転職 うつ病 休職。 【保存版】収入の心配はない?うつ病で休職する全手順と休職後のこと

休職を履歴書でどう書くべき?源泉徴収票でバレない方法

転職 うつ病 休職

現在、会社を休職しているのですが、復職をするか退職をするか悩んでいます。 ぶっちゃけどちらのほうが自分のためになると思いますか? 休職を経験した人に聞いてみたいです。 今回はこんなお悩みに答えます。 初めに結論から申し上げますと私は 「休職した組織に復職はおすすめしない」です。 つまりは復職せずに退職が理想と私は考えています。 本記事を読んでいただけると「休職後に復職をするか、退職をするか」の悩みが解決されます。 なぜなら私は実際に休職とその後の流れを経験したことがあり、復職・退職のメリットとデメリットを把握しているからです。 記事の前半では「復職と退職のメリット・デメリット」を説明しつつ、後半では「ぶっちゃけ復職と退職どちらが良いか」を具体的に紹介します。 復職のメリットとデメリット この段落では「休職から復職」のメリットとデメリットを紹介します。 場合によってはまだやる気があると思われる• 徐々に身体を慣らすことができる• 転職活動をしなくて済む 順番に説明します。 普通なら休職してしまうことで、周りの人は「あぁ、もうあの休職した人は辞めるんだろうなぁ」と認識をします。 しかし、そんな周りの「辞めるムード」の中、復職をすることによって「まだウチで働いてくれる気があるのだね。 応援しているよ。 」と、思ってくれる人もいるかもしれません。 所属している組織で「まだまだ仕事をしたい!」と考えている人は復職をするのもアリだと私は思います。 復職制度は業務量を減らしたり、時短勤務するなど、復職者が徐々に仕事に馴染めるよう、会社が配慮をする仕組みとなっています。 復職制度を利用することで、身体を徐々に仕事に馴染ませられるので、無理のない範囲で社会復帰をすることができます。 休職後すぐに転職だと、急に新しい環境で朝から晩まで働くこととなり、また体調を崩す場合も考えられます。 ゆっくりと着実に社会復帰できるのが復職の良いところでもあります。 転職活動は非常に面倒で、時間がかかります。 途中で心が折れそうになり、またうつ病悪化…なんて最悪なパターンも考えられます。 しかし、もとの職場に復帰することで、面倒な転職活動を一切せず、また働くことできます。 以上3つが「復職をするメリット」でした。 私も身をもって経験したことがあります。 なので復職者は基本的に業務量は少なく、仕事中に暇になることが多いです。 (これはこれで辛い…) 一度社内ニートになってしまったら「成長できなくなる」「出世できなくなる」「真っ先にクビの対象」のようなデメリットがあります。 復職して社内ニートでダラダラ過ごすのは絶対にNGです。 必ず何か勉強して、スキルを身に付けるようにしましょう。 復職して、うつ病になる前と同じ仕事をしたら、トラウマがよみがえり、また体調が悪化し、再休職…なんて例もよくあります。 もちろん復職制度で、業務内容は考慮してくれる場合もありますが、うつ病は常に再発のリスクがある病気です。 復職をするのであれば「別の部署に異動を申し出る」といった工夫が多少必要になってきますので、気を付けましょう。 自分の仕事を代わりにやってくれた人とも気まずいですし、上司とも気まずいですし、周りからの目線も痛いです。 とにかく毎日が「気まずい・申し訳ない・恥ずかしい」です。 中には休職をしたことで反感を買い、復職後に「復讐」のような形で冷遇されることもよくあります。 大体1,2ヵ月耐えたら「気まずさ」は薄れてきますが、完全に消え去ることはなく、職場の人とも微妙な距離感でずっと過ごすことになります。 復職を考えている方は以上3点のデメリットを覚悟しておくべきです。 気まずさが0• 職場にもあまり迷惑が掛からない 順番に解説させていただきます。 復職だと先ほども説明したとおり、気まずさの極みです。 復職の気まずさに耐えられそうにない… という人は休職中に転職活動(元気になったらですが)をして、退職してしまうのが理想的だと私は思います。 早めに退職を申し出れば、職場も「人員配置を早く行える」というメリットがあります。 人員配置を早く行えることで、自分の代わりに仕事をしている人たちの負担が減ります。 しかし、かといって会社のことを思いすぎて焦り、退職するのも少し違いますけどね笑 あくまでも自分の体調と相談しながら、退職するかしないかを決めていきましょう。 転職活動が大変• 環境が大きく変わることにストレスを感じる 順番に解説させていただきます。 もちろん専門知識が豊富な人はオファーなども来るのでスムーズに転職が決まりますが、大体の人は苦労するものです。 実際に私も転職活動を経験しましたが、何度も心が折れました笑 また、退職してからの転職活動は焦ってしまい、精神的にも大きなプレッシャーがかかります。 ですので、もしも転職活動をするのであれば、休職中の元気になってきた時を目安 (外出が積極的にできるようになったタイミング)に始めましょう。 急に1日8時間以上の勤務• 人間関係を1から作り直す• 場合によっては引っ越して新天地へ など、休職明けからすぐに転職をすると、急に生活のハードルが上がってしまい、精神的に疲れてしまうこともあります。 せっかく休職して体調が戻ってきたのに、また悪化してしまったら意味がないですよね。 体調面でまだまだ自信がない人は、会社の復職制度を利用して身体を慣らし、転職するのが良いでしょう。 復職か退職で悩むけど、どちらが良い? 繰り返しになりますが、もとの職場に復職するのは私はおすすめしません。 職場から干されている感覚• 職場の人と超気まずい• 仕事中に超暇になる 厳しい言い方となってしまいますが、休職した人はその組織ではもう「おさらば状態」で、会社側も早く辞めるように見えない圧力をかけてきます。 やはり会社側も健康体の人にずっと働いてほしいですからね。 うつ病は特に再発率が高いので、いつまた休職するかわからない人にずっといられても不安なのです。 このような会社側の「見えないようで見える退職圧力」に復職初日から耐えていくのは中々ハードです。 それだったら休職期間で元気になった時に多少苦労しても転職活動をして、新しい環境に行ったほうが復職の「気まずさのストレス」を感じることなく、新鮮な気持ちで再スタートできると私は思います。 その為にも休職期間中に心をフル充電して、次に向けた準備をする必要があります。 復職のメリットとデメリット• 退職のメリットとデメリット• 復職か退職で悩むけど、どちらが良い? という内容で書かせていただきました。 「基本的に元の職場に復職するのはおすすめしない」というのが私の考えです。 やはり休職していた職場に復職するのは相当気まずいし、100%干されるので精神的に辛いものがあります。 もしも復職を考えている人がいたら、いずれは転職する覚悟でいましょう。 しかし心配する必要は全くなく、この世には何万という数の企業、組織があり、必ずあなたに合う職場が見つかるはずです。 1つの合わない職場を辞めたくらいでは痛くも痒くもないですよ。 転職先で挽回すればいい話ですからね。 ですので、あまり自分を責めず、ゆっくり体調と相談しつつ、頑張っていきましょう。 それでは今回はこの辺で。 ありがとうございました。

次の

【うつ病で休職】復職するか退職するか悩む人へ伝えたいこと。

転職 うつ病 休職

「うつ病を理由に休職ってできるのかな?」 「うつ病で休職する場合は、何をすれば良いんだろう?」 「うつ病で休職したいけれど、休職後のことなどに悩みがある」 うつ病になってしまうと、とても仕事などしていられなくなりますよね。 そのため「休みたい」と思うことは当然です。 しかし、 休職の手続きが分からなかったり、「お金のこと」「仕事のこと」など心配事があって、行動できずにいることもあるのではないでしょうか? でも、安心してください。 正しい手続きやトラブルへの対処法を知っておけば、 すぐに行動をはじめて 休職することができます。 そこでこの記事では、まずはうつ病を理由に休職できる場合と、うつ病で休職するメリット・デメリットについて解説します。 そして、うつ病で休職する場合の手続きの全てと、休職後にやるべきことについてもお伝えします。 しっかり読んで、次の行動のために活用してください。 【メリット】• 心身を休めることができる• 就業規則で定められた期間内なら復職できる 順番に解説します。 うつ病は、• 環境要因:家族や職場での人間関係• 性格要因:義務感、責任感が強い、完璧主義• 遺伝的要因:生まれつきの脳神経の機能• 慢性的な身体疾患 など、様々な原因から発症すると考えられています。 そのため、たとえあなたが、うつ病の原因は仕事ではないと考えているとしても、仕事を休んで 日々の緊張感から解放されることが、快復に繋がる可能性はあるのです。 また、うつ病の治療には、• 精神療法• 薬物療法 が必要と言われています。 もちろん、働きながら治療することもできますが、働きながらでは、 せっかく治療してもストレスで後戻りし、効率的に治すことができません。 そのため、会社を休職することで、集中的に治療することが何より大事なのです。 とは言え、休職する以上先のことは気になりますよね。 以下の場合は、休職後に復職できる可能性が高いです。 就業規則で定められた期間内であること• 休職前の業務を行うことができる状態まで快復していること 1章でお伝えしたように、 休職のルールは会社ごとの就業規則によるため、あなたが復職できるかどうかは会社次第ではあります。 しかし、就業規則で休職の期間が定められている場合は、その期間内に快復した場合は、 復職できると考えて良いでしょう。 なぜなら、復職ができないなら、それは解雇を延長しているだけに過ぎないからです。 あなたが上記の条件を満たしているのに、会社が復職を拒否することは、過去の判例から「無効」になる可能性が高いです。 《もらえる条件》 傷病手当金をもらうためには、以下の 2つの条件をクリアする必要があります。 会社とは関係のない病気やケガで療養中であること 療養とは、病気やケガの治療をしていることを言います。 入院していなくても、医師の指示があれば、自宅療養でも構いません。 なお、会社の業務と関係ある病気やケガの場合は、労働災害保険の対象になります。 業務外の病気やケガのため、仕事に就けないこと 「私は仕事をすることができません」という医師による証明書(労務不能の証明書)が必要です。 医師の診断を受ける際にもらうようにしましょう。 《もらえる条件》 A. 足場から転落して骨折した• 過労によってうつ病になった• 残業が続き睡眠不足となり、心筋梗塞を起こした• 介護の仕事で腰を痛めた• アスベストによって肺がんになった B. 私的な病気やケガのため、仕事に就けないこと 申請書に医師の証明欄があります。 診察の際、申請書を持っていきましょう。 原則として 4日以上休んでいること 休業補償給付は、 4日目の休みから支給されます。 はじめの 3日間は待期期間と呼ばれ、傷病手当を受けることができません。 また、この 3日間は連続している必要があります。 大雑把に言うと、それまでの収入の 3分の 2程度が、 1年 6ヶ月間までもらえます。 申請方法等については、 3章で解説します。 確かに、休職すればその分会社での実績は少なくなりますし、ブランクができてしまします。 そのため、会社での評価に影響し、昇進スピードが遅くなったり、賞与が少なくなったりする可能性はあります。 しかし、もしあなたが休職せずに働き続けたら、• 普通ならあり得ないミスをしてしまう• 遅刻、欠席が多くなる• コミュニケーションがうまくできず、社内外での人間関係に影響• 負担に耐えられなくなって重い健康障害を発症してしまう などになりかねません。 このようなことになれば、むしろ休職する場合よりも、会社での評価には 悪影響です。 そのため、評価を気にするより、自分の健康を第一に考えて、休職することをおすすめします。 3 章:うつ病で休職するためにやるべき全手順 うつ病で休職する場合の流れは、以下のようになっています。 それぞれの手続きについて順番に解説します。 診断を受けるときに、どのような症状があるのかとともに「これ以上仕事を続けられない」ということをはっきり伝えましょう。 その際、• 自分の症状• どのくらい休みたいか• このときも主治医の診断書を持っていくとスムーズです。 また、上司が原因で休職したい場合には、はじめから人事部に相談した方が良いケースもあります。 詳しい条件や申請の方法等について、詳しくは以下の記事をご覧ください。 4 章:うつ病で休職した後にやること 今の時点で 休職した後のことまで決めておく必要はありませんが、先のことも気になりますよね。 休職した後の選択肢としては、• 元の会社に復職する• 会社を退職する という 2つがあります。 また、退職する場合は未払い残業代を請求することもできますので、これからこの 3つのことについて解説します。 そのために、• 医師の診断書を提出する• 産業医による復職の可否の判断を受ける• 会社から復職の可否の判断を受ける という必要があります。 会社員の中には、復職後に再び休職するケースもあるため、会社は復職の判断に 慎重であることが多いです。 無理に復職できる状態を装っても、あなたのためにはなりませんし、会社にもばれてしまいます。 そのため、 復職は本当に健康になってからにしましょう。 会社によって復職手続きは異なりますので、詳しくはある程度快復してから、人事部等に問い合わせてみましょう。 休職できる期間内に快復できない• 仕事に戻る気になれない ということもあると思います。 その場合は、そのまま退職手続きを行いましょう。 退職は、 正しい手続きを取れば会社が拒否することはできませんので、あなたは退職届の提出から、 最短2週間で退職することが可能です。 退職手続きについて、詳しくは以下の記事をご覧ください。 うつ病の原因が、• 100時間を超えるような異常な長時間残業が続いている• 職場での厳しいノルマや責任• いじめ、パワハラ、セクハラ などの場合は、 労災認定されやすくなるからです。 詳しい条件は手続きの方法については、以下の記事で解説しています。 たとえばあなたが、• サービス残業をしていた• みなし残業代制や歩合給制、年俸制、管理職などを理由に残業代が出ていなかった などの場合は、未払い残業代が発生しています。 未払い残業代の金額は、以下の例のように、あなたが思っているより 高額になることが多いです。 (例)• 基本給 20万円• 月の残業 100時間• 未払い残業代の詳しい請求方法について、詳しくは以下の記事で解説しています。 あなたは、こんな悩みをお持ちではありませんか?• これから退職予定で、未払い残業代を請求したい• すでに退職しているが、以前勤めていた会社に 残業代を請求したい• 自分の残業代、残業時間に納得がいかない 会社がおかしい・不当ではないかと感じたら1人で悩まずに、残業代請求に強い弁護士に相談することをおすすめします。 残業代の 時効は2年なので、時効になる前に早めに行動することが大切です。 QUEST法律事務所へのご相談は無料です。 当事務所では、 電話・メール・郵送のみで残業代請求できます。 ですので、 全国どちらにお住まいの方でも対応可能です。 お1人で悩まずに、まずは以下よりお気軽にご相談ください。

次の

うつ病で休職してから退職した理由、気持ちの整理とお金のこと|sarunomad

転職 うつ病 休職

目次(見たい場所へジャンプ)• そんなことを経験した私ですが、 今が一番楽しいです。 そういう考えを持てるようになったこと自体に幸せを感じてしまいます。 もっとシンプルに生きて、楽しみたいです。 抑うつ状態とは抑うつ気分が強い状態です。 うつ状態という用語のほうが日常生活でよく用いられますが、精神医学では抑うつ状態という用語を用いることが多いようです。 このようなうつ状態がある程度以上、重症である時、うつ病と呼んでいます。 引用: 具体的な症状で言えば,• 仕事に行きたくない• 仕事に行ってもやる気が出ない• しっかり寝ているのに疲れやすい• プライベートでも仕事のことが気になって憂鬱になる• 慢性的な睡眠不足 などが挙げられます. 上司に相談すれば対処はしてくださったとは思いますが… 営業職 企業面接や応募をする前に、気になる企業の担当者と必ず相談することが重要だと思います。 障害ということを理解しているのかが担当者の反応を見ればわかるからです。 言葉や文章などの表面上の言動ではなく、担当者の機微と言葉の選び方を見て、障害者を配慮できる会社かどうかを判断するのが良いと思います。 また、個人的な見解ですが、職場の部署や職場分野が比較的多い企業の方がおそらく障害者に配慮しやすい企業だと思われます。 企業側も100%障害を理解しているわけではございませんので、最初に配属となった部署が障害を持っている人に合わなかった場合に、別の部署に移してもらうという配慮が可能になるからです。 部署や職業形態が少ないところだと、実際に障害者がその形態に合わなかった場合に、退職という手段しかないという結果になってしまうからです。 無駄な労働こそ尊い、みたいな勘違いが未だに横行していて根底から覆さないと効率化が図れません…だからIT業界人がうつ病に倒れるのです… — こず@渋狩部🐬 souryuuatkozu 20年前、IT業界に転職するとき、 母から「ITは精神的に病むから気をつけて」 と言われました。 その10年後にうつ病を経験しました。 そして5年かけて克服しました。 今ではIT業界もうつ病も一般的になり、 母は反対することがなくなりました。 故に、社会はどんとん病んでいるといえます。 健康な状態であれば、嫌な気分の時に大好きなスポーツなどで思い切り汗を流したりして気分が晴れるものです… しかし、うつ病になっては楽しめないどことか、疲労感だけが増していきます。 もし、今の仕事で「睡眠不足」や「人間関係の悩み」、「低賃金」に悩んでいるなら、うつ病になる可能性は非常に高いですし、最初に紹介した、「うつ病の特徴」に当てはまっている人はより、うつ病になる可能性が高いです… 以上、うつ病の可能性がある特徴を5つほど挙げてみました。 「うつ病」はこうした症状が2週間以上継続する状態を言います。 早い時点で自覚できれば、うつ病の発症を未然に防げる可能性も高くなります。 もしあなたが、「もしかして私『うつ病』かも…」と感じた場合は、• 無理をしていないか• 我慢していないか• なぜ会社に行きたいくないのか ということについて、考えてみる機会を取ってみてもいいでしょう。 「うつ病」になってまで、あなたに合ってない会社に通い続けるのは、心も身体も傷つける危険性があり、辞めたい気持ちを我慢しながら働くのはオススメしません。 そういった場合は、「会社を辞める」という選択肢も考えておくべきです。 そう思っている状態が危険なのです。 仕事が原因でうつ病になった人の多くは、「みんなこれぐらいは我慢しているから…」と自分を押し殺し、気付かずうちに限界を迎えてしまいます。 ある日突然、朝起きて体が動かなくなった…なんてことも、実際にあります。 メンタルクリニックの門を叩いたのは、社会人になって3年たってからだったけど。 そのときの診断はうつ病で、原因は仕事のストレスだと思ってたから、ストレスの原因がなくなれば治ると信じてたから。。 まさかこんなに悪化するなんて思ってもなかった。 あまりにも当時やってた仕事が自分には合わない上に職場も遠かったですからね。 仕事始めて半年くらいの頃だったと思います。 — 鬱ネコ utsucat 「朝、仕事に行くのが辛い…行きたくない…」 朝、仕事に行きたくない気持ちが甘えなのか、もしかして「うつ病」なのか。 この気持ちに対して、どう対処すればいいのか分からなくなるときもあると思います。 『今の自分がどんな状態なのか』というのをしっかり判断することで、それに応じた対処や解決方法を考えることができるようになるのです。 無理をしていないか• 我慢していないか• なぜ会社に行きたいくないのか ということについて、考えてみる機会を取ってみてもいいでしょう。 リクルートエージェント 公式HP: 「うつ病」だとエージェントに伝えることで転職成功しやすくなるポイント 色々と意見が別れるところではありますが, 転職エージェントに「うつ病」であるということは伝えた方がいいでしょう. なぜなら,うつ病や休職歴を転職エージェントに伝えないまま転職活動をしてしまうと,自分にあった仕事をうまくオススメできなくなるからです. 転職エージェントも「うつ病」に関しては非常に気を使って紹介を行なっています. エージェント側が転職者・求職者の経歴を知らないまま採用されてしまうと,もし発覚した場合に企業との信頼関係を悪化させてしまうからです. 転職エージェントは求職者と企業との仲買役 転職エージェントは人材紹介サービスの一つです。 求職者が抱える様々な悩みを解決し、その求職者にとって最適な転職を手伝ってくれるサービスです。 相談を元にしたプロ視点のマッチングサービス• 提出書類の添削・企業面接のサポート• 入社日・給料などの企業への交渉 求職者の中には、「転職活動を自分一人で進めていくのが大変」や「どのような企業が自分に合っているのか分からない」、「自分の悩みがはっきりしない」など、悩んでいる人も多くいるのです。 非公開求人の中には、事業の核となるポジションの募集のほか、高収入の求人、人気企業・大手企業の求人があることも。 せっかく転職エージェントを利用するなら、非公開求人を紹介してもらいたいと思うことでしょう。 この「非公開求人がどれぐらいあるか」という観点も、転職エージェントを選ぶ際のポイントになってくるでしょう。 中でも重要視するべきなのが、入社後のアフターフォローです。 軽作業の仕事は、主に物流会社、一般企業、通信販売会社の倉庫や工場で、商品の仕分け、ピッキング(倉庫にある在庫の中から、指定された商品を探して持ってくる)、梱包、包装を行うことです。 以下のような人に向いています• パソコン作業が得意• デスクワークがやりたい• コツコツ自分の仕事をしたい うつ病だと「仕事の選択肢が限られる」と思うかもしれませんが、 今ではネット環境さえあれば独立した働き方も可能なので、あまり心配し過ぎないでくださいね。 まとめ|うつ病経験者が失敗しないためには転職エージェントがおすすめ 今回の記事では、うつから復帰した後,どのように転職活動をすればいいのか悩んでいると思います.この記事では,「うつ病から社会復帰する際の面接を成功させる方法」や「(元)うつ病の人でも面接を突破する方法」,「うつを再発させないためのコツ」などの転職ノウハウについてまとめました. 先ほども説明した通り、 転職エージェントを活用して転職活動を行うことによって、転職活動が楽になります!.

次の