一関 高速バス。 【楽天トラベル】高速バス予約

一関駅前〔一ノ関駅〕から仙台駅前西口 バス時刻表(宮城

一関 高速バス

概要 [ ] 過去にと東日本急行が仙台駅 - 一ノ関駅・間(経由)で運行していた。 築館町 - 中尊寺間は一般道利用で、東日本急行は主要停留所のみ停車、JRバス東北は一ノ関駅止まりで築館町以北は各停であった。 1999年3月末にJRバス東北が古川本線の築館町 - 一ノ関駅を廃止し、撤退。 4月より後を引き継ぎ単独運行することになった東日本急行はと一ノ関系統に分離させ、一ノ関系統は仙台宮城IC - 一関ICを高速利用し速達性を向上させた(一ノ関駅 - 中尊寺は利用者が振るわずのち廃止)。 その際、一関側の乗務員休憩所として親会社である岩手急行バスの車庫を借りることで一関発朝の便も運行できるようにした。 以降利用者は増え何度も増便を重ねたが、JR側は増便分の一ノ関駅ロータリーへの乗り入れを認めなかったため、一部便を除いて大半が一関駅口発着となった。 2003年11月、親会社の岩手急行バスが東日本急行から中古車両を購入し、東日本急行と岩手急行バスの共同運行となる。 また2005年5月より全便の一ノ関駅ロータリー乗り入れが実現し、利便性が向上した。 岩手急行バス参入後も東日本急行の一関滞泊運用が存在していたが、実際は岩手急行バスに当該運用の運転業務を委託していた。 その後当該運用が岩手急行に移管され、朝の一関始発便は全て岩手急行バスの担当となったため東日本急行の一関滞泊運用は消滅した。 ちなみに、東北道上などでJRバスと岩手急行バスがすれ違う際、両者の共同運行路線が無いにもかかわらず挙手をしており、JRバスが運行していた頃の名残を感じることができる。 2013年度より、4〜11月まで期間限定で一部便がまで延長されている( 詳細はを参照)。 運行会社 [ ]• 5往復のみ延長) ] 運行回数 [ ]• 1日20往復 運賃 [ ]• 大人片道:仙台 - 一ノ関間1,600円、仙台 - 中尊寺間1,800円、三井アウトレットパーク仙台港 - 一ノ関間1,800円。 回数券(2回):仙台 - 一ノ関間2,900円、仙台 - 中尊寺間3,200円、三井アウトレットパーク仙台港 - 一ノ関間3,200円。 回数券:(5回)6,900円、(50回)通勤用64,000円、通学用53,000円。 2回券は三井アウトレットパーク仙台港・仙台 - 一ノ関間のみ、5回券、50回券は仙台 - 一ノ関間のみ設定。 歴史 [ ]• (60年) -仙台 - 築館 - - 一ノ関 - 中尊寺間( - 間経由)運行開始。 (11年)• - 仙台 - 築館 - 沢辺間をとし、仙台 - 一ノ関間直通高速バスとして運行開始(1日5往復。 うち2往復は中尊寺発着)。 仙台駅は西口バスプール発着。 当時の運賃は大人片道1,900円、往復3,000円、回数券(8枚綴り)10,000円。 - 一関市内に停留所追加(一関サティ前、合同庁舎前)。 (平成12年) - 1日6往復に増便(中尊寺発着は1往復に)。 (平成13年)8月1日 - 1日8往復に増便。 うち3往復は仙台ビブレ(当時)前、一関駅口発着。 一ノ関 - 中尊寺間を廃止。 (平成15年)• 4月1日 - 1日12往復に増便。 仙台駅前の発着場所が全便さくら野前となる。 運賃を大人片道1,500円、往復2,500円、回数券(5枚綴り)6,000円に改定。 - 岩手急行バスが参入。 1日16往復に増便。 (平成17年) - 1日18往復に増便。 一関の発着場所が全便一ノ関駅(駅西口ロータリー)となる。 (平成18年) - 1日20往復に増便。 (平成19年)11月1日 - 1日19往復に減便。 (平成20年)8月1日 - 運賃改定。 往復券および回数券を値上げ。 (平成22年)10月1日 - 50枚綴り回数券(通勤用、通学用)の発売を開始。 (平成23年)3月 - 東日本大震災後しばらく、1日4本限定で運行。 (平成25年) - 1日2往復、4〜11月まで東日本急行が一部便を中尊寺まで延長。 (平成28年) - 1日20往復に増便。 (平成29年) - この日より土日祝日限定で、1往復を三井アウトレットパーク 仙台港(仙台うみの杜水族館経由)に延伸。 (元年)10月1日 - 率引き上げに伴う運賃改定。 (令和2年)• - 感染拡大による緊急事態宣言の発令に伴い、この日より当面の間1日10往復に減便(中尊寺および、土日祝日の三井アウトレットパーク 仙台港への乗り入れも中止)。 - 1日12往復(うち2往復は中尊寺発着)に増便。 土日祝日の三井アウトレットパーク 仙台港への乗り入れも再開。 利用状況 [ ] 年度 運行日数 運行便数 年間輸送人員 1日平均人員 1便平均人員 2002(平成14)年度 365 7,996 93,227 255. 4 11. 7 2003(平成15)年度 365 10,017 130,051 356. 3 13. 0 2004(平成16)年度 365 11,673 157,884 432. 6 13. 5 2005(平成17)年度 365 12,976 173,526 475. 4 13. 4 2006(平成18)年度 365 13,881 179,596 492. 0 12. 9 2007(平成19)年度 366 14,302 195,020 532. 8 13. 6 使用車両画像一覧 [ ]•

次の

【楽天トラベル】高速バス予約

一関 高速バス

13時• 13:00 発 14:30 着• 90分• 高速バス 仙台-一ノ関・平泉 仙台駅前西口行• 15時• 15:30 発 17:00 着• 90分• 高速バス 仙台-一ノ関・平泉 仙台駅前西口行• 16時• (始)• 16:00 発 17:30 着• 90分• 高速バス 仙台-一ノ関 仙台駅前西口行• 17時• (始)• 17:00 発 18:30 着• 90分• 高速バス 仙台-一ノ関 仙台駅前西口行• (始)• 17:30 発 19:00 着• 90分• 高速バス 仙台-一ノ関 仙台駅前西口行• 19時• (始)• 19:00 発 20:30 着• 90分• 高速バス 仙台-一ノ関 仙台駅前西口行•

次の

より安全に、より親切に、より快適に、高速乗合バスは【東日本急行株式会社】

一関 高速バス

関連サイト(外部) 運行本数と所要時間 東日本急行「高速乗合バス(仙台-一ノ関線)」の 1日あたりの運行本数(便数)は「一ノ関駅発(仙台駅行)」および「仙台駅発(一ノ関駅行)」がそれぞれ20本ずつ。 計40便です。 片道あたりの走行時間(移動の所要時間)は一ノ関駅-仙台駅の区間を乗車した場合で約1時間30分。 バスの 運行間隔は30分または1時間おき。 バスの時刻表(詳細情報)については、東日本急行の公式サイトでご確認ください。 バス車内では 1枚あたり150円の割引が受けられる2枚綴り(つづり)2,900円の「2回券(往復券)」、1枚あたり220円の割引が受けられる5枚綴り6,900円の「5回券」も販売されています。 運賃は後払い方式。 支払い方法は現金または事前購入の回数券のみ。 クレジットカード払いやQRコード決済は利用できないため注意が必要です。 現金と回数券とも、降車時に運賃箱へ投入(運賃箱のない車両の場合は運転手へ手渡し)します。 また 領収書が必要な場合は、運転手に口頭で伝えれば手書きのものを発行してもらえます。 利用に際して予約は不要です。 車内はすべて自由席なので、乗車時に空いている好きな席に座れます。 逆にいえば、万が一席に空きがない場合は次のバスを待つ(あるいは他の交通機関を利用する)ことになる、という点も理解しておきましょう。 乗車・降車場所(バスのりば・おりば) 「一ノ関駅発(仙台駅行)」便が経由するバスのりば・バスおりばを実際に写真で撮影しました。 場所探しの参考にどうぞ。 バス停が並ぶうち、もっとも仙台駅に近い位置 トイレ休憩 一ノ関駅から仙台駅までの区間中、 高速道路のPA(パーキングエリア)で最大1回のトイレ休憩が利用できます。 休憩ポイントは一ノ関駅と仙台駅の中間地点前後。 ぼくが乗車した際の「一ノ関駅発(仙台駅行)」便では、三本木PA(さんぼんぎパーキングエリア)で5分ほど停車しました。 SAではないため、設備はお手洗いと飲料の自動販売機のみ トイレ休憩については、 出発から30~40分経過したタイミングで「トイレ休憩が必要な方はブザーでお知らせください」の車内アナウンスがあります。 休憩が必要な場合は遠慮せずにブザーを押して伝えましょう。 そのまま終点(仙台駅)まで走行していきます。 バスの外観・内観 実際に乗車したバス(車両)の外観・内観写真を載せておきます。 なお使われている車両には年式の古いものから新しいものまで、複数種類が混在していることを確認済みです。 以下の写真はあくまで参考情報として閲覧ください。 車内モニターの奥行きに時代を感じる 実際に利用してみて 当日の状況(利用の流れ) 今回は12月下旬の平日(火曜日)、一ノ関駅を夕方17時30分に出発する便を利用。 一ノ関駅前にバスが入ってきたのは出発時刻の5分前。 運賃は後払いのため、乗車時の手続きはなし。 車内の空いている席に座ります。 その後に停まる新大町角、合同庁舎前、イオン一関前から乗った人を合わせ、この日の乗客は5名ほど。 聞いた話では「通勤で使う会社員も多い」らしいため、通常時の平日早朝・夕方以降だともっと混み合うことが想定されます。 バスは定刻どおりに出発。 途中の三本木PAで5分ほどのトイレ休憩をはさみ、仙台駅には19時10分(定刻より10分遅く)に到着しました。 車内は温度管理(空調管理)が行き届き、また走行による揺れも気になるものではなし。 乗車時間が1時間半前後と長すぎないことも含め、終始ストレスを感じず利用できました。 利用後の感想 東日本急行「高速乗合バス(仙台-一ノ関線)」を使ってみて感じたのは「移動時間」と「運賃」のバランスがよい交通手段としてオススメできるということ。 一ノ関駅-仙台駅間の移動に使える公共交通機関には、高速バスのほか、JR新幹線(東北新幹線)やJR在来線(JR東北本線)があります。 それぞれの特徴を書き出してみたのが以下です。 一ノ関駅-仙台駅間を結ぶ各交通手段の特徴• 高速バス• 所要時間は約1時間30分【速さ2位】• 運賃は片道1,600円【安さ1位】• 回数券の活用で運賃割引あり• 運賃支払いは現金のみ• 新幹線• 所要時間は約40分【速さ1位】• 運賃は片道3,560円【安さ3位】• 所要時間は他交通手段の2分の1• 運賃は他交通手段の2倍以上• 在来線(電車)• 所要時間は約1時間40分【速さ3位】• 運賃は片道1,694円(ICカード運賃)/1,690円(きっぷ運賃)【安さ2位】• 「一ノ関駅」「仙台駅」とも改札機はICカード対応済み 比べてみると 高速バスは「片道運賃が3手段の中で最安」かつ「所要時間は3手段の中で2番目」という内容。 「移動時間の短さ優先」なら新幹線。 運賃をICカードで決済したいなら在来線。 それ以外の場合は基本的に高速バス利用を第一優先として考えてみるのがよいのではと思います。

次の