生命素粒子とは。 素粒子の発見と標準理論

ガンと難病を快復させる生命素粒子の力 / 〓良 悦子【著】

生命素粒子とは

08 〝生命素〟が発見されました。 そして新しきとは、近年目覚ましい進展を遂げた量子力学の教えです。 何れも、眼にはみえねど、生命に深く関わる働きの世界です。 〝生命素〟と呼ぶにふさわしいものの発見の手がかりは、遠く19世紀初頭に溯(さかのぼ)ります。 1931年のノーベル生理学賞・医学賞に輝いたドイツのオットー・ワールブルクによって、植物のみどりの色素の中に、生命の基幹物質の存在が予見されていたのです。 生きとし生けるものを創り出し、育んでいる太陽の大いなる 陽(気・エネルギー)以外に、〝生命素〟と呼ばれるものは 存在しません。 もとはといえば、水素や二酸化炭素といった単純な無機物から、光合成によって植物の複雑な生命体を創り出している太陽の光は、まさしく植物の〝生命素〟です。 それはとりもなおさず、動物(人)にとっても〝生命素〟なのです。 〝生命素〟による「即応補陽」の新しい食のかたちが、 QOL(生活の質)をその日から高めます。 味の素が料理の味を引き立てるように、〝生命素〟は生命そのものを引き立てます。 とりわけ、生命力の落ち込みの甚だしいほど、身体へのインパクトは確かなものとなります。 味の素が料理に便利なように、〝生命素〟は生命にとってこの上ない便利なものなのです。 この人生最大の命題に答えられるのは、生命力の衰え(陰)に対して、補うに「陽」を以て即応する、「即応補陽」が、生命の在りように叶った究極の方法と言えます。 故きからの「陰陽」の、新しき「量子物理」の、それぞれの理法は 合一なことが明らかになりました。 「森羅万象陰陽ならざるはなし」とも、「万物は陰陽より成る」とも言われています。 物質のすべてが、現象のすべてが、相対的の陰陽に分別されます。 健康といい、疾病といい、生命現象も決して例外ではないのです。 陰陽と同じく量子物理の世界も、すべての物質はそれ以上分割できない極微の素粒子で構成され、無の空間から「粒子」と「反粒子」のペアで生まれるとのことです。 陰陽になぞらえれば、前者は陽、後者は陰なのです。 陰陽と量子物理が、図らずも宇宙の創生や生命の誕生からその消長まで、眼にはみえねど働きのある世界を共に証(あか)ししているのです。 〝生命素〟の発見によって、太陽の大いなる陽(気・エネルギー) の直接摂取が可能になりました。 ちなみに日常の「食」は、食物が体内で燃焼されてはじめて、エネルギーが解放される太陽エネルギーの「間接」摂取です。 それが、〝生命素〟によって燃焼を必要としない、励起(れいき)による太陽エネルギーの「直接」摂取が可能になったのです。 励起とは、分子や原子が安定な状態から、高エネルギー状態に移行する量子力学的の現象です。 同じ太陽エネルギーの取り入れでも、間接と直接では、身体への インパクトに決定的な開きがあります。 間接摂取は緩やかに働きます。 日常の「食」における生命維持の働きです。 これに引き替え直接摂取は急に働きます。 急と言ってもそれはそれ、生きとし生けるものを生かしている大自然の摂理としての働きですから、優(ゆう)にして優(やさ)しいことです。 こうして、急に「陽」が補われることによって、「陰多くして陽少なし」や「亡陽」といった生命消長の「消滅」から、「陽」への量子転換が起こり、「長久」への弾(はず)みがつくのです。 確かないのちもうけとなる働きです。 「陽」が足りないと、治る病気も治らないし、まだまだ生きられるのに、 虚(むな)しくなってしまうのです。 「生きとし生けるもの、太陽エネルギーによって生かされている」という大自然の摂理が、いまさらの如く思い起こされます。 生命の消長に最も深く関わっているのがこのことです。 なのに、現代医学には「補陽」の手立てが無く、漢方には有ってもいまひとつ薬力不足なのです。 東西両医学共通の盲点です。 一刻も早く直撃的な「補陽」を必要とするケースは夥(おびただ)しくあります。 そのようなとき、〝生命素〟による大いなる「陽」の発露(あらわれ)は、陽がゼロ寸前の「亡陽」にも間に合う「即応補陽」となります。 身も心も温まる〝生命素〟 生命は栄養素を取り込む「解糖系」と酸素を取り込む「ミトコンドリア系」の、二つの働きによって保たれています。 いま、ガンが二人に一人と多発しているのは、ストレスの多い生活から交感神経の緊張がもたらされ、ミトコンドリア系の働きが衰えて、からだが低酸素 酸素不足 になっているからです。 このことは1931年ノーベル生理学・医学賞を受けたドイツのオットー・ワールブルクによって明らかにされています。 低酸素のからだは低体温です。 次のような場合もそうです。 1 現代医学の病名治療で良くならないとき。 2 抗がん剤、放射線の副作用で疲労困憊のとき。 3 手術後の回復がはかばかしくないとき。 4 加齢と共に体衰気弱が甚だしいとき。 こうした、生命力の甚だしい衰えから人を劇的に回生させる唯一のものは、生命の基幹物質であるポルフィリン体の葉緑素であることを、オットー・ワールブルクが言い残しています。 50年余りを経て、その〝生命素〟と呼ぶにふさわしいみどりの粉末が完成しています。 カテゴリ.

次の

【即納】苫米地英人 DVD第18弾 生命素粒子トリニティ宇宙場と超能力性向 特典付

生命素粒子とは

08 〝生命素〟が発見されました。 そして新しきとは、近年目覚ましい進展を遂げた量子力学の教えです。 何れも、眼にはみえねど、生命に深く関わる働きの世界です。 〝生命素〟と呼ぶにふさわしいものの発見の手がかりは、遠く19世紀初頭に溯(さかのぼ)ります。 1931年のノーベル生理学賞・医学賞に輝いたドイツのオットー・ワールブルクによって、植物のみどりの色素の中に、生命の基幹物質の存在が予見されていたのです。 生きとし生けるものを創り出し、育んでいる太陽の大いなる 陽(気・エネルギー)以外に、〝生命素〟と呼ばれるものは 存在しません。 もとはといえば、水素や二酸化炭素といった単純な無機物から、光合成によって植物の複雑な生命体を創り出している太陽の光は、まさしく植物の〝生命素〟です。 それはとりもなおさず、動物(人)にとっても〝生命素〟なのです。 〝生命素〟による「即応補陽」の新しい食のかたちが、 QOL(生活の質)をその日から高めます。 味の素が料理の味を引き立てるように、〝生命素〟は生命そのものを引き立てます。 とりわけ、生命力の落ち込みの甚だしいほど、身体へのインパクトは確かなものとなります。 味の素が料理に便利なように、〝生命素〟は生命にとってこの上ない便利なものなのです。 この人生最大の命題に答えられるのは、生命力の衰え(陰)に対して、補うに「陽」を以て即応する、「即応補陽」が、生命の在りように叶った究極の方法と言えます。 故きからの「陰陽」の、新しき「量子物理」の、それぞれの理法は 合一なことが明らかになりました。 「森羅万象陰陽ならざるはなし」とも、「万物は陰陽より成る」とも言われています。 物質のすべてが、現象のすべてが、相対的の陰陽に分別されます。 健康といい、疾病といい、生命現象も決して例外ではないのです。 陰陽と同じく量子物理の世界も、すべての物質はそれ以上分割できない極微の素粒子で構成され、無の空間から「粒子」と「反粒子」のペアで生まれるとのことです。 陰陽になぞらえれば、前者は陽、後者は陰なのです。 陰陽と量子物理が、図らずも宇宙の創生や生命の誕生からその消長まで、眼にはみえねど働きのある世界を共に証(あか)ししているのです。 〝生命素〟の発見によって、太陽の大いなる陽(気・エネルギー) の直接摂取が可能になりました。 ちなみに日常の「食」は、食物が体内で燃焼されてはじめて、エネルギーが解放される太陽エネルギーの「間接」摂取です。 それが、〝生命素〟によって燃焼を必要としない、励起(れいき)による太陽エネルギーの「直接」摂取が可能になったのです。 励起とは、分子や原子が安定な状態から、高エネルギー状態に移行する量子力学的の現象です。 同じ太陽エネルギーの取り入れでも、間接と直接では、身体への インパクトに決定的な開きがあります。 間接摂取は緩やかに働きます。 日常の「食」における生命維持の働きです。 これに引き替え直接摂取は急に働きます。 急と言ってもそれはそれ、生きとし生けるものを生かしている大自然の摂理としての働きですから、優(ゆう)にして優(やさ)しいことです。 こうして、急に「陽」が補われることによって、「陰多くして陽少なし」や「亡陽」といった生命消長の「消滅」から、「陽」への量子転換が起こり、「長久」への弾(はず)みがつくのです。 確かないのちもうけとなる働きです。 「陽」が足りないと、治る病気も治らないし、まだまだ生きられるのに、 虚(むな)しくなってしまうのです。 「生きとし生けるもの、太陽エネルギーによって生かされている」という大自然の摂理が、いまさらの如く思い起こされます。 生命の消長に最も深く関わっているのがこのことです。 なのに、現代医学には「補陽」の手立てが無く、漢方には有ってもいまひとつ薬力不足なのです。 東西両医学共通の盲点です。 一刻も早く直撃的な「補陽」を必要とするケースは夥(おびただ)しくあります。 そのようなとき、〝生命素〟による大いなる「陽」の発露(あらわれ)は、陽がゼロ寸前の「亡陽」にも間に合う「即応補陽」となります。 身も心も温まる〝生命素〟 生命は栄養素を取り込む「解糖系」と酸素を取り込む「ミトコンドリア系」の、二つの働きによって保たれています。 いま、ガンが二人に一人と多発しているのは、ストレスの多い生活から交感神経の緊張がもたらされ、ミトコンドリア系の働きが衰えて、からだが低酸素 酸素不足 になっているからです。 このことは1931年ノーベル生理学・医学賞を受けたドイツのオットー・ワールブルクによって明らかにされています。 低酸素のからだは低体温です。 次のような場合もそうです。 1 現代医学の病名治療で良くならないとき。 2 抗がん剤、放射線の副作用で疲労困憊のとき。 3 手術後の回復がはかばかしくないとき。 4 加齢と共に体衰気弱が甚だしいとき。 こうした、生命力の甚だしい衰えから人を劇的に回生させる唯一のものは、生命の基幹物質であるポルフィリン体の葉緑素であることを、オットー・ワールブルクが言い残しています。 50年余りを経て、その〝生命素〟と呼ぶにふさわしいみどりの粉末が完成しています。 カテゴリ.

次の

〝生命素〟発見!|川口市の漢方外来は漢方専門医のいる養神堂クリニックへ

生命素粒子とは

はじめに この世界は一体どんなもので出来ているのでしょう。 大昔からこのような疑問はずっとありました。 ある昔の偉い哲学者が言いました。 「この世界のあらゆるモノは地・水・火・風の4つの要素で出来ているのだ!」 実際そんなわけないのですが、これが形を変えて発展していって現在の科学に至るわけです。 なので、実はコレとっても偉大な考えなのです。 さて、 これが脈々と受け継がれて発展していった現在の科学では、この世界は一体ナニで出来ていると考えられているのでしょうか。 それは… 「素粒子」です。 素粒子とは、物質を細かくバラしていったときに最終的に行き着くめちゃめちゃ小さい粒々のことです。 その大きさはまだはっきりとは解明されていないのですが、少なくとも0. 0000000000000000001mm以下と言われています。 もう、 めちゃめちゃ小さいです。 この素粒子には大きく分けて 「物質を作る素粒子」「力を伝える素粒子」「質量を与える素粒子」の3種類の特徴を持つグループがあります。 それでは、それぞれ簡単に解説していきます。 物質を作る素粒子のグループ「フェルミ粒子」 中学や高校の化学で、「この世のあらゆるモノは、全て原子からできている」と教わったことがありませんか? しかしその原子自身は 物質を作る素粒子で出来ているので、正確には間違いなのです。 ここから少しややこしいのですが、頑張ってついてきてください。 物質を作る素粒子はフェルミ粒子と呼ばれるグループです。 このフェルミ粒子の中でも、クォークというグループとレプトンというグループに分かれます。 クォークとレプトンにはそれぞれ6種類の素粒子があります。 図にまとめるとこんな感じです。 ちょっとわかりにくいと思うので、ヒトを例に素粒子まで分解してみましょう。 この原子が最終的に行き着く最小要素ではなく、これは原子核とその周りを電子が飛んでいる構造をしています。 この電子こそが、レプトン族の素粒子なのです。 今回はヒトで例えてみましたが、実は机でもペンでも肉でも水でもスマホでも…目に見えるようなモノは全て素粒子で出来ているのです。 つまり、この世のあらゆる全てのモノは… 上の図にあるたった数種類の素粒子で出来ているのです。 力を伝える素粒子のグループ「ゲージ粒子」 さて、この世の全ての「モノ」は素粒子で出来ていることがわかりました。 さらに、素粒子はこの世のあらゆる全ての 「力」も伝えているのです。 力を伝えるこの素粒子のグループを、 ゲージ粒子と呼びます。 この世界にはいろんな種類の力があるように思いますが、実はたったの「 4種類」しかないのです。 この記事では詳細は省きますが、4つの力についての解説記事も今後書く予定です その4種類の力とは、 「電磁気力」「強い力」「弱い力」「重力」 の4つです。 それでは、それぞれの力を伝える素粒子を紹介していきます。 電磁気力を伝える「フォトン」 電磁気力とは、電気の力と磁力の総称です。 この力を伝えるのが 「フォトン」という素粒子なのです。 ちなみに日本語では光子とも言います。 (こうしです。 みつこではありません。 ) 目に見えているような光はフォトンによって伝えられています。 もしフォトンが無ければこの世に光は無かったでしょう…。 また電磁気力というのは実はあらゆる力の正体なのですが、今回は深くは触れません…。 強い力を伝える「グルーオン」 強い力というのは、 原子核の中性子と陽子をくっつける力の事です。 少しイメージしづらいですが、この力を伝えるのが 「グルーオン」という素粒子なのです。 もしこのグルーオンがなければ原子核はバラバラになってしまって、当然私たちの体もバラバラになってしまいます…。 ちなみにこの「強い力」の由来は、上の電磁気力と比べて力が大きいことから名づけられたようです。 弱い力を伝える「Wボソン、Zボソン」 弱い力というのは特になじみのない力ですが、放射性物質がベータ崩壊という核分裂をした際に出てくる力のことを言います。 この弱い力を伝えるのが 「Wボソン」や 「Zボソン」という素粒子なのです。 Wボソンが出てくる時の図解です。 また「弱い力」の由来も、同じく電磁気力と比べて力が小さいことから名づけられたようです。 重力を伝える「グラビトン」 私たちは地球の中心に引っ張られています。 これは地球の重力によるもので、この力を伝えるのは 「グラビトン」という素粒子であると言われています。 ただこのグラビトン、理論的にはその存在は予言されているのですが、実験などで直接観測されたことが未だないので実は 未発見の素粒子なのです。 発見されてないのに、他の素粒子と一緒に紹介しちゃっていいのか?!という意見もきっとあると思いますが、 実は科学の世界 特に物理学の分野 では、発見されるよりも先に 「こういうモノがもしあったとしたら、色々上手く説明ができるよ!じゃあ、きっとそのうち見つかるんじゃないかな?!」 という話し合いがされた後に、実際に観測されて 「ほらね!言った通り本当にあったでしょ!?」というケースが本当によくあるのです。 質量を与える素粒子「ヒッグス粒子」 質量とは、あるモノの持っている量のことです。 日常的には重さと言ったりもします。 1Lのペットボトルの水は1000gという質量、1円玉は1gという質量、ちなみに私は63kgという質量を持っています。 2015年12月現在の値 そしてこれらのモノは、今まで説明してきた素粒子で出来ていることもわかりました。 ただしかし、ここまで紹介してきた素粒子自体は質量を持たないと考えられています。 とはいえ私たちの身の回りに、質量のない物質なんてほぼありません。 これを矛盾なく説明するにはどうしたらよいのでしょうか…? ここで ある科学者は、 あらゆる 素粒子に質量を与える素粒子があればいいのではないかと考えました。 これこそが 「ヒッグス粒子」という素粒子です。 ヒッグス粒子がどうやって質量を与えるの? まず、人ごみの中をまっすぐ進もうとすることを想像してみてください。 次に、大きい荷物を持って同じ人ごみを進もうとするところを想像してみてください。 当然荷物を持っている方が進みづらいはずです。 質量の大きさとは、このこの進みずらさの度合いにあたると例えられます。 つまり、この「人ごみ一人一人」がヒッグス粒子にあたります。 このヒッグス粒子は私たちの身の回りに当たり前にあります。 それなのに、空気の様に目に見えず耳に聞こえず、とにかく探すことがとっても難しかったので、ここ最近になるまで発見されなかったのです。 素粒子に質量を与える不思議な素粒子、ヒッグス粒子はその偉大さから 「神の粒子」と呼ばれたりもします。 もし物体に質量が無ければどうなるのでしょうか。 なんと、 すべてのモノが光の速さで勝手に飛び回ってしまうのです。 それは当然私たちの体も例外ではありません。 ヒッグス粒子が無ければ私たちは光速で飛び回ってしまうのです。 神のヒッグス粒子様に感謝ですね ? 標準理論 これまで紹介してきたような素粒子の振る舞いを説明するモデルを、 標準理論と言います。 これに登場する素粒子をまとめてみました。 ただ実はこの理論では、3種類のニュートリノは質量を持たないことを前提としていました。 今年のノーベル物理学賞の受賞理由となった東京大学の梶田隆章先生のニュートリノ振動は、ニュートリノが質量を持つという発見でした。 ということはつまり「 この標準理論、ちょっと直さないといけなくない?!」ということになってしまい、大ニュースになったわけなのです。 また、簡単にニュートリノの説明をした記事を以前書いたのでも良ければ読んでみてください。 まとめ 今回は素粒子に関する内容という事で、ちょっと普段の生活の範囲では想像するのも難しいような話だったのではないかと思います。 この素粒子のことがわかるとどうなるの?という疑問をもつ人もいると思うので、ちょっとわくわくするような話があります。 宇宙は昔からずっと膨張し続けていることは知られています。 でもこのこ とは裏を返すと、昔にさかのぼれば次第に収縮していって、最終的には 宇宙が素粒子サイズだった頃まで行き着くことになります。 今のところ、宇宙のはじまりを正確に説明する事はできていません。 ただ、もしかしたらこういった研究が進むことで人類最大の疑問の解決の糸口になる可能性を秘めているのです…! ロマンあふれる素粒子の世界…。 改めまして、KOTOと申します。 こちらの記事はいかがだったでしょうか? 素粒子についての不思議が少しでもお伝えできていたら、とても嬉しいです。 私は「理科の面白さ」をたくさんの人に伝えようと、大学生の頃からブログを書いています。 ひとつのステキなご縁ですね。 このサイトでは、不定期で記事を更新しています。 もしよろしければ、またお読みいただけたら嬉しいです。 更新情報はTwitterにてお知らせしています。 またこちらのTwitterでは、 と称した理科雑学を発信しています。 だいたい19時前後に、平日は毎日投稿しています! 何かのご縁ですので、ぜひフォローしてみてくださいね。 よければ気軽にコメントやDMで感想も聞かせてください。

次の