カローラ ツーリング ナビ。 カローラツーリングでみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?コレがおススメ!

〈トヨタ・カローラツーリング〉全国500台限定! パワフルな2.0Lエンジンを搭載した特別仕様車が降臨!【新型車レポート】

カローラ ツーリング ナビ

DAをのみを採用した背景には、ひとつは昨今のナビ大画面化ブームがある。 2DINサイズの画面は7インチ8インチが限界だが、ナビ画面の情報量やニーズが増えるにつれて画面サイズが足りない現状があった。 ユーザーからも10インチ以上の大画面の評価は高く、メーカー純正ナビはDINサイズではなくオリジナル設計の専用画面化が進んでいる。 もうひとつは、トヨタとして多様化するニーズに応えるためにDAを採用したとしている。 これは、AVナビニーズに対して、メーカー、ディーラーオプション、サードパーティ製対応といったバリエーションに「Googleマップやスマホアプリのナビやオーディオ音源を使いたい」「スマホがあるのでナビはいらない」といったニーズにも本格的に対応するという意思表示でもある。 多様なニーズに対応するということは、新しいものだけに対応するということではない。 従来型の据え置きナビがいい、アプリのナビはわからない、かえって面倒というユーザーには、「ナビキット」という形でクラウンやカローラスポーツに搭載されているT-Connectナビ相当のナビを装着することもできる(T-Connectスタンダード)。 T-Connectナビ(ハイブリッドナビ)は、トヨタスマートセンターの外部情報と連携して高度なルート案内を行えるが、この機能が必要なければT-Connectエントリーというプランも用意されている。 純正装着や後付けナビはいらないという人は、DA(+DCM:通信モジュール)のみの基本構成で、手持ちのスマートフォンなどをDAにリンクさせてナビアプリを利用すればよい。 使えるナビアプリはカーNAVITIMEとLINEカーナビだ。 LINEカーナビは9月5日にトヨタのSDL(SmartDeviceLink)に対応したものだ。 LINEのAIエージェントである「クローバー」を利用でき、音声認識によるナビ設定やLINEのメッセージ操作(送受信、メッセージ作成など)が可能だ。 音楽再生やクローバーとのチャットなどもLINEの機能やサービスが利用できる。 CarPlayとAndroid Autoを使いたい場合は、オプションのフルセグTVキット(税別3万円)を購入する必要がある。 なお、アプリ系のナビはルートガイドにクセがあったりするが、LINEカーナビについては、ルート探索のナビエンジンはトヨタのものを利用している。 ただし、GPSアンテナはスマートフォンのものを利用するため、置き場所に注意する必要がある。 カーNAVITIMEは独自エンジンだが、案内精度は十分な実績があり、使い慣れた人には問題ないはずだ。 T-Connectのプラン体系も刷新された。 いちばん大きな変更は、基本サービスの無料期間が5年となったことだ。 『カローラスポーツ』に設定されていたT-Connectプランの無料期間は3年だった。 5年以内にクルマを変えるなら、コネクテッド機能のサービス利用料を気にする必要がなくなる。 ただし、T-Connectのいくつかの機能はオプション扱いとなり、別途利用料が発生する。 クラウンやカローラスポーツに設定されていたT-Connectは、エアバッグ連動の緊急通報機能(ヘルプネット)、走行ログによるメンテナンスやアドバイス機能(eケア)、リモートドアロック・ハザード点灯(マーカーサーチ)、アラーム・車両位置追跡・警備員派遣(マイカーサーチPlus)、オペレーターサービス、オペレーターサービスPlus(予約サービスあり)といった機能が利用できる。 新型カローラでは、このうちマイカーサーチPlus、オペレーターサービス、オペレーターサービスPlusがオプション扱いとなった。 《中尾真二》.

次の

【試乗インプレ】トヨタの新型「カローラ」「カローラ ツーリング」に乗って分かった進化の方向 / 変化を恐れず3ナンバー化して“優しさ”を感じさせる1台に

カローラ ツーリング ナビ

ECOモードは燃費が上がるように思えますが、いつまでも低車速で走っていると、「ぜんぜん燃費伸びないじゃん!!」っていうことになってしまいがちなので、ノーマルモードでササッと車速を上げる方が燃費は良かったりします。 SPORTモードは非常に元気の良い加速をしてくれますので、車速オーバーには気を付けて下さいね。 EVドライブモードスイッチ(ハイブリッド) EVドライブモードスイッチを押すことでモーターだけで走ることができます。 EVドライブモード解除方法については下記のような状態で解除され、エンジンとモーターで走行します。 再びEVドライブモードを押して解除• バッテリーの充電残量の低下で自動解除• 一定車速がでたら自動解除• 5 レーンディパーチャー アラート 標準 標準 — レーダークルーズ コントロール (全車速追従機能付) 標準 標準 標準 標準 標準 メーカー 3. 警報ブザーとマルチインフォメーションディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせてくれます。 ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートしてくれるという機能です。 ロングドライブや高速道路の疲労軽減に良い機能ですが、自動で車速が変わるので慣れないうちは恐ろしいですね。 かといって、この機能があること前提で車を選ぶ方もいるようです。 使いこなせていて素晴らしいですよね!! ちなみに、全車追従機能付とブレーキ制御付は下記のように違います。 ロードサインアシスト 標識見落とし知らず! 「最高速度」「はみ出し通行禁止」「車両進入禁止」「一時停止」などの道路標識をカメラで認識して、マルチインフォメーションディスプレイ上表示してくれます。 車庫入れや駐車場からの発進時などの際、入れ間違えたシフトレバーにより意図せぬ方向へ進みびっくりしてしまうケースが無きにしも非ず。 その際にアクセルとブレーキを間違えて踏んでしまうと大変なことになってしまいますね。 それを防止・軽減してくれるのがこの機能で、進行方向に静止物があれば作動します。 ブラインドスポットモニター【セットでメーカーオプション】 車線変更もお手のもの! オプションおすすめ度: 3 斜め後方のドアミラーで確認しにくい死角や、急接近してくる車両を検知して、ミラー内側のLEDインジケーターを点灯してくれます。 接近する車に気づかずウインカー操作をするとLEDインジケーターが点滅して知らせてくれる機能です。 リアクロストラフィックオートブレーキ(CVT・HYBRID)、リアクロストラフィックアラート(MT)【セットでメーカーオプション】 オプションおすすめ度: 3 駐車場から後退する際などに役立つ機能です。 自車の左右後方から接近してくる車両をレーダーで検知し、ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーによりドライバーに注意喚起してくれます。 MTはアラート警告のみになります。 カローラツーリングにはこれまでのナビを取り付けることができず、かわりにナビキットを装着してディスプレイに映し出す仕様になっています。 5 ステアリング ヒーター メーカー メーカー メーカー メーカー メーカー 2. 5 電動格納式 リモコン 標準 標準 — オート電動格納式 リモコン 標準 標準 メーカー 標準 標準 メーカー 標準 5 アクセサリー コンセント メーカー メーカー メーカー 2. 5 充電用USB端子 標準 標準 標準 標準 標準 標準 標準 — スマートエントリー& スタートシステム 標準 標準 メーカー 標準 標準 メーカー 標準 5 おくだけ充電 メーカー メーカー メーカー 1 レインクリアリング ブルーミラー 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 2. 5 サイドバイザー 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 3 フロアマット 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 3 電子インナー ミラー 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 3. 5 リモートスタート 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 1. 5 シートヒーター(運転席・助手席):27,500円【他とセットでメーカーオプション】 オプションおすすめ度: 3. 5 運転席と助手席のシートを温めてくれる機能です。 これがあれば指先が冷えることなく快適にハンドルを握ることができますね。 電動格納式リモコン 電動格納式リモコンは車内のスイッチでドアミラーの角度調節、ドアミラーの格納・復帰ができるシステムです。 車内でドアミラーを操作するケースはほとんどなく、雨の日に塗れずに調整・格納・復帰できることぐらいしかメリットとして思い浮かびませんね。 オート電動格納式リモコン:66,000〜127,600円【一部グレードはセットでメーカーオプション】 オプションおすすめ度: 5 電動格納式リモコンと同様の機能を持ち、さらにドアの施錠・解錠に連動してドアミラーが格納・復帰する機能を持ちます。 乗り降りの際に、スイッチ操作の手間が省けて便利です。 レジャーなどでコンセントが見当たらずに困ることはありませんし、エンジンを切っていても使えるので非常時のいざというときに使えるかもしれません。 価格は決して安くないのが欠点です。 充電用USB端子 充電用のUSB端子が標準装備となります。 スマホなどが充電できるので、かなり利便性は良いです。 スマートエントリー&スタートシステム:26,400円【他とメーカーセットオプション】 オプションおすすめ度: 5 スマートキーをポケットやバッグに携帯していれば、キーを取り出すことなくドアハンドルを軽く握るだけで解錠、ドアハンドルのセンサーに触れるだけでドアを施錠します。 エンジン始動はブレーキを踏みながらスイッチを押すだけです。 車の購入を考えているかたにおすすめの車ブログ(ブロガーさん)を紹介します。 車の所有数がハンパなく多く、コレクションを楽しんでおられます。 クルマの記事だけではなく、ご自身の晩御飯のメニューについてもアップしています。 メニューがとても豊富なので、いつかはお伺いしたいですね。 ランキング系の記事は、内容がすっきりとまとまっており、とても読みやすい印象。 ツイッターではたま〜に家族愛の溢れるツイートが流れてきます。 話題のクルマはもちろん、コンパクトカーから特大サイズのクルマまで試乗されています。 あらゆる角度から撮影した写真が多数にアップされており、クルマの表情を見ることができます。 ちなみに、この方のテスラXの記事に紹介されているドアの開き方にびっくりさせられました。 洗車グッズやコーティング剤、社外品のドラレコなどの紹介が多数あるので、車グッズで「どれを使ったらよいかわからない」というかたは参考にしてください。 アーカイブ• この記事を書いた人.

次の

カローラツーリングの便利機能一覧!【機能&便利オプションをエンジニアが解説】

カローラ ツーリング ナビ

ECOモードは燃費が上がるように思えますが、いつまでも低車速で走っていると、「ぜんぜん燃費伸びないじゃん!!」っていうことになってしまいがちなので、ノーマルモードでササッと車速を上げる方が燃費は良かったりします。 SPORTモードは非常に元気の良い加速をしてくれますので、車速オーバーには気を付けて下さいね。 EVドライブモードスイッチ(ハイブリッド) EVドライブモードスイッチを押すことでモーターだけで走ることができます。 EVドライブモード解除方法については下記のような状態で解除され、エンジンとモーターで走行します。 再びEVドライブモードを押して解除• バッテリーの充電残量の低下で自動解除• 一定車速がでたら自動解除• 5 レーンディパーチャー アラート 標準 標準 — レーダークルーズ コントロール (全車速追従機能付) 標準 標準 標準 標準 標準 メーカー 3. 警報ブザーとマルチインフォメーションディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせてくれます。 ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートしてくれるという機能です。 ロングドライブや高速道路の疲労軽減に良い機能ですが、自動で車速が変わるので慣れないうちは恐ろしいですね。 かといって、この機能があること前提で車を選ぶ方もいるようです。 使いこなせていて素晴らしいですよね!! ちなみに、全車追従機能付とブレーキ制御付は下記のように違います。 ロードサインアシスト 標識見落とし知らず! 「最高速度」「はみ出し通行禁止」「車両進入禁止」「一時停止」などの道路標識をカメラで認識して、マルチインフォメーションディスプレイ上表示してくれます。 車庫入れや駐車場からの発進時などの際、入れ間違えたシフトレバーにより意図せぬ方向へ進みびっくりしてしまうケースが無きにしも非ず。 その際にアクセルとブレーキを間違えて踏んでしまうと大変なことになってしまいますね。 それを防止・軽減してくれるのがこの機能で、進行方向に静止物があれば作動します。 ブラインドスポットモニター【セットでメーカーオプション】 車線変更もお手のもの! オプションおすすめ度: 3 斜め後方のドアミラーで確認しにくい死角や、急接近してくる車両を検知して、ミラー内側のLEDインジケーターを点灯してくれます。 接近する車に気づかずウインカー操作をするとLEDインジケーターが点滅して知らせてくれる機能です。 リアクロストラフィックオートブレーキ(CVT・HYBRID)、リアクロストラフィックアラート(MT)【セットでメーカーオプション】 オプションおすすめ度: 3 駐車場から後退する際などに役立つ機能です。 自車の左右後方から接近してくる車両をレーダーで検知し、ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーによりドライバーに注意喚起してくれます。 MTはアラート警告のみになります。 カローラツーリングにはこれまでのナビを取り付けることができず、かわりにナビキットを装着してディスプレイに映し出す仕様になっています。 5 ステアリング ヒーター メーカー メーカー メーカー メーカー メーカー 2. 5 電動格納式 リモコン 標準 標準 — オート電動格納式 リモコン 標準 標準 メーカー 標準 標準 メーカー 標準 5 アクセサリー コンセント メーカー メーカー メーカー 2. 5 充電用USB端子 標準 標準 標準 標準 標準 標準 標準 — スマートエントリー& スタートシステム 標準 標準 メーカー 標準 標準 メーカー 標準 5 おくだけ充電 メーカー メーカー メーカー 1 レインクリアリング ブルーミラー 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 2. 5 サイドバイザー 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 3 フロアマット 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 3 電子インナー ミラー 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 3. 5 リモートスタート 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 販売店 1. 5 シートヒーター(運転席・助手席):27,500円【他とセットでメーカーオプション】 オプションおすすめ度: 3. 5 運転席と助手席のシートを温めてくれる機能です。 これがあれば指先が冷えることなく快適にハンドルを握ることができますね。 電動格納式リモコン 電動格納式リモコンは車内のスイッチでドアミラーの角度調節、ドアミラーの格納・復帰ができるシステムです。 車内でドアミラーを操作するケースはほとんどなく、雨の日に塗れずに調整・格納・復帰できることぐらいしかメリットとして思い浮かびませんね。 オート電動格納式リモコン:66,000〜127,600円【一部グレードはセットでメーカーオプション】 オプションおすすめ度: 5 電動格納式リモコンと同様の機能を持ち、さらにドアの施錠・解錠に連動してドアミラーが格納・復帰する機能を持ちます。 乗り降りの際に、スイッチ操作の手間が省けて便利です。 レジャーなどでコンセントが見当たらずに困ることはありませんし、エンジンを切っていても使えるので非常時のいざというときに使えるかもしれません。 価格は決して安くないのが欠点です。 充電用USB端子 充電用のUSB端子が標準装備となります。 スマホなどが充電できるので、かなり利便性は良いです。 スマートエントリー&スタートシステム:26,400円【他とメーカーセットオプション】 オプションおすすめ度: 5 スマートキーをポケットやバッグに携帯していれば、キーを取り出すことなくドアハンドルを軽く握るだけで解錠、ドアハンドルのセンサーに触れるだけでドアを施錠します。 エンジン始動はブレーキを踏みながらスイッチを押すだけです。 車の購入を考えているかたにおすすめの車ブログ(ブロガーさん)を紹介します。 車の所有数がハンパなく多く、コレクションを楽しんでおられます。 クルマの記事だけではなく、ご自身の晩御飯のメニューについてもアップしています。 メニューがとても豊富なので、いつかはお伺いしたいですね。 ランキング系の記事は、内容がすっきりとまとまっており、とても読みやすい印象。 ツイッターではたま〜に家族愛の溢れるツイートが流れてきます。 話題のクルマはもちろん、コンパクトカーから特大サイズのクルマまで試乗されています。 あらゆる角度から撮影した写真が多数にアップされており、クルマの表情を見ることができます。 ちなみに、この方のテスラXの記事に紹介されているドアの開き方にびっくりさせられました。 洗車グッズやコーティング剤、社外品のドラレコなどの紹介が多数あるので、車グッズで「どれを使ったらよいかわからない」というかたは参考にしてください。 アーカイブ• この記事を書いた人.

次の