グレート テン。 グレートデンの性格や特徴、しつけや寿命、病気、飼い方は?

グレートデーン犬!なぜ飼い主を襲う?噛む理由(原因)が驚愕!どんな犬?事故当時何をしていたのか?

グレート テン

名前の由来 [ ] グレートブリテン島の名前の記録は、最古のものとしては、紀元前6世紀頃の人航海者の記録にある「 」である。 その後、紀元前4世紀の商人の航海記にある「プレタニケ」から、現在のブリテン諸島を指す言葉として「 ブリトニ」という呼び名が生まれ、次第に定着して、その最大の島であるこの島がラテン語で「 」と呼ばれるようになった。 は頃から、、の相次ぐ侵攻を受けて、その一部がに逃れる。 フランスではブリトン人の住むようになった地域を「」 と呼び、本来のブリタニアを「 グランド・ブルターニュ」 と呼んで区別した。 ヨーロッパの地名は、近い方を「小」、遠い方を「大」とする慣習がある。 これがに輸入され、英訳された形の「 グレートブリテン」という地名が定着する。 分類 [ ]• 北部:• 南部:• 西部: 主要都市 [ ]• 地形 [ ] に位置しているため、平坦な土地である。 アイルランド島との間を、およびとの間をとよぶ。 地質 [ ].

次の

犬図鑑◇ワールドドッグ図鑑◇グレートデン

グレート テン

ドイツで野生のイノシシ狩りに用いられていた犬にの血を加え固定された犬種で、始祖犬はと考えられている。 威厳のあるたくましいボディに、優美でしなやかな動きを持つ巨大犬種である。 グレート・デンは全犬種中、最も体高が高く、均整がとれていれば体格に上限はなく、大きいほど望ましいとされている。 犬名からデンマーク原産と解釈される事があるが明らかにドイツ原産犬である。 英名では「大きなデンマーク人」と言う意味になるが、フランス人がこの犬種を「グラン・ダノワ(大きなデンマーク人)」と呼んでいた事に由来する。 ドイツでは「ドイツの」を意味する「ドイッチェ・ドッゲ」と呼ばれ、現代ではドイツの国犬と位置づけられている。 1880年、ベルリンにグレート・デンの研究者が集まり、この犬種の正式名称を「ドイッチェ・ドッゲ」と呼ぶべきであると発表し、同時に「グレート・デン」と言う呼名は廃止すべきであると宣言した。 これ以後、ドイツでは宣言通りとなっているが、英語圏では「グレート・デン」のままである。 イタリアでは「アラノ」と言うやはりを意味する別名称で呼ばれている。 少なくとも、この犬種は古くからヨーロッパ各地で知られており、グレート・デンの現代の体形を完成させたのはドイツ人である事は間違いない。 巨大な体格でありながらの重さが感じられないのは、との混血によるものが大きい。 グレート・デンは400年もの間、完全に独立した犬種として育成されて来た、まれな犬種と言える。 さて、ひとつの犬種が長期に渡って育成され続けるために必要な事は「人の役に立つ」事であった。 グレート・デンは悪名高いヨーロッパの獰猛な野生イノシシを退治する事のできる特別な犬だったのである。 1891年ドイツでグレート・デンの厳密なが採択され、これが世界中の犬種団体の規範となっている。 この犬種を今、イノシシ狩りに使う国はない。 しかし、グレート・デンの達は、イノシシ狩りに必要な資質の維持を念頭に置き、この犬種を作出している。 グレート・デンの愛好家達は「大きいだけでは充分でない」「美しいだけでは充分でない」と言う。 人類が犬に要求するもののすべてを、この犬種で表現しようとしている。 他の犬種には見られないグレート・デンの威厳は肉体的精神的結合によるものだと言う。 やはり、この犬種はギリシャ神話の「アポロ」にたとえられて来た通り、特別の犬なのだ。 英国では法律によりが禁止されているため自然の垂れ耳となっており、愛嬌すら感じる。 人に対する親和性が高く、温和で扱いやすい犬種でトレーニングにも困難な点は無いが、この巨大な犬種にふさわしい飼育環境の確保は必須である。 被毛色は、、、、、の5色が認められている。 我が国では白地に黒斑のの人気が高い。 は18世紀ヨーロッパのパントマイム役者(ハーレクイン)の市松模様の扮装が語源となっている。 の毛色は18世紀にが交配に使われた結果だと考えられる。 我が国には明治の初期に系の犬が輸入され、土佐闘犬の作出に利用されたとの記録がある。 犬の大きさと危険の度合いが比例するとは思えないが、グレート・デンを「特定犬種」と定め、飼育方法を制限している県もある。

次の

焼肉グレート 駅前店

グレート テン

グレートデンの性格• 温和で穏やか• 忍耐強く優しい グレートデンは温和で穏やかであり、忍耐強く優しい性格をしています。 性格と体の大きさから「優しい巨人」と呼ばれていますよ。 愛想がよくのんびりとした雰囲気を醸し出しつつ、大きく堂々たる外観のわりに繊細な一面もあります。 他の犬や小動物、見知らぬ人や子どもに対しても優しくできるので、同居するにも問題は少ない優等生タイプです。 赤ちゃんや幼児にも辛抱強く接してくれます。 飼育者に対して支配的になったり、同じ性別の犬に攻撃的になったりすることもありません。 ただ、子犬のうちは遊びも激しくやんちゃで体力もありますので、しつけや訓練は充分に行うようにしてください。 グレートデンの特徴は? グレートデンの特徴• 体高 70〜80cm• 体重 45~55kg グレートデンは、体高70〜80cm、体重45~55kg前後で正方形に近くバランスのよい体つきをした大型犬です。 引き締まった力強い筋肉と優雅な風貌を併せ持ち、大きな歩幅でゆっくりと歩く姿が壮観です。 グレートデンの毛色は、ブラックとブルーの単色、フォーン、ブリンドル、ハールクインの5種類が公認されています。 光沢のある被毛は、なめらかで美しい短毛ですよ。 グレートデンのしつけのポイントは? 賢くてしつけがしやすく犬なので、幼犬期に服従訓練をしっかりと教え込むことを徹底してください。 この巨体を誇る犬をコントロールできるかは、幼犬期の訓練がとても重要なポイントですよ。 わがままに育ったら手に負えないどころか、周囲の人の身を危険にさらすことまであるからです。 飼い主になるのであれば、確実にコントロールできるようにしておいてください。 服従トレーニングをこなせれば、いつでも飼い主の足元にゆったりと横たわるようになり、他のペットや子どもとも仲良く過ごせますよ。 しつける自信がない人は、トレーナーに依頼することをオススメします。 グレートデンの寿命や病気は? グレートデンの寿命• 7年程度 グレートデンは大型犬の中でも特に短命といわれています。 大型犬の一般的な寿命は9〜10年ですが、グレートデンは胃捻転により命を落とす場合が多く、寿命は7年程度です。 グレートデンを飼う上で気を付けなければならない病気が2つあります。 1つは「胃捻転」でもう1つは「肥大性骨形成異常(HOD)」です。 胃捻転は、どんなグレートデンでも患う可能性のある病気です。 手術だけが唯一の治療法な最悪の病気で、症状が見えたらすぐに動物病院にいく必要があります。 最悪2~3時間程度で死亡してしまうこともあるので、一刻もはやく診てもらえるよう、普段から獣医さんとコミュニケーションをとっておくことをオススメします。 肥大性骨形成異常は生後4~8ヶ月の成長期のオス犬に発症することが多い病気です。 深刻な痛みを伴う炎症を肢の関節部に起こし高熱で歩けないほどになることもあります。 急に発症することが多く、原因もわからないので各症状を抑えることしかできず治療の確立もされていません。 関連記事 グレートデンを飼う前の注意点は? グレートデンを飼うには相当の費用がかかる前提でいてください。 飼育費用は一概にはいえませんが、犬を飼うというより、人間の家族が1人増えると考えた方がよいくらいの準備が必要です。 強そうで頑丈な見かけによらず病弱な犬種なので、獣医さんに頻繁にお世話になります。 超大型犬なので動物病院によっては断られることも多いです。 飼う前にはあらかじめ家の近くに超大型犬をみてくれる病院があるか、探しておくことをオススメします。 超大型犬の飼育は他の犬よりも大変で悩みがつきません。 憧れだけでは飼えない犬種ですので、事前の準備や想定をしっかりしてから飼ってくださいね。 グレートデン含む大型犬を飼う場合には、ペット保険に入っておいたほうが安心ですよ。 関連記事 グレートデンの飼い方は? グレートデンを飼育する上で欠かせない前提条件は充分な飼育スペースを確保することです。 人に対する親和性が高く、温和で扱いやすい犬種なのでしつけやトレーニングはしやすい犬種です。 大きな体で甘えん坊、常に人と居ることを望む犬種です。 四角い大きな顔は表情豊かで、いつも周囲を楽しませてくれます。 外飼いでは無く部屋の中で一緒に過すようにしてあげるのが理想的な飼い方といえます。 餌は複数回に分けて与え、食後はしっかりと休ませるなど、胃捻転にならないための配慮を常に行ってあげてください。 被毛のケアは週に一回程度のブラッシングと汚れたときに濡れタオルで拭くなどの最小限のケアで問題ありません。

次の