ストリーミング シェイパー。 ストリーミング・シェイパー【デュエルマスターズトレカお買得価格通販:トレコロ】

ストリーミング・シェイパー【レア】DMC │デュエルマスターズ通販専門店 アカタカ

ストリーミング シェイパー

アクアン R 水文明 4 クリーチャー:サイバーロード 2000 このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から5枚を表向きにしてもよい。 その中から光と闇のカードをすべて自分の手札に加え、残りを自分の墓地に置く。 驚異的なを持つである。 無き後のの中心を担い、その後もなどの強豪と渡り合ってきた実力者である。 から5枚をにし、とのをすべてに加えられる。 さすがに5枚すべてというわけにはいかないが、を工夫すればを上回るが可能。 かあるいは両方のと、として必要なのの内での比を3:1ほどにすることで、ほぼ確実に3枚から4枚のができる爆発力を持っている。 4で3枚引くがになっていると考えると、そのは恐るべきものがあり、4目にこのをされると一気に差が開く。 殿堂レギュレーションのの中で白眉の性能を持つと比べても、引けるのこそ違えど1軽く、さらに2000のが付くという破格のである。 ルール [ ]• にしたをに加えるなので、ルール上はではない。 つまり「カードを引く」わけではないので、一部によって誘発する他ののは使えない。 からめくったは相手にも見せなければならない。 テクニック [ ]• 本来の役割はだが、外れたがに落ちることを生かし、や各種持ちと組む使い方もある。 環境において [ ] 登場以来、型の、、型の、などの強力なの中核となってきた。 でのとしても使える、とのが登場すると、さらに内の引けるカードの比率が上がって使いやすくなった。 登場初期の環境ではのであってもこのカードで回収できるだけで十分採用に値し、そのことからこのカードの影響力が分かるだろう。 2004年12月15日より、殿堂入りカードに指定された。 ところが「1枚になってしまったことで、かえって4目に使えるかどうかの感が強まってしまった」との声もあった。 と同じく、余りに強力なはそれを引けるかどうかで勝敗が大きく左右されるため、ではのような展開になりやすい。 殿堂入り後、からにかけてはや、を中心に利用された。 ではやを中心に使われた。 ここに来て、種族が重要視されるようになったということである。 最後の活躍はにおける、での使用実績である。 「1枚引ければ勝負が決まる運ゲーを助長する」という批判から、2011年1月15日より、《サイバー・ブレイン》と共についにプレミアム殿堂入り。 そう言った意味ではとなったのも頷けるだろう。 のにはほぼ確実に採用され続けてきた彼も、の中で隠居生活を送ることとなった。 現在ではのがいるので、そちらを使うと良い。 という制度が生まれたものの、純粋なの評価が落ち続けている昨今でもこのカードはなお破格のスペックであり、とのコンボはであってもと合わせて系にすんなり入ってしまうため、解除は難しいだろう。 ではの初動としてと共に使われている。 他のカードとの関係 [ ]• のがと。 いずれも表向きにする枚数が3枚に減っている。 ちなみにはが5と重すぎて使われなかったために再度調整されたそちらのである。 背景ストーリーでの活躍 [ ]• となりゲームから姿を消した後も、やので再登場しており、では未だに現役である。 《アクアン》や《クアトロ・ブレイン》のフレーバーテキストから察するに、《アクアン》は文明や文明に武器を卸している武器商人であると考えられる。 しかし、《クアトロ・ブレイン》から読み取るに光と闇がメインのの思想には反対であり(平和では武器が売れないため)、に協力しているようだ(彼の子供であるもに協力的である)。 これは《アクアン》を 光と闇の入っていないデッキに入れると墓地肥やしとなり、墓地戦略を得意とするに有利になるからであろう。 現にはなどに採用されている。 で強調されていた守銭奴キャラが極まり、ではついにバージョンが収録された。 事務局の回答によると、このカードは 2000万デュ円として実際に使用できるとのことで、はそのことを現した言葉遊びとなっている。 ちなみにも同じくにされている。 漫画での活躍 [ ]• 漫画「FE」ではがベルベル戦で使用している。 の能力でされた。 「SX」番外編でもが使用し、にとどめをさした。 なお、のによって増えたの中に明らかに「2枚目」の《アクアン》が入っていた。 連載当時はしていたため、おそらくはミスだろう。 (そもそも向こうの世界に殿堂ルールがあるのかは不明だが。 漫画「覇王伝ガチ!! 」では、が戦で使用。 実際に能力が使われる描写は無かったが、おそらく大量ので試合に貢献したのだろう。 最終的にとどめを刺したのもこの1体。 では [ ] アクアン SR 水文明 4 クリーチャー:サイバーロード 2000 バトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。 その中から光のカードと闇のカードをすべて自分の手札に加え、それ以外を自分の墓地に置く。 に昇格。 能力が強制かつ表向きにできる枚数 手札に加えられる最大枚数 が3枚に減少され弱体化。 からを取り除いたような性能と化した。 多色が存在しない第2弾まででは【アクアンホワイト】【アクアンホワイトブラック】【アクアンブラック】の軸として使われていた。 対戦中の公開ゾーンのカードを度外視した手札補充の確率は以下の通り。 デッキの光or闇 3枚中光or闇が 3枚 2枚 1枚 0枚 36枚 約72. 計算上は、32枚以上のとき90%以上の確率で2枚以上の手札補充ができることになる。 その他 [ ]• 横須賀市上下水道局のイメージキャラクター「アクアン」はこのクリーチャーと同じく水をモチーフにしたキャラクターであり、あちらは1998年度に横須賀市上下水道局が開局90周年を記念して製作したため、一見すると公開時期の近いこちらとは縁がありそうだが、全く無関係。 海外版のでは、日本版の達のイラストを持つクリーチャーが「Aquan」という種族を持っている。 当の《アクアン》のイラストを持つクリーチャーの種族はCyber Lordであり、性能としてはと全く同じカードになっている。 このカードに限った話ではないが、にしたを見て、墓地または手札に移動させるではに置かれる事を俗に「」、逆にに加えることを「拾う」という。 関連カード [ ]• このクリーチャーが描かれているカード• [ ]• 中立が一番儲かるのさ。 敵の敵は、友。 でも、味方の味方は、お客様。 に売れるものはにも売れる、誰だって自分に向けられる刃は気になるもんさ。 今日も世界は事件だらけ。 結構結構。 儲かりすぎるのもだな。 にひひひ。 このデュ円は本当に使えるのさ。 ---アクアン 収録セット [ ] [ ]• illus. (新規イラスト)• (2000万デュ円版)• illus. 参考 [ ]•

次の

《ストリーミング・シェイパー》

ストリーミング シェイパー

ストリーミング・チューター R 水文明 5 呪文 自分の山札の上から5枚をすべてのプレイヤーに見せる。 その中の火と自然のカードをすべて自分の手札に加え、それ以外のカードを自分の墓地に置く。 で登場したの。 5マナのカード1枚が最大で5枚に化ける可能性がある、強力な手札補充である。 の主力として重宝されるカード。 内ののカードを11枚前後に絞ることで、3、4枚の安定したが可能。 同じく5コストで構築に縛られず、のも含めて確実に3枚が可能なと居場所を争うことになる。 登場以来を筆頭に様々なのとして活躍。 やのようなが重要なとも相性がいい。 現在ではなどの殴り手を兼ねたが増えたため、以前に比べると採用されないことが多くなった。 それでも5で最大5枚のは希少であることに変わりはない。 が合い、かつ上記を採用しづらいであればまだ候補に挙がるだろう。 やでは、もできるも使える。 によって使い分けるか、場合によっては両方投入してもいいだろう。 対象は変わったものの、実質1増え、になったともいえる。 このはなどと同様、ではない。 よって、などにある、「を引いた時」というは誘発しないので注意。 人気なのにも関わらず長い間されていなかったが、後にの付録として再登場。 その後でも再録されたため、ようやく入手しやすくなった。 では・・・・と思われるが戦隊ヒーローのようなポーズをとっている。 おそらくにある「仮面戦隊デュエマ5」であろう。 版では仮面をかぶっている。 漫画「SX」では明谷ショーが戦で使用。 5枚全てがとでに加えられないことに落ち込んでいたが、構成的にやを入れていたとは考えにくく、をに落としてを高速するために採用していたと考えられる。 実際にその後、残った1でをした。 ちなみに、当時のカードプールでそこまでするならを使った方が早い。 関連カード [ ]• [ ]• 火を噴け、花を咲かせ、世界よ、生まれろ!• とのパワーを!• 目指せ!5人集合!• illus.

次の

デュエルマスターズ ストリーミング・シェイパー

ストリーミング シェイパー

アクアン R 水文明 4 クリーチャー:サイバーロード 2000 このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から5枚を表向きにしてもよい。 その中から光と闇のカードをすべて自分の手札に加え、残りを自分の墓地に置く。 驚異的なを持つである。 無き後のの中心を担い、その後もなどの強豪と渡り合ってきた実力者である。 から5枚をにし、とのをすべてに加えられる。 さすがに5枚すべてというわけにはいかないが、を工夫すればを上回るが可能。 かあるいは両方のと、として必要なのの内での比を3:1ほどにすることで、ほぼ確実に3枚から4枚のができる爆発力を持っている。 4で3枚引くがになっていると考えると、そのは恐るべきものがあり、4目にこのをされると一気に差が開く。 殿堂レギュレーションのの中で白眉の性能を持つと比べても、引けるのこそ違えど1軽く、さらに2000のが付くという破格のである。 ルール [ ]• にしたをに加えるなので、ルール上はではない。 つまり「カードを引く」わけではないので、一部によって誘発する他ののは使えない。 からめくったは相手にも見せなければならない。 テクニック [ ]• 本来の役割はだが、外れたがに落ちることを生かし、や各種持ちと組む使い方もある。 環境において [ ] 登場以来、型の、、型の、などの強力なの中核となってきた。 でのとしても使える、とのが登場すると、さらに内の引けるカードの比率が上がって使いやすくなった。 登場初期の環境ではのであってもこのカードで回収できるだけで十分採用に値し、そのことからこのカードの影響力が分かるだろう。 2004年12月15日より、殿堂入りカードに指定された。 ところが「1枚になってしまったことで、かえって4目に使えるかどうかの感が強まってしまった」との声もあった。 と同じく、余りに強力なはそれを引けるかどうかで勝敗が大きく左右されるため、ではのような展開になりやすい。 殿堂入り後、からにかけてはや、を中心に利用された。 ではやを中心に使われた。 ここに来て、種族が重要視されるようになったということである。 最後の活躍はにおける、での使用実績である。 「1枚引ければ勝負が決まる運ゲーを助長する」という批判から、2011年1月15日より、《サイバー・ブレイン》と共についにプレミアム殿堂入り。 そう言った意味ではとなったのも頷けるだろう。 のにはほぼ確実に採用され続けてきた彼も、の中で隠居生活を送ることとなった。 現在ではのがいるので、そちらを使うと良い。 という制度が生まれたものの、純粋なの評価が落ち続けている昨今でもこのカードはなお破格のスペックであり、とのコンボはであってもと合わせて系にすんなり入ってしまうため、解除は難しいだろう。 ではの初動としてと共に使われている。 他のカードとの関係 [ ]• のがと。 いずれも表向きにする枚数が3枚に減っている。 ちなみにはが5と重すぎて使われなかったために再度調整されたそちらのである。 背景ストーリーでの活躍 [ ]• となりゲームから姿を消した後も、やので再登場しており、では未だに現役である。 《アクアン》や《クアトロ・ブレイン》のフレーバーテキストから察するに、《アクアン》は文明や文明に武器を卸している武器商人であると考えられる。 しかし、《クアトロ・ブレイン》から読み取るに光と闇がメインのの思想には反対であり(平和では武器が売れないため)、に協力しているようだ(彼の子供であるもに協力的である)。 これは《アクアン》を 光と闇の入っていないデッキに入れると墓地肥やしとなり、墓地戦略を得意とするに有利になるからであろう。 現にはなどに採用されている。 で強調されていた守銭奴キャラが極まり、ではついにバージョンが収録された。 事務局の回答によると、このカードは 2000万デュ円として実際に使用できるとのことで、はそのことを現した言葉遊びとなっている。 ちなみにも同じくにされている。 漫画での活躍 [ ]• 漫画「FE」ではがベルベル戦で使用している。 の能力でされた。 「SX」番外編でもが使用し、にとどめをさした。 なお、のによって増えたの中に明らかに「2枚目」の《アクアン》が入っていた。 連載当時はしていたため、おそらくはミスだろう。 (そもそも向こうの世界に殿堂ルールがあるのかは不明だが。 漫画「覇王伝ガチ!! 」では、が戦で使用。 実際に能力が使われる描写は無かったが、おそらく大量ので試合に貢献したのだろう。 最終的にとどめを刺したのもこの1体。 では [ ] アクアン SR 水文明 4 クリーチャー:サイバーロード 2000 バトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。 その中から光のカードと闇のカードをすべて自分の手札に加え、それ以外を自分の墓地に置く。 に昇格。 能力が強制かつ表向きにできる枚数 手札に加えられる最大枚数 が3枚に減少され弱体化。 からを取り除いたような性能と化した。 多色が存在しない第2弾まででは【アクアンホワイト】【アクアンホワイトブラック】【アクアンブラック】の軸として使われていた。 対戦中の公開ゾーンのカードを度外視した手札補充の確率は以下の通り。 デッキの光or闇 3枚中光or闇が 3枚 2枚 1枚 0枚 36枚 約72. 計算上は、32枚以上のとき90%以上の確率で2枚以上の手札補充ができることになる。 その他 [ ]• 横須賀市上下水道局のイメージキャラクター「アクアン」はこのクリーチャーと同じく水をモチーフにしたキャラクターであり、あちらは1998年度に横須賀市上下水道局が開局90周年を記念して製作したため、一見すると公開時期の近いこちらとは縁がありそうだが、全く無関係。 海外版のでは、日本版の達のイラストを持つクリーチャーが「Aquan」という種族を持っている。 当の《アクアン》のイラストを持つクリーチャーの種族はCyber Lordであり、性能としてはと全く同じカードになっている。 このカードに限った話ではないが、にしたを見て、墓地または手札に移動させるではに置かれる事を俗に「」、逆にに加えることを「拾う」という。 関連カード [ ]• このクリーチャーが描かれているカード• [ ]• 中立が一番儲かるのさ。 敵の敵は、友。 でも、味方の味方は、お客様。 に売れるものはにも売れる、誰だって自分に向けられる刃は気になるもんさ。 今日も世界は事件だらけ。 結構結構。 儲かりすぎるのもだな。 にひひひ。 このデュ円は本当に使えるのさ。 ---アクアン 収録セット [ ] [ ]• illus. (新規イラスト)• (2000万デュ円版)• illus. 参考 [ ]•

次の