アジングリーダー。 アジング用エステルラインのリーダーはナイロンかフロロカーボンか?

アジング×リーダー【必要?いらない?】使う太さや長さを知っておこう!

アジングリーダー

アジングでおすすめなリーダーの結び方 アジングのメインラインは、エステルライン、フロロカーボン、PEラインと様々あります。 個人的にリーダーを使わなくても良いとも思っているラインもあるが、やはりリーダーを結んだ方が、安心して釣りができると思っているので実際はリーダーを結んでいます。 これから、実際に私がアジングで使っているリーダーの結び方を紹介していきます。 正直、正確な強度の測定はしていないので、強度についての話はできません。 ここではマグロやシイラ、ブリにヒラマサを狙うわけでないので、強度ではなく、初心者でも楽に簡単にできるリーダーの結び方を書いていきます。 リーダーの接続として使ってもイイのかわかりませんが 突進してきた鮎のアタリでも切れないし、2匹の鮎を抜き上げて空中を飛ばしても切れない接続方法なので、十分使えると感じています。 実際にリーダーを結ぶときは、この方法を取ることが多いです(笑 接続方法 1、リーダーの端にコブを作ります。 コブの作り方は、どんな方法でも構いません。 私は、3回8の字でコブを作っています。 2、メインライン側の端を折り返します。 3、親指と人差し指を輪の中に入れて、輪ができるように折り返してきます。 これが輪が出来た状態です。 4、メインライン側で作った輪に、リーダー側のコブを通します。 5、さらにもう1度、輪にリーダー側のコブを通します。 6、リーダーをピンと張り、つばなどで濡らしておいてからメインライン側をゆっくりと締めます。 この時は、締め付け過ぎないようにします。 7、軽く締めた状態のメインライン側をリーダー側のコブまで移動させ、両側をゆっくり引っ張り合い締め込みます。 8、メインライン側の端部を結び目から5~10㎜ほどでカットします。 今では、トリプルエイトノットと呼ばれていますが、 細いラインを使う釣りには、多く使われている結び方です。 seaguar. まあ、それを老眼というのですが・・・・。 そんな時に大活躍するのが、 「速攻8の字むすび」です。 速攻8の字むすびは、極小チチワを誰でも速攻でつくるために作られた超便利アイテムで、いろんな釣りで糸の接続にも使うことが出来ます。 使い方もメッチャ簡単で、一度使うと目から鱗です。 では、 「速攻8の字むすび」の接続方法をみていきましょう。

次の

アジングでのショックリーダーのおすすめな選び方。素材と太さと長さを徹底解説!|釣りキチ隆の視点

アジングリーダー

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。 ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。 フロロ、PEがアジングのメインラインとして使われていた当時、ジグヘッド単体でエステルラインを使うと高感度でフロロ、PEよりも明確にアタリが分かり易くなる。 軽量ジグヘッドを遠くに投げる事ができるなど、初めて使った時はその性能の良さに衝撃を受けました。 こんなに明確にアタリがわかるのかと。 エステルを使う事で、新しい世界が広がっていくのを感じました。 それから10年近くの年数が経過。 発売当時は賛否両論ありましたが、今ではアジングのメインラインとして多くの人に使われるようになり、各メーカーからもエステルラインが発売されました。 個人的にこのエステルラインの登場により、1g前後のジグヘッドも遠くに投げられる。 そして高感度なので繊細なアジのアタリを手元で感知しやすく、アタリがわかることでアジングが楽しくなる。 その結果、アジングのジグヘッド単体の釣りが、流行るようになるきっかけになったと考えています。 2010年のジョーカーの発売当時、エステルラインの取扱いについて記事を書いていましたが、今回当時の記事を加筆、修正して再掲載します。 エステルラインの特徴 エステルの特徴を一言でいうと、 PEラインとフロロカーボンの中間くらいの性能を持つラインになる。 比重 PEラインが約0.97。 (水に浮く) フロロカーボンが約1,78。 (水によく沈む) エステルラインは約1,38。 (PEとフロロの中間くらい水に沈みやすい) 伸び(ラインテンションが掛かっている場合、伸びが少ない方が手元に反響感度が伝わりやすい) フロロ>エステル>PE 一番伸びが少ないのはPE。 次にエステルがくるが、エステルラインはフロロと比べて負荷の掛かりによる伸び方が違うだけで、ゆっくり負荷を掛けていくと最終的にフロロと同じくらい伸びる。 潮馴染み フロロ>エステル>PEライン 潮馴染みは比重の重いラインの方がいい。 特に1g以下のジグヘッドを使用した時に、差がわかりやすいです。 エステルラインのメリット アタリの取りやすさ エステルラインの1番のメリットと言えば、 比重と伸びの少なさの恩恵によるアタリの取りやすさになる。 フロロメインでアジングをしていた当時、初めてエステル(ホンテロン)を使ってアジングをした時のアタリの取りやすさは衝撃でしたね。 こんなに 明確にアタリを感知できるのかと。 アタリを感知しやすい要因として、比重が約1,4近くあるためにロッドの先からジグヘッドまでのラインの軌道が、PEライン使用時よりもまっすぐになりやすい。 そのためにPEラインよりもアタリが取りやすくなる。 表層付近だとあまり差は感じないが、水深が深くなったり、軽量ジグヘッドを使用した時だと、差が分かりやすいでしょう。 また、フロロよりも伸びが少ないので、手元にコンッと出る反響のアタリは取りやすくなる。 「一度エステルを使うともうフロロには戻れない」という人も多くなっています。 経験が少ないアジング初心者は、フロロでは感じにくいアタリも、エステルだと明確に感じやすいです。 アタリが分かりやすいという事は、「アクションを入れてどのタイミングでアジが食ってくるか?」といった事を覚えやすくなるので、アジングが上達するスピードが早いですね。 フロロよりも操作感が分かりやすい ラインの伸びが少ないため、フロロよりもジグヘッドを操作した時の存在感が分かりやすい。 水深がある場所などは、差をよく感じる。 PEよりも風に強くて潮馴染みがいい PEラインよりも比重があって、尚且つ単線で出来ているので、同じ太さでも風の影響を受けにくい。 ジグヘッドがスッと海に入っていく感じ。 潮の影響も少なくなるので、潮馴染みがよく、1g以下の軽量ジグヘッドなどで釣る場合も使いやすい。 PEラインよりもノットが簡単 フロロなどの直結できるラインと比較したら、ノットを組むという手間がデメリットとなるが、PEライン、シンカーアジングなどと比べると、ノットが比較的簡単にできます。 僕は トリプルエイトノットで結束しています。 エステルラインのデメリット 瞬間的な負荷に弱い これがエステルラインを使う上での一番のデメリット。 瞬間的な負荷が掛かると、すぐに切れてしまう。 ラインが細いからすぐ切れて当たり前なんだけど、慣れてなかったらびっくりするくらい(笑) アジングをやっていて、ラインに瞬間的な負荷が掛かる場面と言えば、アジを掛けた瞬間と投げた瞬間になる。 この時に起こりやすいトラブルが、俗にいう 合わせ切れと キャスト切れになる。 合わせ切れの対策はドラグ設定を緩くしてやる。 0,2号なら100~150g。 0,3号なら150~200g。 0,4号なら200~250gくらいの設定で使用してやるといい。 最初は手で引っ張るような感覚に頼るよりも、ペットボトルに水を入れて持ち上げてから、ドラグの設定をしてやると確実でしょう。 キャスト切れの対策は、ノットの結束部まで巻き込まずに、投げてやると切れるのが減ります。 垂らしがほとんどない状態で投げてしまうと、切れる事が多くなるので注意。 劣化スピードが速い もう一つのデメリットは、劣化スピードの速さ。 エステルラインを使用して、アジを釣ったりしてラインに負荷を掛けていくと、ラインが少しずつ伸びて細くなっていく。 (エステルラインは瞬間的な負荷に弱くてすぐに切れるが、ゆっくり負荷を掛けていくとフロロと同じくらい伸びが出る) 元々細いラインの上に、負荷が掛かった部分が伸びて細くなり、弱くなっていくので、軽く引っ張っただけで簡単に切れてしまう。 エステルの種類によって劣化スピードは多少違ってくるが、足場4mほどの釣り場で、25cmほどのアジを10匹ほど釣ったら、ラインが少し伸びて切れやすくなる。 そのため、定期的にラインの劣化を確認しないと、合わせ切れ、抜き上げの際にラインが切れてしまう恐れがあるので注意! また、根掛かりを外そうとラインを引っ張った時は、伸びる距離も多くて劣化部分も多くなる。 毎回釣行の度に、劣化した部分を数メートル切らないといけないので、釣行回数が多いとライン代がかさんでしまう。 下記のおすすめエステルラインの部分でも紹介していますが、このエステルラインは耐久性が高くて、170匹ほどアジを釣っても強度低下が平均で8%ほどしかなく、非常にコスパがいいです。 ラインメーカーさんの技術の進歩により、エステルラインの劣化の速さはデメリットではなくなってきていると感じています。 リーダーが必要 リーダーが必要なPEラインと比べたら、エステルラインのノットは簡単なのでメリットになるが、ナイロン、フロロを直結で使用する場合と比べたら、リーダーを結ぶという事が面倒になる。 エステルラインも種類によって伸びの多さが変わったり、最近では0,5号以上のエステルも発売されているので、伸びが多いエステル、結束強度の高いエステルだと、リーダーを付けなくて直結で使用できるものもある。 しかし、ジグヘッド単体のアジングで使用されることが多い0,2~0,4号の太さだと、合わせ切れ防止の他にもアジを釣って抜き上げた時に、ラインを持つと伸びが少ない分切れやすくなる。 そういった理由からリーダーは付けた方がいいでしょう。 また、アジを抜き上げたあとは、メインのエステルラインの部分を持つのではなく、リーダーのフロロ部分を持った方がいい。 メインのエステルの部分を持つと、アジが暴れた時に負荷が掛かり、結束部から簡単に切れます。 エステルラインに使用するリーダーの種類と太さ エステルラインのリーダーに使用するラインの種類、ナイロン、フロロ、エステルの3種類。 ナイロン 伸びがある分、フロロ、エステルのリーダーと比較して食い込みが良くなる。 アミパターンや産卵期などの食いが渋い時に、効果がよくわかる。 フロロカーボン 根ずれなどに強く、一番使用頻度が高い。 エステル ハリス用ラインとして有名なホンテロン。 エステルラインが世にでる前に、一部マニアで密かにアジングのメインラインとして使用されていた。 感度最優先の伸びが少ないラインの組み合わせになるので、ドラグセッティングに気を付けたい。 リーダーの太さと長さ メインラインが0,2号の場合は0,6~0,8号。 0,3号の場合は0,8~1号0,4号の場合は1~1,2号。 このくらいの太さで使用していると、結束強度も出やすくて使いやすいでしょう。 長さはそれぞれ3~40cm位の長さを取っています。 おすすめのエステルライン3選 私が今まで使ってきたエステルラインの中で、「これはよかった!!」というおすすめのラインを紹介します。 感度重視のジョーカー アジングのエステルラインとして最初に登場したライン。 色々なエステルラインが登場した今でも根強い人気を誇る。 エステルの中でも伸びも少なく、感度も高いライン。 とある釣具店の店員さんは、「色んなラインが出ても、エキスパートほど最後はジョーカーに戻ってくる」と言うくらいだ。 Amazonの情報を掲載しています 視認性重視、高耐久性のアンバーコードD-PET 視認性が売りのラインはルミナシャインのイエローだったが、光量が少ない場所だと視認性はそれほどよくなかった。 しかし新しく発売されたアンバーコードD-PETの失透ピンク。 このラインは透けないので光量が少ない外灯下でのアジングでも、視認性がよくてラインの方向が確認しやすい。 伸び、硬さ、感度のバランスも非常によく、結束強度も非常に高い。 200mで売られているが、100mずつ巻けるように、2つのボビンに巻かれて入っている。 (ラインは中心で繋がっているので、200m巻、100m巻のどちらでも使用可能) 個人的に100mずつ巻いて使用するので、この100mずつ分けてつかえるようになっているのは非常にありがたい。 そして耐久性も他のエステルラインと比べても非常に高く、コストパフォーマンスが最高。 どのエステルラインを巻こうか迷ったら、このラインを一番おすすめします! Amazonの情報を掲載しています 【アジング】 エステルラインのメリット、デメリットとおすすめ3選+リーダー!まとめ エステルラインが発売された当時は、瞬間的な負荷に弱くて合わせ切れをするデメリットの部分が多く強調されていました。 しかし、デメリットの部分がきちんと理解されて、エステルラインをアジングで使うメリットの方が多いと感じる人も増えてきて、たくさんの人が使うようになってきました。 使う人が多くなると、各メーカーさんから色んなエステルラインが発売されるようになり、選択肢も多くなってきました。 選択肢が多くなると、どのエステルがいいか悩んでしまうんですけどね。 しかし基本的な特徴はどれも同じなので、硬さや伸びなど好みで決めたらいいでしょう。 私はエステルラインの登場により、アジングのジグヘッド単体の釣りが爆発的に流行るきっかけになったと思っています。 軽量ジグヘッドでも飛距離が出やすく、感度がいいので初心者でもアタリが取りやすい。 使っていてアジングが、より楽しくなるラインだと思います。 メリット、デメリットをきちんと理解した上で使用すると、ジグヘッド単体のアジングにとても使いやすいラインだと思います。

次の

アジングのメタルジグ仕掛けとアクション

アジングリーダー

フロロは伸びが少なくあたりがわかりやすいが硬くてトラブルになりやすいので太いものは使いづらい。 ナイロンは軟らかく安価であるがアタリがわかりづらく吸水性があり塩分や紫外線による劣化もあるので気をつけなくてはならない。 PEは強度が非常に強く細くて切れにくい上、伸びが無くアタリが明確なのだが透明ではないものが多いためリーダーが必要になり準備に手間がかかる。 エステルラインは伸びが少なく感度が非常に高い。 ただし伸びがない分衝撃に弱いためリーダー推奨。 それぞれの特徴は上記の通りである。 最近のアジングには エステルラインがよく使われている。 どうしてアジングにはエステルラインを使用したほうが良いのか? アジングはアタリを積極的にかけていく釣りなので 伸びないラインの方が圧倒的に有利ではあるからである。 ナイロンやフロロに比べて圧倒的に伸びないエステルラインを使うことでバイトを取りやすくなるのが主な理由である。 では、もっと伸びない PEラインのほうが有利なのでは? と思うだろうが0. 7グラム程度の小さなジグヘッドを単体で7メートル以上ある水深まで沈めるのはPEラインのような編みこみラインでは抵抗を受けすぎ、 比重が水よりも小さいため浮いてしまうことから難易度が高くなるためPEラインは深場を攻めることが出来ない。 アジは底にいることが多い魚であるためPEラインを使うと取れる魚が減ってしまうリスクが生じる。 エステルラインのデメリットとしては瞬間的な衝撃に弱いためリーダーが必要な点と紫外線による劣化があるというところ。 この点が気になるならフロロカーボンラインを使ったほうがよい。 リーダーの結束方法について メインラインとリーダーは一般的にFGノットがおすすめされている場合が多いが、アジングの場合には極端に細いラインを使うことが多いため結び目がガイドに当たってトラブルになるということは殆どないと考えて良い。 リーダーも 30センチ程度のショートリーダーで問題ないため結び目をガイドまで巻き込まないで投げると良いので逆に巻き込んだことが暗闇でもわかるように結び目のラインを1センチ程度残したほうが良い。 結束強度も100%を目指しても元々弱い道糸を使っているので高切れは避けられない。 簡単なノットで十分。 というわけで、オススメは 3. 5ノットと呼ばれるノット。 非常にシンプルなので簡単に結べる。 こちらの動画を見ればだいたいわかると思うので練習してください。 もちろんFGノットでもノーネームノットでも電車結びでもなんでも大丈夫だが夜釣りの場合は 簡単が一番なのでこのノットがお勧めです。 状況別おすすめライン素材紹介 0. 5〜1. 5グラム程度の軽量ジグヘッド単体で使うならエステルライン ジグ単と呼ばれるジグヘッド単体のアジングはシンプルでよく使われる仕掛けなのだがこれにベストマッチすると考えられるのがエステルライン。 極めて軽い仕掛けをディープへ送り込むことができるため繊細なアジングでは一番使われている。 実際に私も少し前から0. 3号のエステルラインを使い始めメバリングなどで使用しているがナイロンよりはトラブルが多い気もするが、普通に使えば丸一日使っても1度トラブるかどうか程度の気にならないレベルで、不意にも難なくランディング出来た。 ポンドで言うと1. 2ポンドくらいしかない極細ラインでもドラグさえちゃんと使うことが出来ればそう簡単には切れないのである。 ちなみに、風が強い日に使うとトラブルになりやすいので使用は控えたほうが良さそうだ。 重い仕掛け、ルアーを使うならメインラインは極細のPE キャロやプラグを使ったアジングで 表層から中層狙い用のタックルを別に用意する場合は0. 2〜0. 3号のPEラインをおすすめする。 細くても引張強度が高いため、重い仕掛けを扱う際にそこまで注意が必要ないと言うのが良いところ。 エステルラインではミスキャストで一個1000円のキャロシステムがちぎれて飛んでいくということになりやすい。 キャロで遠投して大物がかかった時でも強度の高いPEなら安心してやり取りできるというのもメリットだ。 PEラインは根ズレや魚の歯での擦れに弱いため、リーダーはフロロカーボンラインかナイロンラインが30センチほど必要。 水深が浅くて飛距離も不要な小場所ならフロロ直結 飛距離は必要ないという時や近くの障害物を狙う時などにはフロロカーボン素材のラインがをおすすめしたい。 直結でも問題ないという手軽さが夜釣りのアジングにちょうどよい。 根ズレにも強く、障害物の周りを積極的に狙っていける。 巻きぐせが強く飛距離は伸びないが近くの漁船の際を狙ったりスロープを攻めるぐらいなら全く問題ない。 初心者は一番トラブルの少ないナイロンが無難 アジングははっきり言って非常に繊細。 風が強かったりすると細いラインでエステルやPE、フロロカーボンを使うとかなりの割合でトラブルが発生する。 特にフロロカーボンラインは巻きぐせが付きやすく固いので糸ヨレでぐちゃぐちゃになる事が多い。 ナイロンラインなら柔らかいため比較的トラブルの発生が少ないのでアタリは少し取りにくくなるかもしれないが初心者にはナイロンラインをおすすめする。 アジングラインの太さはどのくらいが良いのか? これに関しては プロは0.2号(強度1ポンド 約480グラム)を使っている。 アジという魚の大きさは大体普通20センチ程度で70グラム程度となっていることから強度1ポンド(480グラム)あれば基本的に切られるということはあまりないのでこの太さで問題ないだろう。 ただ、一般人がこれほど究極の細さを追求する必要もないため、海藻などに引っかかった時にあっさり切れてしまう1ポンドという細すぎるラインはあまりおすすめではない。 2ポンド、もしくは3ポンド程度の細さでも、さほど問題はないのでアジングに慣れないうちは多少太めのラインを使用することをおすすめしたい。 PEラインの場合は0. 2号で6ポンド以上あり、十分な強度はあるが細すぎると扱いづらいというデメリットもあるので基本的に0. 2〜0. 3号くらいを使うのをおすすめする。 アジングラインおすすめ商品.

次の