ハート アイコン。 ハート (シンボル)

ハート (シンボル)

ハート アイコン

プロフィールとして設定できる画像 ラインやツイッターアイコンなどプロフィール画像のアイコンサイトです。 各種SNSに対応したサイズ(作成時)で詳細は左記の表の大きさとなります。 可愛いアイコン~かっこいいアイコンまで様々なデザインを掲載しています。 月日が経つにつれてアイコンの推奨サイズが更新される場合があります。 個人利用において常識の範囲内で利用をお願いします。 再配布や商用利用は出来ません。 時計、うさぎ、ハートなどのプロフィールアイコンの一覧です。 LINEやツイッター・フェイスブックなど、それぞれ推奨される大きさや形があることから写真編集などをする必要もあります。 スマホでプロフィール写真の大きさを編集するのも時間と手間がかかります。 ということで、それぞれのSNSアイコンを作成しました。 当ホームページ作成時点で推奨されているアイコンのサイズです。 【アイコン】おしゃれプロフ SNS設定に使える「時計、うさぎ、ハート」 「時計、うさぎ、ハート」などの自己紹介アイコンの一覧 自分でお気に入りのプロフィール画像(アイコン)を見つけることはなかなか手間がかかります。 お気に入りがきっと見つかるかも・・・ イラストアイコンの一覧 ここからライン・ツイッターなどに合うアイコン(イラスト)が見られます 時計デザイン 球体 シグナル コンパス 花デザイン 猫 赤リボン コイン オーブ キラキラ ハート グラデーション アルファベット ハート 天使 葉 フクロウ うさぎ 鳥 シルエット デザイン 「おしゃれプロフ」のページです。 このほかにも「可愛い~かっこいい」イラストなど個性に富んだのもがあります。

次の

ハート (シンボル)

ハート アイコン

ハート記号はUnicodeで絵文字として定義されているので、HTML中に書いたハート記号の色やサイズはCSSで装飾できる Edgeでの表示例 本記事では、様々なハート記号をウェブ上に表示する方法として、ハート記号を直接HTMLソースに記述する方法や、ハート記号を表示させるための特殊な書き方を使う方法、ハート記号をCSSで装飾する方法などをご紹介いたします。 ぜひ、様々な色に装飾したハート記号を表示させてみて下さい。 【目次】• 掲載方法1:• 掲載方法2:• ハートマークも文字の1つ「ハート記号」なので色もサイズも自由 他の多くの記号と同様に、ハートマークも文字としてHTMLソース中に記述してウェブ上に表示できます。 そのため、CSSを使えばハート記号の色も大きさも自由に装飾できます。 さらに、ハート記号に影を付けたり縁取りをしたりする加工もCSSを使って簡単に実現できます。 わざわざハートマークを画像として作る必要はありません。 下図は、文字サイズを72ptと36ptに指定した赤色のハート記号をブラウザに表示した例です。 比較のために「ハート」という文字も一緒に書いています。 巨大なハートから極小のハートまで好きなように装飾できます。 このハート記号も文字の一種ですから、マウスなどを使って範囲選択してコピーすることもできます。 環境によって見た目が異なるハート記号もある 左上:Chrome56、右下:Edge14 共にWindows10版での表示例 上図の左上側はChromeで様々なハート記号を表示した例です。 スマホなどでよく目にする絵文字のように、カラフルなハート記号が表示されています。 上図の右下側はEdgeでハート記号を表示した例です。 シンプルな1色のハート記号が表示されています(ここではハート記号の装飾例として赤色と緑色を加えています)。 2つのブラウザでハートマークの見た目はかなり異なりますが、どちらも同じコードで表されるハート記号です。 このように、ウェブ上に掲載したハート記号は、閲覧環境(ブラウザやOSなど)によって、• カラフルに表示される代わりに 色の変更ができない(Firefox・Chromeなど)• 自由な色を指定できる代わりに 1色しか使えない(IE・Edgeなど) といった差があります。 ただ、どの場合でも文字の一種であるという扱いには変わりありませんから、CSSを使うことでハート記号のサイズを変更したり影を付けたりする加工はできます。 MS-IMEの文字一覧機能を使うハート記号の出し方 上図の左端にある赤丸1のボタンを押すと、文字の一覧表画面が出ます。 赤丸2の領域を見ながらスクロールして、後述するUnicodeの番号を出します(上図では「2660」付近を表示しています)。 最後に赤丸3のように目的の記号をクリックしてから「Enter」ボタンを押せば、そのハート記号を出す(入力する)ことができます。 さらに赤丸2部分に見えるように、メニューの中にある「文字パレット」という項目をクリックします。 すると、下図の右側のように「ATOK文字パレット」という文字一覧表ウインドウが現れます。 ハート記号をHTMLソース内に書く環境別の方法 さて、これまでにご紹介したように、Unicodeで定義されている様々なハート記号はパソコン上でもスマホ上でも簡単に出せます。 次に、これらのハート記号をHTMLソース内に書く方法をご紹介いたします。 先程も少しだけ述べましたが、HTMLファイルで使っている文字コードの種類によっては、ハート記号をそのままHTMLソース内に書くことはできません。 その場合には、特殊な記述方法を使う必要があります。 ハート記号をHTMLソースやCSSソース内に書くには、お使いの入力環境や作成しているウェブページの文字コードによって以下の2つの方法から選んで下さい。 なお、どちらの方法を使えば良いのかが判断できない場合は、後者の「掲載方法2」を使っておけば間違いありません。 《前提条件1》 文字コード「UTF-8」を使ってウェブページを作っている 《前提条件2》 お使いのソフトでUnicodeの文字を扱える(編集や保存ができる)• 《前提条件》 条件はありません。 どんな場合でも使えます。 これらの仕様に沿った文字列をHTMLソース内に書くことで、対応する文字をウェブページ上に表示できます。 すべて半角文字で記述しなければならない点と、最後にセミコロン記号「;」が必要な点を忘れないよう注意して下さい。 本記事中では画像で掲載しているためにコピーができません。 サンプルページ2「」にコピーできる形で掲載していますのでご活用下さい。 ハート記号に色をつけたり大きさを変えたりする装飾方法 これまでにご紹介してきたように、ハート記号も文字と同じ扱いですから、その他の文字と同じ方法で装飾できます。 例えば色や大きさは、CSSを使って以下のように書くことで自由に指定できます。 このソースをブラウザで表示すると、以下のように見えます。 例えば以下のHTML+CSSを使うと、赤色のハート記号に紫色の影を付加して表示できます。 配色を変更すると、中段や下段のようにも表示できます。

次の

「手書きブログ

ハート アイコン

ハート記号はUnicodeで絵文字として定義されているので、HTML中に書いたハート記号の色やサイズはCSSで装飾できる Edgeでの表示例 本記事では、様々なハート記号をウェブ上に表示する方法として、ハート記号を直接HTMLソースに記述する方法や、ハート記号を表示させるための特殊な書き方を使う方法、ハート記号をCSSで装飾する方法などをご紹介いたします。 ぜひ、様々な色に装飾したハート記号を表示させてみて下さい。 【目次】• 掲載方法1:• 掲載方法2:• ハートマークも文字の1つ「ハート記号」なので色もサイズも自由 他の多くの記号と同様に、ハートマークも文字としてHTMLソース中に記述してウェブ上に表示できます。 そのため、CSSを使えばハート記号の色も大きさも自由に装飾できます。 さらに、ハート記号に影を付けたり縁取りをしたりする加工もCSSを使って簡単に実現できます。 わざわざハートマークを画像として作る必要はありません。 下図は、文字サイズを72ptと36ptに指定した赤色のハート記号をブラウザに表示した例です。 比較のために「ハート」という文字も一緒に書いています。 巨大なハートから極小のハートまで好きなように装飾できます。 このハート記号も文字の一種ですから、マウスなどを使って範囲選択してコピーすることもできます。 環境によって見た目が異なるハート記号もある 左上:Chrome56、右下:Edge14 共にWindows10版での表示例 上図の左上側はChromeで様々なハート記号を表示した例です。 スマホなどでよく目にする絵文字のように、カラフルなハート記号が表示されています。 上図の右下側はEdgeでハート記号を表示した例です。 シンプルな1色のハート記号が表示されています(ここではハート記号の装飾例として赤色と緑色を加えています)。 2つのブラウザでハートマークの見た目はかなり異なりますが、どちらも同じコードで表されるハート記号です。 このように、ウェブ上に掲載したハート記号は、閲覧環境(ブラウザやOSなど)によって、• カラフルに表示される代わりに 色の変更ができない(Firefox・Chromeなど)• 自由な色を指定できる代わりに 1色しか使えない(IE・Edgeなど) といった差があります。 ただ、どの場合でも文字の一種であるという扱いには変わりありませんから、CSSを使うことでハート記号のサイズを変更したり影を付けたりする加工はできます。 MS-IMEの文字一覧機能を使うハート記号の出し方 上図の左端にある赤丸1のボタンを押すと、文字の一覧表画面が出ます。 赤丸2の領域を見ながらスクロールして、後述するUnicodeの番号を出します(上図では「2660」付近を表示しています)。 最後に赤丸3のように目的の記号をクリックしてから「Enter」ボタンを押せば、そのハート記号を出す(入力する)ことができます。 さらに赤丸2部分に見えるように、メニューの中にある「文字パレット」という項目をクリックします。 すると、下図の右側のように「ATOK文字パレット」という文字一覧表ウインドウが現れます。 ハート記号をHTMLソース内に書く環境別の方法 さて、これまでにご紹介したように、Unicodeで定義されている様々なハート記号はパソコン上でもスマホ上でも簡単に出せます。 次に、これらのハート記号をHTMLソース内に書く方法をご紹介いたします。 先程も少しだけ述べましたが、HTMLファイルで使っている文字コードの種類によっては、ハート記号をそのままHTMLソース内に書くことはできません。 その場合には、特殊な記述方法を使う必要があります。 ハート記号をHTMLソースやCSSソース内に書くには、お使いの入力環境や作成しているウェブページの文字コードによって以下の2つの方法から選んで下さい。 なお、どちらの方法を使えば良いのかが判断できない場合は、後者の「掲載方法2」を使っておけば間違いありません。 《前提条件1》 文字コード「UTF-8」を使ってウェブページを作っている 《前提条件2》 お使いのソフトでUnicodeの文字を扱える(編集や保存ができる)• 《前提条件》 条件はありません。 どんな場合でも使えます。 これらの仕様に沿った文字列をHTMLソース内に書くことで、対応する文字をウェブページ上に表示できます。 すべて半角文字で記述しなければならない点と、最後にセミコロン記号「;」が必要な点を忘れないよう注意して下さい。 本記事中では画像で掲載しているためにコピーができません。 サンプルページ2「」にコピーできる形で掲載していますのでご活用下さい。 ハート記号に色をつけたり大きさを変えたりする装飾方法 これまでにご紹介してきたように、ハート記号も文字と同じ扱いですから、その他の文字と同じ方法で装飾できます。 例えば色や大きさは、CSSを使って以下のように書くことで自由に指定できます。 このソースをブラウザで表示すると、以下のように見えます。 例えば以下のHTML+CSSを使うと、赤色のハート記号に紫色の影を付加して表示できます。 配色を変更すると、中段や下段のようにも表示できます。

次の