北 播磨 医療 センター コロナ。 神戸新聞NEXT|北播|北播磨総合医療センターの感染者 18人に濃厚接触の恐れ

兵庫の中核病院、患者受け入れ休止 2医師がコロナ感染 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

北 播磨 医療 センター コロナ

北播磨総合医療センター(兵庫県小野市市場町)の70代男性医師の新型コロナウイルス感染を受け、10日夜に開かれた記者会見では、患者や医師ら計18人に濃厚接触の恐れがあることが分かった。 センターは該当医師や看護師らを自宅待機とする一方、接触者が限られることから外来診療や患者受け入れの継続を表明。 「急性期医療を支える役割と院内感染リスクを考えて決定した」と強調した。 同センターによると、男性医師は6日に発熱。 4日間続き、強いだるさがあったことから、10日に同センターを受診した。 神戸市の自宅から電車とタクシーを利用し、職員用出入り口から病院に入ったという。 男性医師は週1回、木曜日の午前中に外来診療を担当しており、「病棟での診察などはしていない」と安友佳朗副院長。 発症直前の5日午前には患者6人を診察しており、同センターは既に患者らに連絡を取ったという。 5日以前の診療患者は、男性医師に症状がなく、マスクを着用していたことから対象外とした。 男性医師との濃厚接触が考えられる職員は、医師8人や外来看護師2人など計12人に上った。 いずれも2週間の自宅待機を指示した。 医師8人については、加東健康福祉事務所にPCR検査を依頼し、結果を待つ。 感染が疑われる医師らを除いた職員で外来診療と急患受け入れを行う。 県は11日から当面の外来診療と新規入院患者受け入れの中止を同センターに要請したが、小野、三木市を中心に北播磨地域の重症患者を受け入れる中核施設の休診は影響が大きく、粟野孝次郎副院長は「地域の急性期医療を担う使命がある」と理解を求めた。 安友副院長は、濃厚接触者を把握していることや、いずれも無症状時の接触だったことなどから「院内で感染が広がる危惧はないだろう」と話した。 (篠原拓真) 【記事特集リンク】.

次の

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

北 播磨 医療 センター コロナ

北播磨総合医療センター(兵庫県小野市市場町)の70代男性医師の新型コロナウイルス感染を受け、10日夜に開かれた記者会見では、患者や医師ら計18人に濃厚接触の恐れがあることが分かった。 センターは該当医師や看護師らを自宅待機とする一方、接触者が限られることから外来診療や患者受け入れの継続を表明。 「急性期医療を支える役割と院内感染リスクを考えて決定した」と強調した。 同センターによると、男性医師は6日に発熱。 4日間続き、強いだるさがあったことから、10日に同センターを受診した。 神戸市の自宅から電車とタクシーを利用し、職員用出入り口から病院に入ったという。 男性医師は週1回、木曜日の午前中に外来診療を担当しており、「病棟での診察などはしていない」と安友佳朗副院長。 発症直前の5日午前には患者6人を診察しており、同センターは既に患者らに連絡を取ったという。 5日以前の診療患者は、男性医師に症状がなく、マスクを着用していたことから対象外とした。 男性医師との濃厚接触が考えられる職員は、医師8人や外来看護師2人など計12人に上った。 いずれも2週間の自宅待機を指示した。 医師8人については、加東健康福祉事務所にPCR検査を依頼し、結果を待つ。 感染が疑われる医師らを除いた職員で外来診療と急患受け入れを行う。 県は11日から当面の外来診療と新規入院患者受け入れの中止を同センターに要請したが、小野、三木市を中心に北播磨地域の重症患者を受け入れる中核施設の休診は影響が大きく、粟野孝次郎副院長は「地域の急性期医療を担う使命がある」と理解を求めた。 安友副院長は、濃厚接触者を把握していることや、いずれも無症状時の接触だったことなどから「院内で感染が広がる危惧はないだろう」と話した。 (篠原拓真) 【記事特集リンク】.

次の

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

北 播磨 医療 センター コロナ

北播磨総合医療センターでは3月10日から16日の間に2名の医師と2名の看護師の新型コロナウイルス感染を確認。 3月12日から外来診療や救急、新規入院の患者受け入れを取りやめていた。 感染した4人の接触者はすでに特定されており、現在は経過観察を行っているという。 《感染が確認された4人の職員と接触した方々はごく少数(特定済:現在健康観察中)であり、当院の患者さん及び職員の多くは接触していません。 これら誹謗中傷・風評被害に対しては、行政窓口に相談するとともに、内容によっては、名誉毀損、精神的苦痛、経済的損失に対する問題となる場合もあると考えております。 》 「外部に公表しやすいものだけを公表」 今回、声明を発表した経緯を北播磨総合医療センターの担当者は「こうした誹謗中傷・風評被害が大なり小なり、かなりの数確認されているため」と説明した。 声明で例示した具体的な事例以外にも、3月10日に最初の感染者を確認した直後から医療センターでは様々なケースを確認しているという。 中には個人が特定しうる情報などもあるため、外部に公表しやすいものだけを公表したと担当者は語る。 仮にPCR検査で陰性が出たとしても、新型コロナウイルスに感染していない証明とはならないが、医療センターに勤務する職員の家族が勤務先での出勤停止を免れるために、PCR検査の検査結果を提示することを要求されたケースもあるという。 行政窓口への相談も行っていると明かし、「名誉毀損、精神的苦痛、経済的損失に対する問題となる場合もある」としている。 「これは当院だけの問題ではないと認識しています。 こうした誹謗中傷や風評被害は全国的に存在しているのではないでしょうか」 当初、北播磨総合医療センターが設定した外来や救急の受け入れの停止期間は3月25日まで。 近日中に25日以降の対応についても発表する予定だ。 「外来や入院、救急の受け入れを再開することを望む声があることも理解しています。 だからこそ、皆様にご理解とご協力をいただきたく呼びかけをさせていただきました」.

次の