ローブシン 育成 論。 【ポケモンUSUM】アローラ対応型ローブシンを育成してみました♪【育成論】

ローブシン、ポケモン剣盾環境で復権の可能性 フェアリータイプで辛いのはミミッキュ程度?

ローブシン 育成 論

普通のポケモンが2ターンかけてようやく可能な両壁貼りを、氷タイプで殴りつつできてしまう超性能の技です。 アタッカーとしてできる限りダメージを与えたいので極振り• ラプラスミラー意識の最速 特性 この型では、ダイストリームで雨を降らせて自己補完できる「うるおいボディ」を採用しています。 ウオノラゴンのエラがみを無効化できたり、受け出ししやすくなる「ちょすい」も良さそうです。 持ち物 オーロラベール対策の「 かわらわり」を、逆に活用することができる「 じゃくてんほけん」を採用して抜きエースとしての性能を上げています。 また、耐久無振りでもそこそこ耐久が高めなラプラスは、キョダイマックス後なら、 壁なしでC特化ロトムの10万を2耐えするほどの耐久力があります。 4倍弱点がなく、ダイマックスで実質弱点がなくなるため、比較的HPを温存した状態で抜き体制を整えることができます。 運用 基本的にはどんなポケモンと対面しても、初手「キョダイセンリツ」から壁を貼って殴り合います。 あくびもちのポケモンに対してはダイサンダーを打ったり、ダイストリームで雨を降らせて回復しましょう。 確定技 わざ 採用理由 かみなり ・高火力でんき打点。 ダイサンダーであくび対策 ・雨下で必中になるので巨大ラプラスと高相性 10まんボルト ・命中安定でんき打点。 ダイサンダーであくび対策 ・ダイサンダーの威力は雷より10下がる りゅうのはどう ・ダイドラグーンのAダウンで物理アタッカーとの殴り合いに有利 サイコキネシス ・命中安定エスパー打点 ・ラプラス対策で出てきた格闘への打ち合いに強く、ダイサイコでマッパを封じれる こおりのつぶて ・先制技 ぜったいれいど ・起点回避。 チョッキ受けなどに。 オーロラベールによる耐久力の強化は非常に強力ですが、ラプラスは素早さのあるポケモンではないのでキョダイマックスを使う際には有利対面を作り出すことが必須条件です。 オーロラベールさえ張ることができれば倒されてしまっても後続が動きやすい環境を作りだすことはできるので、裏には積みポケモンなどの抜きエースを選出しておきましょう。 もしフリーズドライを使うことでしか突破できない場面に遭遇した場合には、キョダイマックスに拘らりすぎないように注意です。 環境に多いオーロンゲなどの壁貼りポケモンのついでに対策しておきましょう。

次の

【ポケモン剣盾】巨大ラプラスの育成論と対策【ソードシールド】

ローブシン 育成 論

ダメージ計算はAndroid用アプリ「ポケマネ」様を使用させて頂きました。 本育成論内で登場する仮想敵は全て個体値31を想定しています。 閲覧ありがとうございます。 2度目の育成論執筆となります。 長い間使用してるうちに相棒となった私のローブシン。 自分の中でも更なる見解を深めるため、他の人にもローブシンを使って頂くため型バレ覚悟で筆を執りました。 どうかよしなに。 使用経緯と長所、差別点• 使用経緯 環境を全体的に見れば非常に不利なに加え、低威力なダイナックルの影響でローブシンの居心地は非常に良くないですが、初期に流行った弱点保険を筆頭にやや、そしてに有利なアタッカーとして採用の価値はあります。 長所 短所 鉄の拳は格闘技or抜群技では無いと1. 44倍補正が十分に働かない点やダイマックス時は特性の補正が掛からない点、単純に状態異常への耐性を持てない点が弱いと感じます。 ちなみにA特化の珠飛び膝の火力はA特化根性のドレインパンチの火力を余裕で凌ぎます。 飛び膝は命中不安なのが唯一の救いですね。 特性 こんじょうで確定です。 持ち物 かえんだまで確定です。 性格 本育成論では意地っ張りで確定ですが、勇敢でも問題ありません。 努力値・実数値 努力値配分 H84 A172 B252 実数値 H191 A200 B147 C D85 S57• 調整意図 HP:火傷ダメージを抑えるため16n-1 A:根性発動時にH4をマッハパンチで確定1発 B:役割対象の多い物理アタッカーへ厚くするため振り切り。 S:最遅抜かれ。 勇敢の場合は個体値28,29 HPは212振り 実数値207 でも16n-1兼8n-1になりますが、ドレインパンチによるHP回復効率が落ちるのでこちらを推奨します。 6n-1でゴツゴツメットやてつのトゲによるダメージも抑えられます。 技構成• ドレインパンチ 確定技。 メインウェポン兼HP回復ソース。 火力は数値と特性で賄える上に、ダメージを負いやすいため必須です• マッハパンチ エビワラーから遺伝 確定技。 倒れる前に相手の削りを遂行したり、低耐久アタッカーを倒す事も可。 以下選択技• かみなりパンチ 選択枠の中で最も優先順位が高いです。 への打点になります。 ビルドアップ 私のお気に入りです。 火傷ダメージ稼ぎの目的で守るやダイウォールが若干されやすいため、それを読んで積むことが可能。 使用頻度が高くなりがちなダイウォールとしても活用できます。 しっぺがえし 低速アタッカーと相性のいい技ですが、後攻から弱点を突ける相手は程度な上に、格闘技透かしの交代からしっぺ返しを打つと弱点保険が発動する恐れがあり、使いづらさのある技です。 ほのおのパンチ への打点になりますが、へ無駄に厚くなってしまうので他のポケモンに覚えさせた方が得でしょう。 れいとうパンチ への打点ですが、ダイアイスとして使う場合は定数ダメージが積み重なり、高めの耐久も無為になりかねません。 じしん への打点。 ダイアースとして使えば特防を上げられるので特殊アタッカーにも強く出られます。 ストーンエッジ 等には刺さりますが、炎・氷・飛行には命中が安定した技で打点を持つことが出来て、倒しきれなかったとしてもマッハパンチで多少は縛れるので命中不安の技を採用する必要性は薄いです。 どくづき コメントからのご提案。 交代読みを積極的に通す必要はありますが、格闘打点を受けに来たついでになどローブシンが極度に苦手とするフェアリータイプを倒す事ができます。 刺さる相手が多い対価として、ダイマックス技としての相性がとても悪いのが欠点です。 なげつける 発動後の用済みになった火炎玉を投げつけることで相手を火傷にします。 威力は期待できない 30との噂 事に加えて、わざわざ覚えさせるほど使用頻度が高い技でもないです。 役割対象とその備考• 主な役割対象• 備考 は特殊アタッカー型だと受け出しが厳しいので注意。 スカーフは相手がダイマックス権を消費していて、場にいるローブシンがHP97以上残っていれば殴り勝てます。 は受け出しからでも倒す事自体は可能ですが、叩き落とすで火炎玉が発動しなくなるので元々より若干動きづらくなります。 被ダメージ計算 太字は手前ダイマックス時• ローブシン変身ドレインパンチ 30. A特化かえんボール 44. A特化フレアドライブ 44. A252ごりむちゅうつららおとし 53. A特化ごりむちゅう 鉢巻つららおとし 80. A特化地震 44. A特化ダイスチル 威力130 38. A特化アイアンヘッド 34. A特化ダイジェット 威力130 82. A252珠はりきりダイスチル 威力130 81. A特化はりきりダイジェット 威力110 74. A特化テクニシャンダブルウイング 64. A252珠ダイジェット 威力140 63. C特化ダイバーン 威力140 52. C4ハイドロポンプ 48. C特化シャドーボール 58. ドレインパンチ B4大61. H4大しっぺ返し 後攻補正込 72. 立ち回り• 場にローブシンがいなければ交代でローブシンを出します。 いたらドレインパンチをぶちかまします。 氷の礫を打たれようとも耐えるのでマッハパンチで倒します。 怯むと負けます。 避けたいポケモン とを始めとした多数のポケモンに有利を取れます。 使用感と最後に• 使用感 相手視点でも有利不利がはっきりしていた為にこちらの交代読みが成功しやすかったです。 構築単位での運用しやすさは体感しましたが、使えば使うほど格闘技以外を使う機会が減ったのは改良の余地アリかと思われました。 最後に 本育成論を書き終え、素早さ調整の必要性とドヒドイデやガオガエン等への役割を持てる事は執筆で得た良い勉強だと思います。 長くなりましたが閲覧ありがとうございました。 特に突っかかるところがなく、分かりやすかったので評価5にしました。 ご提案なのですが、フェアリーに対して毒づきの採用はどうでしょうか?ニンフィアに交代読みでぶち抜けますよ。 5世代の頃はトップメタだったんですけどね、今は環境的に使いにくい部分は仕方ないですね。 育成論はわかりやすかったです。 どくづきはダイマックス技としての相性が悪いように感じて思考の外にあったんですが、想像以上のダメージが入るようなので追記しました。 ありがとうございます。 耐久振りのビルドアップ前提型は難しそうですが、ローブシンは比較的ダイマックスしない方が立ち回りやすいポケモンな為、ダイウォールとして流用できるのは非常に良い点ですね。 私はあまりかみなりパンチをお勧めしないのですがどうでしょうか。 おっしゃっている通りローブシンはダイマしてしまうとマッパンとドレパンがなくなって使いにくいので、ギャラドスとの対面は出来る限り控えています。 またアーマーガーも上から鉄壁などを打ち込まれてしまいがちなので、、、 私はそのかわり冷凍パンチを採用しています。 トゲキッス交代読みに打つという同じ役割を持つことができ、物理型ドラパルトを確実に狩れる上、おまけの氷状態もついてビルドの起点にできるかもしれません。 育成論は良かったです。 ただてつこぶ型、こんじょう型との差別化はあってもいいかもしれません。 長文失礼しました。 使い始めた頃にギャラドスはローブシンで対処するという先入観が働いてたのもあって、かみなりパンチは深く考えもせずに覚えさせていた節がありましたね… れいとうパンチは覚えさせてから10戦程度で切っていたので、再度自分でも使ってみてから考えてみようかと思います。 差別化するポケモンはいないなーって思ってたんですけど、鉄拳型との差別化はうっかり忘れてましたので追記しました。 提案ありがとうございます。 ただ、てつのこぶしは格闘技でなくても補正がかかりますよ。 あと被ダメの欄で、変身メタモンの技が抜けています。 2倍しか補正がかからない」というのは、「持ち物の黒帯or達人の帯の補正が場合によっては外れる為1. 44倍の補正が若干限定的になる」という意図で書いたものです。 紛らわしかったので修正しておきました。 メタモンから受ける技 ドレインパンチ は記入を忘れていたので追記しました。 ご指摘ありがとうございます。 育成論拝見させていただきました。 1つ提案なのですが、タチフサグマや、ナットレイの叩き落とす対策に、 まもる はどうでしょうか? 僕は根性タチフサグマを使っていますが、初手 ブロッキング で必ず根性を発動させてから、攻撃しています。 ただ、 まもる を搭載すると、 ビルドアップ を捨てることになると思うので、火力に限界が来てしまうのが難点でしょうか。 悪くはない提案ではありますが技の候補に追記するほどの重要性は無いと見ております。 理由としては、一致からげんきと並の火力を持つタチフサグマとは違い、ローブシンは元から高い火力を持っているポケモンです。 役割遂行には多少の影響を受けますが、それでも素のまま戦えるスペックは持ち合わせております。 それに、タチフサグマはブロッキングを自然に搭載する事が可能ですが、根性を発動させるためだけに守るを搭載するというのは有利対面から交代されやすいローブシンとはミスマッチかと考えます。

次の

ローブシン育成論 : 環境に1発K.O.!根性ビルドでハイパワーなローブシン|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ローブシン 育成 論

ローブシンは先制技の「マッハパンチ」を始めとした、パンチ系の技を多く覚えるためこの特性と相性がよく、高火力を発揮しやすい型となっています。 「たつじんのおび」を持たせると、HPに努力値を振っていない「ガラルヒヒダルマ」を「マッハパンチ」で一撃で倒すことができます。 とにかく火力が欲しい場合の選択肢。 ナットレイやギルガルドが主な対象。 物理受け特化のナットレイを、帯で高確率で1撃、とつげきチョッキなら2発で倒せる。 後攻なら威力が上がる悪技。 ローブシンの素早さは高くないため相性がよく、ゴーストタイプに対して有効打を持てる。 炎や飛行タイプに対する有効打。 特性の効果対象ではないけれど、元の威力が高いため火力は十分。 炎や電気、毒タイプに対する有効打。 特性の効果対象ではないけれど、元の威力が高いため火力は十分。 「かえんだま」を持ち自分から火傷状態になることで、他の状態異常になることを防ぎつつ火力を上げることができます。 火傷で毎ターン減っていくHPを、高火力の「ドレインパンチ」で回復しながら戦うのが基本戦術です。 そのため、回復は余裕を持って行なっていくことが非常に重要となります。 物理受け特化のナットレイを高確率で1撃で倒すことができる。 主に飛行やドラゴンタイプに対する有効打。 格闘では弱点をつけない相手に弱点を突けるため、活用タイミングは多い。 状態異常のときに威力が2倍になる技。 こんじょうと相性が良く高火力を発揮できる。 火傷になった後、用済みになったかえんだまを活用する手段。 1回限りにはなるものの、相手を確実に火傷状態にできる。 高火力の岩技。 炎や飛行タイプに対する有効打。 高火力の地面技。 炎や電気タイプに対する有効打撃。 持ち物である「いのちのたま」はHPが減る効果が発生せず、ダメージが増える効果は適用されるため、上記で紹介している物理アタッカー型以上の火力を発揮することもできます。 なお「ドレインパンチ」は特性の効果対象ではないため威力は上がらず、HPの回復効果が通常通り発動します。 物理受け特化のナットレイを、1撃で倒すことができる。 素早さが低いローブシンと相性がいい。 特性の効果対象ではないが、ゴーストタイプに対する有効打としては十分。 自身のタイプと異なる技の中では、特性の効果を受けてトップクラスの威力を持つ。 弱点を突ける相手は少ない。 特性の効果によって、ストーンエッジと威力がそれほど変わらない。 命中はこちらのほうが高いため、ストーンエッジよりも安定しやすい。 ローブシンの役割と立ち回り 優秀な特性が揃う重量アタッカー 「ローブシン」は攻撃種族値が非常に高く、特性もアタッカーに向いたものが揃ったポケモンです。 HPや防御も高めのため、相手の攻撃を余裕で受けられる場面も多くあります。 自身のHPを回復できる「ドレインパンチ」や、先制技である「マッハパンチ」も覚えられるため、相手の攻撃を耐えつつドレインパンチを主軸にHPを削り、残り少なくなったらマッハパンチで削り切るのが基本的な戦い方となります。 ローブシンの対策 弱点のタイプの特殊技で攻める 「ローブシン」は防御は高く物理アタッカーには強いものの、特防は低いため特殊技で大ダメージを与えることができます。 メインウェポンである格闘技を無効、あるいは半減にできることが非常に重要なため、受けポケモンを選ぶ際には格闘タイプに有利なポケモンを選ぶようにしましょう。

次の