アズレン コアショップ おすすめ。 【アズールレーン】最強装備のおすすめランキング【7/21更新】|アズレン|ゲームエイト

【アズールレーン】コアデータの効率の良い集め方とおすすめの交換装備【アズレン】

アズレン コアショップ おすすめ

()の コアショップで交換できる商品 ラインナップを紹介しています。 さらに装備の性能解説や個人的な評価を掲載、 コアデータの使い道に迷っている、装備の性能が知りたい、最新のラインナップが見たいという人にオススメの記事です。 ラインナップ更新 2020年7月2日:設備「強化耐圧殻設計案」、「」、「」、戦艦「」 2020年5月14日:「」、駆逐「」 2020年4月9日:空母「」、戦艦「」 2020年4月1日:戦闘機「シーフューリー」、戦闘機「(VF-17中隊)」 2020年1月1日:設備「マリニエール魂(迷彩)」、「ファイアブランド」• コアデータ 最初に コアデータについて簡単におさらい。 コアデータの主な入手方法は 任務報酬、メインストーリーの ハードモードが挙げられる。 任務は「 任意のハード海域を1回クリアする」という内容なので、ハードモードを欠かさずプレイしていれば自然と達成できる。 ハードモードは1日3回までクリアできる。 他よりもコアデータの入手量が多く、 コアデータ増量キャンペーン中は入手量が3倍になる。 各種コアデータ入手量はタッチで確認 任務報酬(ひらく) デイリー ウィークリー 1回分 5 15 1ヶ月分 150 60 3ヶ月分 450 180 ハードモード(ひらく) ハード 1周 1日 30日 90日 1章 4 12 360 1080 2章 8 24 720 2160 3章 10 30 900 2700 4章 12 36 1080 3240 5章 14 42 1260 3780 6章 16 48 1440 4320 7章 18 54 1620 4860 8章 20 60 1800 5400 9章 22 66 1980 5940 10章 24 72 2160 6480 11章 26 78 2340 7020 初心者は早い内に2章ハードを回せるようになると良い。 1章と2章ではコアデータに2倍の差があり、 コアショップ 購買部から コアショップへ進める。 コアショップの商品には毎月 購入制限があり、この制限は 月替りで更新 リセット される。 商品の ラインナップに追加や削除があるときは月末のメンテンスで告知される。 強力な装備が追加されるかもしれないので、商品交換は基本的に月末のメンテンス告知が出てからがオススメだ。 ラインナップ コアショップの商品ラインナップを掲載。 艦船交換はNG コアショップのラインナップには現在8隻の艦船が並んでいるが、全てがコアショップ限定という訳ではなく、 作戦履歴で過去のイベントを周回すればドロップする艦船もいる。 コアショップ限定艦 入手方法がコアショップのみの艦船はこちら SR「」 SR「」 SR戦艦「」 その他 こちらの艦船は急ぎでないならドロップを狙ったほうがよく、強さ的にもコアデータを消費してまで入手するほどではない。 装備の性能 コアショップに並ぶ装備の性能を紹介、最新の装備は上に表示しています。 今までは改良型シュノーケル+九三式が潜水艦の基本セットだったが、の代わりに強化耐圧殻設計案も候補に挙がるかもしれない。 と比較すると魚雷ダメージでは当然敵わず、魚雷が同じ数命中する状況ではが有利。 また、潜水艦に装備する設備としてはよりも費用負担が少ないというのもポイントだ。 以下の記事で魚雷命中数や前進距離の検証をまとめているので気になる方は参照して欲しい。 2020年7月1日にコアショップに追加された。 通称「ジャンバ砲」と呼ばれ、のスキル発動に必要なため専用装備と化している。 この主砲もジャン・バールのために1本交換する程度で十分である。 砲座3の戦艦なら合計で12発、砲座2のジャン・バールなら合計8発のを投射する。 380mm四連装砲Mle1935は拡散範囲が広く、狙った所に弾が飛ばないという弱点がある。 また、DPSで比べると一般的な戦艦は406mm三連装砲MK6T3を装備するほうが高くなる。 この主砲を上手く扱えるのはやはりジャン・バールくらい、他の艦船だと弾の性質が変わるやあたりが若干適正有りといった感じか。 長らく入手不可能だったが、2020年4月にコアショップに追加。 戦闘機としての性能は500lb爆弾を2つ搭載、攻撃速度は普通、機銃性能が良好といった感じ。 地味な長所は威力が160あること。 これは戦闘機の中ではトップクラスに高く、烈風の162に迫る数値。 飛行速度が52なので、同じ飛行速度のバーダと組ませることで足並みを揃えられる。 防空艦の突破や演習で艦載機を落とされないようにするといった利点がある。 長らく入手不可能だったが、2020年4月にコアショップに追加。 通常の500lb爆弾よりも威力が20高く、他の類似戦闘機よりも攻撃速度に優れ、おまけに対空5%アップのスキルまで備えている。 特別なことを考えなければ戦闘機は全て「(VF-17中隊)」でOKと言えるほどの性能を有している。 数揃えて複数の空母に装備、手動で航空攻撃を行い発艦タイミングをずらすことで対空アップ状態を長く維持するという使い方も考えられる。 (VF-17中隊)の弱点をあえて挙げるとすれば、飛行速度がの流星やバーダより遅い49ということ。 また、演習や防空艦を相手にする時は先頭を飛ぶ艦載機が攻撃する前に撃墜される可能性もありえる。 攻撃性能は戦闘機<orなので、戦闘機を囮に使うなら他を選んだほうが良いかもしれない。 31sとこちらよりもだいぶ速い。 ファイアブランドの利点は機銃性能の高さによる航空機の迎撃だ。 中国での評価によるとバーダのおよそ1. 5倍の性能があるとか。 敵の航空機に悩まされる時に出番があるかもしれない。 また、単純に遅いことを利用して攻撃順の調整に使うこともできる。 スキルによっては攻撃の前後が重要になるものがあるため、1つくらいは交換しておいても良いだろう。 を上げる迷彩塗装」とあるが、特別なスキルも無い上に性能も微妙。 青装備の「 迷彩塗装」および「 油圧舵」、「 偵察レポート・NY周辺海域」、「 約束の証明」など、似たような装備は他にもある。 しかも、性能面で上位と呼べる「 強化油圧舵」、「 ビーバーズエムブレム」が存在しているので、普通に遊んでる限りだと交換する理由が見当たらない。 もっぱらEXステージ攻略やエリート艦隊速攻撃破などで使われる。 実は ハードモードの出撃制限を満たすときに便利な設備だったりする。 魚雷が使えない前衛艦も装備できるため、雷装0の艦船が 九三式を装備すれば雷装値を 最大200までカバーできる。 魚雷型艦船を使いたくない時に役立つかもしれない。 九三式の難点はプレイヤー負担が大きいこと。 交換にコアデータ1500、最大強化するのに汎用T3パーツ288個&資金8280消費する。 デイリーの 通商破壊では 九三式を装備すると、強化段階に応じて 潜水艦の魚雷残弾数が増加する特性がある。 残弾増加は以下の通り。 炎上確率がアップすると相性が良いかもしれない。 よく比較される試製203mm三連装砲はDPSが高く射角が少し狭い。 イメージ図は画像参照。 試製203mm連装砲 3号 はこの射角の違いと2発並んで飛ぶ特性のおかげで攻撃範囲が広がり、 動く敵に対するヒット率は高いように思える。 クリティカルダメージアップは主砲攻撃のみ適用され、 特殊には影響無し。 戦艦に欲しい火力と命中の両方を底上げができる設備なので交換する優先度は高い。 実戦で回避100幸運50くらいの敵を相手にする場合、基本クリティカル率10%は硬いのでSHSを装備すれば18%は狙えそうだ。 先述の一式(クリティカルダメージアップ)と相性が良いように思えるが、戦艦はSGレーダーなどの命中設備、消火装置や対空レーダーなどの対策設備を積みたいのでSHSの優先度は一式よりも低い。 5秒長く潜航できる。 改良型シュノーケルを装備するだけでリロード回数を増やせる潜水艦が多く、ある意味で攻撃力アップ設備と言える。 2019年に入ってから潜水艦関連の修正と通商破壊が実装、イベントやメインストーリーで潜水艦を使った攻略も増えている。 潜水艦需要の増加と共にこの装備の優先度も上がっている。 改良型蓄電池群で支援範囲を拡大すれば潜水艦をより活躍させることができる。 また、支援範囲は潜水艦隊の旗艦 中央の艦船 を参照するので、この設備も 旗艦に装備しないと支援範囲を広げられない。 アップデートによって潜水艦の 作戦エリア変更ができるようになったため、改良型蓄電池群の優先度は下がった。 作戦エリア変更には僅かだが燃料を消費するので燃料節約に使うか、変更が面倒な人が装備するくらいしか使い道がない。 スキルは艦隊の戦闘機数が多いほど有利に働くので使うなら 空母編成推奨だ。 ちなみに 威力補正というのは 艦船の装備補正のことを指している。 仮に戦闘機120%の艦船なら124%で計算される。 マスクデータの移動速度は45と遅め、敵航空機の迎撃で考えたら画面内の滞在時間が長くなるので有利に働く可能性がある。 投下する爆弾は通常のものと異なり、 装甲破壊効果を有している。 加えて普通の 装甲破壊効果は重装甲の敵にしか適用されないが、バーダ(831中隊)は 敵の装甲に関わらず効果を発揮してくれる。 つまり、誰が相手でも以下の効果を付与できる可能性があり、味方のサポートに貢献するということ。 破甲効果発動中は敵艦に 赤いエフェクトが発生、「 6秒間、砲撃によるダメージが8%アップ」する。 バーダ(831中隊)の爆弾は一般的な1600lb爆弾よりも装甲補正が高く設定されている。 威力も480とトップ、一般的なの2倍以上だ。 この特性は演習で効果を発揮することがあり、回避不可能な ダメージ(到達ダメージ)を利用して敵の主力を削る戦法が取れる。 ダメージを利用した演習編成については以下の記事を参照して欲しい。 鞍山級とは、鞍山、撫順、、太原の4隻を指し、彼女達の全弾発射性能がそれぞれ固有の色に変化する。 耐久目的なら回復効果がある応急修理装置を装備するほうが良く、その上でさらに耐久を盛るなら候補に挙がるかもしれない。 そこそこの攻撃性能を残しつつ、航空リロードを速くしたい時に便利だ。 地味ながら機銃性能が高く、BTD-1デストロイヤーの2倍の機関砲を搭載しているため、航空機の迎撃で活躍するかもしれない。 さらに地味な所だと回避上限がの中で最高の数値を誇る。 メインストーリー13章の防空艦に対して有利に働くかもしれない。 その代わり航空攻撃ヒット時に敵を 鈍足にする効果が魅力的だ。 面制圧力に優れる汎用魚雷なので動く敵にも当てやすく、鈍足効果で後続のサポートができる。 装備の効果で「 自身の艦載機が~」とあるが、これの 対象はSBD(マクラスキー隊)のみ、他に装備しているなどは対象にならないようだ。 装備すると攻撃時にスキルボイスが聞けるという小ネタがある。 艦載機HPが140アップ。 効果が似た装備に 空母燃料タンクがある。 空母2隻以上使う際に航空機の足並みを揃える。 まとまって飛ぶことで敵の対空砲ダメージが分散して撃墜されにくくなる。 敵の対空砲試行回数が減り、さらに右端到達までの時間が短くなるのでダメージがアップする。 装填時間20秒なら0. 8秒短縮、25秒なら1秒短縮。 永続効果なので2回3回と攻撃するほど効果を実感できる。 時間差を作って攻撃することで有効打を増やせる。 翔鶴のスキル「 守護の鶴」など、発動後の攻撃に適用される効果は攻撃する順番が重要になる。 こうした場面でホーミングビーコンの短縮効果が役に立つはずだ。 詳しいことはこちらの記事を参照して欲しい。 戦艦の主砲や拡散範囲について検証している。 航空戦艦やを運用するなら交換したい装備だ。 他のには 瑞雲(ずいうん)が存在する。 あちらが搭載している爆弾よりもの1600lb爆弾は威力と攻撃範囲に優れる。 特に理由が無ければを優先していい。 に装備しているときは 潜水支援時と浮上後の後退時に発艦、航空ダメージも60%アップ。 ただし、に装備した時は 弾消し効果が無い。 戦艦ウォースパイト改の場合は1つ目の設備枠に装備できる。 対潜機は潜水艦と戦うときに便利だが、救援任務海域の攻略なら前衛艦にソナーとを用意してやれば十分間に合う。 これにコアデータ500支払うのは正直微妙だが、最近のイベントでは潜水艦セイレーンが登場しているため、コアデータに余裕があるなら1~2個交換しても良い。 無くても困らないがあれば攻速調整に使える。 仮に演習でMe-155を装備するなら、スカイロケットを装備したほうが 威力が高いので主力を削れるかもしれない。 この装備の利点は誰でも装備できること。 命中を上げたくてもSGレーダーは空母に装備できない。 その点で94式高射装置に分があった。 装備箱 装備箱T5は必ず金装備を入手できる。 装備箱T4は低確率で金装備を入手できる。 装備箱T3は金装備が出現しない。 当たりの金装備は以下の通り クロキッド:127mm連装両用砲MK12、BTD-1デストロイヤー、SGレーダー ヴィスカー:113mm連装高角砲、バーダ 重工:155mm三連装砲 クラップ:533mm四連装磁気魚雷、533mm五連装磁気魚雷 基本的に装備箱の交換優先度は低いが、設計図掘りが困難な「533mm四連装磁気魚雷」の数を揃えるためにクラップ装備箱を交換するのは有り。 まとめ 初心者がコアショップで最初に交換するものとしては戦艦か空母の装備がオススメ。 一式、ホーミングビーコン、(VF-17中隊)、 818中隊 は適当な強化で使っても特殊効果は変わらず機能する優れものだ。

次の

【アズレン】ひと目で分かるコアショップおすすめ装備一覧表(4月版)晴嵐

アズレン コアショップ おすすめ

コアショップで交換すべきアイテムの優先度とか 電池絶対許さんからな・・・• 最優先 一式徹甲弾 命中と火力を伸ばして特殊効果まで備える優秀な設備。 戦艦専用。 最低4個は欲しいところ。 ホーミングビーコン 空母の最優先装備。 4個は欲しい。 メンタルユニット 言わずもがなの重要アイテム。 レベル上限解放は有るかもしれないし無いかもしれない。 どちらにせよ不足しがちなアイテムなので毎月交換しておいて損はない。 優先 酸素魚雷 最近は攻略での運用が減少したレア装備。 EXでの運用が多いくらい。 潜水艦には必須なので3本程度あると安心。 シュノーケルも同様に3つあると安心。 ソードフィッシュ 命中した相手の速度を大きく減少させる攻撃機。 9章からは動き回るボスが基本なので1機くらいはあっても良い。 四神の印 四天王専用装備かと思いきや駆逐専用装備。 耐久を大きく強化できるため実はそこそこ有用装備。 2つあると安心。

次の

【アズレン】コアショップ おすすめの交換装備(アイテム)

アズレン コアショップ おすすめ

3月15日実装のコアデータ&コアショップ。 得られるソースに限りがあるので慎重に。 コアデータとは コアショップにならぶアイテムと交換可能な資源。 任務やハードモードのボス撃破で入手可能。 時間経過で消滅することはないため、無理にアイテムと交換する必要はなく、次回以降に持ち越すことも可能。 コアショップ 大陸版と異なり、若干貧相なラインナップで実装されました。 まあ、得られるコアデータでは全てのアイテムを入手できないので、来月以降のラインナップで獲得できるのでしょう。 得られるコアデータは毎月1800程度?ラインナップから考えても虹装備1個or金装備2個が妥当でしょう。 ちなみに3月のラインナップは4月になっても変更されないとのこと。 コアデータの貯め方 現状はハードモードを欠かさずクリアするしかありません。 (+任務) 得られるデータ数は章によって異なり、現時点では 6章が最高効率。

次の