ピアス 外す時間。 【セカンドピアス】つける期間はいつからいつまで?選び方の基準は?

ファーストピアスをつけている期間は?外すタイミングのポイントをご紹介!

ピアス 外す時間

Sponsored Link セカンドピアスはしっかりとしたホールを作るためのピアスです。 ファーストピアスからセカンドピアスに移行して、セカンドピアスを外すまでの期間は 危うい期間です。 つまり、耳たぶの皮膚がまだ弱い状態の時期。 ここのケアに間違いがあったり、セカンドピアスの期間が短すぎたりすると、 金属アレルギーなどに見舞われてしまいまい、結果、ピアスを十分に楽しむことが難しくなります。 また、どんなにケアに注意を払っても、着用しているセカンドピアスの質が悪いと、しっかりしたホールを作れません。 セカンドピアスの 選び方もまた重要になってくるのです。 とゆーことで、 セカンドピアスについて ・つけるべき期間はいつからいつまで? ・セカンドピアスのおすすめの選び方 といった項目順に記事をまとめました。 セカンドピアスをつけるべき期間はいつからいつまで? 前述の通り、セカンドピアスをつける期間は、穴を開けた部分の皮膚がまだ弱い状態で過ごす時期になるので、慎重に過ごすべきです。 セカンドピアスはいつからつける? セカンドピアスはいつからつけるか。 言い換えると、ファーストピアスを外すタイミグはいつ?ということになります。 ファーストピアスを外してセカンドピアスに移行するタイミングは、「 ホールの傷が完治してから」ということになります。 なので、具体的に何日と決まっているわけではありません。 ただ、目安として 3ヶ月はみたほうがいいとは言われます。 1ヶ月でもいいという意見もありますが、ここを急いでしまうと、後でセカンドピアスをつけた時に出血の原因となります。 もしあなたが、セカンドピアスをつけたときに出血を伴うということであれば、それはファーストピアスを外すのが早すぎたという証拠。 そうならないように、ホールの傷が完治しているか、しっかり確認してからファーストピアスを外すことを推奨します。 セカンドピアスはいつまでつける? セカンドピアスをいつまでつけるか?ですが、これはファーストピアスの期間よりもさらに時間が必要になります。 ファーストピアスを外す基準が「傷の完治」であるところ、ファーストピアスを外す基準は「 ホールの完成」です。 ホールの完成とはつまり、開けた穴が再び塞がらない程度までにしっかりとした皮膚が出来上がることを意味します。 具体的には、 半年から1年くらいの日数が目安とされます。 セカンドピアスはずっとつけてる必要がある? セカンドピアスはずっとつけてなければいけないのか?という質問は多いです。 結論からいうと、セカンドピアス装着から1年間くらいは、 つけたまま過ごすのがいいです。 仕事の都合で常につけるということが難しい場合でも、寝るときはセカンドピアスをつけたまま眠ることにしましょう。 ここをさぼってしまって、2週間位セカンドピアスを外して過ごしていたら、気づいたら穴が塞がり始めていたという失敗はよくあります。 ケアはどうする セカンドピアスをつけている間の半年から1年ですが、この期間は、 1ヶ月ごとにピアスを外してまたつけるという作業を繰り返します。 外すのはお 風呂場がいいです。 皮膚が柔らかくなっているので。 また、外す際に穴を消毒液で消毒する人がいますが、これは必要ありません。 ピアスを開けてから間もない穴の皮膚はとても弱いので、消毒液に触れることで逆にダメージを受けてしまい 逆効果です。 お湯で軽く洗い流す程度で十分です。 あと、この作業以外、普段の日常でピアスをくるくる動かしたり、 触ったりするのは避けましょう。 皮膚がダメージを受け、ホールの完成が遠のきます。 痛みがなくなったら完成 1ヶ月ごとにセカンドピアスをつける、外すと繰り返してると、最初は痛みを伴っていたのが、徐々にですが、ピアスを刺し直しても痛みが感じなくなると思います。 そうやって、最終的に 痛みを全く感じなくなればホールの完成といっていいでしょう。 しっかりした皮膚が出来た合図です。 セカンドピアスの選び方 セカンドピアスの選び方は大事です。 どんなにケアをしっかりしても選んだセカンドピアスがダメだと金属アレルギーの被害を被ります。 後々のピアス人生に大きなダメージを与えることになるのです。 結論からいうと、実際の店舗スタッフに相談するのが一番いいと思います。 とはいえ、事前にある程度の知識はあったほうがいいので、いくつかポイントを記載しておきます。 金属の質にはこだわれ! 最も気を使う部分です。 まず、前提としてアレルギーになりにくい素材を選ぶ必要があります。 具体的には、 純チタン、Pt900、18金、あたりです。 さらに素材の純度も高いもの、面積についてもピアスの一部ではなく全体がその素材であることが望ましいです。 ここにこだわると、どうしても費用が多目になってしまいます。 しかし、後々のピアス人生に大きな影響を与える部分ですので、 ケチらないことを強くおすすめします。 ピアスは小さめがおすすめ! 小さめサイズをおすすめします。 大き目サイズや、吊り下げるタイプのものはホールに負担がかかります。 何度も言いますが、セカンドピアスをつけている期間の穴の皮膚はとても弱いのです。 ここは常に意識しておいて下さい。 負担をかけるようなものは避けたほうがいいです。 ホストは、まっすぐ!太く! ホストは「 まっすぐ」で「 太め」のものを推奨します。 セカンドピアスの役割は、しっかりとしたホールを作ることです。 細すぎるホストは、それだけ穴も小さくなってしまうので、後々に様々なデザインのピアスに挑戦することを考えた時に支障がでる可能性があります。 ファーストピアスの段階でしっかり穴を開けたと思っても、出来てから間もない皮膚には、開いた 穴を塞ぎたがる性格があるという事実を忘れないで下さい。 同じ理由で、ホストはまっすぐ伸びているものを選ぶことをおすすめします。

次の

ファーストピアスはどれくらい外していると塞がってしまうでしょうか?

ピアス 外す時間

磁気の影響があるからダメ MRI MRI はでっかい磁石だと思ってください。 磁気で身体の中身を透視します。 そう、 金属は反応してしまうのです ・・;• 磁力で 金属が動いて体を損傷する危険性がある• 磁場が乱れて、 金属がある周囲の撮影ができなくなる• 金属が熱く熱を持って 火傷の原因になる アメリカで男の子が死亡した事例は有名ですが、日本でも金属片が動いたことで失明や死亡に至った事例・発熱した事例がたびたび報告されています。 なので、場所が離れていても、必ずピアスは外すかに交換してください。 また、MRI はデリケートな写真を撮影するため、患部がズレないように ガッチリ固定します。 実は、金属の種類によってはMRIの影響を限りなく受けにくい(非磁性体の)ものと、受けやすい(強磁性体の)ものがあります。 また、骨などにがっちり埋め込まれているものと、血管などをふわっと固定しているものでは、磁力によって動く可能性が変わってきます。 近年はMRI対応の金属が体に埋め込まれていることが多くなってきたので多くの場合は撮影可能ですが、今でも昔の金属を埋め込んだ人は検査ができなかったり、画像が乱れて検査にならないなどの問題を抱えた方もいらっしゃいます。 MRIの流れ 一般的なMRI検査の流れをお伝えします。 検査待合で待つ• 検査技師や看護師などに呼ばれ、更衣室へ移動• 体に金属やシップ、タトゥーなどが無いか確認される• 検査着に着替え• MRI室へ移動• 検査台で体をがちがちに固定される• ナースコールを渡されMRIの中へ• 位置確認の撮影をされる• 位置が決まれば本番の撮影(長くてウルサイ)• 撮影画像の確認(不思議と待たされることもある)• 問題なければ固定から解放される• 更衣室に戻って着替え• 終了 ざっとした流れでこのような感じになります。 ほとんど寝ているだけなのですが、MRIの撮影には時間がかかり、長くてウルサイのです・・・ MRIにかかる時間 MRIは体の断面図を1枚1枚とっていくようなものなので、膨大な時間(とお金)がかかります。 目安として、頭ひとつ撮影するのにも20分ぐらい(それに着替えや位置決め、体の固定などの準備で軽く小一時間は見ておいた方がいいです) 部位が増えるほど時間はかかりますし、造影検査などが含まれると血管確保や造影前後の撮影などが含まれるため更に長くなってきます。 検査画像に写るからダメ レントゲン・CT レントゲンや CT などのX線を使う検査では、 金属が黒くクッキリと写り込んでしまいます。 取れない金属はどうなる? MRIと違い、写り込む以外の悪影響はありません。 自己判断せずに、 かならず医師や技師に相談してくださいね レントゲン・CTにかかる時間 レントゲンは撮影枚数によりますが、1枚をとるのは一瞬です。 あとは位置や体位を決めるのに時間がかかったり、ボタンやワイヤーの入った服を着ている場合は着替えをする時間がかかります。 急変の可能性があるからダメ 内視鏡・造影・手術など 内視鏡検査や手術を含むなど、使用する薬剤や体への侵襲により 「急変」が予測される検査の場合、急変時の対応をスムーズにするために不要なアクセサリー類は全て外す必要があります。 参考 シリコンピアスなどの柔らかいものが許されるかどうかは病院・医師の判断によるので、 必ず確認してから検査・手術に臨んでくださいね。 取れない金属はどうなる? 急変時の対応のためなので、体に埋め込まれていて取れる心配のないものは問題ありません。 逆に、脱落する心配のあるもの、アクセサリー類や入れ歯などはすべて外して頂くようになっています。

次の

ファーストピアスをつけている期間は?外すタイミングのポイントをご紹介!

ピアス 外す時間

ファーストピアスとは? ファーストピアスとは、ピアスホール(ピアッサーなどで開けた穴)が完成するまでの間につけておくピアスのことです。 ピアスホールは、いわば身体の傷と同じです。 なので、何もしないと回復しようと穴がふさがってしまいます。 それを阻止するために、ファーストピアスの装着が必要になるということです。 また、ファーストピアスには、下記のような3つの部品があります。 ヘッド(デザイン部分)• ポスト(軸となる部分)• キャッチ(留め具) ファーストピアスをつけることは、今後ピアスを付けるうえで必須の工程だということを覚えておきましょう。 ファーストピアスを開けるときに必要なものは?• ピアッサー(ピアスホールを作る道具)• 消毒液• ガーゼ• ペン ファーストピアスを開けるときに必要なものは、上記の4つです。 どれもファーストピアスを開けるときに必要なものはばかりなので、必ず用意するようにしましょう。 また、安全ピンやニードルなどでも代用できますが、初めて開ける人は、簡単で失敗が比較的少ないピアッサーを使うのがおすすめです。 ファーストピアスの期間は? 個人差はありますが、1ヵ月~3ヵ月がファーストピアスをつける目安と言われています。 穴が安定していない状態でセカンドピアスに変えてしまうと、まだ傷が治っていない状態なのにさらに傷をつけてしまうことになります。 化膿や腫れ、痒みなどのトラブルの原因になってしまいます。 安定するのが遅くなってしまうため注意しなければいけません。 穴がきちんと安定するために我慢強くファーストピアスをつけておいてください。 3ヵ月たっても怖いという方は、4ヵ月~6か月ぐらいファーストピアスをつけていれば安心だと思います。 もし、ファーストピアスのままセカンドピアスに変えたくないという場合には、ずっとファーストピアスをつけていても問題はありません。 その場合には、時々ピアスホールのお手入れをしてくださいね。 ファーストピアスを開ける場所は?• 自宅など• 専門スタジオ• 病院 ファーストピアスを開けるときは、主に上記のような場所で開けることが多いです。 基本的に自宅で開けることが多いと思いますが、「開けるのが怖い」という人は、専門スタジオや病院を利用するのも1つの手です。 また、専門スタジオや病院には、下記のようなメリットもあります。 麻酔などで痛みを和らげてくれる• アフターケアについて教えてくれる• 流血などの心配がほとんどない ただ、お金がどうしても掛かってしまうので、初期費用を抑えたい人は、次に紹介する方法でファーストピアスを自力で開けましょう。 ファーストピアスの開け方• 開ける場所と開ける道具を消毒する• 開けたいところにペンでマークを付ける• 勢いよく開ける ファーストピアスの開け方は上記の通りです。 それでは、ファーストピアスの開け方について、順番に説明していきますね。 消毒を怠ってしまうと、細菌がピアスホールに入ってかゆみや腫れの原因になります。 また、手も石けんで綺麗に洗うことも忘れないようにしましょう。 使用するペンに関しては、市販のマジックペンでも大丈夫です。 心配な人は「無菌ペン」というペンがあるので、それを使ってマークしましょう。 ポイントとしては、怖がらずに勢いよく開けることです。 怖がりながら開けてしまうと、精神的な負担が大きくなってどんどん開けづらくなっていきます。 また、痛みも大きくなってしまうので、できるだけ一瞬で貫通させるようにしましょう。 【補足】ファーストピアスを開けた後のアフターケアについて• なるべく動かさない(触らない)• アルコール消毒はしない• 安定するまでファーストピアスを外さない• キャッチでピアスホール部分を圧迫しない ファーストピアスを開けた後は、上記のようなことをしないように注意しましょう。 また、お風呂などで石けんなどの泡を使って、なるべく優しく包み込むようにして洗うようにしましょう。 ファーストピアスの外し方 1. ピアスのヘッドをつまむ 2. ピアスキャッチをつまむ 3. ピアスキャッチを回しながら抜いていく ファーストピアスの外し方は上記の通りです。 それでは、ファーストピアスの外し方について、順番に説明していきますね。 ヘッドからつまむことで、キャッチを外すときの土台となって、とても安定します。 右耳たぶなら左手、左耳たぶなら右手でヘッドをつまむと、より安定しますよ。 ヘッドを先につまんでいるので、安定しているはずです。 コツとしては、左右に回しながらゆっくり抜くこと。 そのまま引っ張ったり、強く引っ張ってたとしても、ピアスキャッチの構造上抜けにくいです。 ましてや、ピアスホールがこすれてしまう原因にもなりますので、できるだけゆっくり抜くようにしましょう。 【補足】ファーストピアスを抜いた後は? ファーストピアスが抜けたら、ガーゼなどで清潔にしてからセカンドピアスを付けましょう。 ファーストピアスを外せたからといって、ピアスホールが安定したとは言えません。 外したままだと、ピアスホールが自然に治っていくので、セカンドピアスをつけるようにしましょう。 ファーストピアスを外すタイミングのポイント ファーストピアスを外すタイミングの見極めは6つのポイントがあります。 1ヵ月ではピアスホールが完全に完成したとは言い切れませんが、ある程度は完成に近づいています。 ピアスをくるくると回してみてください。 痛みもなくすんなり回り、出血もない場合は外してみても大丈夫です。 ピアスを前後に動かしても違和感なくスルスルと動けば外してみてください。 そのため、傷を治そうとして分泌液や血が出てきます。 まだ、分泌液や血が出ているのにファーストピアスを外してしまうと、すぐに穴がふさがってしまいます。 ピアスホールが安定するまでは分泌液や血が出てくるので、まだ出てくる場合はもう少し時間をおきましょう。 膿は粘り気が強く固体に近いです。 また、白色か黄色がかった白色で匂いがきついです。 間違いやすいのが、膿と似ているものでリンパ液とクラスティというものがあります。 リンパ液もクラスティもピアスホールが安定するまでに出てくることが多いです。 リンパ液は傷が治る過程で出てくるもので、ピアスホールから出てくるものはサラサラしていて匂いがありません。 色は透明で黄色がかっています。 クラスティはかさぶたのようにピアスホール周辺についたり、粘り気のある液体で出てきます。 匂いがあるときがありますが、痛みや腫れは出ないため、痛みや腫れがある場合は膿だと考えてもいいでしょう。 ピアスホールも同じ状態になります。 痒みがあるということはピアスホールが安定していない証拠です。 腫れは新しい皮膚を作ろうと血が集まってできるもので、ジンジンとした痛痒さが出てきます。 ぱんぱんに腫れてしまうこともありますが、外してしまうとピアスが入りにくいため外さないようにしてください。 ピアスのキャッチだけゆるくしておいて腫れが引くのを待ちましょう。 赤みが消えてきたらホールが安定してきているためファーストピアスを外しても大丈夫です。 新しい皮膚ができています。 この状態だと痛みも痒みもないと思います。 しかし、1年以上はかかってしまうため、待っていられないという方は凹みができる前にセカンドピアスに変えても大丈夫です。 ピアスを開けたときに起こりがちなトラブルについて• ピアスホール付近がかゆい• ピアスホールの周りが腫れている• ピアスホールの周りに黄色い塊が付いている• ピアスホールから血が出ている ファーストピアスを開けたときに、トラブルが起こってしまう場合があります。 その中でも、上記4つのようなトラブルが特に起こりやすいです。 では、このようなトラブルの原因と対処方法を紹介していきます。 金属アレルギーを起こしている• ピアスホールの傷が回復している ピアスホール付近がかゆくなっている原因は、主に上記の2つが考えられます。 まず、金属アレルギーについては、かゆいといった症状の他に、赤くなっていたり赤いブツブツや腫れたりする症状が見られます。 対処方法としては、純チタン製やステンレス製のファーストピアスに変えるしかありません。 症状が悪化する前に、できるだけ早く対応しましょう。 金属アレルギーではなかった場合は、ピアスホールの傷が回復している状態にあります。 基本的に2~3週間あたりで傷の回復によるかゆみを感じます。 対処方法はなく、こればかりはかゆい場所を冷やしたりするなどして、耐えるしかありません。 かゆみを抑えようと触ってしまうと、ピアスホールが安定しなくなる可能性があります。 今後のピアス生活のことを考えながら、頑張って我慢しましょう。 ピアスを開けた事による自然的な腫れ• ばい菌による炎症を起こしている ピアスホールの周りが腫れている原因は、主に上記の2つが考えられます。 ピアスを開けたときはまだ傷の状態なので、それに伴って自然に腫れることがあります。 腫れている部分を冷やしたりして、放っておけば腫れは収まります。 ただ、これが2週間近く続くのなら、ばい菌による炎症が起きている可能性があります。 アフターケアやファーストピアスをの清潔を保っていれば、腫れは徐々に直ります。 不安な人は、1度病院で見てもらうようにしましょう。 ピアスホールに悪影響をもたらすことはないので、特に心配する必要はありません。 気になるのなら、お風呂上がりのときに綿棒で優しく取りましょう。 直接手で触ったり、汚いものを使わないようにだけ気を付けましょう。 この場合は、清潔な綿棒やガーゼで優しく血を拭き取れば大丈夫です。 引っかけてないのに血が出ていたり、数日経っても血が止まらない場合は、1度病院で見てもらいましょう。 穴が安定していないけど外さないといけない場合は? アルバイトなどでファーストピアスでもどうしても外さないといけない場合になってしまったら、外した後に再度入れなおすのは危険です。 結構な痛みもありますし、出血することも多いです。 安定しないピアスホールは外すと数十分で埋まってしまいます。 無理やりあけてしまうと化膿などのトラブルにつながります。 ある程度期間をあけて再びピアッシングすることをおススメします。 ファーストピアスの選び方と注意点• ファーストピアスの「長さ」• ファーストピアスの「太さ」• ファーストピアスの「素材」• ファーストピアスの「デザイン」 ファーストピアスを選ぶときは、上記4つのことを意識して選ぶようにしましょう。 それでは、ファーストピアスの選び方について、1つずつ説明していきますね。 ただ、代表的な長さについては、下記の通りです。 耳たぶや耳の軟骨の場合は「8mm」程度• 舌の場合は「18mm」程度 ファーストピアスの長さが極端に短すぎると、うっ血したりピアスホールにデザイン部分が埋まってしまう可能性があります。 なので、ファーストピアスの長さは、余裕を持たせるようにしておきましょう。 また、ピアスを空ける場所の長さは、「ノギス」という器具を使えば、簡単に測ることができます。 100均でも販売していますので、ぜひ活用してみてください。 ピアスの太さはG(ゲージ)という単位で表されていて、数字が高くなるほど太さが細くなっていきます。 各部位でおすすめされている基本的な太さは、下記の通りです。 耳たぶの場合は「16G」• 耳の軟骨や舌など場合は「14G」 ファーストピアスが細い場合は、つけたいピアスが入りにくくなったり、ピアスホールを傷付けてしまう可能性があるので、注意してください。 もし、素材を気にせず選んでしまうと、下記のような症状を引き起こしてしまう可能性があります。 金属アレルギー• かゆみ• ただれ そんな症状が起こりにくいおすすめの素材は「純チタン」でできたファーストピアスです。 純チタンは、人間の身体に優しく、医療現場でもよく使われている素材なのです。 ただ、ファーストピアスの部品(ヘッド・ポスト・キャッチ)全てを純チタンにするようにしましょう。 1つでも違う素材だとあまり意味がないので、購入するときは部品ごとの素材にも注目しましょう。 そんなたくさんあるデザインの中でも、ボールタイプ(シンプルで丸い形のデザイン)が特におすすめです。 服や髪の毛に引っかかりにくくなるから• 引っかかることが気にならなくなるから 1ヶ月以上もの間ファーストピアスをつけるので、「お洒落で可愛いものが良い!」と思う方も多いです。 ですが、本当につけたいピアスを安全につけられるようにするためにも、ここは我慢してシンプルで使い勝手の良いデザインを使いましょう。 おすすめのファーストピアスを3つ紹介• ピナック2• ジェーピーエス セイフティーピアッサー• 瞬間ピアッサー たくさんある中でも、特におすすめのファーストピアスは、上記の3つです。 全てピアッサーに同封されているものばかりなので、初めてピアスを開ける人にも安心して使えます。 それでは、1つずつ紹介していきますね。 瞬間で付けられるので、怖さや痛みがほとんどありません。 付属のファーストピアスは、ザージカルステンレスという医療用品でも使われていて、金属アレルギーも出にくい素材を使用しています。 デザインもシンプルで、カラーバリエーションも6種類と多く、ファーストピアスでもお洒落がしやすいです。 価格もリーズナブルなので、リピートする人も続出の人気商品です。 初めてピアスを開ける人におすすめのピアッサーです。 太さは16Gで長さは8mmと、耳たぶを開けるときに最適の条件が整っています。 素材もザージカルステンレスを使っているので、金属アレルギーの人も心配ありません。 また、ボールタイプのデザインになっているので、アフターケアがしやすく、服や髪の毛に引っかかりにくくなっています。 後からじんわりと痛みがくるタイプなので、開けた瞬間に大きな痛みが走るということはありません。 ピアスを開け慣れていない人におすすめのピアッサーです。 また、素材はザージカルステンレスでできているので、金属アレルギーの人でも気軽に使用できます。 カラーバリエーションも14種類と、他のピアッサーと比べても多いです。 ECサイトやSNSの口コミでも高評価で、リピートして購入する人も続出しているほどの人気商品です。 「とにかく痛みだけどうにかしたい!」という人におすすめのピアッサーと言えるでしょう。 ファーストピアスを開けるときによくある質問 ファーストピアスを開けるときによくある質問を集めてみました。 初めてファーストピアスを開けようとしている人や、開けるか迷っている人は参考にいてみてください。 ただ1つ言えることは、ピアッサー以外で開けると、開けた直後に結構な痛みがあります。 逆にピアッサーで開けると、後からじんわりとした痛みが多少であるくらいです。 痛みをどうしても感じたくないのなら、病院か専門スタジオに行って、開けてもらいましょう。 透明ピアスに傷がついて、清潔を保てないから• かゆみや腫れが起きる可能性が高いから 「バイトや仕事の都合上、透明じゃないとダメ!」という人は、セラミック製かガラス製のピアスで代用しましょう。 耳たぶを最初に開けた方がいい理由としては、主に下記の3つが挙げられます。 安定して開けやすいから• 痛みが少ない場所だから• 友だちに手伝ってもらいやすいから おへそや耳の軟骨など、ピアスを開けられる場所はたくさんあります。 ですが、痛みや恐怖、アフターケアのやり方に慣れるという意味でも、耳たぶから開けることをおすすめします。 まとめ ピアスホールは傷です。 きちんと安定してからセカンドピアスに変えてくださいね。 ピアスホールのケア方法はこちらの記事を読んでください!.

次の