ほん 怖 2019 ない。 【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【怪談漫画】「本当にあったちょっと怖い話」が作り込まれていないリアルな怖さ

ほん 怖 2019 ない

閣議後に記者会見する柴山昌彦文部科学相=2月8日、国会内(写真=時事通信フォト) 一方、新聞はどこも「スマホ解禁」に否定的である。 その理由はいくつかある。 学力や視力の低下、歩きスマホでの事故、盗難や破損、持てる子と持てない子の格差、友達同士のトラブル……。 要するに「子供の成長を害する」という否定的な意見が多い。 禁止を続けても、隠れて使うだけだ しかしながら沙鴎一歩は、「スマホ解禁」には大賛成である。 持ち込みを禁じるほうが、間違っている。 いまや小学生や中学生の半数以上が、スマホを持つ時代だ。 膨大な情報から必要な正しい情報を抜き出して活用する能力が求められる。 持ち込み禁止は時代に逆行する。 このまま禁止を続ければ、子供たちはスマホの正しい使い方を知らないまま、育つ危険性がある。 スマホを隠して学校に持っていき、隠れて使うことにもなる。 いやもうすでにそうした事態は起きている。 それゆえスマホを解禁し、小学生のうちから正しい使い方を学校で指導すべきだ。 鉄は熱いうちに打てという。 歩きスマホやスマホ依存といった危険性や、ルールに従って使うことの重要性について、子供のときに教え込むことが大切だ。 大人になってからでは遅い。 駅のホームや路上で「歩きスマホ」をしている人はたくさんいる。 なぜだろうか。 大人に注意を呼びかけても、「自分は大丈夫だ」という意識が先に働くからだろう。 ここは子供を信頼し、学校で使用させてみてはどうだろうか。

次の

使い方と危険性を誰からも習わない

ほん 怖 2019 ない

推奨は2回接種だが……(写真:よっし/PIXTA) 麻疹(麻しん、はしか)が流行している。 10月2日、東京都品川区の企業で集団発生が報告された。 品川区によれば、10月4日時点で10人の患者の診断が確定した。 流行は東京だけでない。 9月以降、静岡県藤枝市や神奈川県横浜市でも発生が報告されており、流行は全国で確認されている。 国立感染症研究所によると、2019年の麻疹報告数はすでに700例を超えており、近年で最も多い。 もちろん、これは氷山の一角だ。 私を含め、多くの医師は麻疹を診察した経験が少なく、見落としている可能性も高い。 麻疹とは麻疹ウイルスによって起こる感染症だ。 東京都福祉保健局のホームページによれば、「約10~12日間の潜伏期間の後、38度程度の発熱やかぜの症状が2日から4日続き、その後39度以上の高熱とともに発しんが出現する。 主な症状は、発熱・発しんのほか、せき、鼻汁、目の充血など。 合併症として、肺炎、中耳炎、まれに脳炎、失明などがある」という。 過去10年にわたり6回流行している 麻疹ウイルスは感染力が強く、せきやくしゃみによる飛沫だけでなく、病原体粒子が空中を漂い、離れたところにいる人も感染する。 これを空気感染といい、食い止めるのは難しい。 麻疹が怖いのは合併症を起こすことだ。 医療が発達したわが国でも致死率は0. 1~0. 2%とされている。 わが国は麻疹の流行を繰り返してきた。 過去10年間に限っても2012、2014、 2015、2016、2018年、そして今年と6回も流行している。

次の

【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

ほん 怖 2019 ない

最近のコメント• に SAKURA より アーカイブ• カテゴリー• 3,497• 251• 126• 222• 1,159• 1,101• 103• 327• 208• 747• 598• 204• 178• 100•

次の