名言 物語シリーズ。 アニメ【<物語>シリーズ】作品一覧!見る順番は?時系列順にまとめてみた!

『 物語シリーズ 』に飛び出す数々の名言を紹介したい!

名言 物語シリーズ

物語シリーズ:ファーストシーズンの名言 物語シリーズ「化物語」の名言 誰にでも優しいって、やっぱり無責任だからね。 羽川翼 誰にでも優しさを振りまく八方美人のような人は、結局のところ特定の誰かに対して特別な優しさを与えることができないのかもしれません。 そんな人と人の繋がりを考えさせられる名言です。 忙しいなんて言葉は時間の配分ができない人間の言い訳ですよ。 八九寺真宵 よく忙しい忙しいなんて言っている忙しい自慢をする人は、ただ時間配分ができないダメ人間というわけですね。 忙しい自慢に忙しい人にビシッと言ってやりたい名言です。 この世には、いい人間がいる。 たったそれだけのことで、救われた気分になる。 阿良々木暦 自分がピンチのときに助けてくれる人がいる。 誰かがピンチのときその人を助けてあげられる存在になる。 そうやって助け合える人間関係って良いですね。 物語シリーズ「傷物語」の名言 相手のために死ねないのなら、私はその人を友達とは呼ばない。 羽川翼 自分の命を懸けられるような相手こそが本当の友達であり、そうじゃなければ上っ面だけの友達なのかもしれませんね。 友達をとても大事な存在だと認識している羽川だからこその名言です。 友達を作ると、人間強度が下がるから。 阿良々木暦 友達を作ることで、情に流されて冷静に物事を判断できなくなると考える阿良々木の名言です。 しかし、当の阿良々木は他人のために行動を起こすことができる優しい心の持ち主です。 そんなギャップも彼の魅力の一つです。 また、このセリフを聞くと何だか凄い救われた気分になります。 友達いないので… 物語シリーズ「偽物語」の名言 試合に負けて、勝負に負けて…それでも、自分に負けなきゃ、負けじゃねー。 阿良々木火燐 どんなに負けようとも自分に負けない限り、本当の意味で負けではない。 何度も何度も負けても立ち上がって、敵に立ち向かう精神力を持つ阿良々木火燐のポリシーとも呼べる名言です。 正義の第一条件は正しいことじゃない。 強いことだ。 だから正義は勝つんだ。 阿良々木暦 正義について説く阿良々木の名言です。 正義は勝つ!正義を貫くのなら、まずは強くなること! そこに本物になろうという意志があるだけ、偽物の方が本物より本物だ。 貝木泥舟 本物だから必ずしも価値があるのではなく、偽物でも本物になろうともがいているのであれば、その頑張りにこそ真の価値があるのかもしれません。 物語シリーズ「猫物語(黒)」の名言 助けてって言わなきゃ、助けを求めたことにならないわけでもないだろう?好きって言わなきゃ、好きってことにならないわけでもないように。 忍野メメ 世の中、助けての一言が言えない人も多いですが、何かしら助けを求めているサインがあるはずです。 そんなサインを見逃さないであげることが、誰かの命を救うことにも繋がるのかもしれませんね。 どうにも学校って空間には、誰かを好きにならなきゃならないっていう変な圧力があるとは思わないか? 阿良々木暦 めっちゃ思う! 気が合う人がいれば仲良くすれば良いし、一人が良いのであれば一人でいればいいと思う。 けど、誰かと一緒にいないといけないみたいな変な空気が流れているのも事実。 物語シリーズ:セカンドシーズンの名言 物語シリーズ「猫物語(白)」の名言 さっきお前も言ったじゃねーか。 どうなろうと全部お前だよ。 変わってもお前だ。 安心しろ。 そこで変に甘やかしたりはしない。 嫌な奴になったら嫌ってやる。 悪いことしたら怒ってやる。 恨まれたら叱ってやる。 頭が悪くなったら…まあ、僕が勉強を教えてやるし。 阿良々木暦 猫物語(白)のメインキャラの羽川に対して、どんなに姿形が変わろうとこれからも自分たちの関係は何も変わることはないという阿良々木の優しさと力強さが分かる名言です。 物語シリーズ「傾物語」の名言 人は一人で勝手に助かるだけ。 誰かが誰かを助けることなどできない。 忍野メメ 忍野メメの魅力が詰まった名言です。 助けてあげたとは言わず、助かったのはそいつ自身の力で助かったのだと、誰かを救ってもそれは自分のおかけではないとする辺り、忍野メメのかっこよさを感じます。 阿良々木くんは、本当に優しいよね。 その優しさで一体どれほどの人間を傷つければ気が済むんだろうね? 忍野忍 優しさは時に人を傷つけるもの。 優しいだけではダメなのかもしれませんね。 物語シリーズ「囮物語」の名言 そうやって逃げていても、物事ってのは解決しないんだぜ。 阿良々気暦 逃げて目を逸らすことができても、何も解決はしていない。 本当に何とかしたい物事があるのなら、逃げてはいけない。 人はいつまでも被害者でいられるわけじゃないからね。 被害者でいる時と加害者でいる時があるだけだ。 それでも君はまだ被害者のつもりなのかな? 忍野扇 被害者だった人が気付いたら加害者側になってしまうことってよくあることなのかもしれませんね。 物語シリーズ「鬼物語」の名言 誤解を解く努力をしないと言うのは、嘘を付いているのと同じなんだよ。 臥煙伊豆湖 誤解されて相手に間違った認識を与えたとして、それは違うと説明できなければ嘘を伝えたことと何ら変わりない。 誤解を与えてしまったのであれば、誤解を解けるように努力して真実を伝えてあげることが大切です。 所詮、肝心なところで頼りになるのは自分だけだよ。 斧乃木余接 どんな時でも誰かが助けてくれるわけではないですからね。 結局は自分の力を信じるしかないのです。 物語シリーズ「恋物語」の名言 恋は人を強くすることもあれば、人をだめにすることもある。 貝木泥舟 好きな人のために頑張ろうとする人もいれば、恋することで他のことが見えなくなってしまう人もいますよね。 創作は恥ずかしいものだし、それに夢も恥ずかしいものだ。 それは仕方がない。 当たり前のことだ。 だが、少なくともそんな風に自分で卑下していいものじゃないんだぞ。 貝木泥舟 どんな作品であれ、自分が創作した作品を自分自身で否定するようなことはダメ!自分の作品に自身を持とう! 物語シリーズ「花物語」の名言 たった一度の過ちも許されないというのであれば、人生は窮屈すぎます。 忍野扇 人生何十年もあるのだから、一度くらい過ちを犯してしまってもそれは仕方のないことなのかもしれません。 もちろん、過ちを犯したら、それ相応の罰を受けなければいけません。 しかし、だからといって数十年ある人生の中で、一度も過ちを犯さずに一生を終えようと考えるのは、あまりにも大変です。 物語シリーズ:ファイナルシーズンの名言 物語シリーズ「憑物語」の名言 結局、人間ってのはみんな、思いのほか口が軽いようでいて口が重い。 ちゃんとしていない世の中を、ちゃんとしている風に見せられるくらいには。 斧乃木余接 世の中は欠陥だらけなのに、多くの人がその欠陥を見て見ぬ振りをしている。 今の日本のことかな?笑 物語シリーズ「暦物語」の名言 不安に満ちた心というのは騙されやすい。 嘘をつかれても検証する余裕がないからな。 貝木泥舟 詐欺師・貝木泥舟だからこそ言える名言です。 日本でも年々詐欺事件の件数が増えており、不安になってしまうのも仕方ないことですが、不安になりすぎるのもダメですね。 物語シリーズ「終物語」の名言 特別な人間にはなれなくても誰かの特別にはなれるでしょ。 戦場ヶ原ひたぎ 一流のアスリートになったり、何かの世界でトップの存在になれるのは極わずかですが、身近な人の特別な存在になるのは誰にだって頑張ればできるのだと説く名言です。 人は誰かに助けてもらわなきゃ幸せになれない、そんなこともわからない馬鹿が嫌いで嫌いで死にそうだ。 老倉育 言葉に棘はあるけど、人同士の繋がりがいかに大事かが分かる名言ですね。

次の

羽川翼|物語シリーズ最高の頭脳派ヒロインの可愛い魅力

名言 物語シリーズ

『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』概要 〈物語〉シリーズ セカンドシーズンは、西尾維新による「化物語」「偽物語」の続編にあたるアニメ作品である。 怪異と呼ばれる怪奇現象にまつわる事件に、主人公「阿良々木暦」や周囲の人間が巻き込まれ解決していく「化物語」の、時系列としては夏休み明けにあたる部分のストーリー。 原作小説「猫物語(白)」をはじめとして、「傾物語」「花物語」「囮物語」「鬼物語」「恋物語」の全六篇で構成されている。 2013年、テレビアニメ『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』として放送されたものが上記の内5作品であり、「花物語」だけは、翌年2014年に『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン 花物語』として全5話一挙放送された。 これは「花物語」だけ時系列が異なるためである。 「猫物語(白)」は、クラスメイトの羽川翼の怪異譚である。 タイトルは「つばさタイガー」。 「傾物語」は、幽霊の八九寺真宵にまつわる怪異譚。 タイトルは「まよいキョンシー」。 「囮物語」は、妹の同級生の千石撫子を中心とした物語。 タイトルは「なでこメドゥーサ」。 「鬼物語」は、吸血鬼の忍野忍の過去に関わる怪異譚。 タイトルは「しのぶタイム」。 「恋物語」は、恋人の戦場ヶ原ひたぎと詐欺師の貝木泥舟による物語。 タイトルは「ひたぎエンド」。 「花物語」は、後輩の神原駿河が遭遇した怪異譚。 タイトルは「するがデビル」。 各物語でそれぞれ印象的な名言が多くあり、作品における重要なファクターの一つとなっている。 『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』の名言・名セリフ リアリティこそが敵で、戦う相手だ。 そして、そんなものに勝てる奴はいない。 歴史上、ひとりだっていなかった。 誰もが現実の前では討ち死にだ。 生きることは負け戦なのだ。 傾物語内での、暦の言葉。 十一年前に事故死し、幽霊となってしまった、そんな境遇の八九寺のために何かしてやれないかと暦はふと考える。 しかし自分にできることなど何も無い、と結論に至る。 敵がいるならば倒す手助けをしてやればいい。 何かを倒して、何かに勝って、それで何かが劇的に変わるのであればいい。 しかしそんなゲームのような展開にはならないのが現実。 暦は最強の吸血鬼の眷属であるが、そんなことは今回は何一つ役に立たない。 多くの場合、人生で向かい合わなければならないのは理不尽や不条理ではなく、ただ現実そのものである。 倒せば終わりの敵ではない。 八九寺の境遇、その現実に対して暦は何をしてあげることもできない、そんなもどかしさを語った名言である。 夏休みが終わるのに宿題が終わっていない、という理由でタイムスリップを決意する暦と忍。 忍の力で過去へ戻ることに成功した二人だったが、忍としても初めて引き起こす現象であり、時間は大幅にズレてしまう。 宿題を終わらせるために少し前に戻るはずが、二人は十一年前へタイムスリップしてしまった。 せっかく十一年前に戻ったのなら、と暦は「八九寺を助けよう」と考える。 八九寺に何かしてあげられることは無いのか、とずっともどかしい思いをしていた暦だったが、この十一年前の世界ならそれが可能である。 すなわち、「八九寺の事故死を防ぐ」こと。 タイムパラドックスに関して「運命は不変で、大幅に変わることはない」という理論を忍に告げられた暦だったが、それでもなお八九寺を助けようと向かう、決意の言葉である。 トラックとの衝突事故から八九寺を助けることに成功した暦は、忍とともに元の時間、十一年後の未来へ戻った。 すると、「八九寺を助けた世界」では、世界が滅んでいた。 正確には、何故か町のみんながゾンビとなり、少なくとも辺り一帯相当な範囲で、正常な人間が見当たらず、社会が機能していなかった。 自分が変えてしまった世界を見て回る最中、暦が呟いたセリフである。 運命を変える、過去をやり直す、その意味を深く考えることなく行動に移してしまった自分を悔やむ、重みのある一言である。 儂は春休みに、お前様が瀕死の儂を救ってくれたとき、嬉しかったぞ。 何も考えずに救ってくれたとき、世界ではないにしても自分の命と引き換えに、儂を救ってくれようとして、嬉しかった。 世界と天秤にかけて、一人の女の子を選び、助ける。 そんなストーリーが美談として語られることがあるが、それに関して言及している会話の一部。 八九寺を助けたばっかりに世界が滅んでしまった。 これが正しいのかどうか、八九寺自身もそんな事実を知ったら迷惑でしかないんじゃないか、そんな後悔を見せる暦に忍が言ったセリフ。 人類の敵である吸血鬼の忍を助けてしまった春休みの経験は「傷物語」で語られているが、スケールこそ違えど、忍を助けた「傷物語」も八九寺を助けようとしている今回の「傾物語」も、何かを犠牲にして何かを助けるという点は同じである。 助けられた側として、「暦は間違っていない」と忍の意思を伝えたセリフ。 この時、春休みの件に関して初めて語られた忍の本音である。 世界が滅んだ原因は、忍の暴走だった。 その世界では幽霊の八九寺がいないため、暦の人間関係や出来事も少しずつ変わり、色んな影響が出た結果として暦が死んでしまっている世界だった。 暦が死んだことで忍は自暴自棄になり暴走し、全人類を吸血鬼の眷属にするという暴挙に出るが、制御できないでいた。 それが人々がゾンビのようになっている要因だった。 その世界での忍を討伐すれば、人間は元に戻る。 暦が死んでいるため、忍は全盛期の力を取り戻していた。 決死の覚悟で討伐に向かった二人だったが、そんな二人を見て、この世界の忍は血の涙を流しながら自ら死を望んだのだった。 「傷物語」で忍は死にたがっていた。 しかし、暦は忍が死ぬことを許さなかった。 それ故、忍は自分を生かした暦を憎み、暦は忍に負い目を感じていた。 その後、二人は和解するのだが、この世界では和解するより前に暦は死んでしまっていた。 互いに歩み寄っている二人の姿は、この世界の忍にとって耐えられないものだった。 この世界の忍も暦と肩を並べて過ごすことを望んでいたのだ。 暦と一緒にいる忍は、自分の心一つで叶えられたはずだと言う。 しかしすでに手遅れでしかなかった。 このセリフは、忍によって殺される直前、暦に「お願い」として申し出たこの世界の忍の最後のセリフである。 頭を撫でられながらこの世界の忍は、満足そうな顔で死んでいった。

次の

〈物語〉シリーズ セカンドシーズンの名言・名セリフまとめ

名言 物語シリーズ

「<物語>シリーズ」は「化物語」を始めとする西尾維新による小説で、「青春怪異小説」というよくわかんないジャンルになっています(笑)。 阿良々木暦(あららぎこよみ)という高校生の主人公が「怪異」に関わる少女たちとのやりとりを描いた物語となっているのですが、コメディ要素が強くギャグや名言など、めちゃくちゃ面白い作品で、アニメ化もされていて、パチンコ・パチスロともタイアップしてるほど人気です。 傷物語(劇場版3部作)• 猫物語(黒)• 化物語• 偽物語• 傾物語(<物語>シリーズセカンドシーズン)• 鬼物語(<物語>シリーズセカンドシーズン)• 終物語(2)• 猫物語(白)(<物語>シリーズセカンドシーズン)• 終物語(1)• 囮物語(<物語>シリーズセカンドシーズン)• 恋物語(<物語>シリーズセカンドシーズン)• 憑物語• 暦物語• 続・終物語• 花物語(<物語>シリーズセカンドシーズン) 参考:「」 放送順で見るのがおすすめですけど、放送順で見て、時系列順で見るとまた面白さが倍増するのでおすすめですよ。

次の