ウイイレ ポジション 別 ランキング。 ウイイレ 人気ブログランキングとブログ検索

【ウイイレアプリ2020】「FP選手」のポジション別最強ランキング

ウイイレ ポジション 別 ランキング

ヘディングランキングで大事なのは身長・ジャンプ・ヘッダースキル! ランキング企画第4弾は、ヘディングです。 ヘディングがあれば試合を制す!とまで言われた最強の力、ヘディング。 これだけはどんなに上手い人と戦っても関係ありませんよね。 放り込んでヘディングするだけですから。 今回もヘディングだけではなく、いろいろな要素を加味してから判断しています。 ヘディング能力• ジャンプと身長を考慮• ヘッダースキルもちかどうか この3つから判断しています。 とはいえ、 ヘッダースキルについては、CFとCBがメインです。 他のポジションだとなかなかもっていませんからね。 有名選手から、無名選手まで、ヘディングだとかなり幅広いレアリティから選ばれることになりました。 この機会にヘディングに特化した選手を探してみましょう! 今後順位も増やしていく予定(最低でも10位まで)です。 次はスタミナですかね。 あとは単純にポジション別ランキングもやっていきます。 ヘディングランキング<FW> ヘディングランキングではやっぱりヘッダースキルがあるかないかでは大違いなので、 CFはヘッダーもちでランキングをしています。 RWG、LWG、STだとヘッダーもちがほとんどいないのでヘッダースキルは関係なくランキングしています。 ヘディングランキング<CF>ヘッダーもち CFはヘッダースキルもちが多いので、ヘッダースキルもちの選手から選びました。 意外というか予想どおりと言うべきか分かりませんが、クリロナ1位です。 めちゃくちゃヘディング強いですもんね。 ウイイレ2019でも引き続き最強です。 謎のイタリア人パヴォレッティはとても気になるので調査します。 あとは、ジルー、バスドスト、カバーニあたりは常連ですね、このジャンルでは。 意外だったのは 比較的小さいイカルディです。 CF版のセルヒオ・ラモス枠ですかね。 これだけ強いとヘディングでのゴールもバンバン決まりそうですね。 この中でオススメなのが、キャロルです。 銀玉選手の中では最強だと思いますよ! 選手名(総合値) 身長 LV30 ヘディング、ジャンプ 最大レベル ヘディング、ジャンプ 1 (94) 185 94(98) 96 (99) 2 パヴォレッティ(77) 188 94(88) 97(92) 3 (84) 192 93(85) 95(87) 4 バスドスト(81) 196 93(82) 96(85) 5 (89) 184 90(87) 92(89) 6 イカルディ(87) 181 90(91) 93(94) 7 スリマニ(80) 188 90(88) 93(91) 8 キャロル(78) 193 90(87) 93(91) 9 サラ(78) 187 89(87) 92(91) 10 ベンテケ(80) 190 88(88) 91(91) ヘディングランキング<RWG> RWGでは特別ヘディングが強い選手はいないみたいですね。 だったら、ここはベイルでいいですよね。 持っていればですが。。 ウイイレ2019からはいったん弱くなりますが、いずれ強くなると思うので待ちましょう! 選手名(総合値) 身長 LV30 ヘディング、ジャンプ 最大レベル ヘディング、ジャンプ 1 (94) 183 79(81) 81(83) 2 ベニテス(72) 183 77(78) 82(83) 3 ディレンゾ(66) 181 75(79) 81 (86) 4 ジャハンバクシュ(80) 180 74(81) 78(85) 5 エタメ(73) 180 72(81) 76(85) ヘディングランキング<LWG> ここも意外に無名ぞろいですね。 とはいえ、バベルはちょっと前までオランダの期待の若手でしたし、レビッチはクロアチアの期待の若手です。 レビッチにいたってはロシアワールドカップで大活躍したので、個人的にはクロアチア好きとしてはウイイレ2019で真っ先に狙おうと思っています。 選手名(総合値) 身長 LV30 ヘディング、ジャンプ 最大レベル ヘディング、ジャンプ 1 バベル(81) 185 78(75) 80(77) 2 フェルナンデス(76) 182 77 (80) 81(84) 3 レビッチ(78) 185 76 (80) 80(84) 4 ラミレス(73) 180 75 (80) 80 (85) 5 ドゥアルテ(73) 180 75(80) 80 (85) ヘディングランキング<ST> ランキングできませんでしたが、ヘッダーもちにすれば岡崎が1位だったんです。 といってもほとんどの選手がもってないのでほぼ意味のないランキングだったのでやめました。 そうなってくると最強になるはミュラーです。 されていたミュラーですが、空中戦でも堂々の1位です。 選手名(総合値) 身長 LV30 ヘディング、ジャンプ 最大レベル ヘディング、ジャンプ 1 (86) 186 85(84) 87(86) 2 ヨナス(83) 181 82(82) 84(84) 3 パウリーニョ(75) 187 82(78) 86(82) 4 グレゴリッシュ(78) 193 78(78) 82(82) 5 シリルテロー(77) 189 78(77) 80(79) ヘディングランキング<MF> MFのヘディングランキングは、ヘッダースキルは特に重要視していません。 特にOMF、RMF、LMFについては持ってる方が珍しいので、身長とヘディング、ジャンプだけで決めています。 やっぱりそうなってくると一般的なメジャー選手が選ばれにくいですね。 ヘディングランキング<OMF> ラウルガルシアが意外にも1位でした。 2位のモレノと比べるとジャンプで少し劣ってますが、ヘディングの値も3〜4上なことと、ヘッダースキルもちなので優先しました。 あと、5位のゴジャックもヘッダースキルをもっています。 4位のボアテンクはACミランでも活躍した悪童ボアテンクです。 なつかしい。。 選手名(総合値) 身長 LV30 ヘディング、ジャンプ 最大レベル ヘディング、ジャンプ 1 ラウルガルシア(81) 184 85(79) 87(81) 2 モレノ(79) 190 81(85) 84 (88) 3 イメルス(75) 187 80(84) 83(87) 4 ボアテンク(78) 186 81(78) 81(78) 5 ゴジャック(69) 184 77(75) 84(82) ヘディングランキング<RMF> 完全に無名だらけですね。 4位にクアドラードが数字的にはいましたが、身長が180cmに届いてないので除外しました。 実際にはほとんど違いはないので、金玉最強レベルの選手なんでオススメですね。 有名どころだと、9位にみんな大好きオリバーバーグがいました。 身長も188cmと高いのでオススメです。 選手名(総合値) 身長 LV30 ヘディング、ジャンプ 最大レベル ヘディング、ジャンプ 1 アコスタ(77) 185 81(79) 84(83) 2 クライジャー(64) 188 79(80) 82(83) 3 アントニオ(79) 180 75(76) 78(80) 4 カレゾーイ(67) 193 73(81) 80(88) 5 ハテボエル(77) 180 72(76) 76(80) ヘディングランキング<LMF> ボーリングはこの中でも唯一のヘッダースキルもちの選手です。 無名かつ白玉選手ですが、193cmでこのヘディング力があれば、かなりサイドで無敵に勝てるのでオススメですね。 2位にペリシッチ、4位にマルコスアロンソと有名どころが並んでいます。 特にオススメなのが、ペリシッチですね。 僕もよくペリッシッチをサイドに置いて、そこにゴールキックを合わせるようにしています。 サイドバックが相手なら、かなりの確率で競り勝ってくれますよ。 選手名(総合値) 身長 LV30 ヘディング、ジャンプ 最大レベル ヘディング、ジャンプ 1 ボーリング(67) 193 80(80) 84(84) 2 (84) 186 79(81) 82(83) 3 オカンポス(75) 187 79(85) 83 (89) 4 マルコスアロンソ(83) 188 75(76) 78(79) 5 チョポモティンク(78) 191 75(80) 78(84) ヘディングランキング<CMF> ここはめちゃくちゃ激戦区です。 フェライニ、ミリンコヴィッチ・サヴィッチ、タラソフ、ザカリアの4人はヘッダースキルもちです。 特に、フェライニとミリンコヴィッチ・サヴィッチは190cm超えもしているので、最強のヘディングMFです。 前に突っ込んでいくのも得意なので、ゴール前で空中戦に参加して、ゴールも決めてくれます。 あとは、以外に強いサウールもオススメですね。 地上戦もパス能力が強く使えるので、まさに最高の万能戦士です。 選手名(総合値) 身長 LV30 ヘディング、ジャンプ 最大レベル ヘディング、ジャンプ 1 (78) 194 90(71) 93(74) 2 (84) 192 85(82) 89(86) 3 (86) 181 84(79) 87(82) 4 タラソフ(76) 192 82(79) 85(83) 5 ザカリア(78) 191 82(76) 87(81) 6 (87) 180 82(85) 84(87) 7 パローロ(82) 186 82(77) 84(79) 8 クリスタンテ(79) 186 82(80) 86(84) 9 トリッソ(83) 181 81(84) 84 (88) 10 ソウ(76) 185 81(77) 85(81) ヘディングランキング<DMF> マティッチまさかの8位で圏外でした。 とはいえマティッチの場合にはジャンプが72なので難しい判断です。 194cmあるんでぶっちゃけ1位でもおかしくないくらい強いんですが、一応データ重視にしました。 全然マティッチは空中戦最強レベルだと思います。 選手名(総合値) 身長 LV30 ヘディング、ジャンプ 最大レベル ヘディング、ジャンプ 1 イボーラ(80) 190 92(91) 95(94) 2 ガルシア(79) 186 88(90) 91(93) 3 ウェルンブルーム(79) 187 86(76) 89(79) 4 ドンク(76) 192 85(78) 88(81) 5 ダイアー(82) 188 84(81) 87(85) ヘディングランキング<DF> DFにおいては、CBはヘッダーもちの選手に限定しています。 さすがにヘディングする機会も多いので、ヘッダースキルは必須です。 一方で、RSBとLSBにはそこまで空中戦を求めていないので、ヘッダーは必須にしていません。 ヘディングランキング<CB>ヘッダーもち このポジションはほとんどの空中戦が強い選手は、みんなヘッダーのスキルもちです。 その中でも1位になったセルヒオ・ラモスは身長も185cmにすら届いてないのですが、めちゃくちゃ強い選手です。 ウイイレ2019ではCBで最高の総合値になったので、期待大です。 その他にもボアテンクやコンパニなどのフィジカル系を差し置いて、ゴディンやオタメンディなどの選手もいるのが、面白いですね。 10位内にランクインした選手は全員、空中戦がバカ強いのでぶっちゃけ誰でもいいくらいですね。 地上戦だけを考えるとフンメルスが最強ですが、スピードなどもいれるとボアテングが最強ですかね。 ただ、なんとなく使っていて楽しいのは、セルヒオ・ラモスだったりしますよ。 選手名(総合値) 身長 LV30 ヘディング、ジャンプ 最大レベル ヘディング、ジャンプ 1 (89) 183 94(95) 96(97) 2 ゴディン(87) 186 94(85) 96(87) 3 (89) 191 92(80) 94(82) 4 (87) 192 91(85) 93(87) 5 (86) 183 91(93) 93(95) 6 コンパニ(85) 193 91(80) 93(82) 7 ズーレ(84) 195 91(80) 95(84) 8 グリク(82) 190 90(85) 93(88) 9 ケーヒル(82) 193 89(87) 91(89) 10 (88) 194 88(88) 90(90) ヘディングランキング<RSB> まさかのRSBは無名だらけでした。 それでも1位、2位のドーソンとピスチェクはかなり強いですよね。 このポジションで空中戦で勝つにはあえてRSBを配置するのではなく、CBの空中戦に強い選手を配置しましょう。 選手名(総合値) 身長 LV30 ヘディング、ジャンプ 最大レベル ヘディング、ジャンプ 1 ドーソン(76) 188 85(87) 89(91) 2 ピスチェク(81) 184 83(84) 86(86) 3 ストルナ(70) 188 81(79) 86(84) 4 デ・シルベストリ(78) 186 80(83) 83(87) 5 エルヴェディ(77) 188 79(81) 84(86) ヘディングランキング<LSB> ここも見事に無名だらけです。 しかも、そこまで強い選手がいないのでどの選手でも同じようなもんです。 だから、RSBと同じで、このポジションで空中戦で勝つにはあえてRSBを配置するのではなく、CBの空中戦に強い選手を配置しましょう。 選手名(総合値) 身長 LV30 ヘディング、ジャンプ 最大レベル ヘディング、ジャンプ 1 クラウスヴァイク(81) 182 83(78) 86(81) 2 ヴェルナルド(75) 186 81(80) 86(85) 3 マソップ(73) 182 80(82) 84 (87) 4 ファンダンメ(74) 194 79(76) 82(78) 5 ダメット(74) 183 79(74) 83(78) ヘディングランキング<GK> 完全に意味不明なランキングでした。 無名しかいません。 と言いたいところですが、グズマンはまあまあ有名です。 飛び出してヘディングでクリアーするときの能力って、高いにこしたことはないですからね。 選手名(総合値) 身長 LV30 ヘディング、ジャンプ 最大レベル ヘディング、ジャンプ 1 ディディロン(73) 193 75(81) 80(86) 2 イライゾス(73) 191 75(76) 77(78) 3 コノヴァロフ(75) 191 75(73) 81(80) 4 グズマン(76) 191 74(80) 77(83) 5 シンティシン(75) 196 74(83) 78 (87) まとめ 最後まで読んでいただきありがとうございます。 ヘディングって一撃必殺だからやめられないですよね。 どんなに流れが悪くても一気に逆転できますし、1回1回がギャンブルみたいなところもあり、まさに醍醐味でもあります。 その確率を上げられるんだったら、上げておいた方がいいに決まってますよね。 あまりウイイレテクニックがないときこそ、重要な得点源になりますし、レベルが同じ相手になってきたときこそ、センタリングでの一撃は物を言います。 逆にそれを防ぐためのCBの空中戦力もめちゃくちゃ重要と言えるわけです。 ぜひここにあげた選手で空中戦を勝ち抜きましょう! 次の第5弾は、決定力、スタミナ、ボディバランスあたりでいきますかね。

次の

【ウイイレアプリ2020】アイコニック(IM)リヴァウドの能力

ウイイレ ポジション 別 ランキング

ウイイレ2020で11月に登場したFP選手、CS(クラブセレクション)選手をポジション別に、完全に独断と偏見でランキング化しました。 11月は4回のFPガチャ44名と、12クラブのCS選手96名の総勢140名のFP選手が登場しましたので、その中から選出です。 それぞれレベルマックス能力値をもとに、選考しました。 FPガチャの当たりランキング!ポジション別にレベマ総合値で評価!~11月FP・CSガチャ~【ウイイレ2020】【ウイイレアプリ】 FP・CS FW当たりランキング ベスト3 第1位 クリスティアーノ・ロナウド レベルマックスにすると 総合値が100。 もはや、ゲームバランスブレーカー。 超強力なディフェンダーつけさせても 振り切ってフィニッシュまでもっていきます。 体格などフィジカル的にも、技術的にも、彼を超える選手はもう出現しないでしょう。 説明不要の文句なしの強すぎる選手。 やはり、 一番活躍できるのは、CF。 中央に配置して、どんどん遠目からでもゴールを狙っていくことで脅威が増します。 CFに配置すると総合値が101になります。 文句なしの1位 FPクリスチアーノ・ロナウドの詳細は下記の記事でご確認ください。 11月21日に登場したFPガチャの選手です。 第2位 リオネル・メッシ 説明不要の最強、最高の選手。 中盤より前ならどこに配置しても、超一流の仕事してくれます。 ライブアップデートも、好調が多いのでチームに1人はほしいです。 とにかく、 コントロールカーブが強い! 理不尽にゴール決まると言っていいくらい、コンカ決まります。 ダブルダッチからのコントロールカーブは、無敵。 僅差の2位。 FPリオネル・メッシの詳細は下記の記事でご確認ください。 11月14日に登場したFPガチャの選手です。 第3位 ホアキン・コレア 189センチという長身で、フィジカルが強く、ドリブルが上手く、スピードもある。 このサイズ感の選手が、 「スーパーサブ」として、後半から出場されると手がつけられない。 また、コレアは、ポジション適正が豊富。 前線にも中盤にも配置できるうえに、中央とサイドどちらでも驚異となる能力値となっている。 FPホアキン・コレアの詳細は下記の記事でご確認ください。 11月14日に登場したFPガチャの選手です。 FP・CS MF当たりランキング ベスト3 第1位 ロマン・ソブニン 他のハードプレスの選手たちと比較しても、かなり強い。 カンテの攻撃能力を強くしたような選手。 スピードがあり、危険察知能力も高く、しっかり攻撃の芽を積んでくれます。 またカンテに比べて、 背も高くフィジカルも強いので守備での安心感が全然違います。 サイドに流れて、 正確なクロスを上げることができるのも高評価。 このサイズでここまでできる選手はいません。 この先、一番スカッドに入れやすい選手ということで、1位。 FPソブニンの詳細は下記の記事でご確認ください。 11月14日に登場したFPガチャの選手です。 第2位 エルジフ・エルマス ドリブルよし、スピードもあり、ミドルからも充分狙えます。 ドリブルの小刻みなタッチと、素早い切り返しも強い!ミドルシュートも強い! しかも、 スーパーサブ持ちなので、後半から出場すれば、 攻撃系やスピードの能力が90を超えた状態でのプレイになります。 さらにすごいのが、 逆足精度3。 なおかつ、 コンディション安定度が7。 ポジション適性も、超優秀。 もう、文句なしの最後まで使える、スーパーサブです。 スタメン起用はライバルが多く、なかなか難しいということで、2位。 FPアラスカエタの詳細は下記の記事でご確認ください。 11月18日に登場したCSガチャの選手です。 第3位 ファビーニョ ハイレベルで、アンカーとRSBをこなせるのは、バリオスとファビーニョくらい。 バリオスほどの守備力と軽さはないが、 188センチというサイズ感が強い。 なおかつ、 バリオスよりも攻撃力が格段に上。 ビルドアップの際の安心感がぜんぜん違う。 FPとなりスタミナが強化されて、とてもスカッドに組みやすい選手になった。 FPファビーニョの詳細は下記の記事でご確認ください。 11月4日に登場したCSガチャの選手です。 FP・CS DF当たりランキング ベスト3 第1位 マタイス・デ・リフト スピードも87と高く、 ドリブルやパス能力値も80を超えてきます。 守備に関するスキルも 「ヘッダー」「マンマーク」「インターセプト」を完備。 操作感もとても軽く、フィジカルも強い。 「キャプテンシー」もありがたい! ここまでできる選手は、この人しかいない。 とにかく、超ハイレベルで何でもできる選手。 速いし、体強いし、攻撃もうまい! FPデリフトの詳細は下記の記事でご確認ください。 11月7日に登場したFPガチャの選手です。 第2位 マティアス・ギンター センターバックの選手としては、 ボールを持ってもとても動きが軽い。 ボールを受ける動作も秀逸。 この選手は、センターバックも一流だが、 DMFに配置しても強い! 上背もあり、速さもある、スタミナも98、そしてパスが超一流。 ギンターほどの軽さと強さを併せを持ったDMFはなかなかいない。 ディフェンダーはもちろん、DMFにしてもRSBにしても最強クラスになった。 コンディション安定度が高いのも高評価。 FPギンターの詳細は下記の記事でご確認ください。 11月21日に登場したFPガチャの選手です。 第3位 ダヴィド・アラバ 最高峰のマルチプレーヤー。 もちろん、サイドバックとしては超一流。 ポジション適正がかなり優秀で センターハーフに配置してもかなり強い。 ドリブルうまいし、パスもうまい。 スピードもあって、守備もできる。 プレースキッカーとしても優秀。 本当に、どこに置いても活躍できるし、コンディション安定度も高いので、常にスカッド入りさせて、チームのバランスをとってもらいたい。 FPダヴィド・アラバの詳細は下記の記事でご確認ください。 11月21日に登場したFPガチャの選手です。 FP・CS GK当たりランキング ベスト3 第1位 エデルソン・モラエス キーパー能力値のすべてが99!カンスト。 身長が188と、少し物足りなさがあるが、能力値完璧の唯一無二の選手。 しかも、コンディション安定度が7! もう、文句なし!堂々の1位。 11月4日に登場したCSガチャの選手です。 第2位 ヤン・オブラク キーパー能力値、クリアリング以外はカンスト。 守備的GKの最高峰。 当然、安心して1年間ゴールマウスを守れる選手。 僅差の2位。 11月21日に登場したFPガチャの選手です。 第3位 ジャンルイジ・ドンナルンマ キーパー能力値、キャッチング、クリアリング以外はカンスト。 キーパー能力値的に、3位に。 あと、育成がかなり大変。 11月18日に登場したCSガチャの選手です。 まとめ 11月は4回のFPガチャ44名と、12クラブのCS選手96名の総勢140名のFP選手が登場しました。 4回のFPガチャで、1200円の課金。 12クラブのCSガチャで、3600円の課金。 10月を全部引けば、合計4600円の課金になります。 今月はなんといっても、 クリスチアーノ・ロナウドという、ぶっ壊れ選手がウイイレ界を震撼させました。 リオネル・メッシもかなり強烈でしたが、その他には攻撃系の選手で、ずば抜けたFPは少なかったのかなというのが個人的な印象です。 その反面、守備系の選手は、地味ですが間違いなく強い選手が多数輩出されていた印象です。 前回までのFP選手ランキングは下記の記事をご覧ください。 先月(10月)各ポジションの1位は FW レヴァンドフスキ MF カイ・ハフェルツ DF ファン・ダイク GK テア・シュテーゲン でした!.

次の

【ウイイレアプリ2019】ポジション別の黒玉選手一覧&最強ランキング【総勢106人】

ウイイレ ポジション 別 ランキング

パスランキング【ポジション別】(ウイイレアプリ2019)<随時更新> 今回は、第二弾として「ウイイレアプリ2019でパスは誰が一番上手いの!?」という疑問を無理矢理つくってランキングにしました。 これもスカッド選びで気にするポイントですね。 なので今回はひたすらパスだけに特化した、ランキングをレアリティ(玉の色)に関係なく調査しています。 しかも、 全ポジション別で行いました。 (今回は意味あり) 今後、スピード、パス以外にもディフェンス能力やスタミナなどあらゆる能力でやっていきます。 今回は、パスといえば、グラウンダーパスとフライパスがあるので、両方に注目しています。 基本はグラウンダーパスでチェックしていますが、フライパスも高くないとランキングできないようにしています。 フライパスだけ強い人もいるので、 今後フライパスだけランキングやFW・MF・ DFに絞ってのランキングなんかもやってみたいと思います。 LV30時点と最大レベル上限で比較しています。 今後どんどんランキング順位も増やしていくので随時確認してみてください。 とりあえずランキングを公開します。 考察などは後で追加していきます。 いあースピードとは違って、やっぱり、パスは有名どころがランクインしてきましたね。 これをもとにいろいろと確定スカウトも出していきます。 あの選手とか。 パスランキング<FW> パスランキングはスピードランキングと違って、有名どころ、黒玉選手がたくさん出てくるのでワクワクしますよ。 まあ見てください。 予想どおりの選手と意外な選手によるミックスオンパレードです。 パスランキング<CF> あっ、そっか、グリーズマンはCFに変更でしたね。 そりゃー1位になっちゃいますね。 個人的にはフィルミーノがオススメです。 グラウンダーパスだけでみれば、グリーズマン、メルテンス、フィルミーノに差はありません。 しっかりとクリロナも4位にいるのがさすがですね。 やはり最強です。 選手名(総合値) LV30 グラウンダー(フライ 最大レベル グラウンダー(フライ 1 (90) 84(80) 86(83) 2 (86) 84(78) 86(81) 3 (86) 84(74) 86(77) 4 (94) 83(83) 85(84) 5 ヨベティッチ(85) 82(74) 85(77) パスランキング<RWG> ここは意外にも有名どころが少なめです。 1位は あまり知っている人もすくないイタリアのヴェルディです。 もう若くありませんが、今年からナポリに加入した選手です。 個人的にはスソが好きですね。 ボールの持ち方が独特で、ワクワクさせてくれるファンタジスタタイプですね。 サラーはドリブラーの印象でしたが、やっぱりパス能力も高かったんですね。 やはりウイイレ2019最強候補です。 4位のヴィトーロもスーパーサブをもってるので後半投入でこの数値プラス5ですよ。 選手名(総合値) LV30 グラウンダー(フライ 最大レベル グラウンダー(フライ 1 ヴェルディ(81) 86(83) 90(86) 2 スソ(83) 85(83) 86(81) 3 (90) 84(78) 86(81) 4 ヴィトーロ(83) 84(76) 87(79) 5 ジブコヴィッチ(79) 83(83) 88(88) パスランキング<LWG> ここは激戦区。 もちろん制したのはネイマール! 2位にコウチーニョが肉薄です。 意外にも最大レベル上限にすると、ドレクスラーが1位になります。 選手名(総合値) LV30 グラウンダー(フライ 最大レベル グラウンダー(フライ 1 (93) 88(76) 90(78) 2 (88) 87(79) 89(82) 3 ドレクスラー(84) 87(83) 90(86) 4 (90) 84(83) 86(86) 5 ロイス(87) 84(82) 86(85) パスランキング<ST> やっぱり強かった、メッシ。 むしろ肉薄してる、ルイス・アルベルト凄いなって感じです。 ディバラを抜いちゃってますからね。 個人的にはスカウトでも紹介しましたが、期待の金玉STです。 交換してくれないかなー、エデル(2019非搭載)と。 選手名(総合値) LV30 グラウンダー(フライ 最大レベル グラウンダー(フライ 1 (94) 88(86) 90(87) 2 ルイス・アルベルト(83) 86(84) 89 (87) 3 (88) 84(81) 86(84) 4 アンドレゴメス(84) 83(85) 85(88) 5 リャイッチ(80) 83(79) 87(82) パスランキング<MF> ここはパス能力がモロに重要になってくるポジションなんで、各ポジション有名どころがいっぱいいます。 特に、OMF、CMF、DMFの真ん中のラインには黒玉選手がみっしりです。 パスランキング<OMF> ラストパスをもっとも出すポジションこそが、OMFです。 1位は意外にもまだエジルでした。 そろそろ交代かなと思いきや、デ・ブライネの成長が今一歩届かずでしたね。 個人的にはエリクセンがもっと強くてもいいと思ってるので今後の成長に期待です。 2位のダビド・シルバもドリブルもあるんでもしかしたら一番使いやすいかもしれませんね。 選手名(総合値) LV30 グラウンダー(フライ 最大レベル グラウンダー(フライ 1 (87) 94(86) 96(89) 2 ダビド・シルバ(87) 93(85) 95(87) 3 (90) 92(92) 94(95) 4 (87) 89(87) 91(90) 5 (87) 87(89) 89(92) パスランキング<RMF> ここはまさかのマタさんが1位。 マタ以外の選手はどちらかというとドリブラー的な選手にパス能力も搭載されている感じの選手ですね。 オススメはムヒタリアンです。 金玉降格寸前ですが、とても使いやすい選手です。 選手名(総合値) LV30 グラウンダー、フライ 最大レベル グラウンダー、フライ 1 マタ(81) 87(84) 90(87) 2 (85) 83(85) 86(88) 3 ムヒタリアン(85) 83(79) 85(82) 4 ラメラ(80) 83(78) 87(82) 5 プラウズ(76) 83(88) 87(93) パスランキング<LMF> ここもテクニシャン系がごっそり集まりましたね。 むしろペリシッチが意外でした。 大好きな選手でしたが、スピードとドリブルの選手だと思ってたんですが、パス能力も高かったんですね。 この中だと2位ですが、アセンシオがオススメですね。 なにせスーパーサブもってるんで、この数値プラス5くらいを期待していいですよ。 選手名(総合値) LV30 グラウンダー、フライ 最大レベル グラウンダー、フライ 1 フォルスベリ(82) 86(85) 89(88) 2 (84) 85(80) 89(85) 3 レマール(83) 83(79) 87(83) 4 (84) 81(78) 83(81) 5 ルリッチ(78) 81(81) 83(84) パスランキング<CMF> 盤石のレアルの2人が、1位、2位を独占です。 個人的にはモドリッチの方が上だろといつも思ってますが、それはウイイレさんの決めることなんで仕方なし。 そこにイニエスタが肉薄してるのはさすがですね。 あとはだいたい有名どころがランクインしてます。 そして、 まさかの10位にシャビがいます。 レジェンドでいつか来るかなと思ってんだですけど。 現役で戻ってきましたよ! 選手名(総合値) LV30 グラウンダー(フライ 最大レベル グラウンダー(フライ 1 (90) 96(95) 98(97) 2 (89) 94(86) 96(88) 3 (87) 93(88) 95(90) 4 セスク(85) 92(91) 94(94) 5 ダニパレホ(84) 91(87) 93(90) 6 チアゴ・アルカンタラ(87) 90(87) 92(90) 7 (86) 88(90) 90(93) 8 グラネル(81) 88(89) 91(92) 9 コケ(86) 88(86) 91(89) 10 シャビ(80) 88(86) 90(87) パスランキング<DMF> ここは3位まではいずれも、現代最高のDMFですね。 注目はむしろ4位のロドリ。 本サイトでもオススメしているDMFなんでぜひ銀玉の今のうちに(ウイイレ2018)ゲットしましょう! 選手名(総合値) LV30 グラウンダー、フライ 最大レベル グラウンダー、フライ 1 ピャニッチ(86) 90(86) 92 (89) 2 (87) 90(85) 92(88) 3 ジョルジーニョ(83) 90(85) 93(88) 4 (82) 87(82) 92(87) 5 ブルーノ(81) 87(84) 89(87) パスランキング<DF> パスってDFは関係あるの!?って思ってる人もいるかもしれませんが、めちゃくちゃ重要です。 DFのパス能力が低いと、ゴール前で事故っていきなりピンチになるので、パス能力はとても重要です。 フライパスが高ければ一気にフライスルーパスでカウンターにもできますしね。 パスランキング<CB> 意外にもフンメルスが1位です。 そこまでパスのイメージないんですが、ほとんど黒玉CMFレベルの数字になってます。 同じくピケもかなりの数字、どちらもDMFで使ってもいいレベルです。 選手名(総合値) LV30 グラウンダー、フライ 最大レベル グラウンダー、フライ 1 フンメルス(89) 87(90) 87(86) 2 ピケ(88) 85(84) 87(86) 3 ギュンター(83) 83(80) 87(83) 4 マルキーニョス(85) 82(80) 85(83) 5 ストーンズ(83) 82(77) 86(80) パスランキング<RSB> ここはやっぱり、 最強RSBのキミッヒが1位です。 とはいえ、数字だけみれば、セルジロベルとも同じレベルなんでオススメですね。 個人的にオススメなのがダリヨ・スルナです。 クロアチア史上最高の右サイドバックです。 特にフライパスはキミッヒと同じレベル、LV30なら勝っていますよ。 選手名(総合値) LV30 グラウンダー、フライ 最大レベル グラウンダー、フライ 1 (86) 85(83) 89(87) 2 セルジロベルト(82) 84(82) 87(85) 3 ガスパール(80) 82(78) 85(81) 4 ダリヨ・スルナ(79) 82 (85) 84 (87) 5 ダニアウベス(83) 81(80) 83(82) スピードランキング<LSB> アレッ!? ブリントって結構強かったんですね。 (捨てちゃいました。。 空きがなくなって。 ) マンチェスターUで干されたんでもんダメかと思ってましたが、アヤックスで復活ですね。 やはり1位と2位はこの2人の争いでした。 とりあえずバランスを重視してダヴィドアラバを1位にしましたが、好きな方を使えばいいと思います。 選手名(総合値) LV30 グラウンダー、フライ 最大レベル グラウンダー、フライ 1 ダヴィドアラバ(85) 85(80) 88(83) 2 (88) 84 (82) 86(84) 3 ブリント(80) 82(81) 85(84) 4 アドリアーノ(79) 82 (82) 84 (85) 5 ヘクター(81) 81(80) 84(83) パスランキング<GK> ここは、結構興味深いポジションですよね。 でもやっぱりエデルソンの勝ちでしたね。 とはいえ、レイナもかなり肉薄ですね。 フライパスならレイナの方が上でした。 あとは、これまた足元に定評のあるテアシュテーゲンやナバスなんでやっぱりコナミさんよく見てますね。 選手名(総合値) LV30 グラウンダー、フライ 最大レベル グラウンダー、フライ 1 (87) 78(80) 81(83) 2 レイナ(82) 77(83) 79(85) 3 (88) 76(77) 78(80) 4 ケヴィントラップ(80) 74(72) 77(75) 5 ナバス(68) 73(79) 75(81) まとめ 最後まで読んでいただきありがとうございます。 とりあえずランキング1位に入った選手でスカッド作ってみました。 今後さらに順位も増やしますし、ステータスも追加します。

次の