仁王 ステ振り。 【仁王】刀のステータスの振り方・育成例

【仁王】刀のステータスの振り方・育成例

仁王 ステ振り

忍を優先して振る 鎖鎌は「忍」のステータス補正が高く、最も効率的に攻撃力を伸ばすことが可能。 「忍」に振ることで忍者スキルを軸とした戦いをできるようになるが、 気力や体力などが大きく伸びるわけではないので、他のステータスも合わせて振っていく必要がある。 「体」は10まで、「心」は15まではステータスの伸び幅が大きいため、最初はこれを目安するのが良い。 アムリタに余裕が生まれてきたらさらに振るのもアリ。 軽防具の特殊効果用に技 防具の特殊効果を発動するために、必要分だけステ振りをするのもおすすめ。 序盤は1〜2上げるだけで発動でき、 特殊効果にはステータスを大きく上昇させる効果もある。 優先度が高い「体」と、鎖鎌の適正ステータスである「技」の値で特殊効果を発動可能な 軽防具との相性が良いため、「技」に振っていくと良い。 「技」は残心初期量を上昇させる効果があるため優秀だ。 サブ武器の補正に合わせるのもアリ 鎖鎌のステ振りが進んだら、サブ武器の補正に合わせてステ振りを進めてもOK。 鎖用の「忍」「技」「武」が無駄になりにくい武器は下記5種が該当する。 鎖鎌の弱みである 受け性能をケアできる旋棍・二刀・手斧、万能な薙刀鎌、崩し性能が高い大太刀の中から好みで選ぼう。 鎖鎌と相性が良い武器種 スキル 簡易解説 【最初から解放】 ・ダメージと崩し性能が優秀 ・攻撃判定の発生がやや遅め ・弐への強化は優先度低 【最初から解放】 ・長リーチのコンボ起点となる技 ・「脚緘」とのコンボでダウン&追い討ち 【「武の道 初伝」クリア後】 ・足払いでダウンを取れる ・「蛇噛み」からのコンボが使いやすい 【「武の道 初伝」クリア後】 ・対人型専用のカウンター技 ・崩し性能&気力削りが優秀 【「武の道 初伝」クリア後】 ・弱めの崩し性能と優秀な気力削り ・モーションが短く差し込みやすい 【「武の道 中伝」クリア後】 ・広い攻撃範囲と出の早さが優秀 ・火力はやや控えめ 【「武の道 奥伝」クリア後】 ・角折りや集団戦で有用な広範囲技 ・コマンド被りの「藪切」より火力は劣る 優先度:低.

次の

仁王攻略 強者の道は「忍」特化キャラがおすすめ!手裏剣、クナイ、鎖鎌、伊賀忍びの長、揃え効果、綾蝙蝠

仁王 ステ振り

忍を優先して振る 鎖鎌は「忍」のステータス補正が高く、最も効率的に攻撃力を伸ばすことが可能。 「忍」に振ることで忍者スキルを軸とした戦いをできるようになるが、 気力や体力などが大きく伸びるわけではないので、他のステータスも合わせて振っていく必要がある。 「体」は10まで、「心」は15まではステータスの伸び幅が大きいため、最初はこれを目安するのが良い。 アムリタに余裕が生まれてきたらさらに振るのもアリ。 軽防具の特殊効果用に技 防具の特殊効果を発動するために、必要分だけステ振りをするのもおすすめ。 序盤は1〜2上げるだけで発動でき、 特殊効果にはステータスを大きく上昇させる効果もある。 優先度が高い「体」と、鎖鎌の適正ステータスである「技」の値で特殊効果を発動可能な 軽防具との相性が良いため、「技」に振っていくと良い。 「技」は残心初期量を上昇させる効果があるため優秀だ。 サブ武器の補正に合わせるのもアリ 鎖鎌のステ振りが進んだら、サブ武器の補正に合わせてステ振りを進めてもOK。 鎖用の「忍」「技」「武」が無駄になりにくい武器は下記5種が該当する。 鎖鎌の弱みである 受け性能をケアできる旋棍・二刀・手斧、万能な薙刀鎌、崩し性能が高い大太刀の中から好みで選ぼう。 鎖鎌と相性が良い武器種 スキル 簡易解説 【最初から解放】 ・ダメージと崩し性能が優秀 ・攻撃判定の発生がやや遅め ・弐への強化は優先度低 【最初から解放】 ・長リーチのコンボ起点となる技 ・「脚緘」とのコンボでダウン&追い討ち 【「武の道 初伝」クリア後】 ・足払いでダウンを取れる ・「蛇噛み」からのコンボが使いやすい 【「武の道 初伝」クリア後】 ・対人型専用のカウンター技 ・崩し性能&気力削りが優秀 【「武の道 初伝」クリア後】 ・弱めの崩し性能と優秀な気力削り ・モーションが短く差し込みやすい 【「武の道 中伝」クリア後】 ・広い攻撃範囲と出の早さが優秀 ・火力はやや控えめ 【「武の道 奥伝」クリア後】 ・角折りや集団戦で有用な広範囲技 ・コマンド被りの「藪切」より火力は劣る 優先度:低.

次の

仁王攻略 強者の道は「忍」特化キャラがおすすめ!手裏剣、クナイ、鎖鎌、伊賀忍びの長、揃え効果、綾蝙蝠

仁王 ステ振り

Contents• スピードの感覚が変わると、攻撃のタイミングも防御のタイミングも全然違うので慣れるまでは特に難しく感じます。 逆に「メイン武器不使用プレイ」の後に「鎖鎌」でやった時は物凄く簡単に感じました。 特に 「海坊主」に関しては 「2段階変形+ミニ海坊主複数体」を相手にすることになるので、個人的には全ボス戦の中で「海坊主」がトップクラスに難しく感じます。 「刀」は連打系武技がなく難易度高め 個人的には 「刀」を使う前が、 最強!? の「鎖鎌」だったこともあり、難しく感じました。 これまでにプレイした 「二刀・斧・鎖鎌」には振り回したり、切り続けるタイプの連打系武技がありましたが「刀」にはそのような武技は見当たりませんでした。 よって一回一回攻撃するケースが多かったので他の武器より 「残心」が重要でした。 個人個人の「向き不向き」はあると思いますが、私としては 「刀は難易度が高め」に感じました。 「刀」は上段 強攻撃が強力!「残心」と合わせて「ゴリ押し」も可能 「刀」の上段 強攻撃はダメージも気力ダメージも大きく、若干離れた相手にも届いたり、人型などが動いた先にも当たる感覚だったので、かなり使いやすかったです。 「残心」と合わせて「上段 強攻撃でゴリ押し」も可能でした。 武技「残月」で1発4000ダメージ!とんでもない破壊力 刀スキル上段武技「 残月」は破壊力抜群です。 3発目が最大ダメージになります。 1発4000ダメージ出ていました。 効果的だった5つの「刀スキル」 今回、 中段下段のスキルは一つも取ってなかったです。 個人的には 刀は上段だけでOKでした。 上段構え専用の 「残心・天」は 残心最大回復成功で 次の攻撃のダメージが増加します。 同じく上段構え専用の 「流水・天」は 回避が残心になるので 「相手が攻撃してくるギリギリまで攻撃して回避する」という紙一重の戦闘スタイルに挑戦できます。 「不動心」は 気力が5-3-2の計 10アップするので 気力の底上げができます。 「剣気」は使うと 敵が止まったり、 追い打ちが可能になったり、小型の敵には効果的でした。 刀スキル 奥義「殺人剣」は 背後からのダメージが増加します。 ボス戦は背後へ回り込むパターンが多いので効果的なスキルでした。 「刀」でのメイン防具と武器 防具は個人的に、おなじみの 「お手軽な 軽量防具・忍び装束」です。 忍び装束は必要数値のハードルが低く、序盤から作れる「お手軽さ」が魅力です。 武器は特にこだわらず拾い物中心です。 「刀」でクリア時の最終ステ振りと状態 ステ振りは 「心」中心に振り分けて 気力が 176と高めでした。 今回 「刀」でクリア時の 「状態」は下図の通りです。 軽量の 「忍び装束」で 敏捷さ Aなので敵の攻撃を回避し易いです。 「刀」で各ミッションクリア時のレベル 【刀での全ボス戦 動画】の 各ボス戦時のレベルは下図の通りです。 今回、 最終レベルは 94でした。 メインミッション全ボス攻略動画「刀」編.

次の