福田 明日香 袋 とじ。 FRIDAY(フライデー)の最新号

中島知子 フライデー 袋とじ 画像の修正なし以上!ヘアも丸出しの過激な動画に…!!: 中島知子 フライデー 袋とじ 画像の修正なし以上!ヘアも丸出しの過激な動画に…!!

福田 明日香 袋 とじ

「Angel」とタイトルを変更された日本版「天使心」は集英社からリリースされ大ヒットとなる。 続いてCDデビューを果たした彼女だったが、人気はまだそれほどでもなくB級アイドルが集うイベントなんかにも出ていた。 1997年に「ウッチャンナンチャンのウリナリ!! 」で結成されたブラックビスケッツのメンバーとして活躍してから人気が爆発した。 04 安藤小径(桜っ子クラブさくら組) 1995年2月20日 「ペントハウス」創刊号の目玉として用意されたヘアヌード 【初脱ぎ媒体】 安井小径「Full Fudge Fiction」1995年2月20日発行 ぶんか社 1990年の第6回ザ・オーディション決戦大会で入りした安藤小径。 番組(「桜っ子クラブ」)を卒業し、安井小径と改名。 さくら組ではに続く2人目のヌードだが夏目がヘアを披露していなかったので実質ヘアヌード第1弾ということになる。 このヘアヌードは当時創刊された、ぶんか社版「ペントハウス」第1号の目玉企画だった。 さくら組の人気がまだ残っていたこともあって裸を切っ掛けにカムバックを狙ったが、残念ながらその後の活動は伝わってきていない。 さすが西洋人の遺伝子を引き継いでいるだけにボディは文句の付けようがない上物と言える。 ハチ切れんばかりのおっぱいやプリンプリンのお尻がたまらなく日焼け跡のエッチさといったら決して純日本人には出せないものだった。 ペアヌードにせよ単体ヌードにせよ、梅宮パパにとってみればどちらも悲しかったに違いないのだが、当時入れ込んでいたカレと一緒でもなければアンナが裸を披露することもなかったと考えれば我々は羽賀研二に感謝しなければならない。 07 嶋村かおり 1995年3月15日 脱いでからのほうが有名 【初脱ぎ媒体】 「MELLOW」 1995年3月15日発行 スコラ 80年代末から本名の松本香織で芸能活動を開始。 となってから168cmという高身長、スタイルの良さを活かし、グラビアモデル、レースクイーンとして活躍、1991年には念願の歌手デビューを果たした。 厳密には言えば彼女の初ヌード披露は1994年公開の初主演映画「ナチュラル・ウーマン」で、共演者の緒川たまきとのレズシーンが話題となった。 この映画の主役は嶋村だったのだが、当時はまだ無名だった緒川たまきがその後ブレイクしたため、今では緒川の脱いだ映画としての印象が強い。 こちらはよりセクシーな路線を打ち出した嶋村が発売した初ヌード写真集。 引き締まったおっぱいとお尻を披露しスレンダー好きを狂喜させた。 彼女といえば写真集のリリース数の多さで知られるが初ヘア披露となったのは1999年の「GRACE」である 09 菅野美寿紀(こんぺいとう) 1995年4月28日 かつては10万人と握手したアイドル歌手 【初脱ぎ媒体】 「MOON」1995年4月28日発行 スコラ 1989年のスーパーアイディストコンテスト・パンツの穴賞を受賞し、1990年の映画「パンツの穴・ムケそでムケないイチゴたち」に出演。 1991年に高市智子とのデュオ、で歌手デビューを果たした菅野美寿紀。 こんぺいとうはデビューの際に10万人のファンと握手会が行なわれるほど注目度が高かったが、徐々に人気が低迷し1994年に解散。 こちら一人で芸能界を生き抜くことになった菅野がリリースした初ヘアヌード写真集。 ムッチリ体型はあいかわらずで何とも抱き心地が良さそうな体がたまらなかった。 続いて同年9月に公開された映画「美女奉行 おんな牢秘抄II」では濡れ場を披露。 21世紀になるとその名を聞かなくなっていたが、2003年にサントリー「和茶」のテレビコマーシャルに出演した謎の美女が菅野美寿紀と判明。 10 浜田範子(セイントフォー) 1995年5月10日 メンバーの中で一番最後に脱いだ 【初脱ぎ媒体】 NORIKO「BITE IT! 」1995年5月10日発行 ぶんか社 40億円とも言われた巨額のプロモーション費用で1984年にデビューするもののゴタゴタに巻き込まれ短期間で解散してしまったセイントフォー。 浜田範子はグループ解散後、同グループの鈴木幸恵とロックデュオ「ピンクジャガー」を組んだことでも知られている。 セイントフォーはオリジナルメンバー4人中、3人が裸になるという記録を残したが、浜田は最後にヌードを披露。 こちらのヘアヌード写真集はNORIKOという芸名でカムバックした時に撮影されたもので、当時すでに30歳だったもののその若々しさも話題になった。 現在は濱田のり子で活動中。 11 LiLiCo 1995年5月25日 逮捕後の加納典明氏が選んだヌードモデル 【初脱ぎ媒体】 LILIKO「前夜」1995年5月25日発行 風雅書房 映画コメンテーターだけでなくテレビタレントとしても絶好調のLiLiCo。 旧芸名LILIKO時代を知る者にとって現在の活躍は驚きだ。 彼女といえば「月刊THE TENMEI」で一世を風靡し1995年にわいせつ罪で逮捕された加納典明氏が、復帰する際に選んだ第1弾モデルだった。 こちらはそんな彼女が唯一リリースした写真集でキワドいカットのオンパレード。 また女優としても同年12月に公開された「82分署」を皮切りに「Would you like to dance?」(1996年)、「援助交際 ツーショットダイヤルの女たち」(1997年)、「サソリ 女囚701号」(1998年)と毎年のように脱いでいた。 13 大西結花 1995年6月15日 風間三姉妹では 最初のヌード 【初脱ぎ媒体】 「FLORE」 1995年6月15日発行 ワニブックス 1985年に歌手デビューした大西結花。 おニャン子クラブのブームの陰で苦戦したが翌1986年から始まったドラマ「スケバン刑事III」の出演で知名度がアップ。 浅香唯、中村由真、大西結花の風間三姉妹としてブレイクし、初のヒット曲「シャドー・ハンター」も生まれた。 その後の彼女はスケバン刑事のイメージが強すぎたせいか多くのアイドルの中で埋没してしまうことになる。 こちらは経営不振に陥った所属事務所のために文字通り一肌脱いだ初ヘアヌード写真集。 続いて同年10月に公開された映画「眠れる美女」でもヌードを披露している。 14 電波子18号 1995年7月31日 本家の電波子よりも早く脱いだ 【初脱ぎ媒体】 「じゅうななさいっ」 1995年7月31日発行 竹書房 (写真は「週刊ポスト」 1995年8月11日号のパブグラビアから) 日本テレビ「進め!電波少年」から出てきたアイドル。 正体は安達一恵という現役女子高生タレントで撮影された時の年齢はタイトル通り17歳だったと言われている。 写真集の内容はヘアヌード。 当時は児童ポルノ法が施行される前だったこともあり、ご覧のように週刊誌も彼女の写真集の宣伝するためにごく普通にヌードグラビアを掲載している(当サイトではスミベタの修正を入れました)。 滝島あずさがヌードになったのが2000年だから本家のよりもずいぶん早く脱いだことになる。 歌以上に素晴らしいのがそのボディである。 厳密に言えば彼女の初ヌード披露は1993年5月にリリースした写真集「Si」となるのだが、こちらの初ヘアヌード写真集「Miki Asakura in Bali」のほうが断然内容が良いので当サイトではこっちを採用する。 当時35歳で決して若いとは言えないがパンパンに張るおっぱいが素晴らしかった。 18 紺野樹里(T-BACKS) 1995年9月14日 ニューハーフじゃなかったことを証明 【初脱ぎ媒体】 「スコラ」1995年9月14日号 スコラ でのニックネームはジュリ。 セクシーグループの中でも不良が集まったって感じのT-BACKSだったが、メンバーで一番のワルそうな雰囲気を持っていた紺野樹里。 一時ニューハーフじゃないの?なんて噂もあったほどの風貌だが、初ヘアヌード披露となったこちらのグラビアではニューハーフというより熟女といった趣きだった。 19 沖直美 1995年9月15日 沖縄出身の女優さん 【初脱ぎ媒体】 「ALLORA」1995年9月15日発行 ワニブックス アナウンサーを目指し沖縄から上京、東京アナウンサーアカデミーを卒業した後に女優に転身した沖直美(現・沖直未)。 1986年、NHK銀河テレビ小説「清水みなとストーリー」のヒロインに抜擢され注目を浴びる。 厳密に言えば彼女の初ヌード披露は1994年にポニーキャニオンから発売されたビデオ映画「コンプレックス・ブルー」。 この映画で連続猟奇殺人事件に巻き込まれる監察医を演じた沖。 刑事で恋人役の古尾谷雅人とのベッドシーンで可愛らしいおっぱいを披露していた。 こちらはそれに続く初ヘアヌード写真集。 当時30代半ばの撮影だが張りのある肌、引き締まったウエストなど見どころが満載だった。 20 山崎美智子(乙女塾) 1995年9月22日 茶屋町学園おちゃめ組としても活動 【初脱ぎ媒体】 石川萌「恥じらい」 1995年9月22日発行 音楽専科社 (写真は 「週刊現代」1995年3月25日号のパブグラビアから) 乙女塾はフジテレビのバラエティ番組「パラダイスGoGo!! 」内のアイドル養成所。 山崎美智子はその乙女塾6期生。 大阪の毎日放送がプロデュースしたアイドルユニット「茶屋町学園おちゃめ組」クラス番号2番という経歴の持ち主でもあった。 こちらは週刊現代のために撮り下ろしたヘアヌードグラビア。 好評を得て同じカメラマンによる撮影で写真集が発売された。 元乙女塾の肩書きを売りに石川萌と改名してのことだったが、そういえば元乙女塾を謳って脱いだタレントは彼女以外に記憶にないのだが...。 21 三宮しのぶ(モモコクラブ) 1995年9月25日 念願の歌手デビューは脱ぐことが条件だった 【初脱ぎ媒体】 SHI・NO・BU 「Lollipop Angel」1995年9月25日発行 KKベストセラーズ フジテレビのおニャン子クラブに対抗すべく、TBSが1986年10月から放映をスタートさせたアイドルバラエティ番組「モモコクラブ」。 伊藤美紀、酒井法子、白田あゆみ、島田奈美といったレギュラー陣が次々とソロデビューしていく中、三宮しのぶはモモコクラブの主要メンバーだったにも関わらずレコード発売の話が実現しなかった。 1987年9月に番組が終了。 それから約8年、という謎の女性シンガーがCDデビューし、その直後にこちらのヘアヌード写真集を発売した。 SHI・NO・BUの正体は三宮しのぶ。 22 谷川彩華(黒BUTAオールスターズ) 1995年9月25日 ELTの持田香織はかつてのお仲間 【初脱ぎ媒体】 本田なな子 「banana boat」1995年9月25日発行 KKベストセラーズ 1993年にデビューしたの2期生メンバー。 2期生といえばEvery Little Thingのが在籍したことで有名だが、この谷川彩華の存在も忘れられない。 アイドルにしてはポッチャリ体型が妙にリアルだった。 ちなみに嵐ヨシユキは横浜銀蝿のリーダーで彼女をプロデュースしていた嵐(らん)のこと。 嵐氏は80年代に岩井小百合で実現させた成功を再び夢見ていたのだろうか。 24 染谷正美(セクシーメイツ) 1995年10月15日 セクシーグループを代表する逸材 【初脱ぎ媒体】 染谷まさ美 「Symbol」1995年10月15日発行 ぶんか社 テレビ東京のバラエティ番組「ギルガメッシュないと」の出演者である星野かおり、斉藤りさ、そしてこの染谷正美の3人による。 (のちにセクシーメイツに変更)。 もともとレースクイーンの染谷は170cmを超える長身でセクシーグループのメンバーの中でも特に目立った存在だった。 番組ではランジェリー・ファッションショーやランジェリー探偵団・セクシームーンなどのコントで活躍。 また彼女は、芳賀研二、木村一八、火野正平といったタレントとの男性遍歴でも話題を集めた。 これはとして改名してリリースした初ヌード写真集。 意外に小振りなおっぱい、長い脚、抜群のプロポーションをいかんなく堪能できるがヘアの露出がないのが何とも残念だった。 翌1996年にはソロシンガーとしてCDデビューを飾っている。 25 大沢逸美 1995年11月30日 ジェームス・ディーンみたいな女の子 【初脱ぎ媒体】 「CAST」 1995年11月30日発行 ぶんか社 1982年ホリプロタレントスカウトキャラバンのグランプリを受賞し、翌1983年にテイチクの一押しとしてデビューした大沢逸美。 デビュー曲「ジェームス・ディーンみたいな女の子」そのままの風貌で登場し、ボーイッシュなアイドルの代名詞となった。 あれから約10年、短かった髪も伸ばした大沢がヘアヌードを披露。 大人の女性になっていたことに驚かされたが尖った乳首にも驚いた。 27 田山真美子 1995年12月10日 持ち歌だけでなくその裸も悲しさを誘った 【初脱ぎ媒体】 「Pureness」1995年12月10日発行 ワニブックス もともとは子役だった田山真美子。 増田未亜とのビデオ「地球防衛少女イコちゃん2」(1988年)での美少女ぶりが評判を呼び1989年に歌手デビュー。 5枚のシングル、2枚のアルバムを出しアイドル氷河期と言われる時代に健闘した。 また、中山忍、河田純子との期限限定ユニット楽天使やのメンバーとして活躍。 河田がリタイア、中山が女優として活躍する中、リリースされたのがこのヌード写真集である。 小室プロデュース全盛だった当時、田山のような昭和の香りを残すアイドルに行き場がなかったの無理もない。 同年12月に公開されたの主演映画「82分署」でもフルヌードを披露。 大人の女優に転身を図っていたが、その後数本のVシネマとドラマに出演しフェードアウト。 引退時にまだ20代という若さだっただけに惜しむ声も多かった。 28 飯島みゆき(Dee Dee) 1995年12月20日 ソソりまくりのボディを披露 【初脱ぎ媒体】 「飯島みゆき PHOTO COLLECTION 32」1995年12月20日発行 ぶんか社 (写真は「アクトレス」1996年2月号のパブグラビアから) 1993年にと組んだセクシーユニットDee Deeの活動が知られる飯島みゆき。 飯島といえば映画「Would you like to ダンス?」(1996年)での好演が忘れられない。 女優を夢見るストリッパーと真面目な警官が恋に落ちるラブストーリーでヒロインを演じた彼女。 役柄通りの脱ぎまくりで丸出しのおっぱいにグラインドする腰つきがイヤらしかった(共演者のLiLiCoもヌードを披露)。 こちらは映画の前に披露したヘアヌード。 スタイルの良さは折り紙付き。 形の良いバストに迫力のお尻、引き締まったウエストなど見放題だったが、なぜか写真集ではなく32枚のフォトアルバムという形式で発売された。

次の

元アイドリング!!!の後藤郁が女優で復帰、空白の1年半と二十歳の覚悟…「ひとりで号泣して10代とお別れしました」 (2016年6月28日)

福田 明日香 袋 とじ

福田明日香『PASSIONABLE』(講談社)より 元モーニング娘。 の福田明日香のヘアヌード写真集『PASSIONABLE』(講談社)が6月19日に発売されることが発表され、大きな話題を呼んでいる。 すでにAmazonで予約が開始され、税込4180円という価格ながら、タレント写真集部門で1位を獲得。 万単位の予約が入っていると見られる。 この写真集を仕掛けたのは、モッツ出版の高須基一朗氏。 雑誌「サイゾー」で長年にわたり連載をしていた、出版プロデューサー・高須基仁氏の長男である。 父である基仁氏は、1990~2000年代にかけて、藤田朋子、天地真理、島田陽子など、大物女優のヘアヌード写真集を数多く手掛けた「ヘアヌードブーム」の立役者だった。 脱がせたい女優がいると、しゃぶしゃぶ店に誘い、ヘアヌードになる意義を説き、手付金として現金ウン百万円を目の前に広げ、最後は土下座をしたという逸話は業界内では有名だった。 「毛の商人」との異名を取るほど、女優たちのヘアーを晒させることに情熱を注ぎ、そのことが、ビジネスとしても、新たな表現としても、女優たちのその後の人生を変えると信じていたようだ。 だが、昨年9月、基仁氏はがんで逝去。 2010年代に入ると出版不況の中、基仁氏がヘアヌード写真集を手掛ける機会はなくなっていき、本人は常に「あの女を脱がせたい」と野心を抱いていたが、基仁氏の作品を見ることは二度とできなくなった。 しかし、血は争えなかった。 その長男が今回、世間をあっと驚かせたのだ。 高須基一朗氏のヘアヌード写真集プロデュース第一弾が、福田の『PASSIONABLE』となる。 「福田さんの所属事務所とは懇意にしており、彼女の活動をサポートするという話をもらっていました。 あらたな活動として、小説家などいろんなアイデアがあったのですが、そんな時、父ががんで亡くなったんです。 父なら間違いなく『ヘアヌードをやるべき』と福田さんに檄を飛ばし、口説いていたでしょう。 自分はそれまで、父と同じことはしたくないし、厳しい人なので、やったらやったでいろいろダメ出しされるだろうなと思っていたのですが、父が余命宣告をされて、もう長くないとわかったときから、気持ちが変化していきました。 父がこだわってきた、ヘアヌードの火を再びここで灯したいと」 そうと決まれば、父譲りの豪腕を発揮し、写真集実現に向けて一気に動き出したという。 「福田さんが信頼を寄せている女性カメラマンの和多田アヤさんにまず話をして、協力を取り付けました。 その後、2人で福田さんと説得。 ヌードをやることの意義やその後の可能性を理解してもらったんです。 そして、『まずは2人きりのセッションでヌードを撮ってみてください。 その写真をサンプルに出版社を口説きますから』と伝え、この時点で手付金として、それなりの金額を払いました。 出版社は決まってませんでしたが、その金額を軽く回収する自信があったので(笑)」 高須氏は、上がった写真の出来を見て、大手出版社が手を挙げること、そして写真集がヒットすることを確信。 案の定、最初に話を持ち込んだ講談社が好条件で出版を引き受けたという。 「最初に福田さんにこの話をしてから、写真集の発表まで半年もかかっていません。 父の仕事を傍らで見ながら教わったのは、怒涛のスピード感が大事ということ。 そして、『決して安売りはしない』というスタンス。 出版社との交渉の仕方も細かく見てきましたから。 講談社さんには『FRIDAY』という強力な媒体もあり、そこで先行カットを出すことで同誌の売上が上がるし、写真集の宣伝にもなる。 掲載料は別途発生するので、我々のビジネスとしても上積みできる。 もちろん、これで講談社さんに損をさせてしまったら、自分のプロデューサーとしての信頼はなくなるので、絶対に出版社も儲けさせるという自信の上でやっています」 現在のところ高須氏の目論見通り、幸先は好調だ。 「まず10万部は行けると思う」と自信を覗かせる。 「今は暗いニュースが多いですが、かつてのスーパーアイドルがヌード写真集を出すっていうのは、芸能ニュースとしても面白いじゃないですか。 もちろん、すでにいろんな意見が出てますけど、毀誉褒貶あっての芸能界。 父が90年代にヘアヌード写真集ブームを作りましたが、僭越ながら令和のヘアヌードブームが作れればいいなと思っています。 エロに限らず、エンタテイメントの世界は、デジタルの映像や画像に押されてきましたが、最近はボードゲームユーザーが増えたり、女性タレントの写真集が数十万部売れたりと、アナログ回帰の流れは出来つつある。 紙にこだわった、ヘアヌード写真集ブームも再び作れると思ってます」 すでに高須氏の中には、二の矢、三の矢が込められるようで、「今、みんながもっとも見たいと思っているだろう女優とアイドルの写真集の計画があります」と微笑む。 4月23日、高須氏は父の墓を訪れ、『PASSIONABLE』の発売が無事発表までこぎつけたことを報告したという。 二代目「毛の商人」が誕生した瞬間だったのかもしれない。

次の

25枚の“密毛写真”を公開!福田明日香が「特典映像」で披露した激淫ポーズ(2020年6月22日)|BIGLOBEニュース

福田 明日香 袋 とじ

<7月13日号目次> 好きかもしれない 吉永アユリ 女王のリアル 奈月セナ だんちゃん、夏をつれてきて。 團 遥香 [News 今週の卒業証書] これで疑惑も卒業!? エジプトのカイロ大学の卒業証書と卒業証明書を公開した小池百合子都知事 [News 今週のドSプレイ] 北の女王様、人民を大調教中! 北朝鮮の金与正党第1副部長 [News 今週の閉店] またひとつ、老舗専門店が・・・ 大阪ミナミの「づぼらや」/東京・神保町の「スヰートポーヅ」 [News 今週の飯テロ] 世界一おいしいCG 「CGごはん」コンテストで焼きがきが優勝 目次 現場で働く人たちの収入は減り、失業は増加しているのになぜか株価は上がり、政府ベッタリな企業はひたすら儲ける…緊急検証!! コロナの不条理 球場観戦がムリな今だからこそ、実況アナ、記者、スコアラーらが徹底指南!! 「観るプロ」が本気で教える!! 古賀政経塾!! アフターコロナに行きたい!! 週プレでもおなじみのあの人たちのWishリスト 寺本莉緒/畑正憲/えなこ/佐藤健寿/川内優輝/井桁弘恵/杉作J太郎 落合陽一の人生が変わる魔法使いの未来学 江夏豊のアウトロー野球論 堂安律の最深部【拡大版】 【広告】ナツイチ 夏の一冊 集英社文庫 全国の参加書店でフェア実施中! 【広告】集英社新書の本 ファッション誌『Seventeen』専属モデル 久間田琳加ファースト写真集『りんくまちっく』 好評発売中! 格闘漫画『TOUGH外伝 龍を継ぐ男』猿渡哲也 【広告】猿渡 哲也『TOUGH 龍を継ぐ男 第16巻』絶賛発売中!!! 宇垣美里の人生はロックだ!! 2020年上半期新人AV女優「キャッチフレーズ」選手権!! 九州での認知度ほぼ100%のチェーンが200店閉店の危機!がんばれ!! 西のファミレスの雄「ジョイフル」 セルジオ越後の一蹴両断! 横田滋さん死去であらためて問う!! 「拉致問題の安倍」はなぜ進展させられなかったのか!? 公約は「東京五輪中止!」「全都民にひとり10万円給付!」「小池圧勝」ムードの東京都知事選に電撃出馬!れいわ新選組代表 山本太郎の狙いとは? 次週予告&アンケート プロがオススメする最新防災グッズ グラドル101人が、みんなを元気に!自宅で水着に着替えたら 週プレ グラジャパ! デジタル写真集は、時と場所を選ばない。 週プレNo. 27&28 今週の中身です!!

次の