年金 は 何 歳 から もらえる の。 「国民年金」は何歳から何歳まで払えばいいの?

年金は何歳から貰えるの?受給開始年齢のホントの話し

年金 は 何 歳 から もらえる の

一概に年金といっても、国民年金、厚生年金があります。 国民年金の老齢基礎年金(定額部分)支給開始年齢は「原則65歳支給開始」です。 厚生年金の老齢厚生年金(報酬比例部分)については、昭和61年4月以前では「原則60歳支給開始」となっていましたが、徐々に支給開始年齢が引き上げられ、平成12年の改正では生年月日によっての支給開始年齢も引き上げられることが決定しました。 下に年金支給年齢早見一覧表を掲載しましたので、ご自分の性別と誕生日で見てください。 あまりたくさんの表になると見にくいかもしれませんので男性で昭和24年生まれの人(今年71歳)、女性で昭和29年生まれの人(今年66歳)の人からにさせていただきました。 この年齢から下の年齢の人は厚生年金の老齢厚生年金(報酬比例部分)が何歳からもらえるかの違いだけです。 Sponsored Link 年金受給開始年齢早見一覧表 生年月日(年齢) 厚生年金 60歳 61歳 62歳 63歳 64歳 65歳• 男性:昭和24年4月2日~昭和28年4月1日( 71歳~67歳)• 男性:昭和28年4月2日~昭和30年4月1日( 67歳~65歳)• 男性:昭和30年4月2日~昭和32年4月1日( 65歳~63歳)• 男性:昭和32年4月2日~昭和34年4月1日( 63歳~61歳)• 男性:昭和34年4月2日~昭和36年4月1日( 61歳~59歳)• 男性:昭和36年4月2日以降生( 59歳~下)• たとえば、歳の差夫婦で夫が65歳をすぎて妻が65歳未満で専業主婦なら65歳になるまで加算して支給される年金です。 私の場合は昭和36年4月2日以降生れですから、すべて65歳からしかもらえませんわ。 60歳からもらえるはずの年金が支給開始年齢が5年も引き上げられて、なんか詐欺にあったような気がするのは私だけでしょうか? サラリーマンの厚生年金の平均が、毎月14. 5万だそうですから、 14. 5万x12か月x5年=870万円 自分の寿命は決まっているわけですから、生きている間に870万円もらえたはずがなくなったわけです。 いままで積み立てた年金を全額返してくれるならいいですが、そういうわけにもいかなそうですから、年金積立を続けるしかないですけどね。 どう考えても釈然としません。 自己責任、自己責任とよく耳にするようになりましたが、もはや国とか年金をあてにしては危ない時代なのかもしれませんね。 【追記】 繰り上げ受給と繰り下げ受給 年金受給開始年齢は65歳が原則で、支給開始年齢を60歳~70歳まで選ぶことができます。 65歳が基準で早く年金を受給することを、「繰り上げ受給」、遅く受給することを「繰り下げ受給」といいます。 繰り上げ受給の場合は、年金受給額が減額され、繰り下げ受給の場合は増額されます。 減額は最大30%(60歳0ヵ月受給)、増額は最大42%(70歳0ヵ月受給)となっています。 それだけでなく、自分や配偶者の受給できる年金額や老後の生活費の収支状況、 老後資金としていくら必要なのかもわかる方法です。 LINEに友達申請いただければ今すぐ無料でレポートをダウンロードできます。 【この無料レポートで得られる情報】 あなたの生命保険の必要保障額 あなたや配偶者の老後の年金受給額 あなたが用意しなければならい老後資金 あなたの老後の生活資金の収支状況(キャッシュフロー) あなたの一生涯の収入と支出 などなど・・・これらを把握できれば、あなたが老後に向けて対策していく第一歩となるでしょう。 Sponsored Link.

次の

年金の受給額~わたしはいくらもらえる?年代・年収・職業別に解説~

年金 は 何 歳 から もらえる の

日本の公的年金制度。 3階建てといわれる年金制度だが、1階部分の国民年金からは老齢基礎年金が、2階部分の厚生年金から老齢厚生年金が支給される まずは、公的年金の仕組みについておさらいをしておきましょう。 日本に居住している20歳以上60歳未満の人は、国民年金の被保険者となります。 その中でも3つに分類されており、サラリーマンや公務員など職場から加入している人を「第2号被保険者」、その第2号被保険者の被扶養配偶者で年収130万円未満の人は「第3号被保険者」、それ以外の自営業者等は「第1号被保険者」になります。 また年金制度は「3階建て」といわれています。 全員が加入している国民年金(基礎年金)=1階部分• 会社員や公務員などの第2号被保険者が加入している厚生年金=2階部分• や、=3階部分 この記事では、基本的な1階、2階部分の年金支給額をご紹介します。 標準的なモデル世帯の年金受給額:国民年金は月々6万5141円、厚生年金は夫婦で22万724円 令和2年度の新規裁定者(67歳以下の方)の年金額の例。 厚生年金は、夫が平均的収入(平均標準報酬(賞与含む月額換算)43. 国民年金から支給される老齢基礎年金は、20歳から60歳まで40年間保険料を支払った人で、1人1カ月6万5141円。 また、厚生年金から夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な年金額として22万724円とのこと。 令和元年度より0. これは、「2019年平均の全国消費者物価指数」(生鮮食品を含む総合指数)のアップを受けての改定となっています。 また厚生年金額の標準的なモデル夫婦は、夫が平均的収入(平均標準報酬(賞与含む月額換算)43. 9万円)で40年間就業し、妻がその期間すべて専業主婦であった世帯が令和2年度に年金を受け取り始める場合の給付水準です。 平成30年度で国民年金が5万5708円、厚生年金が14万3761円となっています。 ここでいう厚生年金は公務員や私学共済等以外の民間企業からの加入者になります。 厚生年金が国民年金の約2. 6倍となっており、厚生年金として9万円弱が上乗せされているのがわかります。 国民年金は平成26年度から上昇しています。 納付月数が多い受給者が増えてきたためと思われます。 また国民年金のカッコ内は、厚生年金の受給権を持たない人の平均です。 一般的にずっと自営業だった人などが当てはまります。 平均が5万1901円と、さらに低い水準となっています。 国民年金の月々の平均支給額、最多層は6万円台 国民年金受給権者の男女別の平均受給月額(平成30年度末時点、単位:円) 平均金額は男子の5万8775円なのに対して、女子は5万3342円。 女子は3万円台からばらついているのが目立つ (出典:厚生労働省年金局「平成30年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」) 表は、国民年金受給権者の受給金額(月額)を男女別にまとめたものです。 全体では、月額6万円台を受給している層が一番多く、平均は5万5708円。 全体の半分以上が5万円以上の支給となっています。 ところが、女性だけを見ると様子が変わってきます。 女性の最多層は月額6万円台で31. 2%となっていますが、5万円台も24. 1%あり、3万円台から7万円台まで散らばっているのがわかります。 月額3万円台はもちろん、6万円台でも生活費としては厳しいところでしょう。 は、年金を納めた期間(もしくは、免除などの期間)に比例して年金受給額が決まるという単純なものです。 女性の場合は、年金の加入期間が少ない人が多いということですね。 専業主婦が任意加入だった時代に加入していたかどうかで年金額の差が出ているのでしょう。 厚生年金の1カ月あたり平均支給額を男女別に見ると…… 厚生年金保険(第1号)受給権者の男女別の平均受給月額(平成30年度末時点、単位:円) 平均年金額は月額14万3761円と、国民年金の受給額よりは高い。 男子は16万3840円、女子は10万2558円と、男女間での受給額の差が大きくなっている (出典:厚生労働省年金局「平成30年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」) 表は厚生年金保険(第1号:公務員以外の民間企業から加入)受給権者の受給金額(月額)を男女別にまとめたものです。 厚生年金は、国民年金の基礎年金に加えて厚生年金部分が支給されているので、国民年金より支給額が多くなっています。 厚生年金の平均受給額は月14万3761円と国民年金のみの約2. もちろん、現役時代に支払った保険料も厚生年金のほうは高額になってはいるのですが、この差は大きく感じられます。 この金額があれば、生活の基本的な部分はまかなえるといったところでしょうか? また、男女差も見ておきましょう。 男子の平均が16万3840円に対して女子は10万2558円。 男子は女子の1. 6倍の受給となっています。 また女子の分布にも注目です。 女子の44. 3%が5~10万円の分布になっています。 これは国民年金の受給にほんの少し上乗せがある程度。 自分自身で会社員として厚生年金に加入していた期間がとても少ないことがわかります。 公的年金だけでなく自分年金づくりも大切 以上、現時点で年金の受給権を持つ人たちの平均額を紹介しました。 多くの人にとって、これらの支給額だけでは老後の生活はまかなえそうにないという結果です。 これらの公的年金は一生涯受給できる大切な収入源。 受給できる年金額を増やしながら、独自で老後の資金計画を立てるという2本立ての対策が必要ですね。 【関連記事】•

次の

年金受給額の平均は?厚生年金と国民年金は月々いくらもらえる? [年金] All About

年金 は 何 歳 から もらえる の

私たちは年金保険料を毎月払っていますが、年金の受給権は何歳から発生するのでしょうか? そもそも自分には、年金の受給資格があるのかについても、事前に確認して手続きにもれのないようにしましょう。 私たちは年金保険料を毎月払っていますが、年金の受給権は何歳から発生するのでしょうか? そもそも自分には、年金の受給資格があるのかについても、事前に確認して手続きにもれのないようにしましょう。 国民年金は65歳から、厚生年金は生年月日によります日本人共通の『国民年金』は原則65歳から受給開始となりますが、『厚生年金』は生まれた年によって受給できる年齢が違います。 会社員(第2号被保険者)の人で、次の要件を満たしている人は、『特別支給の老齢厚生年金』を60歳から64歳まで受け取れます。 生年月日の要件 男性:昭和36年4月1日以前の生まれ 女性:昭和41年4月1日以前の生まれ 2. 受給資格要件 老齢基礎年金の受給資格期間(10年)がある。 厚生年金保険等に1年以上加入歴がある。 60歳以上である。 この『特別支給の老齢厚生年金』には、『報酬比例部分』と『定額部分』の2つがあります。 『報酬比例部分』と『定額部分』両方もらえる人は、 男性:昭和24年4月1日以前生まれ 女性:昭和29年4月1日以前生まれ つまり、すでに65歳を超えている人です。 男性で昭和36年4月2日以降、女性で昭和41年4月2日以降の生まれの人は、『老齢基礎年金』『老齢厚生年金』ともに、65歳から終身にわたって受け取ることになります。 繰上げ受給で60歳から受け取り可能、70歳まで繰下げ受給できる繰上げ・繰下げ制度により、受給開始を60歳からに繰上げ受給、70歳まで繰下げ受給することもできます(改正法案が今国会にて審議中)。 繰上げ受給:1カ月あたり0. 5%減額 繰下げ受給:1カ月あたり0. 7%増額 繰上げ請求するといくつかのデメリットがあります。 十分理解した上で繰上げ請求するかどうかを決める必要があります。 年金受給には、年齢要件だけではなく、年金に10年以上加入していることが必要老齢年金を受け取るためには、年齢要件だけではなく、年金に10年以上加入しているという受給資格期間を満たしていることが必要です。 受給資格期間は、保険料納付済期間と国民年金の保険料免除期間などを合算した期間です。 従来は25年を要していましたが、平成29年8月1日から10年に短縮されました。 もし収入の減少や失業等により国民年金保険料を納めることが経済的に難しいときは、未納のままにしないで「国民年金保険料免除・納付猶予制度」の申請をする方法を検討してください。 申請をして承認されると、年金受給資格期間に算入されます。 保険料免除の割合によって、割合に応じた金額が受給年金額に反映されます。 納付猶予の場合は金額には反映されません。 ですが、保険料免除や納付猶予になった保険料を追納可能期間(対象になった各月から10年間)以内に納付すると保険料納付済み期間となり、受給年金額に反映されます。 今後、老後の生活資金として重要な年金請求の手続き漏れや無年金生活を防ぐためにも、今のうちから、きちんと確認しておくのが大切です。 監修・文:深川 弘恵 短期大学卒業後大手酒造メーカーに就職。 その後、都市銀行、経理事務、各保険会社、保険代理店での業務経験からファイナンシャルプランナーの資格、証券外務員資格、各種保険募集人の資格を取得する。 経験学習を活かした個人相談、講師、資格本の編集等の経験あり。 現在は保険代理店に所属し日本FP協会の埼玉支部において、フォーラム活動に従事。

次の