ねっ ぱん ログイン。 ねっぱん!サイトコントローラー++

「プラン一括登録」機能をリリース予定~ ねっぱん!++で複数予約サイトのプラン一括登録が可能に! ~(report.interreg4c.eu)

ねっ ぱん ログイン

先日突然、ねっぱんが有料化するというニュースが流れてきて、業界に衝撃が走りました。 ねっぱんとは、宿泊施設の販売在庫を同期するシステムなのですが、これまで楽天トラベル加入の施設は無料で利用出来ていたという事もあり、かなり多くの特に小規模宿泊施設が利用していました。 有料になるなら他を検討してみようという声もあるかと思いますので、今日は「現時点でねっぱんから乗り換えるなら」という軸でサイトコントローラーを比較してみたいと思います。 尚、民泊・バケーションレンタル向けサイトコントローラーは下記でBeds24とAirhostを比較しています。 ねっぱんは民泊よりも旅館業宿泊施設向きなので、今回のエントリは民泊よりも旅館業取得済み宿泊施設向けの記事になります。 今日の内容• ねっぱん有料化のアナウンス! 下記が公式ブログによる案内です ねっぱん!サイトコントローラーに関するお知らせ 「ねっぱん!」ご利用施設 各位 平素は、ねっぱん!をご利用いただき、誠にありがとうございます。 さて、このたび弊社では、「ねっぱん!サイトコントローラー」(以下、ねっぱん!)の無料サービスを2019年6月末日で終了し、後継サービスとして「ねっぱん!サイトコントローラー++(プラスプラス)」(以下、ねっぱん!++)を2019年7月1日より有料でご提供させていただくこととなりましたのでお知らせいたします。 ちなみに新しい料金体系は 初期設定料 50,000円 月額利用料 5室以下の施設 5,000円 6室以上の施設 8,000円 料金 という感じです。 乗り換えサイトコントローラー候補 サイトコントローラーってかなりたくさんあって選ぶのに苦労するかと思うのですが、シェアでいうと下記3っつになるかと思います。 ねっぱん• 手間いらず• TLリンカーン ねっぱん利用=楽天トラベル加入済みの施設がほとんどだと思いますが、上記全て楽天トラベルとは連携しますのでご心配無く。 尚、複数OTAを利用している施設で外せないOTAはアゴダ、エクスペディア、ブッキング、楽天、じゃらんあたりだと思われますので、この5つを全てカバーしているサイトコントローラーという前提で選んでいます。 一つづつ説明するのも面倒なので、いきなり比較表を出してみます。 サイトコントローラー料金・特徴一覧 名前 初期費用 月額料 特徴 50,000円 5室以下 5,000円 6室以上 8,000円 これまで利用している為、操作手順を新しく覚える必要が無い。 たぶん。 価格もそこそこ安い。 小規模施設にはハイスペック過ぎる。 さすがねっぱん、考えていらっしゃる。 既存サイトコントローラーに乗り換えにくい価格設定! 新しいねっぱんの新機能 値上げにあたり下記の8つの機能を強化するとされています。 ノーショー対策• プラン一括登録• プラン自動延長• サンクスメール• 本部機能の強化• サポート時間の延長• 月イチ勉強会の開催• ねっぱん!操作代行サービス 便利そうなのは1. ノーショー対策、8. 操作代行サービスあたりでしょうか。 ノーショー対策はブッキングドットコムを意識した専用機能です。 他サイトコントローラーから乗り換えが急増するかも? 8の操作動向サービスは、テキトーなホテル運営代行サービスさんあたりは息絶えるかもしれません。 サイトコントローラーの操作が出来ない施設に対して、ホントに操作の代行のみを行っていたコンサル会社のようなものもあったので、そのあたりを駆逐するかもです。 結局乗り換えるべきか否か 結局どうしたらいいの?という感じですが、現在のねっぱんの同期スピード(約15分)で問題無いのであれば、急いで乗り換える必要もないかと思います。 上記で上げた乗り換え候補先がねっぱんに勝る点は大きな点で言うと同期スピードくらいかと思われ。 同期スピードに問題が無いのであれば、他から乗り換えるくらいに結構使えるサイトコントローラーかもしれませんよ。 下記が新しい機能のリリースタイミングです。 参考にして下さい。 ノーショー対策 追記 2019年6月12日 そうこうしているうちにねっぱんからノーショー対策の具体的内容について公式発表がありました! 具体的には下記3つ! 無効カードチェック! クレジットカードの有効性を自動でチェックします 無効なカードであれば自動でキャンセルします キャンセル料の自動徴収! キャンセルが発生したらキャンセルポリシーに従って、 キャンセル料をねっぱん! 現地決済の予約がノーショーの場合でも、 宿泊料金をねっぱん! 今まではクレジットカードが無効でも自動キャンセルにはならず手動でキャンセルする必要がありました。 また、キャンセルポリシーにかかってのキャンセルも管理画面からカード情報を閲覧してスクエア等の外部サービスを利用して手動で課金する必要があり、実際には泣き寝入りする事もしばしば。 これが全て自動になるなら数千円の利用料はもはや手間賃! 導入時の注意点 いい事ばかりに見えるシステムですが、ウェブサイトに記載が無い注意点も紹介しておくと、手数料です。 新型ねっぱんはストライプというシステムを噛ませて自動課金しているので、ストライプ側への手数料が課金金額の3. 10,000円なら395円なのでそこまで大きくは無いのですが、いざ導入してみて「やられた!」とならないようお気をつけ下さい。 新ねっぱんの利用金額は月額5000円〜8000円で、ノーショー等で課金した場合はプラス手数料3. という事で、「どこに乗り換える?」の結論は「 ねっぱんから乗り換えるな!」が答えです! ある一定層には非常に使えるサイトコントローラーになりそうです。 逆に他から乗り換える方も出てくるかもしれません。 小規模ホテル・民泊用サイトコントローラー 小規模なホテルや民泊のサイトコントローラーとしてはBeds24やAirhost等があります。 両者については下記でガッツリと比較していますので参考にされて下さい。 弊社ではホテルの収益改善のお手伝いと旅館業民泊の運営代行を行っております。 で提供サービスのご紹介をしていますので、気になった方はご確認下さい。

次の

ねっぱん有料化!乗り換え競合サイトコントローラー徹底比較!

ねっ ぱん ログイン

neppan. chillnn. 【ねっぱん!++とCHILLNNの連携について】 「ねっぱん!++」は、「CHILLNN」との連携開始で宿泊予約サイト(自社HP予約システムを含む)の対応は77サイトとなりました。 今回のシステム連携により、すでに「CHILLNN」で販売している宿泊施設は、「ねっぱん!++」を通じて在庫・料金・予約情報の一括管理が可能となり、稼働率アップや収益向上を効果的に図ることができます。 【ねっぱん!++の概要】 「ねっぱん!++」は、複数の宿泊予約サイトの在庫・料金・予約情報を一括管理できる業界トップシェアのクラウド型サイトコントローラーです。 宿泊施設が各サイトの管理画面を開いて部屋と料金の登録にかけている労力を少しでも軽減することで、より魅力的なプラン作成など集客のために割く時間を増やすことが可能となります。 また、現地決済が多い外資系の予約サイトに対する事前決済機能や、宿泊日の前後にお客様にメールを自動配信できるサンクスメール機能を活用することで、ノーショーやキャンセル率の低減、アップセル、リピーターの囲い込みなど宿泊施設の収益向上をサポートいたします。 【CHILLNNの概要】 「CHILLNN」は、宿泊施設の自社ウェブサイトで直接ゲストに予約をしてもらうための自社予約エンジン (D2C プラットフォーム)です。 従来の OTA や自社予約エンジンと異なり、街の空気感やその宿が生まれた 背景、そして旅人たちの物語を語っていくことにフォーカスしたプラットフォームとなっています。 「CHILLNN」は単なる宿泊予約の販売ではなく、宿泊施設の発信力を高め、旅行体験としての宿泊予約や観光商品を直接ゲストに訴求し、自社予約率を向上させることを目的として開発されました。 また、昨今のコロナウィルス流行においては、「CHILLNN」の機能を一部拡張したエンジンを利用し、未来に残ってほしいホテルの宿泊券を購入することができる「未来に泊まれる宿泊券」販売サービスや、自宅が安全でない方々へ向けてホテルをシェルターとして貸し出す「ホテルシェルター」というゲストとホストのマッチングサービスも提供しております。 【株式会社クリップスの概要】 会社名:株式会社クリップス() 代表者:代表取締役 阿部 広則 所在地:新潟県新潟市中央区鐙西2-29-15 ピュアコートベル3F 設立 :1991年7月 事業 :クラウド型サイトコントローラー「ねっぱん!++」( の開発・提供 【本件に関するお問い合わせ先】 担当 :株式会社クリップス 「ねっぱん!++担当」までお願いいたします。 電話 :025-290-5540 FAX:025-241-7836 メール:info neppan. com URL:.

次の

ジャパンネット銀行:Japan Net Bank

ねっ ぱん ログイン

ねっぱん!とは 楽天のグループ会社である株式会社クリップスが提供する「ねっぱん!」は、複数の宿泊予約サイトの在庫・料金・予約情報を一括管理できるクラウド型サイトコントローラー。 国内では業界トップクラスの施設導入数を誇っている。 楽天トラベルに在庫提供している場合は、初期費用や月額利用料が一切無料だったが、2019年7月より有料化が決定した。 ねっぱん!の特徴 「楽天トラベル」に参画の施設には、基本機能(在庫・料金・予約情報の一括管理や分析機能など)や宿泊者カードの自動印刷機能などを無料で提供。 しかし、2019年7月よりシステムの有料化が決定。 有料にあたり以下の機能が追加となった。 ノーショー対策:現地決済しか対応していない予約サイトに対し、事前決済が可能に。 プラン一括登録:複数の予約サイトに対し、一括でプラン登録が可能。 プラン自動延長:複数サイトに対しプランの販売期間を一括で延長が可能。 サンクスメール:予約成立後や宿泊日前後に、ねっぱん!からユーザー宛にメールを自動配信• 本部機能の強化:複数の施設を運営する法人(または個人)はログイン後の施設切替が可能。 また、分析レポートを法人全体として一括集計。 サポート時間の延長:サポートセンターの受付時間が「9時~21時」へ拡大。 月イチ勉強会の開催:「ねっぱん!++」の機能を学べる毎月1回の無料勉強会「++勉強会」を開催。 ねっぱん!操作代行サービス:「ねっぱん!++」の一部操作を無料で代行。 com、スマ宿、らくだ倶楽部、ベネフィットワン、ぐうたび、ベストリザーブ・宿ぷらざ、MAPPLEトラベル、OZmall、ANAセールス、WELBOX、ジャルパックeエントリーシステム、温泉ぱらだいす九州、yoyaQ. com、アパ パートナー予約システム、relux、トクー!、ちゅらとく、たびらい、ツアービルダー、Yahoo! トラベル国内宿泊予約、Aカードホテルシステム、T-TRAVEL、e宿、宿泊ネットポイント、JHR、Cast-Reserve、ゆめやど、はこなびホテル予約、箱ぴた、かもがわナビ、HRS、旅のしおり予約、厳選いい宿、ほか全34サイト <海外対応サイト> Expedia、Agoda、Booking. その他のホテル運営支援サービス•

次の