ピル 血栓症 体験談。 【体験談】飲むだけで勝手に痩せたサプリメント

旅行と生理がかぶりそう…止める・ずらすには?薬(ピル)の体験談

ピル 血栓症 体験談

こんにちは、もがきママです! 皆さんは、生理についての悩みはありませんか? 生理痛やPMS、更年期障害など、女性の心や生活を何かと左右するのが女性ホルモンや生理だったりしますよね。 私は産後に生理痛と排卵痛が酷くなってしまい、 婦人科で【 月経困難症】と診断されました。 その治療薬として 超低用量ピルを処方され、それにより今では 生理周期が3カ月に1回となっています。 避妊効果ばかりが着目されがちなピルですが、 ピルはとても効果的な生理痛の治療薬です。 私の場合、ピルのおかげで生理の煩わしさから解放され、PMSもほとんどなくなり、ホルモンに左右される頻度が大幅に減ったので、心身ともに快適に過ごせています。 そんな私の場合の体験談を綴ります。 生理痛があるのが[当たり前]だと思っていた 出産前は生理痛なんて感じたことすらなかったのですが、産後、生理痛と排卵痛が酷くなってしまいました。 立っていられない程の下腹部の引き攣れ感。 腹痛からの下痢。 それが生理2日目と排卵時の月2回ありました。 生理痛の痛み止めは飲んでいたものの、たいして効果がありません。 育児や家事に支障が出るレベルの痛み。 しかし、生理は生理痛があるものが普通と勝手に思い込んでいたので、我慢し続けていました。 しかし、「病院へ行った方がいい」という友人からのアドバイスを受け、婦人科を受診することにしました。 先生から「生理痛があること自体異常だ」と言われる 受診した結果、 【月経困難症】と診断されました。 実際にその状態の写真も見せてもらいました。 本当に体内で出血していました… 本来ならば、生理に痛みは伴わない。 痛みがあること自体異常だと認識しなきゃダメなんだとも仰っていました。 今までの認識の甘さを反省しました。 治療薬として超低用量ピルを処方される そこで、治療薬として 超低用量ピルのジェミーナを処方されました。 これは、 「毎日同じ時刻に連続して77日間服用し、その後7日間お薬を飲むのを休む」というスケジュールで使用するもので、ピルの働きで排卵を抑制し、子宮内膜が厚くならないようにすることで、痛みの原因となる物質の「プロスタグランジン」の産生を抑え、月経困難症の症状を軽減させるものです。 万が一、飲み忘れた場合は気づいた時にすぐ服用すれば問題ありません(避妊効果は軽減する可能性があります)。 【低用量ピル】と【超低用量ピル】の違いは? 女性ホルモンの含有量の差を表しています。 低用量よりもさらに女性ホルモンの含有量が少ないのが超低用量ピル。 長期的な服用に向いているピルで、閉経まで継続利用できるそうです。 ちなみに、治療薬ですので 保険適用です。 私の場合、3カ月分のピルで7500円前後でした。 ピルの副作用【血栓症】 ピルには副作用があります。 頻度は少ないものの、 血栓症のリスクが高まります。 血栓症とは一般的にエコノミー症候群の名前で知られていますが、血栓ができた場所によっては最悪の場合、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性もあります。 これは初期の頃に起きやすく、長期服用すれば体がピルになれるため、リスクは減ると言われています。 しかし、少しでもリスクを減らすために定期的な受診(来院時、必ず血圧と体重測定があります。 定期的に内診や血液検査もします)や禁煙、こまめな水分補給、適度に体を動かすことはとても大切です。 そして、突然の酷いむくみや痺れなど、異常がある場合は【ピルを服用中】であることを告げたうえで早めに受診するべきです。 生理痛や月経不順、PMSの改善・緩和• 7%の避妊効果• 子宮体癌、卵巣癌、大腸癌のリスクを下げる効果• 生活スケジュールに合わせて生理日をコントロールできる• 排卵を抑制するので、計画的な妊娠が期待できる• 肌荒れの改善など ここで興味深いのが、 排卵を抑制するので、計画的な妊娠が期待できるというポイント。 卵子の数は、生まれた時に個数が決まっていて、一番多い状態が赤ちゃんの時で約200万個。 その後年齢を重ねるにつれ、自然消滅や排卵・生理を繰り返す中でどんどん卵子の数が減っていき、30代では約2~3万個まで減少してしまう。 だからこそ、 本当に妊娠を希望する時に質の良い卵子を使えるように、無駄な排卵は抑制(=卵子温存)しておいた方が良いのだと先生から教わりました。 先生の話には他にも興味深いものがありました。 いくつかあげると、• 欧米ではピルを使ってる人がほとんどで、生理を1年に1回にするものもある。 生理痛や生理の煩わしさから解放されたことで、ピルを服用している人の方が成績や年収がアップしているという研究結果もある。 そもそも現代人の生理は多すぎる。 昔は生理の生涯回数は100回ほどだったが、今は約450回。 約4倍となっている。 人類史上稀にみる子宮の酷使だ。 女子サッカー元日本代表の澤穂希さんは、現役時代ピルを服用し、生理周期をコントロールし、試合に重ならないようにしていた。 細かい数字等についてはうろ覚えの部分があります。 雑談程度の話として受け止めてください。 私の主治医は、30代女性で女の子のママでもあります。 先生は上記の考えから、娘さんには生理が始まったらピルを服用させるとも仰っていました。 実際に約1年服用してみての感想 そもそも独身の頃から妊活を始めるまで、低用量ピルを服用していたのでピル自体に抵抗感はありませんでした。 当時はPMSと避妊目的。 生理痛はほとんどありませんでした。 今回、生理痛緩和をメインにして服用した結果、あれほど痛くて寝込んでいたのが嘘のように楽になりました!生理痛や排卵痛が全くなくなり、3カ月に1回の生理も普通用ナプキンで収まる程度。 内膜が厚くならないので生理そのものが来ない時もあります(異常ではないと医師に確認済)。 PMSもほとんどないので、ホルモンによって感情の起伏が大きくなることもなく、気持ち的に凄く楽です。 以前からホルモンに支配されている感じが個人的にすごく嫌で、自分の人生は自分の意思でコントロールしたい、ホルモンに左右されるなんてまっぴらだ!という思想の私にはとても合いました。 そして幸いにも副作用は出ていません。 しかし、まだ体がピルに慣れ切れていない部分もあるのか、生理ではない時におりものシートに収まる程度の出血がある時がたまにあります。 先生曰く、超低用量ピルなので効果もゆっくり体になじんでいくので、使う時間が長くなればこのような出血もなくなるとのことでした。 3カ月で約7500円、定期的な受診が必要、副作用の危険もあるという部分を加味しても、私は服用して良かったです。 問題がなければ閉経まで続けていきたいと思っています。 ピルは自分で自分の体をコントロールできる手段の1つだと思う 女性として生まれたならば、有無を言わずに受け入れなくてはいけなかった生理現象を自分でコントロールできる時代になりました。 個人的には画期的なことだと思っています。 しかし、新しいものや慣れていないものを取り入れるのには勇気がいります。 でも、生理に関して悩みを持っているならば、もしかしたらピル使うという選択肢がその悩みを解決できるかもしれません。 そのためにもリスクをよく理解し、医師の指導のもと、正しい使い方で取り入れて欲しいと思います。 また、私には合いましたが誰しもに効果が出ると言うものではないと思いますので、この記事もその点をご理解頂きたいと思います。 【ここだけの話】ホリエモンが何か言うとるらしいな ホリエモンが都知事選の公約に挙げたとかいう【東京改造計画】の中に、『低用量ピルで女性の働き方改革』なんて文言があるとTwitterで話題になっていましたね。 この情報が本当であるか私は分かりません。 仮に本当だとして、どういった意味でこんな提言をしたのか全く意味が分かりませんが、「何言ってんだ、ボケ」が最初の感想でした。 何度も述べたように、ピルには副作用があります。 それを理解した上で服用しなければならないのに、ピル飲んでもっと働け!と言われているようで腹が立ちます。 副作用の危険性を理解した上で言っているのか?(理解した上での発言ならもっと怖いけど…) 薬はなんでもそうですが、服用する個人が選択するべきものであり、これを「飲め」と言われて服用するものじゃない。 女性の人権を真っ向否定するような印象です。 正直、権力で労働者階級を押さえつけるファシズムを連想しました。 恐ろしいです。

次の

セラゼッタの使い方ポイントと体験談

ピル 血栓症 体験談

避妊リングとは? 家族計画を考える際に、避妊の方法についても考えていますか? 避妊法として日本で広く普及しているコンドームには、 一般的な使用において18%の失敗率があることが報告されています。 「すでに子供が複数いる」「キャリアプランを考えて今は避妊していたい」というママはより確実な避妊方法についても検討してみましょう。 内服薬のピルに抵抗があったり体に合わなかったりした人も選べる方法、 男性に気付かれずに避妊できる方法もあります。 この記事では「避妊リング」と呼ばれている「IUS(子宮内システム)」と「IUD(子宮内避妊用具)」について詳しく説明します。 「避妊リング」は初期に円形のものが多かったので今でも「リング」の通称で呼ばれていますが、現在はT字型の器具が主流になっています。 IUS(子宮内システム/避妊リング)とは IUSとはIntra Uterine Systemの略で、後述するIUD(Intra Uterine device)の一種です。 直訳すると「子宮内システム」で、柔らかいプラスチックに黄体ホルモンが付加された小さなT字型の医療器具を子宮内に留めておいて、黄体ホルモンを放出し続けることで妊娠しにくい状態にします。 黄体ホルモンには、子宮内膜が厚くなるのを抑える働きや子宮入口の粘液を変化させて精子が子宮内へ進入するのを妨げる効果があります。 代表的なものに バイエル薬品の「ミレーナ」があり、 1年間で妊娠する確率は0. 2%と非常に避妊効果の高い方法です。 IUSのメリット• IUSを装着後、すぐに避妊効果が期待できる• 黄体ホルモンが子宮内にのみ作用するので、 副作用が起きにくい• 低用量ピルのように 毎日薬を飲むなどの必要がない• 低用量ピルには卵胞ホルモンが含まれており、喫煙者や高血圧の人には血栓症が危惧されるが、IUSではその心配がない• 子宮内膜が厚くなるのを抑えるので、 月経血の量が減少し、月経痛が和らぐことが期待できる• 妊娠を再開したいときには医師に器具を取り出してもらうだけでよい• IUSを正しく装着していれば、 最長で5年間、避妊効果が持続する• IUSを正しく装着していれば、性交に影響することはない IUSのデメリット• IUSの装着や除去には医師の診察と施術が必要• IUSの装着後、 数ヶ月にわたり不正出血が起こることがある• 月経出血日数の延長や月経周期の変化などの副作用が起こることがある• 卵巣のう胞や、子宮・卵管などの骨盤内に 炎症が起こることがある• IUS装着の目的が 避妊のみの場合、保険外診療となる• 気付かないうちにIUSがはずれたり脱出したりすることがある• 出産経験がない、子宮外妊娠の経験がある、授乳中などIUSが適さないケースもある IUSの費用は? IUS装着:約35,000~100,000円 他に診察料や各種検査料、定期健診の費用がかかることがあります。 医療機関によって設定されている料金が異なり、代金に含まれている項目もそれぞれなのでよく確認してください。 除去時や新しいものに入れ替える時に必要な費用なども確認しておきましょう。 過多月経などの治療として健康保険が適用されれば、自己負担額が10,000~30,000円程度になることもあります。 IUSの避妊失敗率は? 正しく使用していれば、1年間に妊娠する確率は0. IUSの体験談• 血栓症のリスクが高めでピルが使えなかったのでIUSを選びました。 IUSの挿入は内診台で10分もかからず、痛みもほとんどありませんでした。 副作用の不正出血が1~2ヶ月続きましたが、それ以外に体調の変化はありませんでした。 IUSの装着前に比べて月経量が減ったので、 生理期間のストレスが劇的に減りました。 IUD(子宮内避妊用具/避妊リング)とは IUDとは、Intra Uterine deviceの略で、子宮内避妊用具のことです。 以前は円形のものが多かったので、「避妊リング」の通称で呼ばれています。 代表的なものは バイエル薬品の「ノバT」で、小さなT字型をしており、避妊を目的として子宮内に装着します。 ノバTには金属の銅が使われていて、銅イオンの作用により精子が子宮内や卵管へ侵入することを防ぎ、受精や着床も阻害します。 放出される銅の量は、1日の食事から自然に摂っている量の50分の1程度と極微量で、体への影響も少ない避妊法です。 IUDのメリット• IUD(ノバT)の有効成分は銅なので、 ホルモンや薬剤に比べ副作用が起きにくい• 低用量ピルのように 毎日薬を飲むなどの必要がない• 低用量ピルには卵胞ホルモンが含まれており、喫煙者や高血圧の人には血栓症が危惧されるが、IUDではその心配がない• 授乳中でも母乳の成分には影響しないので、産後、子宮が回復すればすぐに装着することも可能• 妊娠を再開したいときには医師に器具を取り出してもらうだけでよい• IUS(ミレーナ)よりも価格が安いことが多いので費用が抑えられる• IUDを正しく装着していれば、 2~5年間、避妊効果が持続する• IUDを正しく装着していれば、性交に影響することはない IUDのデメリット• IUDの装着や除去には医師の診察と施術が必要• 金属アレルギーの人は注意が必要• IUDの装着後は 月経量が増えることがある• 月経異常や過多月経、月経時期以外の出血、腹痛・ 疼痛などの副作用が起こることがある• 子宮や卵管などの骨盤内に炎症が起こることがある• 子宮外妊娠や骨盤内手術の経験がある場合、子宮外妊娠のリスクが高くなる• 健康保険の対象ではないので、自由診療となる• 気づかないうちにIUDがはずれたり脱出したりすることがある IUDの費用は? IUD装着:約20,000~50,000円 他に診察料や各種検査料、定期健診の費用がかかることがあります。 医療機関によって設定されている料金が異なり、代金に含まれている項目もそれぞれなのでよく確認してください。 除去時や新しいものに入れ替える時に必要な費用なども確認しておきましょう。 IUDの避妊失敗率は? 正しく使用していれば、 1年間に妊娠する確率は0. 6~0. IUDの体験談• 子供が3人いるので、確実性の高い避妊を考えました。 生理が軽くなるというミレーナを希望していましたが、授乳中・費用が高いなどの理由でIUDにしました。 生理の終わり(7日目)に挿入しました。 内診と挿入時に軽い痛みがありましたが5~10分ほどで終わりました。 私が診てもらったところは20,000円でした。 低用量ピルを処方し続けてもらうよりも安くすむので満足しています。 挿入後1ヶ月は不正出血と軽い下腹部痛が続き、その後、生理の時の出血量が増えてしまいました。 挿入後6ヶ月くらいは痛みや出血量が増すことがあるそうです。 避妊リングに副作用や違和感はある? 避妊リングを装着すると、 数ヶ月にわたって少量の出血が続くなどの副作用が現れるケースが報告されています。 多くの場合はおりものシートで対応できるほどですが、体調が悪くなった、日常生活や性交時に違和感があるなどの場合には、避妊リングを装着した医療機関へ早めに相談しましょう。 特に変化がない場合にも装着の1ヶ月後・3ヶ月後・6ヶ月後・1年後というように 医師から検診のスケジュールが提示されるので、必ず受診して、避妊リングが正しい位置に装着されているか、副作用が起きていないかを確認してもらいましょう。 避妊リングは保険適用にならない? IUSのミレーナは2014年9月から 過多月経・月経困難症の治療に限り保険適応の対象となりました。 「 過多月経」とは経血量が通常よりも多く、生活に支障をきたす状態です。 経血量を他の人と比べるのは難しいので、自覚のない人もいるでしょう。 生理用ナプキンが1時間ともたない、経血の中にレバー状の固まりがあるといったサインがある人は、医師に相談してみましょう。 「 月経困難症」とは生理中の痛み(下腹部・腰・背中・頭など)や吐き気、便秘・下痢、寒気や発熱、貧血症状によって日常生活に支障をきたしている状態です。 生理期間中に起きていられないほど辛い時がある、鎮痛剤を常用しているといった人は当てはまるといえます。 いずれも問診や子宮の超音波検査、血液検査などで診断します。 「過多月経」「月経困難症」の軽減も期待して避妊リングを使いたいという人は、健康保険の対象になることがあるので、まずは病院に相談してみましょう。 避妊リングを入れるとCT、MRIはどうなるの? 体内に医療器具を留めておく場合、CT(X線断層撮影)やMRI(磁気共鳴画像)などの検査を受ける時には注意が必要です。 IUDの「ノバT」には金属製の部品があるため、CT検査では避妊リングも撮影に映ります。 MRI検査は金属部品が発熱する危険性があるため、「ノバTの使用者はMRI検査不可」とする医療機関もあります。 必ず医師に自己申告してください。 IUSのミレーナはプラスチックなどで作られているので、CT検査・MRI検査ともに特に問題はありませんが、念のため医師には伝えておきましょう。 まとめ 妊娠・出産は女性の体への負担が大きく、キャリアの中断を余儀なくされるなど ライフプランにも大きく係わってくる出来事です。 女性が避妊を考えていても、男性任せの膣外射精やコンドームなどでは不確実なこともあります。 予期せぬ妊娠は人工中絶という辛い選択を招くことにもなりかねません。 自分の体と人生を守るためにも「 女性側の意思で避妊できる方法」を知り、自分に合った避妊法を選んでください。 女性が主体的に妊娠したい時期や避妊の方法をコントロールすることは、「自分らしく生きる」ために欠かせない、当然の権利です。

次の

ピルは避妊だけじゃない!『ヤーズ』内服中の体験談

ピル 血栓症 体験談

ピル服用で血栓症の症状に不安を持つ女性へアドバイス ピルを服用すると、副作用で血栓症のリスクがあるので、本当に服用しても大丈夫だろうかと心配する女性も多くいると思います。 実際に、婦人科のクリニックで診察しているA医師にも、問い合わせの電話が多くかかってきており、患者さんに丁寧に説明しているそうです。 Aの先生によると、ピルは、ほとんどの人に有効で安全に服用出来るのですが、稀に血栓症を発症する人もいるそうです。 実際、先生のクリニックでも毎月多くの患者さんに対して、処方していますが、そのなかで2名ほど血栓症を発症し、検査で異常が指摘されたものの症状が出ない血栓症疑いの人が10名ほどいるとのことでした。 頻度は少ないですが、リスクは誰にでもあると言うこと頭の片隅においておき、服用する必要があります。 そして、血栓症にならないために以下のような注意が必要です。 高血圧• 偏頭痛• 40歳以上 これら5つの症状は血栓症を起こすリスクが高く、処方を受ける前には、これらの症状をコントロールしていく必要があります。 場合によってはリスクの危険性から処方されない場合もあります。 血栓症の症状とピル服用で血栓症リスクが高くなる理由 血栓症とは ピルを服用していると、血栓症という症状のリスクがあります。 血栓症というのは、簡単に言ってしまえば、血管の中に血の塊が出来てしまうことです。 その塊によって血流が遮断されたり、塊が全身の血流に流され詰まってしまったりして、命の危険さえある病気です。 危険ではありますが、早期発見で適切な治療を受ければ血栓はなくなります。 ピルで血栓症が起こりやすい理由 ピルを服用すると、血栓症のリスクがありますが、その理由として女性ホルモンが大きく影響をしています。 女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンは血液を固めやすくして、血管異常を起こしやすいのです。 通常、ホルモンはバランスを取り合っているので問題はないのですが、ピルを服用することで、女性ホルモンが増強します。 その結果、血栓症のリスクも高まるのです。 また、ピルには血液を固めやすくするタンパク質が増加する働きがあるため、ピルというお薬はリスクが高いのです。 血栓症のリスクが高い人が症状に心配なく安心して使えるミニピル 現在、低容量のピルというと、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの両方を合わせた合成製剤がメインで使用されています。 しかし、卵胞ホルモンを多く含む合成製剤のピルでは、血栓症のリスクもあるので、使用できる人にはいくつかの制限があります。 特に血栓症になりやすいと言われている35〜40歳代以上、肥満などの患者に対しては血栓症リスクが高いために、患者がピルを希望しても処方出来ないということが多くあります。 そこで、こうしたリスクがある患者でも、安心して使えるピルがミニピルというものなのです。 ミニピルは、黄体ホルモンだけを含む低容量ピルなので、血栓症の副作用はなく、リスクが高い人でも使用することが出来るお薬です。 ただし、ミニピルの場合には日本で処方されるのは、あくまで治療に対してであって避妊目的での使用は保険適応外で自費での対応となります。 また、合成製剤のピルと違って、休薬日はなく、服用を開始した日から毎日同じ時間に内服する必要があるので注意しましょう。 ピル中断して再開すると血栓症のリスクが急増するので要注意 ピルの服用で血栓症になるリスクが高いと聞いたこともあると思います。 しかし、ピルを服用中に、ただ単に血栓症の症状が恐いからという理由で中断するのは良くありません。 ピルを服用してから、特に3ヶ月〜半年は血栓症のリスクが高まると言われています。 それ以上の月日にもわたり服用していて、特に副作用の症状が出てなければそれほど問題はありません。 問題もないのに服用を止めてしまうと、万が一再開したときには、再び飲み始めに血栓症のリスクが高くなります。 低用量ピル1周期(4週間)あるいはそれ以上の休薬期間があるとリスクが高くなります。 副作用のリスクが振り出しに戻ってしまうので、中断後に再開するときには注意しておく必要があるのです。 血栓症は確かに恐いのですが、米国の調査によると、低用量ピルを服用していない女性でも血栓症になる人は年間で1万人にあたり1〜5人いて、服用している人でも3〜9人程度です。 血栓症は早期発見で治療できますし、服用して、異変に気付くことが出来れば恐いことは何もありません。 ですので、間違っても症状がないのに自己中断はやめましょう。 ピルで血栓症のリスクを減らすには初期症状に注意必要 ピルを服用して血栓症のリスクがあると説明してきましたが、ピルを服用して血栓症が起こりやすいのは特に足と言われています。 静脈血栓症と言いますが、ふくらはぎの血管に血栓ができて症状が重くなると、血栓が肺に流れ肺塞栓症など危険な状態になります。 そうした状態にならないためにも、ピル内服中は、症状に注意していく必要があります。 血栓症は、初期症状がいくつかあります。 突然胸が痛み出す• 激しい頭痛• ふくらはぎのだるさが取れない• ふくらはぎなど足全体が痛む• 視覚異常• 激しい腹痛が御起こる 上記のように痛みやだるさなどが続く場合には、血栓症の危険性があるので、出来るだけ早く病院へ受診するようにしましょう。 また、血栓症には、• アルコール• 高血圧• 水分不足 などでリスクが高まります。 症状と一緒にこれらにも注意していきましょう。

次の