カゼイン na。 カゼインナトリウム(食品添加物)とは?安全性やアレルギーは?

カゼインナトリウム

カゼイン na

アレルギー表示とは 食品のアレルギー表示についての情報はこちらの「消費者庁」の食品表示のページにて詳しい内容を確認する事が出来ます。 人によってアレルギーにかかる食品は様々です。 食品の中にはアレルギー症状を引き起こしかねない食材も含まれています。 主に多くの人がアレルギー症状を引き起こす食材が明記されている表示をアレルギー表示と言います。 アレルギー表示を活用するには自分が何に対してアレルギーを起こすのかをよく知っておく必要があります。 アレルギー表示の対象となる食品 アレルギーを起こす事が知られている食品の内、次の7つの食品については食材を使用したことが必ず表示されています。 次の食品は他の食材に比べてアレルギー症状を起こす人や、症状が重くなりやすい食品として指定されている食品です。 たまご• 落花生 上記の7品の他、次の20の食品は使用を表示する事を「勧められている」食品です。 これらの食品の使用については必ず表示されているわけではないので、心配な方は食品メーカーの「お客様相談窓口」や「アレルギー専門窓口」に問い合わせましょう。 あわび• いくら• オレンジ• カシューナッツ• キウイフルーツ• くるみ• バナナ• まつたけ• やまいも• りんご• ゼラチン これらの食品はアレルギーを引き起こしやすい「異種タンパク質」となる物を多く含んでいます。 アレルギーをお持ちの方は十分に注意しましょう。 アレルギー表示の表現について 食品を作るときに使われた原材料は、加工食品の表示のルールにしたがって表示されます。 しかし、それぞれの食品についての表現方法は食品メーカーや商品によってまちまちです。 複数の表現がされる食品に注意 先ほど紹介した表示が必ずされている7品目と、表示する事が推奨されている20品目は紹介したとおりの表現で表示されているとは限りません。 それぞれの食品については使用について次のような表記が認められています。 また、食品の中には加工食品を原料としている場合があります。 例えば「マヨネーズ」を原材料としている場合です。 マヨネーズの原材料としては「たまご」が含まれている事は誰しもがご存知の通りだと思います。 そう言った誰もが原材料として認識しているような物の場合は、マヨネーズだけが原材料として表示されていて、たまごについては表示されていない事があります。 こういった食品を使用する場合は、原材料に加工食品が含まれていないか良く見て使用するようにしましょう。 原材料の表示方法について 原材料の使用方法については、大きく分けて次の二通りの表記方法があります。 原材料名の最後に列挙する方法• 他の食品にも同原材料が含まれている場合は、その他の食品の原材料の後には表記が省略されることが多いです。 アレルギー表示がされていない場合 パン屋でパンを購入する場合や、スーパーのお惣菜などでは原材料そのものの表示がない場合があります。 この場合は先ほど紹介した27品目の食材についても表示がされていません。 原材料についてはその店舗の店員の方に原材料について聞く必要があります。 また、30平方センチメートル以下の、小さな容器包装に入った加工食品は、原材料などの表示が省略される事が多いです。 食品であれば表示を確認したり、店員さんに聞く事でアレルゲンとなる食品を避ける事が出来るでしょう。 しかし、体に取り込む者には食品以外の物もあり、それらは一般的にはアレルゲンの食品表示がされないような物があります。 一部ご紹介いたしますので、食物アレルギーがある人はこのような事もある事を気に留めておいてください。 かぜ薬に使われている卵白リゾチーム 「卵アレルギーがあり、卵が入っている物は一切やめていたのに、風邪で近くの病院にかかって薬をもらったら蕁麻疹が出ました。 その先生からは『風邪をひくと蕁麻疹がでやすくなるのですよ』といわれています」 昔は、じんましんもこのように風邪の為と片付けられてしまう事がとても多かったのです。 中には病院でもらう風邪薬に「リゾチーム」という薬が使われていたために起こったものも含まれていました。 特に耳鼻科ではこの薬が鼻の症状によく効くため、頻繁に使われます。 このリゾチームは人間の涙、鼻水、母乳などに含まれていて最近の細胞壁を壊す作用があり、体を守る大切な役目を持っています。 食べ物では「卵白」に多く含まれていて、医薬品に使われるほとんどが「卵白リゾチーム」というたんぱく質を含んでいます。 この卵白リゾチームは卵白アレルギーのアレルゲンたんぱく質の内の一つです。 卵白アレルギーを持っている人がこの成分が使われている薬を使用した場合は蕁麻疹等のアレルギー症状が出るので食物アレルギーがある人は医師に自分が卵アレルギーであることを伝える事がアレルギー対処のポイントとなります。 みりん、チーズなどにも「卵白リゾチーム」が 風邪薬だけ気を付けていればいいかというと、そうでもありません。 「卵白リゾチーム」は食品添加剤としていろいろな物に使われています。 困るのは、使われているにも関わらず、表示がない食品が多いという事です。 卵アレルギーの人が、卵の除去ですっかりきれいになったと思ったら突然悪くなることがあります。 特に「みりん」を使った食べも物を食事で摂取する事で悪化する事が多くあります。 みりんは酒の一種で、そのアルコール成分の為にかゆくなるように思えますが、実は「卵白リゾチーム」が含まれています。 その他にも、もち米をつかったお菓子 表示はもち米と砂糖と塩のみ で悪化するケースがあり、もち米の「あく」が原因かとおもいきや「卵白リゾチーム」が使われているという事もあります。 特にアレルギー食品には「加熱食品については表示を省略できる」との考えがあるようです。 確かに加熱する事で酵素としては働きがなくなりますが、アレルギー性については失われるわけではありません。 他にも牛乳に「卵白リゾチーム」が使われているケースもあります。 牛乳アレルギーの人はカゼインNaに要注意 牛乳アレルギーを起こすたんぱく質 牛乳アレルギーでは、アレルギーを起こす主なタンパク質は「カゼイン」と「乳清」です。 簡単に言うと、牛乳からチーズを作った時にチーズに含まれるのがカゼイン、残りが乳清 ホエー 成分です。 乳清はヤクルトなど乳性飲料に使われている成分です。 牛乳を沸かしたときにできる膜の中にはカゼインが含まれています。 そして、このカゼインが牛乳アレルギーの一番の原因になるたんぱく質です。 このカゼインを含むカゼインナトリウムは食品添加剤としてハムなどの接着剤としてよく使われていますが、牛乳成分と表示する義務がありません。 良くあるのが、卵・牛乳アレルギーの人が「卵も牛乳も入っていないハムを見つけて食べたのに蕁麻疹が出た」というものです。 表示には「カゼインNa」とあるのですが「カゼインNa 乳由来 」とは表示していない為、牛乳と関係がある事が消費者には判断できない事があります。 小麦アレルギーの人は「グルテン」に要注意 小麦アレルギーの原因たんぱく質 小麦アレルギーの人は「グルテン」に要注意です。 「」でも紹介した小麦アレルギーの人とパン屋の話では小麦アレルギーの人が「小麦が入っていないパンを食べたのに、蕁麻疹がでた」といって病院にいきました。 その米パンには「米」と「グルテン」という表示がありましたが、このグルテンこそが小麦アレルギーの原因たんぱく質です。 なかには小麦グルテンが含まれているにも関わらず、わざわざ「卵、牛乳、小麦アレルギーのある方にも大丈夫」といって販売しているケースもあるので表示をみて「グルテン」が書かれていた場合は避けるよう注意しましょう。 食品製造工場でアレルゲンを含む別の食品を製造している場合の表示 A食品そのものにはアレルゲンは含まれませんが、工場では別のB食品も製造していて、そのB食品にアレルゲンが含まれる事があります。 このような場合はアレルゲンを含まないはずのA食品にアレルゲンの成分などが混在してしまう可能性もゼロではありません。 特に1つの製造ラインで複数の食品を製造しているような場合はこのような表記がされています。 成分表示は義務付けられたが問題点は残る アレルギー成分の表示義務が2001 平成13 年の食品衛生法改正で決められました。 これによってアレルゲンとなる食品が表示されるようになったのです厚生労働省のホームページには次のような事が記載されています。 「現在、次の表にあるように、卵、乳、落花生などの七品目を食品に使用した場合は、必ず食品のパッケージにアレルギーの原因となる食品の名称を表示しなければなりません。 また、あわび、いか、大豆などの十八品目を食品に使用した場合には、できるだけ食品のパッケージにこれらの名称を表示するよう努めることとされています。 これは食物アレルギー体質を持つ方の為だけに表示されている物ですが、表示がない場合に起こり得る事態を考えれば非常に重要な表示である事がお分かり頂けるかと思います。 既に25品目のアレルギーの原因となる食品を指定し、それを使用した場合には、その旨の表示を義務づけるなど、食物アレルギー体質を持つ方に対して情報提供に努めています。 しかしながら食物アレルギーの実態把握を完全に行えていない事、食習慣の変化などによって将来的に食物アレルギーの状況が変わっていく可能性が大きいことから、厚生労働省では、三年ごとに調査をおこない、その結果を踏まえて原因となる食品を見直すようにしています。 最近では平成20年の6月に『エビ』や『カニ』を使用した場合の表示を義務付ける制度改正が行われました。 厚生労働省では、今後とも食物アレルギーの実態把握に努め、適切なアレルギー表示を推進してまいります。 」 ところが、カゼインや小麦のグルテンはそれぞれ、「カゼイン 乳由来 」、「グルテン 小麦由来 」と表示する必要がないため、アレルギーや栄養学一般の知識のない人にとっては、牛乳や小麦由来ではないと思ってしまい、数多くのアレルギー事故が起きていて対策が求められるところです。 まとめ この記事のまとめです。 アレルギー表示については消費者庁のアレルギー表示についてで詳細を確認できます• アレルギー表示についてはアレルギーを起こす患者が多く、症状が重い食材の7品目については必ず使用したことを表示しています• アレルギー表示の内、アレルギを起こす可能性が高い20品目の食品の使用について表示する事が推奨されています• アレルギー表示の表現について、複数の呼び名がついている食品については正式名称の他の表現で記載されている事があります• アレルギーとなる原材料の表示については「最後にまとめて列挙」と「原材料の直後に一つ一つ」表示する方法があります• 対面販売がメインの店舗では原材料の表記がされていない事があります• 30平方センチメートル以下の食品の包装の場合、原材料の表記が省略されている事が多いです• 食品の製造工場で別の食品でアレルゲンが使用されていた場合、明記されている事があります• カゼインや小麦のグルテンはそれぞれ、「カゼイン 乳由来 」、「グルテン 小麦由来 」と表示する必要がないため、アレルギーや栄養学一般の知識のない人にとっては、牛乳や小麦由来ではないと思ってしまい、数多くのアレルギー事故が起きていて対策が求められるところです。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

ちょっとタメになる話・食品添加物(ハム編)

カゼイン na

デパ地下で、スーパーで、コンビニで・・・・皆さんが日頃何気なく買われている食品は一体何から作られ、一体どんなものが入っているのでしょうか?・・ とっても身近で意外と知られていない「食品添加物」についてまずはお届けしたいと思います。 1.ハム編 食品添加物をたっぷり使用した加工食品の代表格です。 ハムの原料は豚肉ですが、この肉を水で増量するために、肉用ゼリー液を注入し、組織に均等に行きわたるように機械で揉みこみ、水で薄まってしまった味や弾力や色などを大量の添加物で補い、加熱してゼリーの様に固めたものが現在大量に出回っているハムの正体です。 業界では「プリンハム」と呼ばれているそうです。 最近は正しい作り方で作られた無添加のハムを売るスーパーも増えてきた様ですが、値段も高く、見た目も悪いのでまだまだ一般消費者には敬遠されがちなのが現状です。 ハムやソーセージはもともとはそのままでは腐ってしまいやすい生肉を、塩漬けや燻製をすることで保存性を高めた加工食品でしたが、本当の加工には大変手間暇がかかり売値が高価になってしまうため、日本では主に食品添加物を使用し、簡単に短時間で安いものを 大量生産するようになったのです。 本物のハムの原材料は「豚肉」「粗塩」「三温糖」「ホワイトペッパー」「ローレル」ぐらいのシンプルなものです。 原材料名の表示を見て、普通の家庭の台所には無いもの(リン酸塩とか発色剤とか)が沢山入っているようなハムは食品添加物たっぷりの即席ハム(プリンハム)と思った方が良いでしょう。 リン酸塩自体に毒性はあまりないと言われていますが、問題はリンを過剰摂取するとリンがカルシウムと化合してカルシウムの吸収を妨げるため、骨や歯が弱くなる事があります。 またカルシウム不足で神経過敏になり、イライラの原因にもなりやすいのでリン酸塩の入っているハムなどの加工食品を食べた時には小魚や牛乳などでカルシウムを補給すると良いでしょう。 微生物の増殖を抑制し、特に食中毒の原因となるボツリヌス菌の繁殖を抑える効果が高いと言われています。 一説には魚などに多く含まれる第2級アミンなどに反応して発ガン物質を生じる可能性もあるそうです。 肉の保水力や結着性を高める機能もあります。 2種類以上の添加物が増粘剤として使用されている場合、物質名は省略されて「増粘多糖類」と一括で表示されます。 インスタントラーメンのスープ、カレールー、ミートボール、レトルト食品やスナック菓子などあらゆる加工食品に使用されています。 子供の大好きな濃い味になります。 たんぱく質(植物性・動物性)を含む食品を塩酸などで分解して得られるもので、うまみの素となります。 主な成分はアミノ酸とペプチド類。 たんぱく質を塩酸で分解加工した場合、発ガン性の疑われている「塩素化合物」が出来てしまう可能性があります。 また、野菜や本来の天然のだしの淡泊な味を「おいしい」と思えない、味覚麻痺が起こってしまう危険性もあります。 カゼインは「乳たんぱく」とも言い、牛乳や脱脂乳から得られるタンパク質です。 そのカゼインにアルカリを加え水溶性にしたものがカゼインNaです。 中南米などのサボテンに寄生する昆虫のエンジ虫の乾燥体から抽出されたものです。 天然系食品添加物に分類されていますが、突然変異性(遺伝子に傷をつける作用)があると言われています。 調味料には多くの種類があり、複数組み合わせて使用される事が多く、同じ目的のために使用されるのであれば一括表示をして良いと食品衛生法で定められているため、どんなに多くの種類を入れても、「アミノ酸等」の「等」を入れれば一括表示が出来るので加工する側としては大変便利な表示方法です。 最もよく使用されているのはアミノ酸糖類の「グルタミン酸ナトリウム(化学調味料)=独特の強いうまみ」です。 また、発色剤の働きを助け、色を安定させる効果もあります。 *参考文献:『食品の裏側』 安部司著 東洋経済新報社 『新・食べるな危険!』 小若純一著 講談社 『AERA 安心・安全を食べたい No. 35』 朝日新聞社 果を.

次の

カゼインナトリウム(食品添加物)とは?安全性やアレルギーは?

カゼイン na

食品添加物の表示• 食品添加物の表示• テンカちゃんたちの名札は、 わかりやすく、工夫されています。 今では、いろんな加工食品がカンタンに手に入り、食卓をにぎわせています。 原材料の表示は、加工食品を購入する時に、中身がよくわかり、またその食品の取り扱い方法などがよくわかり安心できますね。 そこで、食べ物に使われたテンカちゃんたちの名前は、原則としてぜーんぶ表示されています。 そして、できるだけわかりやすく、くわしくお知らせするよう工夫されています。 それでは、どう表示されているのか、チェックしてみましょう。 使用された食品添加物は名称やわかりやすい簡略名、類別名で表示されています。 名称 簡略名または類別名 L-アスコルビン酸ナトリウム ビタミンC、V. C 炭酸水素ナトリウム 重曹 硫酸アルミニウムカリウム ミョウバン ビートレッド アカビート、野菜色素 用途名が併記されているものもあります。 用途名 表示例 甘味料 甘味料(サッカリンNa) 着色料 着色料(アナトー)またはアナトー色素 保存料 保存料(安息香酸Na) 増粘剤、安定剤、ゲル化剤 または糊料 増粘剤(キサンタン)、安定剤(CMC)、ゲル化剤(カラギナン)、糊料(グァー) 酸化防止剤 酸化防止剤(エリソルビン酸Na) 発色剤 発色剤(亜硝酸Na) 漂白剤 漂白剤 亜硫酸塩 防かび(防ばい)剤 防かび剤(OPP) 同じ使用目的の成分が入っているものは、一括名としてまとめて、わかりやすく表示します。 ・イーストフード• ・ガムベース• ・かんすい• ・酵素• ・光沢剤• ・香料• ・酸味料• ・軟化剤• ・調味料• ・豆腐用凝固剤• ・苦味料• ・乳化剤• ・水素イオン濃度調整剤(pH調整剤)• ・膨張剤 食品添加物の表示が免除されるのは次の場合に限られます。 多くの人にはなんでもない食べ物であってもひどいアレルギーを起こす人がいます。 このような体質の人が食品を選択し、安心して食べられるように、えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生(ピーナッツ)については入っていることが分かるように必ず表示されます。 また、あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、 キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、アーモンドについても表示することが勧められています。 食品原料だけでなく、食品添加物についても 「カゼインNa 乳由来 」のように表示されます。

次の