そう か の 姫。 志尊淳&“金魚姫”~人間以外になるなら強そうな鳥がいいです(笑)~

真姫「そうね…どちらかといえば姉が欲しいわ」

そう か の 姫

というわけで 「そうだ アニメ,見よう」第88回のタイトルは,7月にスタートしたシリーズ第5期 「戦姫絶唱シンフォギアXV」。 アニメーション制作は サテライト,シリーズ構成は 金子彰史氏,監督は 小野勝巳氏と,これまでのシリーズを手がけたスタッフが顔を揃えている。 「戦姫絶唱シンフォギアXV」 物語の舞台は,近未来の日本。 女子中学生の 立花 響(CV:悠木 碧)は, 天羽 奏(CV:高山みなみ)と風鳴 翼(CV:水樹奈々)による人気ボーカルユニット「ツヴァイウィング」のライブの最中に,特異災害ノイズに襲われる。 2年後,翼が通う「私立リディアン音楽院」へ親友の 小日向未来(CV:井口裕香)と共に進学した響は,再びノイズの襲撃を受ける。 体内にあるギアの欠片で変身できたと知った響は,特異災害対策機動部二課へ所属し,奏に代わって戦う道を選ぶのだった。 その後,「イチイバル」の装者・ 雪音クリス(CV:高垣彩陽)を仲間に加えた響らは,月を破壊しようとする超先史文明期の巫女 フィーネ(CV:沢城みゆき)の野望を食い止めることに成功。 ナスターシャ教授らが引き起こした「フロンティア事変」を解決し,新たに 月読 調(CV:南條愛乃)と 暁 切歌(CV:茅野愛衣),そして マリア・カデンツァヴナ・イヴ(CV:日笠陽子)と行動を共にすることになる。 ノイズの脅威が去り,二課は国連直轄下の 機動部隊「S. 」として再編されることになった。 」の一員となった響達は,世界を分解しようとする錬金術師 キャロル(CV:水瀬いのり)と自動人形(オートスコアラー)の計画を食い止め,これまで歴史の影で暗躍していた錬金術師達の組織「パヴァリア光明結社」と激突,これを壊滅するのだった。 とここまでが,前作までのざっくりとしたあらすじで,今回は「パヴァリア光明結社」の残党 「ノーブルレッド」の3人(ヴァネッサ,ミラアルク,エルザ)が敵として登場。 結社を退けたはずの響ら「S. 」は,南極に出現した棺とその中身である「シェム・ハの腕輪」を巡り,彼女らと激しい死闘を繰り広げることになるのだ。 1,2期で大体のシリーズがストップしてしまう昨今のアニメ業界では,異例のロングヒットとなっているわけだが,その人気の秘密はどこにあるのだろうか。 本作は,音楽クリエイターの 上松範康氏と,「ワイルドアームズ」を手がけたゲームクリエイターの金子氏がタッグを組んで 「すべての中心に音楽が据えられた作品を作りたい!」というコンセプトの元に出発した企画だという。 劇中歌もキャラクターの挙動に合わせて, 毎回アフレコで録り下ろしているというこだわりぶりだ。 シリーズごとに変わる変身バンクも見どころのひとつ 例えば,普段は銃のアームドギアを使用するクリスは,銃をガトリングガンや巨大なミサイルに変形させて攻撃するといった具合だ。 この必殺技も技の名前とカットインが挿入され,ハデなことこの上ない。 予想も付かない姿に変形するアームドギア。 これは調と歌の合体攻撃 今回も,前作の敵であったサンジェルマンら錬金術師の力と,シンフォギアの力を融合させた新たな力 「アマルガム」で,ノーブルレッドに対抗している。 金色に輝くギアをまとった装者達に注目してほしい。 月の破壊や世界の崩壊など,世界規模の事件に対し,数人のヒロイン達が立ち向かうという図式は,こちらの胸を熱くしてくれる。 そこへ,友人との仲違いや,家出していた父親との再会など,彼女達が 等身大の少女であることを思い出させるエピソードがスパイスとなり,ストーリーを盛り上げているのだ。 翼の祖父・ 風鳴訃堂(CV:麦人)の暗躍や,再び巻き込まれてしまった未来の動向,思いがけない敵(?)の復活など,「XV」のストーリー展開もなかなか熱い。 果たして響ら「S. 」の運命は? 「戦姫絶唱シンフォギアXV」PV 歌とアクション,そして熱いストーリー展開がファンを魅了してやまない「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズ。 本作でもその勢いは衰えず,気合の入ったアクションシーンを見る限り, これまでにも増してパワーアップしている。 いよいよ佳境を迎える「戦姫絶唱シンフォギアXV」がどのような結末を迎えるのか,最後まで見逃せない作品となりそうだ。 なお,本作をもっと堪能したいという人向けに,公式ページ()では スタッフ&キャスト陣によりリレー連載が掲載されている。 響役の悠木 碧さんをはじめ,監督の小野氏のインタビューなども収録されているので,本作が気になる人はチェックしてみよう。

次の

志尊淳&“金魚姫”~人間以外になるなら強そうな鳥がいいです(笑)~

そう か の 姫

Suggested by Rock Mobile Corporation• Song• 左手指月 電視劇《香蜜沉沉燼如霜》片尾曲• Artist• 薩頂頂• Album• 香蜜沉沉燼如霜電視原聲專輯• Licensed to YouTube by• Rock Mobile Corporation on behalf of 北京智慧大狗文化傳媒有限公司 ; LatinAutor• Song• 不染 電視劇《香蜜沉沉燼如霜》主題曲• Artist• 毛不易• Album• 香蜜沉沉燼如霜電視原聲專輯• Licensed to YouTube by• Rock Mobile Corporation on behalf of 北京智慧大狗文化傳媒有限公司 ; LatinAutor, LatinAutor - PeerMusic, and 1 Music Rights Societies Show more Show less.

次の

ヒメオドリコソウ

そう か の 姫

目 次• その娘である 「ゆう姫(ゆうき)」さんが1月30日放送された 『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』に出演されましたね。 バラエティー初登場ということに加え、松田優作さんの娘?!!と放送前から 注目度が高かった番組なんですが…… いざ、番組を見てみると ゆう姫の態度にあまり好感が持てなかったという意見が 殺到!! その噂はあっという間に拡散されて、今では 「ゆう姫は性格が悪い女」として知れ渡ってしまってといった状況のようです。 また、 母である松田美由紀さんの 教育が甘々だったのではないかという噂まで出てきてしまっているようなんですよね。 出典: ゆう姫さんが1歳くらい時には、お亡くなりになられていましたので、 ゆう姫さん自身松田優作さんの記憶はほとんどないそうです。 ただ、父である優作さんの映画やドラマなどは沢山見られたそうですよ。 そして 母である松田美由紀さんですね。 出典: そして、そして、今をときめく大人気俳優のお兄さんお二人!! まずは、 一番上のお兄さんである、松田龍平さん。 出典: 筆者は、龍平さん大好きです。 特に探偵はBARにいるときの龍平さんカッコイイですよね~~ 2番目のお兄さんである、松田翔太さん。 出典: そして忘れてはならないのが、 翔太さんの奥様である秋元梢さん。 義姉ってことになりますね。 出典: いやぁー、こうやって見ていくだけでも、 豪華なお顔ぶれがズラリと並んでいますね。 中学を卒業すると同時に カナダへの留学を決意され、 ナナイモという場所に留学されたそうです。 出典: ナナイモは、 カナダ・ブリティッシュコロンビア州バンクーバー島東岸に位置する場所にあるようです。 どうやらバンクーバーの 本土からフェリーで2時間程度といった場所のようですね。 留学を決めた時には、 まだ英語を話すことが出来なかったらしく、留学して一か月くらいで、なんとなく言ってる意味を理解し始めたとテレビでは語っておられました。 ナナイモでの留学期間が終了すると、 いったん日本へと帰国し、今度は アメリカのピッツバーグに留学し、アートスクールに通われていたそうですよ。 またその 留学先を選ぶ時の決め方が 男前でした。 大学の名前がズラリと記載されている辞書を使い、 パッと開いた場所に記されていた場所がピッツバーグだったということで、そこに留学を決めたんだそうです。 なんと、大胆な決め方でしょう!! 海外で育ったわけではないですが、長い期間海外で過ごされていたこともあり、 英語はペラペラなんだそうです。 ま、そりゃそうですよね。 またテレビでは母である松田美由紀さんの甘々エピソードを紹介されていましたよ。 出典: 人数は 大体30人程度だったらしいですが、それが普通に全員呼べるくらいのお家ってことですよね。 広そうですね~~ また、 クラス全員呼ぶのは美由紀さんの教育方針の一つのようで、 呼ばれた子と呼ばれてない子を作ってはいけないとのことで、全員を招待することにしたそうです。 考え方がお優しい方ですよね。 ですが、30人をおもてなしするって結構大変そう……なイメージがあります。 しかも子供ですからね…… 30人も集まったら、えらいことになってしまいそうですが……。 また、 美由紀さんが考案した 「トントンゲーム」というのを幼少期やっていたそうです。 これにもまた美由紀さんのこだわりがあって、 叩かれていない子の元にゆう姫さんを行かせて、肩をトントンとさせていたそうです。 叩かれていない子がいるのは良くない!!という想いからなのでしょうが、全員トントンされたら、もはやコレなんのゲームなのか分からない感じになるような気もしてしまいますが。 不公平なことがないように、誰にでも平等にという美由紀さんの教育方針が、しっかりとこのゲームで表れていますよね。 また、誕生日会の日には豪華な料理がズラリと並ぶのかなと思ったら、 カレーだったんだそうです。 ここにもまた美由紀さんの教育方針が表れていますよね。 豪華な料理じゃなく、みんなで一緒に食べられる料理を提供するということですね。 「豪華な食事だ~」っていう感じではなく、 普通のどこの家庭でも食べるカレーを選んだあたりに美由紀さんの優しさがうかがえますね。 ま、単純に大人数だから楽ちんだった、というのもアリそうですけどね。 思いやりを持って、損する人が出ないように気配り、目配りをし、人には平等に接するということなのだと思います。 それを 甘々ゲームなどを通じて、教育されていたのではないでしょうか。 また、松田家はとても 仲良い家庭としても有名なので、しっかりとコミュニケーションをとって、親子の会話をしてらっしゃるようですね。 翔太さんなんかは、久しぶりに美由紀さんに会うと、 人前だろうが歩道だろうが、構わずハグをされるそうですし、龍平さんも美由紀さんとのお喋りは大好きだと公言していることもあるので、 家族はすごく仲がいいと思われます。 特に翔太さんはこまめに美由紀さんとメールなどで会話してコミュニケーションをとっているそうなので、ゆう姫さんもお兄さん達同様、美由紀さんとしっかりと 親子のコミュニケーションをとられているんだと思います。 なんというホッコリ家族図。 そんな暖かい家庭で過ごしてきたゆう姫さんなのですが、 『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』に出演した際、 コメントの受け答えがタメ口だったこともあり、 批判を集めてしまったんですよね。 一体どのようなタメ口を発していたのでしょうか? ちょうど、番組の画像があったのでそれを参考に見ていってみましょう。 出典: 出典: 出典: 徳井さんのフリに相づちをした時には、 普通に 「そう、そう、そう」と淡々と低いテンションで話されていました。 これも結構印象に残った方が多かったのではないでしょうか。 出典: MCの質問に被せるようにすぐに 「楽しくないよ」とバッサリ否定した時には、もう既にツイッターなどでは、ゆう姫さんの態度に対してのツイートで炎上していましたね……。 出典: 画像を並べてみるだけでも、タメ口度は伝わると思いますが、 終始タメ口だったというわけではなく、ところどころ受け答えがタメ口になっていたと印象でした。 ですが、確かにあまり感じがいいとは言えず、そこだけがクローズアップされている感じではあるのかなと思います。 あまりにも受け答えがタメ口すぎて、徳井さんがスタジオの空気を察したのか…… 出典: 「恐らくですけど(僕は)ナメられている」と発言する場面もありました。 ですが、この徳井さんの 自虐コメントのおかげで、スタジオは明るさを取り戻したので、さすが徳井さんといった感じですね。 こういったやりとりを見ていた視聴者の方々は、総合的に見てもゆう姫さんに、 あまりいい印象を抱かなかったっていう事ですね。 では、具体的にみなさんがどんな反応だったのか、まとめていってみましょう。 親が強かったらこんなタメ口でもいいのか。 — ねちこ nechiren 親が偉大が知らんけど ゆう姫何でタメ口なん? イライラするな — Red 9 O0c8u6i6QTinbrD ゆう姫、感じ悪いと思ったら松田翔太の妹さんか。 松田ゆう姫ちゃん、サバサバしててマイペースな喋り方で好きだったけどな〜〜あの程度のタメ口で叩く日本人の心のせまさよ。 筆者も番組を見ていたのですが、確かにタメ口は 「いきなりタメ口入った!」とは思いましたが、 全部が全部タメ口だったわけでもないので、そこまで酷い印象は持たなかったです。 ですが、 やっぱり初対面で年上の方に対して、タメ口なのは受け入れ難いということなのでしょうね。 性格は龍平さんみたいでステキな方だなって。 — 卵生サイボーグ noenjoywwoo 確かに、言われてみると 少しマイペースなしゃべり方で独特の世界観をお持ちの方なのかなって印象ありますよね。 ゆう姫ちゃん好評かな?と思って検索したら炎上してる!! うーん、私はあのサバサバした感じめちゃくちゃ好きなんだけどなぁ。 バラエティー初登場で緊張してしまい、つい本音で受け答えしちゃうから、タメ口がポロっと出ちゃう感じなのかもしれませんね。 あとバンドをされており、 ミュージシャンということもあり、個性的でオシャレですよね。 またインスタなどを見ると、文章などもとても丁寧なので、本当はとても礼儀正しい方なのかもしれません。 上記で少しバンドをされている事に触れてきましたが、一体どのようなバンドで活躍されているかも気になるところですよね。 2012年に結成され、2013年にデビューされたバンドのようですね。 ゆう姫さんは ボーカルを担当されており、作詞作曲もされるそうです。 凄く 独特な世界観を創り出している音楽ですね。 そう思うと、 松田家はとても個性的な方が多いような気がしますね。 龍平さんもかなり独特な雰囲気を醸し出していますし、翔太さんも服装とかオシャレで個性的ですもんね。 この事件が起きたのが、2007年とのこと。 となると、今から約10年くらい前のお話になるようですね。 でも、10年前といってもお二人とも成人されているような年齢ですよね? そう考えると本当に……、喧嘩の理由にビックリですね。 初めは 二人ともただの口論だったようなのですが、 徐々にエスカレートしていってしまい、 翔太さんがゆう姫さんを少し強めに突き飛ばしてしまって、その衝撃で飛ばされたゆう姫さんが、頭をぶつけて 軽度の脳震盪を起こしてしまったそうなんです。 二人の喧嘩を 美由紀さんが止めに入っているのかと思いきや、なんとその喧嘩に 美由紀さん自身も参戦してしまっており、倒れているゆう姫さんを見て、 慌てて電話したのが何故か 110番。 本当は救急車を呼ぼうとしていたそうなんですが、 「119」ではなく「110」にかけてしまったというわけですね。 そんな背景があり 「兄妹」の喧嘩が「警察沙汰」と言われているしまっているというわけのようですね。 にしても、かなりド派手な兄妹喧嘩ですよね。 理由は夕飯の献立が原因……ですけど。 お兄さん二人が俳優さんなので、ゆう姫さんもそっちの道を目指されるのかと思ったら、 音楽家としてデビューし、才能を開花されていたんですね。 にしても、イケメンに囲まれて生活していたというのは羨ましい限りです。 また、今くらに出演した際に タメ口を連発し、世間からあまり好感をもらえなかったゆう姫さんですが、松田優作さんの娘という大きなレッテルがあっての、あの態度だったので印象が予想以上に悪くなってしまったのではないかなと思います。 松田優作の娘がタメ口ですって?!!みたいな。 反響が大きかったということは、それだけ期待度が高かったことの証明でもありますしね。 どちらにせよ、 知名度はググーンと上がったわけですし、これからの活躍に期待していきましょう。 そして、夕飯のおかずは譲り合いを。

次の