育児休業給付金 延長 裏ワザ。 育児休業給付金を受給中のみなさまへ

雇用保険の受給期間を延長したい!ママのための手続きマニュアル

育児休業給付金 延長 裏ワザ

産前休業開始日は月末から取得し、社会保険料免除になる裏技 産休期間中、仕事を休んだ期間については、社会保険料が免除される! というのはご存知かもしれません。 ただ、 【休業を開始した日の月分から、産後休業終了日の翌日の前月分まで】が免除の対象月ということを知る人は少ないと思います。 ここでミソなのは【休業を開始した日の月分から】ということです。 わかりにくい!という人のために例えを言うと・・・ 休業を開始するのが1月2日だと、12月の社会保険料は免除になりません。 ただ、休業を開始するのが12月30日だと、12月は社会保険料が免除になる。 ということです。 社会保険料免除の条件は、【産前産後休業の期間に就労していないこと】なので、産前休業として休まなくてもいいのです。 有給をとって休んでもいいし、体がしんどいという理由で無給だったとしても休んでいたらそれでいいのです。 産休の開始が月初に当たる人は、月末から休めるように調整をつけると、1か月分の社会保険料を払わなくてすむので、損をしなくてすみますよ。 社会保険料免除はボーナスにも適用! ボーナスの社会保険料って結構高いですよね?! 社会保険料はボーナス月も免除されるので、その期間産休や育休をとっているとお得です。 配偶者の扶養で年末調整し、夫の税金を安くする裏技 フルタイムで働いている共働きだと扶養に入る! という考えは少ないかもしれません。 ただ産休や育休中の年収によっては扶養に入るという選択肢も可能なのです。 配偶者控除と配偶者特別控除の違いは? 控除には配偶者控除と配偶者特別控除の2種類があります。 妻(夫)の年収103万円以下 所得38万円以下• 妻(夫)の年収103万円超201万5,999円以下 所得38万円超123万円以下 妻の給料が年収103万円以下の場合には、配偶者控除を利用できます。 産休・育休中は無収入という方ほとんど。 (産休・育休手当は会社からの給与ではないので、収入には含まれません。 ) 配偶者控除の場合 産休・育休中の年収103万円以下だったということは多いと思います。 (例えば、2月まで働いて、3月以降産休をとった場合、2カ月の給料で年収103万円以下になった場合ということですね。 ) この場合、夫の扶養にはいることができ、配偶者控除を利用することができるのです。 所得の制限はあるのですが、一般的には夫が38万円の控除を受けることができるため、50,000~70,000円程度節税ができるのです! 配偶者特別控除の場合 年収103万円を超えてしまうわ~とい方も、年収201万5,999円以下までなら配偶者特別控除が使えます。 いつまでもらえるかについては、一般的に子どもが1歳になる前日までです。 ただし、保育園が落ちてしまって復帰できないなど条件によって2歳の誕生日を迎えるまでの期間が対象となるのです。 (平成29年10月より育児休業給付金の支給期間が2歳まで延長されました!) 育休手当の計算例 基本となる金額を月30万円とすると・・・ 30万円の67%=20. 1万円 30万円の50%=15万円 1歳の前日まで育休手当を貰う場合 20. 6万円 計算式はイメージです) 2歳の前日まで育休手当を貰う場合 20. 6万円 計算式はイメージです) 基本となる金額を月30万円とすると・・+1年育休延長をするだけで、約170万円も貰えることになりますね。 産休・育休をとっても復職しないという裏技 産休育休をとって必ずしも復職しないといけないかというと、そうではありません。 上で説明した通り、育休手当だけで(基本となる金額を月30万円とすると・・・)2年で390万も貰える制度なので もし仕事をやめたいと思っても、貰っておいて損はない額ですよね。 これに産休手当がつくので、もっと貰っておいて損はない額です。 基本的には復職するという意思がある人がとれる制度なので、注意が必要ですが 個人的には(批判されるかもしれませんが・・・)子供が生まれたら働きたくないなーと思っている人には、産休・育休をとってやめた方がいいと思います。 産休や育休手当を多くもらえるようにする裏技 産休や育休のもらえる金額の元となるのは、始まる前の6カ月間の給与総額によってきめられています。 つまり、妊娠中つらいですが、残業を少し頑張って始まる6カ月間、給与が多くなれば、産休や育休手当もUPするということです。 事業主と仲が良い場合は、妊娠発覚時の給料を下げて、産休が始まる6カ月前の給料をあげてもらう!なんてこともいいかもしれませんね。 番外編*所得割額の低減をし、保育料を安くする裏技 保育園ともに保育料の負担額には 市町村民税の所得割金額が関係しています。 この所得割の金額は基本的には夫 と妻の分を合算した金額を指します。 医療費控除で税金還付の裏技 同一生計で1年間に支払った医療費の合計が10万円を超える場合に所得から控除が受けられる!というのは知っている人も多いはず。 ここでのPOINTは所得から控除が受けれるという点です。 確定拠出年金を利用するという裏技 イデコという言葉は最近聞くようになってきましたよね? 支払った掛金の全額が所得から控除できるなどの節税効果がイデコです。 家族の社会保険料を支払った場合の裏技 同一生計の社会保険料を支払った場合、所得から控除することができるというのは、知らない人も多いはず。 家族の社会保険料を代わりに払ったケースは申告を忘れやすいですが、同一生計の親の健康保険料や介護保険料など払っていませんか? 産休・育休の裏技まとめ 以上、色々な産休・育休の裏技をまとめてみました。 裏技というと聞こえはよくないかもしれませんが、実際に知っているのと知らないのでは大違い! 知らないがために、(申請をしていないために)税金を10万円も多く払ってしまっていた!なんてことは多くあります。 スーパーでこの野菜が安売りだ! 50円安いスーパーに行こう! というのもいいですが、お金に関することを理解し行動した方が、膨大な金額の節約になるかもしれません。 私の一番のおススメは、「固定費を見直すこと」。 保険とか携帯代とかですね。 格安SIMだと私は断然です。 格安SIMの中では速度が速い• クレジットカードがなくても契約できる から。 なにより速度が速いのはうれしいですね。 次に保険ですが、特に保険は子供ができると保険のかけ方も変わってくるのでプロに相談した方が無難です。 (保育園では西松屋とユニクロ商品で他のコとかぶりまくっていましたが、ここで購入するようになってからかぶらなくなりました!) 何より新品もあるのが嬉しい!ついでに、古くなった洋服を売ることもできちゃいますしね。 \ラルフやプチバトーなどのブランド服が数百円でゲットできる/.

次の

育児休業給付金が延長されなかった!トラブルを防ぐために。

育児休業給付金 延長 裏ワザ

1歳の誕生日の前日までに保育園に申し込みしている• 保育園の入園希望日が1歳の誕生日以前である• 1歳の誕生日以後の期間について保育所へ入所できない これらの条件にすべて当てはまる場合に2歳まで給付金の支給が延長になるのです。 ちなみに、最初から1歳の誕生日以降に保育園入園を希望していた場合は、例え待機児童になったとしても手当金延長の対象外となります。 また、 自己都合による育休延長など、正式に待機児童となったわけでない場合も対象外です。 あくまでも、1歳前に保育園に入園させて育休復帰予定だったのに、結果として待機児童になってしまい育休を延長した人のための制度ですので、 入園不承認の証明書などの提出も必要となります。 特別な事情による育休延長 特別な事情とは以下のとおりです。 養育予定だった配偶者が以下の事情に該当した場合等• 離婚等による別居• 産休(別の子供を妊娠し産休期間に入った) 具体的に例をあげて説明します。 例えば男性公務員が育児休業を取得していて自分が育休から復帰した後は妻が子供を養育する予定となっていた場合。 妻が死亡・怪我・病気・別居・産休などの事情により子供を養育できなくなったために育児休業延長するような時は、手当金の受給期間も2歳まで延長されます。 共働き夫婦で育児休業を取得 「育休パパ・ママプラス」という言葉を聞いたこともあると思いますが、その制度がこれ。 共働きの夫婦二人がそれぞれに育児休業を取得する場合、育児休業手当金の支給対象期間が2か月延長され、1歳2ヶ月まで受給できます。 これはパパの育児参加促進を目的とした制度です。 制度利用の条件は以下の4点。 ややこしいので一般的な例をあげて説明します! 【具体例】 妻が産休からそのまま育休に入り、子の1歳の誕生日前日まで育休手当金を受給するケースで考えます。 つまり パパのみが育休プラスの恩恵を受けられます。 しかし、妻と同時に育休を開始すると、子が1歳になったときには育休手当金の上限一年間に達してしまうため、妻より遅く育休を開始しないとパパママプラスには該当しません。 まとめると、 妻より遅れて育休をスタートさせた夫にメリットがある制度 ということになります。 あまり無いとは思いますが、夫と妻の立場は逆でもOKです。 本当に共働きにメリットが大きい世の中になってきたと感じます。 まとめ 育児休業手当金は子供が1歳になったら終了というのが基本ですが、延長も可能です。 特に今は、待機児童が大きな問題になっていますので、育児休業手当金延長の条件に該当している人も、地域によっては沢山いると思います。 待機児童になるほどの保育園激戦区でなくても、 育児休業手当金の延長ができる裏ワザもある!?という裏ネタについては、以下の記事を参考にどうぞ。 それでは、今回も貴重なお時間のなか『現役公務員ママの本音とリアル』をご覧いただきまして、ありがとうございました!.

次の

育児休業給付金が延長されなかった!トラブルを防ぐために。

育児休業給付金 延長 裏ワザ

人事労務担当者の皆さん、「産休・育休」に関する手続き、理解していますか? 産休・育休に関する労務手続きはとても煩雑。 担当者だって、不慣れな人は「調べないと分からない」というケースも多いでしょう。 しかし一連の手続きは、 出産をする本人ではなく、会社が行うもの。 もし不備があれば給付金を受け取れなくなるケースもあるため、綿密に、抜かりなく行う必要があります。 今回は、注意点の多い 「育児休業給付金の延長」についてです。 育児休業給付金とは 育児休業給付金とは、育児休業中にハローワーク(雇用保険)から受け取れるお金です。 パパとママの両方が育児休業を取得する場合は、子どもが 1歳2ヶ月を迎えるまで、育児休業と給付の両方が延長されます。 また、認可保育園に入所できなかった場合には、 1歳6ヶ月または2歳まで育児休業を延長でき、それに伴い育児休業給付金の 給付期間も延長されるのです。 延長の話の前に、まずは基本的にいくら受け取れるかを確認しましょう。 以下の4点を満たしていないといけません。 育児休業を延長して育児休業給付金をもらうには それでは、育児休業給付金の延長について解説していきます。 育児休業給付金は、1歳の誕生日の前日までであれば、特別な手続きなく受け取れますが、 最大2歳まで延長する場合には、必要書類を提出しなければなりません。 また、すべての人が延長できるわけではなく、 認可保育所に入所できない場合に限り、延長が認められます。 無認可保育所は延長条件の対象外となるため、注意が必要です。 育児休業給付金の延長を申し込むには、以下の条件が必要です。 保育所への入所手続きは、 市町村で異なりますので、早めに確認をしてください。 そして、1歳6ヶ月までに入所できた場合は、2歳までは延長されません。 また 1歳6ケ月より前に入所できた場合は、入所した日から、育児休業給付金の 支給は止まります。 必要書類 育児休業および育児休業給付金を受け取れる期間の延長には、「市町村が発行した保育所等の入所保留の通知書など、当面保育所等において保育が行われない事実を証明することができる書類」が必要です。 (書式や名称は、 市区町村によって異なります) これは出産する本人がハローワークに行き、自分で用意をする書類です。 しかし初めての出産の場合は本人も「どうしていいか分からない」はずですので、 手続きが遅れないように サポートしてあげてください。 本人で取得ができない場合は、 会社で手配をしてあげる必要も出てくるでしょう。 また、発行にかかる時間も長めに見積もっておいてください。 市区町村にもよりますが、発行までに約1ケ月かかるケースも。 早めに会社の所在地を管轄するハローワークに相談することが大切です。 家庭環境の変化を理由に延長を申し込むことも可能 認可保育所への入所ができず、待機児童となったケースの他にも、育児休業および育児休業給付金の延長を申し込める場合があります。 たとえば、育休中に 次の出産が予定される場合。 6週間(多胎妊娠では14週間)以内の出産予定、または産後8週間以内であれば、延長を申請できます。 妊娠中や出産後は、そのタイミングによっては子どもの養育が難しいため、このような配慮がされているのです。 またレアケースですが、子どもの面倒を見ていた育休中のママが亡くなってしまった場合。 パパが働きながら子育てをするにも限界がありますから、そのような場合は パパが育児休業を取得して、育児休業給付金も受け取ることが可能です。 病気や死亡などで、育休中のパパ・ママの 状態が変わった場合には、世帯全員分の住民票の写しと母子健康手帳の写し、保育を予定していた配偶者の状態を証明できる医師の診断書などが必要です。 認可保育所に入所できなかったケースとは、 必要書類が異なるため注意しましょう。 とにかく守りたい「先手先手の手続き」 育児休業給付金の延長手続きには、さまざまな条件や書類がかかわってきます。 うまく、スムーズに取得するには、 とにかく以下の2点を意識し、出産する本人や、配偶者の協力を求めることが大切です。 できるだけ早く保育所の入所を申し込んでもらう! 入所希望日が1歳を迎える誕生日の前日を過ぎてしまうと、延長給付ができません。 入所申し込みの後回しは、すべての手続きの流れを止め、家計や復職の計画を狂わせてしまいます。 できるだけ早く申し込んでもらうよう、連絡を取り合ってください。 保育所に入所できなかった証明書は、取得するまでマメに連絡を! 入所できなかったことの証明は、さかのぼっては発行してもらえないため、早めの手続きを求めましょう。 そのまま忘れられてしまう場合もあるため、1週間ごとに連絡するなど対策することが大切です。 まとめ とても煩雑な育児休業給付金の手続きですが、人事労務担当者の「心得」はひとつ。 とにかく先手先手で手続きを進め、書類を確保することに尽きます。 また、出産した 本人との連絡をどう取るかも肝になってきます。 もし遠方に里帰りしていたら?体調が悪く、自分で動けなかったら?そのようなケースの、会社としてのサポート体制はととのっているでしょうか。 入所が決まらず、入所希望日が1歳の誕生日のあとになってしまったら、そもそも育休の延長が認められず、制度上は復職になってしまいます。 その結果、 本人が退職して子育てをせざるを得ない…などということになってしまえば、会社にとっても大打撃。 人事労務担当者として、「なるはや」で対応する意識を持っておくべきです。 それさえ守れば、不備の大半は回避できるでしょう。 規程作成だけではなく月に1回の労務相談もできるHRbaseは、月額4,980円、初月無料! 「困ったときだけ専門家のアドバイスがほしい」を叶える、WEB上の労務顧問として活用ください。

次の