バイオ イメージング 学会。 産業技術総合研究所ナノバイオデバイス研究グループ

臨床・バイオイメージング部門

バイオ イメージング 学会

種別 単独学会 ふりがな にほんばいおいめーじんぐがっかい 欧文名 BIOIMAGING SOCIETY 略称 - 法人番号 - ホームページ 学術研究領域• 基礎生物学 設立趣旨 本学会は、会員の研究発表、知識の交換ならびに会員相互および関連学(協)会との連絡提携の場となり、バイオイメージング学の進歩普及をはかり、もって学術、文化の発展に寄与することを目的とする。 沿革 1991年 日本バイオイメージング学会 設立 設立年月日 1991年10月18日 役員数 役員:41(人)《男性:34(人) 女性:7(人)》 会員数 【個人会員】• 正会員:162(人)• 学生会員:46(人)• 名誉会員:10(人) 【団体会員】• 賛助会員:4(団体)• 誌名(和文):バイオイメージング• 誌名(欧文):Bioimaging• 創刊年:1993• 資料種別:解説誌・一般情報誌• 使用言語:日本語のみ• 発行形態:• 印刷体• 著作権帰属先:学会• クリエイティブコモンズ:定めていない• 購読:無料 [印刷体]• PRINT ISSN:1342-2634• 発行頻度:2(回/一年あたり)• 発行部数:400(部/回)• URL: [eジャーナル]• ONLINE ISSN:-• 発行頻度:2(回/一年あたり)• URL:-• アクセス制限:無し• オープンアクセス:OA誌• OAモデル:不明、該当なし• 誌名(和文):バイオイメージズ• 誌名(欧文):Bioimages• 創刊年:1993• 資料種別:ジャーナル(査読付き論文を含む)• 使用言語:英語のみ• 発行形態:• 印刷体• eジャーナル• 著作権帰属先:学会• クリエイティブコモンズ:定めていない• 購読:無料 [印刷体]• PRINT ISSN:0919-2719• 発行頻度:不規則• 発行部数:-(部/回)• URL:- [eジャーナル]• ONLINE ISSN:-• 発行頻度:不規則• URL:• アクセス制限:無し• オープンアクセス:OA誌• OAモデル:不明、該当なし• 国内における学術連合体への加入 - 含まれる学術団体 - 国際学術連合体への加入 - 国際会議への関与 【主催】• 5th International Bioimaging Symposium — Singapore• 【共催】 - その他の国際活動 -.

次の

日本バイオイメージング学会公式ホームページ|Bioimaging Society

バイオ イメージング 学会

種別 単独学会 ふりがな にほんばいおいめーじんぐがっかい 欧文名 BIOIMAGING SOCIETY 略称 - 法人番号 - ホームページ 学術研究領域• 基礎生物学 設立趣旨 本学会は、会員の研究発表、知識の交換ならびに会員相互および関連学(協)会との連絡提携の場となり、バイオイメージング学の進歩普及をはかり、もって学術、文化の発展に寄与することを目的とする。 沿革 1991年 日本バイオイメージング学会 設立 設立年月日 1991年10月18日 役員数 役員:41(人)《男性:34(人) 女性:7(人)》 会員数 【個人会員】• 正会員:162(人)• 学生会員:46(人)• 名誉会員:10(人) 【団体会員】• 賛助会員:4(団体)• 誌名(和文):バイオイメージング• 誌名(欧文):Bioimaging• 創刊年:1993• 資料種別:解説誌・一般情報誌• 使用言語:日本語のみ• 発行形態:• 印刷体• 著作権帰属先:学会• クリエイティブコモンズ:定めていない• 購読:無料 [印刷体]• PRINT ISSN:1342-2634• 発行頻度:2(回/一年あたり)• 発行部数:400(部/回)• URL: [eジャーナル]• ONLINE ISSN:-• 発行頻度:2(回/一年あたり)• URL:-• アクセス制限:無し• オープンアクセス:OA誌• OAモデル:不明、該当なし• 誌名(和文):バイオイメージズ• 誌名(欧文):Bioimages• 創刊年:1993• 資料種別:ジャーナル(査読付き論文を含む)• 使用言語:英語のみ• 発行形態:• 印刷体• eジャーナル• 著作権帰属先:学会• クリエイティブコモンズ:定めていない• 購読:無料 [印刷体]• PRINT ISSN:0919-2719• 発行頻度:不規則• 発行部数:-(部/回)• URL:- [eジャーナル]• ONLINE ISSN:-• 発行頻度:不規則• URL:• アクセス制限:無し• オープンアクセス:OA誌• OAモデル:不明、該当なし• 国内における学術連合体への加入 - 含まれる学術団体 - 国際学術連合体への加入 - 国際会議への関与 【主催】• 5th International Bioimaging Symposium — Singapore• 【共催】 - その他の国際活動 -.

次の

第28回日本バイオイメージング学会学術集会/第6回国際バイオイメージングシンポジウム

バイオ イメージング 学会

DDS(ドラッグデリバリーシステム)・イメージングテクノロジーを駆使した抗体・ADC Antibody-drug conjugate DDS製剤の開発を行っています。 バイオインフォマティクスに基づいた抗体標的分子の探索・同定にも力を入れています。 さまざまな分子イメージングや免疫・幹細胞生物学等を応用した新しいがん診断治療法の開発にも挑戦します。 新薬開発分野 ユニット長• 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科NCC腫瘍医科学 連携准教授• 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 がん先端生命分野 客員教授 専門領域• 腫瘍学• ドラッグデリバリー• 抗体科学• 分子イメージング• 細胞生物学 キーワード• DDS• 分子イメージング• 幹細胞• バイオインフォマティクス BI 現在の主な研究テーマ• DDS製剤・抗体医薬の開発• BIを活用したがんバイオマーカーの探索・同定• がん間質微小環境制御法の開発• ドラッグデリバリー・がん代謝の可視化と診断治療への応用• リンパ球ホーミング機能標的療法の開発 共同研究可能なテーマ• DDS製剤・抗体の基礎・開発研究• 分子イメージングを駆使した診断治療法の開発• ncc. 1988年 熊本大学医学部 卒業• 1996年 熊本大学大学院医学研究科 修了• 1989年 社会保険下関厚生病院 外科 医師• 1993年 京都大学大学院医学研究科 特別研究生• 1997年 山鹿市立病院 外科 医師• 1999年 熊本大学医学部 第一外科 医員• 2002年 理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター 研究員• 2006年 国立がんセンター東病院臨床開発センター がん治療開発部 室長• 2012年 国立がんセンター東病院臨床開発センター 新薬開発分野 ユニット長• 2015年 現職 主な所属学会• 日本分子イメージング学会(理事)• 日本DDS学会(評議員)• 日本癌学会(評議員)• 日本バイオイメージング学会• 日本微小循環学会• 日本癌治療学会• 日本外科学会• 日本消化器外科学会• 日本胸部外科学会• 分子ロボティクス研究会• 情報計算化学生物学会• American Association for Cancer Research AACR• World Molecular Imaging Congress WMIC• The Antibody Society Boston 主な論文•

次の