地下鉄 7 号線。 立花代表、内舘、室井、堀之内が埼玉県庁とさいたま市役所を訪問、「地下鉄7号線延伸」および「埼玉スタジアム駅等の設置」の要望書と請願署名を提出

地下鉄8号線(有楽町線)の延伸(豊洲~住吉)|江東区

地下鉄 7 号線

清水市長は09年に定めたマニフェスト(政権公約)「しあわせ倍増プラン2009」の中で、12年度末までの事業着手を目標に掲げた。 だが市と埼玉県がつくった第三者委員会が今年3月にまとめた報告書で、採算性が厳しい現状にあることが判明。 延伸の方向性については12年度前半に明らかにするとしていた。 市は今後、現在の7号線の終点である浦和美園駅や、延伸後の終点になる岩槻駅周辺など沿線地域を対象に重点的にまちづくりを進める。 清水市長は「延伸の検討段階から、地域の成長・発展の実行段階に移行する」と強調。 併せて発表した「浦和美園~岩槻地域成長・発展プラン」で、延伸実現に向けて沿線開発の具体的な施策を実行する考えを示した。 同プランは12~20年度までを対象に、8分野で43項目の方策を挙げた。 このうち新規事業は4項目で、今後5年間で約6億円を投じる。 イベントの開催や快速バスの運行のほか、市長をトップにした全庁体制の組織や、県や国などとの連携組織を新たに発足させることなどを盛り込んだ。 進出を検討する企業向けの見学会を催すなど、情報発信を強化する「プロデュース戦略」も始める。 新たな事業着手の時期とした「おおむね5年後」の成長目標では、浦和美園地区の定住人口を4000人以上増やして倍増させることや、岩槻地区に観光機能拠点を整備し年間約7万人以上の交流人口を生み出すことなど、具体的な数値目標を挙げた。 延伸の事業化には、整備費用の3分の1を国が補助する「都市鉄道等利便増進法」の枠組みの利用が欠かせない。 今後5年間で同法の要件となる30年以内の累積黒字転換などのハードルを越えられるか。 さいたま市の実行力が問われる。

次の

さいたま市/地下鉄7号線(埼玉高速鉄道線)延伸協議会について

地下鉄 7 号線

スケジュール一覧 開催日 内容 平成30年 3月24日 土 【講演会】 平成29年度特別講演会を開催します。 さいたま市が将来都市像に掲げる今後のまちづくりと交通施策について、清水さいたま市長にお話を頂きます。 また、地下鉄7号線の延伸地域である岩槻地域にかつて存在した岩槻城とその城下町、陣屋や御殿等の地域資源を活かしたまちづくりについて、専門家にお話を頂きます。 ぜひ、お誘い合わせのうえ、ご参加ください。 平成30年 1月18日 木 【要望】 江田会長とさいたま商工会議所 佐伯会頭 連名にて、清水さいたま市長ならびに新藤さいたま市議会議長へ、地下鉄7号線延伸の早期事業化実現に関する要望書を提出。 平成30年 1月16日 火 【要望】 江田会長とさいたま商工会議所 佐伯会頭 連名にて、石井国土交通大臣、牧野国土交通副大臣、藤井鉄道局長へ、地下鉄7号線延伸の早期事業化実現に関する要望書を提出。 平成29年 11月25日 土 【乗車会】 地下鉄7号線乗車体験ツアーを開催します。 東京の絶景を一望できる六本木ヒルズや徳川将軍との縁の深いお寺・増上寺の徳川家霊廟特別拝観、銀座松坂屋跡地にオープンした大型商業施設GINZA SIXの見学、昼食はホテルのコース料理をお楽しみいただけます。 ぜひ、地下鉄7号線を利用し、都心に直結する利便性を体験し、延伸について一緒に考えてみませんか? 平成29年 5月29日 月 【総会・講演会】 さいたま市地下鉄7号線延伸事業化推進期成会の平成29年度総会並びに講演会を開催いたしました。 平成28年度の事業報告と決算報告に加え、延伸地域の関係機関とのさらなる連携強化による事業着手決断の促進を目標とした平成29年度予算・事業計画が承認され、当日は、国会議員・県議会議員・市議会議員のご来賓をはじめとする期成会会員や市民の皆様、企業など多数の皆様にご参加をいただきました。 平成29年 3月11日 土 【講演会】 衆議院議員 国土交通副大臣 田中良生氏による特別講演会を開催します。 地下鉄7号線を含め国土交通行政の基本的な考え方とまちづくりの展望等について、お話を頂きます。 また第2部では、さいたま市から東部地域のまちづくりの現状について、ご報告いただきます。 ぜひ、お誘い合わせのうえ、ご参加ください。 平成29年 1月10日 火 【要 望】 江田会長とさいたま商工会議所 佐伯会頭 連名にて、清水さいたま市長ならびに桶本さいたま市議会議長へ、地下鉄7号線延伸の早期事業化実現に関する要望書を提出。 平成28年 12月3日 土 ~4日 日 【イベント】 11月5日~20日まで開催の「学んで!遊ぶ!岩槻宝探しアドベンチャー!」の同時企画として、歴史ある岩槻の街並みを楽しみながら、太田家ゆかりの地をガイドと巡る昼食付きツアーを開催します。 【コース】 岩槻駅前~芳林寺~遷喬館~裏小路~時の鐘~諏訪神社~岩槻城址公園~知楽院~旧武州鉄道岩槻駅跡 平成28年 11月26日(土) 【乗車会】 地下鉄7号線乗車体験ツアーを開催します。 飛鳥山3つの博物館や世界文化遺産の登録が決定した国立西洋美術館の見学、活気と人情あふれる巣鴨地蔵通り商店街の散策、昼食には東京ドームホテルリラッサのブッフェがお楽しみいただけます。 ぜひ、地下鉄7号線を利用し、都心に直結する利便性を体験し、延伸について一緒に考えてみませんか? 平成28年 11月5日 土 ~20日 日 【イベント】 延伸地域である浦和美園~岩槻に市内外から多くの方々に訪れていただくことを目的に、延伸エリアである岩槻を周遊しながら、その歴史と文化が学べる「宝探しアドベンチャー」を開催します。 期間中は、イオンモール浦和美園店内及び岩槻WATSU内に特設イベントブースを設置し、謎解き冊子を配布。 謎解き冊子のヒントをたよりに岩槻に隠された3つの宝箱を探しだし、豪華景品があたる抽選会に参加しよう! 平成28年 6月8日 水 【総会・講演会】 さいたま市地下鉄7号線延伸事業化推進期成会の平成28年度総会並びに講演会を開催いたしました。 平成27年度の事業報告と決算報告、平成28年度予算・事業計画が承認され、当日は、国会議員・県議会議員・市議会議員のご来賓をはじめとする期成会会員や市民の皆様・企業など多数の皆様にご参加をいただきました。 平成27年 12月5日 土 【乗車会】 地下鉄7号線乗車体験ツアーを開催いたします。 西洋庭園と日本庭園が調和した都会のオアシスが散策できる旧古河庭園や江戸東京400年の歴史が学べる江戸東京博物館。 他にも東京ドームホテルリラッサのブッフェなどがお楽しみいただけます。 地下鉄7号線に乗って、都心に直結する利便性を体験し、延伸について一緒に考えてみませんか? 平成27年 5月29日 金 【総会・講演会】 「さいたま市地下鉄7号線延伸事業化推進期成会の平成27年度総会並びに講演会を開催いたしました。 平成26年度の事業報告と決算報告に加え、 13,000会員を目標とした平成27年度予算・事業計画が承認され、当日は、国会議員・県議会議員・市議会議員のご来賓をはじめとする期成会会員や市民の皆様、企業など多数の皆様にご参加いただきました。 小石川後楽園の紅葉や、東京ドームホテルのブッフェなどをお楽しみいただけます。 地下鉄7号線に乗って、都心に直結する利便性を体験&延伸について一緒に考えてみませんか? 平成26年 2月22日 土 ~ 3月16日 日 【イベント】 岩槻は室町時代から栄えた城下町。 日本一名高い人形の産地です。 人形のまち岩槻で「雛めぐり」を楽しみませんか? 平成25年 11月30日 土 【乗車会】 地下鉄7号線乗車体験ツアーを開催いたします。 六義園の紅葉や、東京スカイツリー展望台からの眺めなどをお楽しみいただけます。 地下鉄7号線に乗って、都心に直結する利便性を体験&延伸について一緒に考えてみませんか? 平成25年 11月3日 日 【イベント】 さいたま市区制10周年記念 城下町岩槻鷹狩り行列「歴史とグルメの岩槻街並み観光ツアー(ガイド・昼食付)」は、岩槻の歴史ある街並みをガイド付きで散策するツアーです。 また老舗料亭にてツアー特別御膳を満喫、同日に開催される城下町岩槻鷹狩り行列が見学できます。 拓けゆく岩槻南部と周辺の自然、旧武州鉄道の足跡に触れながら歴史を堪能できるウォーキングイベントです。 平成25年 2月23日 土 ~ 3月 3日 日 【観光ツアー】 東京・神奈川をはじめ県内外、市内等からも参加をいただき、人形づくりや和菓子づくりなどの工芸体験や老舗料亭での食の楽しみなど、岩槻を充分に満喫いただきます。 平成25年 2月16日 土 【乗車会】 日光御成街道の城下町・宿場町として栄えた「人形のまち岩槻」の歴史ある街並み散策・代々受け継がれる伝統工芸の華麗なる技を体験・老舗料亭の味を堪能することの出来るツアー特別御膳を楽しみませんか? 平成25年 2月6日 水 【講演会】 当期成会では、より多くの市民の皆様方に、地下鉄7号線延伸の必要性をご理解いただくことを目的に講演会を開催。 講師には、メディアでもお馴染みの、埼玉県ご出身で鉄道ジャーナリストの史絵.さんを講師に迎え、地下鉄7号線延伸による街の活性化・利便性の向上などについて分かりやすくご説明いただきます。

次の

スケジュール│さいたま市地下鉄7号線延伸事業化推進期成会

地下鉄 7 号線

更新日:2020年4月8日 地下鉄8号線 有楽町線 の延伸 豊洲~住吉 延伸構想の概要 東京8号線の豊洲以北への延伸は、国の都市交通審議会答申第15号 昭和47年 において初めて答申されました。 以来、江東区を始め、沿線自治体が中心となり実現に向けた検討を進めています。 江東区では、平成19年度から豊洲~住吉間に関する独自調査を進めており、平成22年度からは東京都や東京メトロなど、関係機関を交えた検討会を開催するとともに、建設基金の積立てを行うなど、近年、早期整備に向けた取り組みを加速させています。 東京8号線 豊洲~住吉間 は、区内の南北交通の利便性向上のみならず、東京区部東部や埼玉県南部、千葉県北西部から国際競争力強化の拠点に位置付けられている東京臨海部へのアクセス性向上、東京メトロ東西線などの混雑緩和など、大変高い整備効果が見込まれています。 今後も東京8号線 豊洲~住吉間 の早期整備に向け、関係機関と連携しながら検討を進めてまいります。 早期事業化に向けた江東区の取組み 国の交通政策審議会答申「東京圏における都市鉄道のあり方について」 平成28年4月 において、「国際競争力の強化に資する鉄道ネットワークのプロジェクト」と位置付けられ、「費用負担のあり方や事業主体の選定等について合意形成を進めるべき」とされたことを受け、「東京8号線 豊洲~住吉間 整備計画」を策定しました。 整備計画の詳細については、ページ下部の関連ドキュメント「平成28年度東京8号線 豊洲~住吉間 整備計画調査報告書」及び関連ページ「地下鉄8号線整備計画」をご覧ください。 地下鉄8号線 豊洲~住吉間 延伸計画調査 関係者との協議調整に向け、営業計画、建設計画、事業収支計画等、整備計画案を精査するとともに、沿線まちづくりに関する調査検討を行っています。 「東京8号線 豊洲~住吉間 延伸に関する懇談会」の開催 東京都、東京メトロなどの関係機関が参画する「東京8号線 豊洲~住吉間 延伸に関する懇談会」を開催し、東京8号線 豊洲~住吉間 整備に関する今後の検討のあり方や方向性について、多角的な意見交換を行っています。 地下鉄8号線建設基金の積立て 東京8号線 豊洲~住吉間 の早期整備に向けた積極姿勢を示し、関係機関との早期の合意形成を一層促進させるため、区は平成22年度より建設基金の積立てを行っています。 令和2年度も10億円を積立て、平成22年度からの基金累計額は80億円となります。 江東区民まつりでの広報 第37回江東区民まつり中央まつり 令和元年10月19日、20日 においてPRブースを出店しました。 多くの方にご来場いただき、沢山のご意見・ご質問をいただきました。 地下鉄8号線パネル展の開催 令和元年10月23日から11月29までの間、地下鉄8号線整備計画の概要や整備効果をまとめた「みんなで伸ばそう!地下鉄8号線~パネル展2019~」を以下のとおり開催し、多くの方にご来場いただきました。 展示場所 展示期間 区役所本庁舎2階区民ホール(東陽4-11-28) 10月23日(水曜日)~11月6日(水曜日) 小松橋出張所2階ホール(扇橋2-1-5) 11月7日(木曜日)~11月15日(金曜日) 豊洲シビックセンター11階区民広場(豊洲2-2-18) 11月18日(月曜日)~11月29日(金曜日) 東京8号線延伸の技術的検討に関する勉強会(令和2年1月~) 令和2年1月より、国土交通省、東京都、東京地下鉄株式会社が参画する「東京8号線延伸の技術的検討に関する勉強会」が開催されています。 詳細については、ページ最下部の関連ページより国土交通省及び東京都のホームページをご覧ください。 国の調査において改めて事業性が確認されました(令和元年5月) 平成30年5月、国土交通省鉄道局は「東京圏における国際競争力強化に資する鉄道ネットワークに関する検討会」を設置し、東京8号線(有楽町線)の延伸(豊洲~住吉)が調査対象路線に選定されました。 令和元年5月に調査結果が公表され、東京8号線(豊洲~住吉間)の整備効果や事業性が改めて確認されました。 詳細については、ページ最下部の関連ページより国土交通省のホームページをご覧下さい。 東京都が「東京メトロによる整備、運行が合理的」との考えを示しました(平成31年3月) 平成31年3月28日の江東区議会清掃港湾・臨海部対策特別委員会において、東京都は江東区に対して地下鉄8号線延伸のための事業スキーム概要を提示し、「都としては、東京メトロによる整備、運行が合理的」との考えを示したものの、事業スキームと言うには不十分であり、区の期待にはかなわない内容でした。 東京都は、「都内6路線のうち8号線延伸に一番力を入れて取り組んでおり、関係者との協議、調整を最大限加速し、進めていく。 」として、改めて事業化の実現に向けた都の決意を示しました。 本区としても、引き続き東京都との連携を密にし、早期事業着手に向けた取り組みを進めていきます。 東京都が鉄道整備に向けて基金を新設しました(平成30年4月) 平成30年4月、東京都は東京8号線 豊洲~住吉間 を含めた都内6路線にかかる事業などの財源として活用するため、「鉄道新線建設等準備基金」を新設しました。 令和2年度末残高見込み:約760億円 国の答申において「国際競争力の強化に資するプロジェクト」に位置付けられました(平成28年4月) 平成28年4月に公表された、国の交通政策審議会答申「東京圏における今後の都市鉄道のあり方について」において、東京8号線 豊洲~住吉間 は、「東京圏の都市鉄道が目指すべき姿」を実現する上で意義のあるプロジェクトの中でも、「国際競争力の強化に資する鉄道ネットワークのプロジェクト」と位置付けられました。 位置付け• 国際競争力の強化に資する鉄道ネットワークのプロジェクト 意義• 国際競争力強化の拠点である臨海副都心と都区部東部の観光拠点や東京圏東部・北部地域とのアクセス利便性の向上。 京葉線及び東西線の混雑の緩和。 事業計画の検討は進んでおり、事業化に向けて関係地方公共団体・鉄道事業者等において、費用負担のあり方や事業主体の選定等について合意形成を進めるべき。 早期実現に関する要望書を国土交通大臣に手渡しました(平成28年2月) 平成28年2月9日、江東区長、および江東区議会議長・副議長が、霞ヶ関の国土交通省を訪ね、「東京8号線延伸(豊洲-住吉)の早期実現に関する要望書」を国土交通大臣に手渡しました。 東京8号線延伸(豊洲-住吉)は、運輸政策審議会答申第18号(平成12年)において、「目標年次(平成27年)までに整備着手されることが適当である路線(A2路線)」とされていました。 要望書では、東京の都市機能の向上、国際競争力強化に欠かせない東京8号線延伸(豊洲-住吉)の早期実現に向けた支援、ならびに交通政策審議会の次期答申における明確な位置付けを求めました。 東京都から「整備について優先的に検討すべき路線」と位置付けられました(平成27年7月) 東京都が平成27年7月10日に発表した「広域交通ネットワーク計画について《交通政策審議会答申に向けた検討のまとめ》」において、東京8号線 豊洲~住吉 は「整備について優先的に検討すべき路線」とされました。 約40の構想路線のうち、整備について優先的に検討すべき路線とされたものは、東京8号線 豊洲~住吉 を含めわずか5路線であり、改めて本路線の整備効果の高さや意義・必要性が示されることとなりました。 位置付け• 整備について優先的に検討すべき路線 整備効果• 周辺の既存路線と結節することで、東京臨海地域から東京区部東部を南北方向につなぐネットワークが強化され、利便性が大きく向上する。 東武スカイツリーライン沿線の区部北部から埼玉県方面、都営新宿線や東京メトロ東西線沿線の区部東部から千葉県方面に時間短縮便益が大きく広がる。 今後の課題• 事業主体及び事業スキームについて、関係者間で十分な調整を行い、検討を深度化させる必要がある。 なお、本検討においては、加算運賃による利用者負担を前提としている。 よくあるご質問 東京8号線 豊洲~住吉間 はいつ開通するのですか 東京8号線 豊洲~住吉間 延伸は江東区単独で実現できるものではなく、東京都、営業主体と想定される東京メトロ等との合意形成を経て実現するものです。 よって、令和2年3月現在、具体的な開通時期は未定となっています。 なお、建設期間は概ね10年間と見込まれており、その他に都市計画決定、環境影響評価等の手続きや試運転等の期間が必要となります。 中間駅はどこにできるのですか 江東区の調査では、東京メトロ東西線との結節駅である東陽町のほか、駅徒歩10分圏外となっている鉄道交通不便地域解消のため、豊洲~東陽町間、東陽町~住吉間の概ね中間地点に各1駅の中間新駅を想定しています。 但し、地下鉄駅の整備には多額の費用を要するため、中間新駅が整備されると決まっているわけではありません。 なぜ実現に時間がかかっているのですか 東京8号線 豊洲~住吉間 は昭和47年に国の都市交通審議会答申第15号で初めて位置付けられ、昭和57年1月には営団 現東京メトロ から免許申請もなされましたが、国の認可が下りることなく、平成16年4月に営団が民営化されました。 営団民営化にあたり、東京メトロは副都心線を最後に新線建設を行わない方針を出したため、整備主体が不在となってしまいました。 その後、営業主体と整備主体を分離する「上下分離方式」の事業スキームが国内の新線整備において適用されるようになったため、東京8号線延伸においても、上下分離方式による整備の検討を始めましたが、営業主体、整備主体の決定や整備・営業面でのリスク分担、施設使用料の考え方など、多角的な検討が必要であり、事業化に向けた検討期間が長くなっていました。 平成31年3月、東京都は「東京メトロによる整備、運行が合理的」との考えを示し、令和2年1月より、国土交通省、東京都、東京地下鉄株式会社が参画する「東京8号線延伸の技術的検討に関する勉強会」が開催されています。 関連ドキュメント• 関連ページ•

次の