サボテン 植え 替え 水 やり。 ミニサボテンの水やりについて教えて下さい

サンスベリアの育て方|植え替え、水やりは?

サボテン 植え 替え 水 やり

サボテンの植え替え方法 サボテンは非常に生長がゆっくりな植物ですが、それでも鉢植えで育てている以上、必ず定期的に植え替えをしなければなりません。 鉢植えの植物は長く植え替えをしないでおくと、鉢内に根が張り過ぎて、用土を砕いて水はけが悪くなります。 また用土内の微量成分が欠乏したり、老廃物が蓄積し、生育が極端に悪くなります。 とりわけサボテンは根腐れを起こしやすく、用土にも飽きやすい性質がありますから、定期的に植え替えをすることが必要です。 植え替えに最適な時期は春 サボテンは年中いつでも植え替えのできる都合の良い植物ですが、気温の下がる冬場や酷暑など、サボテンが休眠状態に入る季節は注意と熟練を要します。 そのような理由から緊急の場合以外は時期外れの植え替えはおすすめできません。 理想的には休眠から覚めて活動の兆しが見えた時ですが、若干前後しても問題はなく、種類によって生育期が多少異なりますが、基本的には春と秋の2回行えます。 設備がある場合は3月中旬~5月、秋は8月中旬~9月中旬が適期です。 設備のない場合は4月下旬~5月に行います。 春の植え替えは少し遅れても大丈夫ですが、秋の植え替えは低温期に向かうことでもありますので早めに行います。 冬の訪れの早い寒冷地では、夏以降の植え替えは見合わせるのが安全です。 鉢植え栽培のサボテンは原則として、年に1回は用土を更新し、生長旺盛な若苗の場合は、年に2回の植え替えが効果的です。 逆に5号鉢植え以上の大きなもので、生育がゆったりしているものは、用土が特に劣化していない限り、2年に1回の植え替えでも差し支えありません。 植え替えに使う土 サボテンの植え替えに最適な土は、水はけ(通気性)がよく、保水性と保肥力があり、酸性やアルカリ性に極端に傾いておらず、病害虫を含まない衛生的な土です。 そのためには身近に入手できるいくつかの材料を用意し、配合することになります。 4号鉢くらいまでの小鉢には1. 5~4. 5mmくらい、5号鉢以上は1. 5~6mmくらいの粗さのものが適します。 水はけを良くするには必ず用土をふるいにかけ、微塵を取り除き、鉢底には6mm以上のガラを入れます。 保水力、保肥力を良くするには赤玉土、日向土、富士砂などが適します。 また、サボテン専用の土としてブレンドされたものが販売されていますので、そのようなものをりようするのも一つの方法です。 植え替えに使う鉢 素焼鉢は乾きすぎて良くないので、釉薬のかかっていない朱泥鉢や鳥泥鉢がおすすめです。 鉢の大きさは球体より一回り大きいものがよく、小苗は何本か寄せ植えします。 ラン鉢タイプの深鉢が水切れがよく、つくりやすいものです。 最近多く使われているプラスチック鉢を使用する場合には用土を少し粗めにして通気性を確保します。 植え替えの方法 サボテンの植え替えは晴天の日に行い、作業前10日くらいは断水して用土を乾かしておくと、根を傷めないうえに、作業も楽になります。 用土を乾き気味にしておき、静かにサボテンを抜き上げ、根回りの古い用土を揉み落とします。 このとき根を良く調べ、腐った部分や切り口が赤くなっている部分は切り取ります。 丈夫な種類は樹木の剪定の要領で鉢に収まる程度に切り詰めることもあります。 健康なところまで切り詰めたものは、切り口を1時間ほど直射日光に当て、急速に乾かします。 その後、風通しのよい半日陰で切り口に被膜ができるまで乾かします。 切り口を乾かす日数は切り口の直径1mmにつき1日が目安で、5mmくらいの切り口だと5日ということになります。 もちろん、これ以上乾かしても、さしつかえありません。 鉢は植物体よりひと回り大きい程度がよく、大き過ぎるのは良くありません。 直径6〜7cmの球型種なら3号鉢、10〜11cmなら4号鉢が適当です。 鉢底に水はけを良くするためのガラ 鉢片や軽石の大粒のもの を入れた上に用土を入れ、その上に片手でサボテンを支え、根を四方に広げて用土を満たしていきます。 用土はあらかじめ軽く湿らせておき、平均に行き渡るようにします。 植え終わったら、鉢底を平らな所に打ち付けて用土を落ち着かせます。 この時、根回りを強く押し付けないように注意しましょう。 植え替え後は根が馴染むまでの間、半日陰の場所に2〜3日置き、以後は所定の位置に並べ、通常の管理をします。 サボテンが元気で、気候が順調であれば、数日で新根が伸び、1ヶ月もすればしっかり根が張るので、乾き過ぎないように水やりをします。 植え替え時にはバラ用の皮手袋があればそれを使い、なければ代用として新聞紙や紙きれで摘まむととげが痛くないので作業がしやすくなります。 植え替え後の水やり 植え替えた鉢は良く日の当たる場所に置き、鉢土を温めます。 鉢内温度が低いと発根しませんので、植え替え後7日~10日くらい水を与えません。 この時期に水を与えても新根が出ていないので吸水されませんし、鉢土の温度が低下して発根が遅れます。 植え替え後は球体をよく観察して、日焼け(肌が白っぽくなる、しわができる)を起こしそうなら、球体だけチリ紙などをかけてやります。 当サイトの記事について 当サイトに記載した内容はサボテンの育成における一般的な管理方法です。 サボテンの種類により育成環境、育成方法に多少の違いがあるものもありますので、品種のわかるものは品種ごとに詳細を調べることをお勧めします。

次の

サボテン栽培、毎年植え替える

サボテン 植え 替え 水 やり

多肉植物の身体は、ほとんどが水で構成されています。 水を貯えておける植物なのでお水をあげなくてもその貯えで生きていけます。 逆に、水をあげ過ぎてしまうと、貯えきれずに腐ってしまいます。 貯えがなくなってしまってもしおれてしまいます。 水をあげる時は、植物の姿をよく観察してあげた上でお水をあげて下さい。 水をほしがっている時は姿が痩せており、貯えがいっぱいの時は太っています。 そこで見分けてみてください。 置き場所はどのくらいの光があたっているかが重要です。 多肉植物も植物です。 光が全くないと生きられません。 光がない所ではもやしのように、ヒョロヒョロとして、葉の色素も抜けてしまいます。 良く日に当てて、元気な姿にしてあげましょう。

次の

サボテンの植え替え【根を乾燥させる/させない問題】

サボテン 植え 替え 水 やり

多肉植物の身体は、ほとんどが水で構成されています。 水を貯えておける植物なのでお水をあげなくてもその貯えで生きていけます。 逆に、水をあげ過ぎてしまうと、貯えきれずに腐ってしまいます。 貯えがなくなってしまってもしおれてしまいます。 水をあげる時は、植物の姿をよく観察してあげた上でお水をあげて下さい。 水をほしがっている時は姿が痩せており、貯えがいっぱいの時は太っています。 そこで見分けてみてください。 置き場所はどのくらいの光があたっているかが重要です。 多肉植物も植物です。 光が全くないと生きられません。 光がない所ではもやしのように、ヒョロヒョロとして、葉の色素も抜けてしまいます。 良く日に当てて、元気な姿にしてあげましょう。

次の