やみ即。 七つの大罪 ~光と闇の交戦~(ひかりとやみのグランドクロス):リリース直前!徹底解剖SP!

生活を煩わす「煩悩」

やみ即

除夜の鐘は108煩悩を断滅できませぬ 「煩悩」とは、私達の身心に一生涯付きまとう煩わしいものであり、生活の中で共に付き合っているわけです。 私達の心を思い煩わせ悩ませる存在が「煩悩」です。 御本尊様に御題目を唱えれば、「煩悩」が薪となって私達の生活を明るく照らします。 『御義口伝』に、 「今等の類(たぐい)南無と唱へ奉るは生死の闇を晴らして涅槃の智火明了(みょうりょう)なり。 生死即涅槃と開覚するを「照は則ち闇(やみ)生ぜず」と云ふなり。 煩悩の薪(たきぎ)を焼いて菩提の慧火(えか)現前(げんぜん)するなり。 煩悩即菩提と開覚するを『焼は則ち物生ぜす』とは云ふなり。 爰を以て之を案ずるに、陳如(じんにょ)は我等の行者の煩悩即菩提・生死即涅槃を顕はしたり云云」(御書1721) と仰せの如く、煩悩の扱い方次第で悟りが開かれるのであります。 「煩悩」という意味は、の心身をわずらわし悩ませる一切の妄念。 貪・瞋・癡・慢・疑・見を根本としますが、その種類は多く、「百八煩悩」「八万四千の煩悩」などといわれています。 「八万四千の聖教」という言葉がありますが、が説かれた経典の全てであり、一つ一つの煩悩について全て解決方法を説かれたものです。 その究極の教えが「南無」であります。 「煩悩」に身心が害されると、気持ちが平常心を失い、冷静さがなくなり、落ち着きもなくなります。 ある縁によって「煩悩」は生まれます。 またその縁と自分自身が持ち合わせている、考えや思想によって「煩悩」は生まれます。 故に性格的な「好き嫌い」などの感情に大きな原因があります。 この感情を完全に無くせば問題はありませんが、実際問題そう言うわけにはまいりません。 世の中の人は、この「煩悩」の扱い方に迷い振り回されていると言っても過言ではありません。 の信心は「煩悩」をよりよい方向に、生活が快適になるよう取り扱っていくものです。 人間が苦しむ原因は「煩悩」があるからです。 「煩悩」は残念ながら完全に無くすことが出来ません。 「煩悩」を完全になくしてしまえば、この身を殺し死ななければなりません。 これでは小乗教の灰身滅智になってしまいます。 大乗教であるの考えは、完全に滅するのではなく、正しい「煩悩」の取り扱い方法が説かれているわけです。 世の中には使い方一つで良くも悪くもなる事柄が多くあります。 「煩悩」もこの理屈と同じように、悪く考えるから「煩悩」として存在するのであり、良い方向性に考えを向けることで「煩悩」という存在が「菩提」に変わってしまうのであります。 それが大聖人が説かれる教え「煩悩即菩提」という考え方です。 「煩悩」をよく火に譬えられますが、火も扱い方次第で生活を快適にしますし、一歩間違えると、火事を引き起こし生活を全て失う可能性を持っています。 「煩悩」もこの理屈と同じです。 御本尊様に向かって御題目を唱えるところに「煩悩」の正しい扱いと生活を快適にする方法が見出せるのであります。 勤行唱題は、「煩悩」という心に燃え盛る火を、御本尊様からを頂いて大事に至らないよう解決させて頂き、「煩悩」をもって生活を楽しくし幸せにします。 日蓮正宗信徒のポリ銀と申します。 創価学会の家に生まれて、19歳まで創価学会員でした。 高校三年生の時に、池田大作の「11. 16スピーチ」を地元の会館で観まして、創価学会に大きな疑問を持ちました。 20歳の時、創価学会を脱会。 父の勧めで顕正会に入会。 浅井昭衛の国立戒壇論に心酔し18年、38歳の時には罰で心身ともに疲弊しきってしまっていました。 自殺願望が募り、毎日のように「死にたい」と口にするようになる中、ネットで元顕正会員のサイトで顕正会の嘘を知り、日蓮正宗のお寺を訪問しました。 御僧侶の御話を聴き、説得されまして再入信させていただいたのが、2010年。 今年(2020年)は、再入信して満10年の節目となります。 10年間、罪障消滅の苦しみと向き合いながら、一歩ずつ自分の人生を良い方向に導いていただきました。 日蓮正宗に戻れて良かったと、思う人生にたどり着いた状態です。 どうか、一人でも多くの創価学会員・顕正会員が日蓮正宗に戻り、人生の立て直しができますように。 その思いでブログを書いています。 連絡先:porigin yahoo.

次の

七つの大罪 ~光と闇の交戦~(ひかりとやみのグランドクロス):リリース直前!徹底解剖SP!

やみ即

ぁやみ 即愛から同じメールが他にも多数の協力者にも届いてます。 Liveのサクラであることは間違いありません。 Liveに登録されると自動でメールが送られる仕組みになっています。 セフレなんて言ってますが、気を引くためのサクラのウソです。 エリアに関係なく登録されると誰にでも届くサクラのお誘いメールです。 逆援助やセフレなど気を引くようなウソを言ってくるサクラが Liveには多数います。 信じて利用したところでサクラですので被害に遭うだけで会えません。 被害に遭わないためにも、 Liveをやめるきっかけにしてください。 悪徳出会い系のサクラに騙されて200万以上も無駄にしました。 同じ失敗をしないでください。 サクラを使っている時点で、利用者を騙していることに間違いありません。 出会い系で出会いたいならサクラがいる出会い系は使っちゃダメです!! あなたを騙そうとサクラを使っているのに出会えると信用できますか? サクラ以外もいるかもしれないと思えば被害を大きくします。

次の

まやみのプロフィール|新宿・新大久保発|即尺ビューティーガール

やみ即

除夜の鐘は108煩悩を断滅できませぬ 「煩悩」とは、私達の身心に一生涯付きまとう煩わしいものであり、生活の中で共に付き合っているわけです。 私達の心を思い煩わせ悩ませる存在が「煩悩」です。 御本尊様に御題目を唱えれば、「煩悩」が薪となって私達の生活を明るく照らします。 『御義口伝』に、 「今等の類(たぐい)南無と唱へ奉るは生死の闇を晴らして涅槃の智火明了(みょうりょう)なり。 生死即涅槃と開覚するを「照は則ち闇(やみ)生ぜず」と云ふなり。 煩悩の薪(たきぎ)を焼いて菩提の慧火(えか)現前(げんぜん)するなり。 煩悩即菩提と開覚するを『焼は則ち物生ぜす』とは云ふなり。 爰を以て之を案ずるに、陳如(じんにょ)は我等の行者の煩悩即菩提・生死即涅槃を顕はしたり云云」(御書1721) と仰せの如く、煩悩の扱い方次第で悟りが開かれるのであります。 「煩悩」という意味は、の心身をわずらわし悩ませる一切の妄念。 貪・瞋・癡・慢・疑・見を根本としますが、その種類は多く、「百八煩悩」「八万四千の煩悩」などといわれています。 「八万四千の聖教」という言葉がありますが、が説かれた経典の全てであり、一つ一つの煩悩について全て解決方法を説かれたものです。 その究極の教えが「南無」であります。 「煩悩」に身心が害されると、気持ちが平常心を失い、冷静さがなくなり、落ち着きもなくなります。 ある縁によって「煩悩」は生まれます。 またその縁と自分自身が持ち合わせている、考えや思想によって「煩悩」は生まれます。 故に性格的な「好き嫌い」などの感情に大きな原因があります。 この感情を完全に無くせば問題はありませんが、実際問題そう言うわけにはまいりません。 世の中の人は、この「煩悩」の扱い方に迷い振り回されていると言っても過言ではありません。 の信心は「煩悩」をよりよい方向に、生活が快適になるよう取り扱っていくものです。 人間が苦しむ原因は「煩悩」があるからです。 「煩悩」は残念ながら完全に無くすことが出来ません。 「煩悩」を完全になくしてしまえば、この身を殺し死ななければなりません。 これでは小乗教の灰身滅智になってしまいます。 大乗教であるの考えは、完全に滅するのではなく、正しい「煩悩」の取り扱い方法が説かれているわけです。 世の中には使い方一つで良くも悪くもなる事柄が多くあります。 「煩悩」もこの理屈と同じように、悪く考えるから「煩悩」として存在するのであり、良い方向性に考えを向けることで「煩悩」という存在が「菩提」に変わってしまうのであります。 それが大聖人が説かれる教え「煩悩即菩提」という考え方です。 「煩悩」をよく火に譬えられますが、火も扱い方次第で生活を快適にしますし、一歩間違えると、火事を引き起こし生活を全て失う可能性を持っています。 「煩悩」もこの理屈と同じです。 御本尊様に向かって御題目を唱えるところに「煩悩」の正しい扱いと生活を快適にする方法が見出せるのであります。 勤行唱題は、「煩悩」という心に燃え盛る火を、御本尊様からを頂いて大事に至らないよう解決させて頂き、「煩悩」をもって生活を楽しくし幸せにします。 日蓮正宗信徒のポリ銀と申します。 創価学会の家に生まれて、19歳まで創価学会員でした。 高校三年生の時に、池田大作の「11. 16スピーチ」を地元の会館で観まして、創価学会に大きな疑問を持ちました。 20歳の時、創価学会を脱会。 父の勧めで顕正会に入会。 浅井昭衛の国立戒壇論に心酔し18年、38歳の時には罰で心身ともに疲弊しきってしまっていました。 自殺願望が募り、毎日のように「死にたい」と口にするようになる中、ネットで元顕正会員のサイトで顕正会の嘘を知り、日蓮正宗のお寺を訪問しました。 御僧侶の御話を聴き、説得されまして再入信させていただいたのが、2010年。 今年(2020年)は、再入信して満10年の節目となります。 10年間、罪障消滅の苦しみと向き合いながら、一歩ずつ自分の人生を良い方向に導いていただきました。 日蓮正宗に戻れて良かったと、思う人生にたどり着いた状態です。 どうか、一人でも多くの創価学会員・顕正会員が日蓮正宗に戻り、人生の立て直しができますように。 その思いでブログを書いています。 連絡先:porigin yahoo.

次の