレルギーで伊勢神宮参拝に馬車に乗れず

雅子さま 馬車

1997年には御料牧場で一定の距離を保ちながら馬と戯れられた(撮影/JMPA) 日本アレルギー学会専門医で、秋葉原駅クリニックの佐々木欧医師は次のように解説する。 「そもそも動物アレルギーは、動物の唾液や汗、糞やフケ、これらの付着した毛などが原因で起こります。 くしゃみや鼻水といった花粉症のような症状から、咳や息苦しさ、皮膚のかゆみなど症状はさまざまです。 犬や猫など身近な動物が原因になることが多く、馬アレルギーは滅多にない珍しいものです。 その報道に、首をかしげた国民が少なからずいたようだ。 「雅子さまの動物好きはよく知られています。 ご一家は犬や猫を飼われ、雅子さまが犬の散歩をされるお姿はよく目にします。 「両陛下は9月28日、『国民体育大会』へ出席されるため茨城県へ向かう途中、御代がわり後初の『お召し列車』に乗られました。 その際、平成の時代とは異なり、両陛下が椅子に腰を下ろした状態で、沿線の見送りの人へお手振りをされていました。 平成の頃の印象が強いためか、雅子さまのお姿を残念がる声があったと報じられました。 伊勢神宮での参拝で、皇后陛下がおひとりで儀装馬車に乗られるのは、即位に際しての『親謁の儀』だけ。 もちろん美智子さまも30年前に乗られました。 過去、たしかに雅子さまは、たびたび馬と触れ合う機会を持たれてきたが、その都度、大変なご苦労があったという。

次の

皇后雅子

雅子さま 馬車

桑を食べる蚕(愛子さま撮影)宮内庁提供 「愛子さまの養蚕はかなり本格的なもので、蚕が病気などで絶滅しないよう、飼育グループを二つに別けるなどしているそうです。 にしても愛子さまが養蚕に親しまれていたなど初耳だったため今回のは発表に報道陣は驚きを隠せませんでした。 令和となり 雅子さまが馬アレルギーだったと突然発表された時以来の驚きです」(全国紙記者) 宮内庁は昨年10月2日、両陛下が即位の奉告のため伊勢神宮を参拝される際、雅子さまのみ儀装馬車ではなく御料車(自動車)を使うと発表し、その理由について 「結婚される前より重度の馬アレルギーがあるため」と説明した。 それまで雅子さまが乗馬をされる報道や、馬に触れられている写真が多く残されたため、この不可解な宮内庁の説明に 「本当に馬アレルギーなのか?」と疑問の声が相次いだ。 美智子さまとの違いが歴然に 一方、愛子さまの養蚕は「青天の霹靂」だったとはいえ、ネットでは極めて好意的に受け止められている。 奇しくも雅子さまも、歴代皇后に引き継がれてきた養蚕の神事に臨まれていることが報道されていることから、 「愛子さまには皇室に残っていただき、雅子さまから養蚕を引き継いでほしい」などの声が相次いで聞かれた。 一方で、これまでずっと秘匿され続けてきたことに疑問の声も多い。 とりわけ平成の時代、美智子さまが煌びやかに養蚕の写真集などを発売していた姿勢と全く真逆であることも印象的だ。 (*ともに扶桑社) この写真集のなかには、養蚕をされる美しい美智子さまの写真のみならず、美智子さまの絹糸をつかい修復された文化財の写真などが満載です。 このように写真集を二回も出版してしまうほど、美智子さまに取って養蚕は思い入れが深いものなのです。 煌びやかな美智子さまの養蚕と比べて、愛子さまの養蚕はまさに素朴で質実剛健と言えるでしょう。 公開された写真には、写真うつりを優先した見栄えではなく、食べやすいよう刻んだ桑を蚕に与えており、糞を片付けやすいように網の上で育てるなど、実際に飼育するうえでの工夫が随所に見られます」(同前、全国紙記者) 愛子さまの素朴で質実剛健な養蚕に心を打たれた人も多いのではないだろうか? バブル期のように見栄を張った「映え」をアピールする時代は平成で終わったのかもしれない。 宮内庁もたまには良いこともするのですね! よくぞ、愛子様の ご養蚕の 写真を公表して下さいました。 これからも、ドンドン このように 天皇家の善行を発表して下さいますように。 木下聡様の記事の解説のお陰で、生き物に詳しく無い私にも分かるように >煌びやかな美智子さまの養蚕と比べて、愛子さまの養蚕はまさに素朴で実質剛健 >写真うつりを優先した見栄えではなく、食べやすいよう刻んだ桑を蚕に与えており >糞を片付けやすいように網の上で育てるなど、実際に飼育する上での工夫が随所に見られます。 等と解説して下さっているので、とてもよく分かり、良かったです。 美智子の人に見せる為の養蚕と違い、愛子様のご養蚕は愛情を持って育てられてきた と云う事ですね。 小学三年生の頃からですか、素晴らしいですね。 それを側から支えてこられた両陛下の子どもに対する慈悲、思いやり、継続することの大切さを教えられてきたのでしょう。 国民は美智子さんのような、見栄え、私は、このくらいしているんだ。 というような上から目線、あるいは映、ばえですか、己の権限をお着せがましく、自分の都合のいいように見下し、かげでは雅子皇后様を上げたり下げたりて、年齢を重ねるごとに横柄になりましたですよね。 自分では解らないかもしれませんが私のような最低限の人間にでもわかりますよ。 大事なのは慈悲!思いやり!弱いものの気持ちが解れるかなんですよ。 横柄な人にはわかるはずはありません。 平成のボロが少しずつ見えてきてますね。 まだまだ出てきますよ。 それにしても、現在の両陛下及び愛子内親王様への国民の支持、なかんずく言えることは陛下の雅子様を愛し、愛子様を慈しむ、お心の広さとともにあのバッシングを受けていた、四面楚歌の時にも身を持って、全力で守る、現在の陛下に国民の私を含めて、多数の人々が声援、支持しているのではないでしょうか。 天皇家におかれましてはどうか正道を、このまま歩んで行かれんことを切に希望致しております。

次の

皇太子徳仁親王と小和田雅子の結婚の儀

雅子さま 馬車

即位の報告のため、伊勢神宮を参拝する際、皇后さまは重度のアレルギーのため、儀装馬車ではなく御料車を使用されるという。 この発表を聞いた時には驚きました。 雅子さまって動物がお好きだし、なんなら馬触ってたような、、、と思っていたら、この間の即位の礼の時の特番で、こういう場面が流れていました。 この手は雅子さまの手 うん、普通に、というか普通以上に触っておられる。 でも、「馬アレルギー 後天的」と検索したら、こんな記事が出てきました。 兵庫県医師会のHPのQ&A欄で、「アレルギーは突然に出るの?」という問い合わせへの返答です。 アレルギーが出るには体の中で、アレルギーの原因となる抗原に対する抗体(抗原を排除しようとする物質)が作られる必要があります。 それまで抗体を作らなかった物質に対して妊娠、肝臓、胃腸の機能低下などにより体内に抗体ができることがあり、 前触れもなくアレルギー症状が出ます。 人体の免疫機構は複雑でストレス、偏食、感染症でも普段は出ないアレルギー反応が出ることがあります。 自分では気がつかなくても体内では変化が起こっているのです。 ふむふむ。 これは動物や食物などのアレルギー全般についての解説なので、馬も含まれると思います。 だから、いま雅子さまが馬アレルギーだとしても、おかしくはないようです。 ちなみに平成の大嘗祭で、馬車はこんな風に使われていました。 美智子さまが乗られているのが見えます。 それで、ここまで、記事を書きながら調べて、ああ、雅子さまは、確かにかつて馬を触っておられたけれど、後天的に馬アレルギーになってしまったのか。 馬がお好きだったから、さぞご本人も残念だろうなと思いました。 そして、この馬アレルギー情報は、 と指摘するブログもあります。 という風に記事を終わらせようと思って、当該のブログを確認したら、NHKニュースの引用が。 宮内庁によりますと、皇后さまは、 結婚前から乗馬をされた際に呼吸が苦しくなるなど、馬に対して相当程度の重いアレルギー症状があるということです。 以前から馬が好きで乗馬を楽しむこともありましたが、その際には マスクを二重にするなどの防護措置を取られてきたということです。 あれ? あれれれ?? してないよ、マスク?二重どころか一重もしてないよ? 宮内庁はなぜこんな、すぐばれる嘘をつくのでしょうか?これ、嘘ですよね? なぜなんだ。 わからない。。。 雅子さまは、本当に馬アレルギーなのか。 もしくは何か他の力が働いて、馬アレルギーということにされてしまったのか。 またはご本人が、アレルギーじゃないけど馬車はちょっと、、、ということでこういう発表になったのか。 謎は深まるばかり。

次の