カーブス 部屋 トレ。 カーブスコロナ対策の特別休会制度の延長と退会手続きについて

カーブスはコロナ大丈夫?行かない選択をしたら休会手続きに!

カーブス 部屋 トレ

カーブスのコロナ対策特別休会制度 女性専用のフィットネスジム・カーブスは全国に2000店舗以上もあり、50~70代の女性を中心に会員数もかなり多いですね。 かくいう私もカーブスに通っているのですが・・・ コロナ対策のため、通うことを自粛していたところ、コロナ対策として設けられた特別休会制度で3月は一ヶ月間休会しました。 カーブスコロナ対策特別休会制度対象者は? カーブスの特別休会制度(新型コロナウイルス)対象者は、80歳以上の高齢者や持病があるなどで、感染すると重症化リスクが高い人です。 このハードルが厳しすぎるという声も聞こえます。 店舗によって対応に差がある? カーブスはフランチャイズなので、店舗オーナーの対応にも差があるようです。 私が通っているカーブスでは、本人だけでなく同居する家族も対象の範囲に入れてくれました。 カーブス側では家族の情報まで把握していないでしょうから、その旨伝える必要はあると思われます。 私の場合、コーチから問い合わせの電話があったとき、「高齢の義母がいるので感染リスクは避けたい。 」と、申し出たので休会制度が適用されました。 私が休会したことを知った義姉も「休会したい」と申し出たところ「できない」と一度は言われたそうです。 義姉は、「夫が重病で治療中なので感染したら大変なことになるから・・・」と告げたら、特別休会制度が使えたと言っておりました。 ということで、カーブスの特別休会制度(新型コロナウイルス)対象者は2通りあります。 会員本人が対象者である• 会員の家族が対象者である コロナ対策の特別休会制度の対象者は、全店舗で統一されているのか、フランチャイズごとの判断なのか不明ですが、告知してないだけかも。 重症化リスクが高い同居家族がいることを申し出たら適用されるかもしれません。 カーブス特別休会制度の延長と退会 カーブスは3月8日から一週間、全店舗一斉休業でしたが、16日に再開すると間もなく、休会中の会員用と思われる封書が届きました。 自宅でできる「部屋トレ」の案内と一緒に、今後について月末にスタッフからお電話しますとのメモが入っていました。 カーブス店舗からの問い合わせ電話 3月末、カーブス店舗のスタッフから、体調確認と今後どうするかについて問い合わせの電話がありました。 「3月は休会されてますけど、4月以降はどうされますか?」 A. 「しばらくお休みします。 」 Q. 「4月は休んで5月から来られそうですか?」 A. 「コロナ感染が収束するか、ワクチンができるまで休むつもりなので、いったん退会します。 」 高齢の義母の体調が、ちょっと風邪を引いただけで肺炎になるような状態なので、少しでも感染リスクがあることは避けたいことを退会理由としました。 カーブスはどうしても行かなければいけない場所ではないので、私にとっては不要不急のことなんです。 特別休会制度の延長を勧められる カーブスを退会するとの申し出に快諾ではなかったですが、「そういう理由なら仕方ないですね。 」ということに。 ただ、退会手続きは来店することが必要で、4月末退会なら3月中に退会手続きが必要とのこと。 ですが、3月中は予約が詰まっていて時間が取れないと。。。 そこで勧められたのが、特別休会を1ヶ月延長して、延長休会中に退会手続きをするという方法でした。 4月中にコロナ感染の状態が改善すれば、退会しなくても良くなるかもしれないので、という含みがあったようにも感じました。 それとも、特別休会制度がもっと延長される可能性があるのかもですが、そこは不明です。 退会した場合の会費はどうなる? 退会した場合の会費はどうなるのかですが、カーブスは退会手続きをした翌月末が退会日になりますから、翌月分の会費までは支払うことになりますね。 私の場合で例を挙げてみます。 さらに、私は昨年8月に1年間の継続会員割引で入会しているので、1年以内に退会する場合は違約金が発生します。 違約金は通常会費との差額分で、月あたり1,000円(最高6,000円)ということで、私の場合は10ヶ月になるので6,000円ですね。 カーブスは自粛期間も含めて3ヶ月半ほど利用しないことになるのですが、12,000円ほどの支払いが発生することになります。 でも、コロナ問題の解消がいつになるか分からないのに、行きもしないカーブスの会費を払い続けるより、ひとまず辞めた方が賢明と判断しました。 退会してしまうと再入会する際に入会金15,000円が割引にはならないでしょうから、3~4ヶ月で復帰するつもりなら、会費払いながら休んだ方が得かもしれませんけどね。 自主的に運動するのは続かないのでカーブスに通い始めたのですが、この際に、自宅でできる「部屋トレ」を頑張ってみることにします。 会員本人が対象者である• 会員の家族が対象者である カーブスはフランチャイズなので店舗によって対応が違うみたいですが、家族が対象者であることを伝えていないなら、申請してみてはどうでしょう。 コロナ問題が収束していないので、この特別休会制度は1ヶ月延長できるとのこと。 特別休会制度が適用されれば、その間の会費は不要になるので、問い合わせてみると良いです。 私の場合は、コロナの感染拡大が収束するまでカーブス通いは自粛すると決めたので、退会することにしました。 退会手続きは来店しないとできないので、特別休会制度を1ヶ月延長してもらい、その間に手続きに行くことにしました。 無理に引き止めることもなく、こちらの意向を理解してくださって、最善の提案をしてくださったカーブスの店舗スタッフに感謝です。

次の

休業期間中のよくあるお問い合わせ

カーブス 部屋 トレ

カーブスのコロナ対策特別休会制度 女性専用のフィットネスジム・カーブスは全国に2000店舗以上もあり、50~70代の女性を中心に会員数もかなり多いですね。 かくいう私もカーブスに通っているのですが・・・ コロナ対策のため、通うことを自粛していたところ、コロナ対策として設けられた特別休会制度で3月は一ヶ月間休会しました。 カーブスコロナ対策特別休会制度対象者は? カーブスの特別休会制度(新型コロナウイルス)対象者は、80歳以上の高齢者や持病があるなどで、感染すると重症化リスクが高い人です。 このハードルが厳しすぎるという声も聞こえます。 店舗によって対応に差がある? カーブスはフランチャイズなので、店舗オーナーの対応にも差があるようです。 私が通っているカーブスでは、本人だけでなく同居する家族も対象の範囲に入れてくれました。 カーブス側では家族の情報まで把握していないでしょうから、その旨伝える必要はあると思われます。 私の場合、コーチから問い合わせの電話があったとき、「高齢の義母がいるので感染リスクは避けたい。 」と、申し出たので休会制度が適用されました。 私が休会したことを知った義姉も「休会したい」と申し出たところ「できない」と一度は言われたそうです。 義姉は、「夫が重病で治療中なので感染したら大変なことになるから・・・」と告げたら、特別休会制度が使えたと言っておりました。 ということで、カーブスの特別休会制度(新型コロナウイルス)対象者は2通りあります。 会員本人が対象者である• 会員の家族が対象者である コロナ対策の特別休会制度の対象者は、全店舗で統一されているのか、フランチャイズごとの判断なのか不明ですが、告知してないだけかも。 重症化リスクが高い同居家族がいることを申し出たら適用されるかもしれません。 カーブス特別休会制度の延長と退会 カーブスは3月8日から一週間、全店舗一斉休業でしたが、16日に再開すると間もなく、休会中の会員用と思われる封書が届きました。 自宅でできる「部屋トレ」の案内と一緒に、今後について月末にスタッフからお電話しますとのメモが入っていました。 カーブス店舗からの問い合わせ電話 3月末、カーブス店舗のスタッフから、体調確認と今後どうするかについて問い合わせの電話がありました。 「3月は休会されてますけど、4月以降はどうされますか?」 A. 「しばらくお休みします。 」 Q. 「4月は休んで5月から来られそうですか?」 A. 「コロナ感染が収束するか、ワクチンができるまで休むつもりなので、いったん退会します。 」 高齢の義母の体調が、ちょっと風邪を引いただけで肺炎になるような状態なので、少しでも感染リスクがあることは避けたいことを退会理由としました。 カーブスはどうしても行かなければいけない場所ではないので、私にとっては不要不急のことなんです。 特別休会制度の延長を勧められる カーブスを退会するとの申し出に快諾ではなかったですが、「そういう理由なら仕方ないですね。 」ということに。 ただ、退会手続きは来店することが必要で、4月末退会なら3月中に退会手続きが必要とのこと。 ですが、3月中は予約が詰まっていて時間が取れないと。。。 そこで勧められたのが、特別休会を1ヶ月延長して、延長休会中に退会手続きをするという方法でした。 4月中にコロナ感染の状態が改善すれば、退会しなくても良くなるかもしれないので、という含みがあったようにも感じました。 それとも、特別休会制度がもっと延長される可能性があるのかもですが、そこは不明です。 退会した場合の会費はどうなる? 退会した場合の会費はどうなるのかですが、カーブスは退会手続きをした翌月末が退会日になりますから、翌月分の会費までは支払うことになりますね。 私の場合で例を挙げてみます。 さらに、私は昨年8月に1年間の継続会員割引で入会しているので、1年以内に退会する場合は違約金が発生します。 違約金は通常会費との差額分で、月あたり1,000円(最高6,000円)ということで、私の場合は10ヶ月になるので6,000円ですね。 カーブスは自粛期間も含めて3ヶ月半ほど利用しないことになるのですが、12,000円ほどの支払いが発生することになります。 でも、コロナ問題の解消がいつになるか分からないのに、行きもしないカーブスの会費を払い続けるより、ひとまず辞めた方が賢明と判断しました。 退会してしまうと再入会する際に入会金15,000円が割引にはならないでしょうから、3~4ヶ月で復帰するつもりなら、会費払いながら休んだ方が得かもしれませんけどね。 自主的に運動するのは続かないのでカーブスに通い始めたのですが、この際に、自宅でできる「部屋トレ」を頑張ってみることにします。 会員本人が対象者である• 会員の家族が対象者である カーブスはフランチャイズなので店舗によって対応が違うみたいですが、家族が対象者であることを伝えていないなら、申請してみてはどうでしょう。 コロナ問題が収束していないので、この特別休会制度は1ヶ月延長できるとのこと。 特別休会制度が適用されれば、その間の会費は不要になるので、問い合わせてみると良いです。 私の場合は、コロナの感染拡大が収束するまでカーブス通いは自粛すると決めたので、退会することにしました。 退会手続きは来店しないとできないので、特別休会制度を1ヶ月延長してもらい、その間に手続きに行くことにしました。 無理に引き止めることもなく、こちらの意向を理解してくださって、最善の提案をしてくださったカーブスの店舗スタッフに感謝です。

次の

女性だけの30分フィットネスで健康ダイエット!

カーブス 部屋 トレ

カーブス公式サイトのコロナ対策は? カーブスはコロナ対策で休業しないんだろうか?と、何度も公式サイトで確認してたんですが、3月2日まではコロナ対策を徹底して営業するってことでした。 カーブスのコロナ対策は以下のような内容でした。 コーチの感染予防• 手洗い、手指のアルコール消毒、うがいの徹底• 30分おきに手指を消毒• マスク着用で運動サポート• 毎朝検温、体調管理 クラブでの感染予防• 午前午後の営業前にアルコール消毒液で店内の消毒• メンバーが良く触れる場所は1時間に1回消毒• 適度な湿度と店内の換気 メンバーにお願い• 手指の消毒• マスクの着用• 体調がすぐれない人は来店を控える• 咳エチケット• こまめな水の飲用• ビニール手袋持参(希望者) カーブスはしばらくお休みしよう カーブスでは、アルコール消毒などのコロナ対策を徹底するとのことなんですが・・・ そもそも、サーキットやってる間は最大24名のメンバーが、30秒ごとにマシンに触るじゃないですか。 もし1人でも感染者がいたら、1時間に1回の消毒では感染の危険性がありそう。 サーキットは24分間あるので、その間触りまくることになるでしょ。 月会費はもったいないけど、コロナウイルスの感染リスクがなくなるまで、カーブスはお休みした方が賢明ですよね。 もし万が一コロナウイルスに感染したら、自分だけのことで済まないでしょ。 感染拡大する人になってしまうのは避けたいですからね。 スポンサーリンク カーブスから電話があった コロナ対策で2月の下旬からカーブスをお休みしていました。 カーブスは5日以上休むと、「どうかされましたか?」と、電話がかかってきます。 1度目は2月末に。 その時は体調不良でしばらくお休みってことにしたんですが・・・ 3月3日にまた電話がありました。 「しばらくお休みされてますけど、コロナ対策でしょうか?」と。 「そうです。 外出を控えてますから」と答えました。 すると カーブスも来週は一週間休業することになったとのことで、その間の料金は4月に返金してくれると報告がありました。 そして、「どれくらいの期間お休みする予定ですか?」と聞かれたので、「3月はお休みします。 」と返答。 すると、3月の1ヶ月間休会を勧めてくれたんです。 元々、カーブスには休会制度があるんですけど、通常は病気で休会する場合だけで、診断書が必要なんです。 ですが、今回はコロナ対策で休会を受付けるとのこと。 しかも、書類を提出しにいかなくても、かかってきた電話で受け付けてくれました。 3月分の月会費は引き落とされるのですが、4月に返金されるとのこと。 いやいやビックリ! めちゃくちゃ良心的な対応じゃないですか! 実は、もうこの際だから退会しちゃおうかと思ってたんですが、巧みに引き留められたようにも思ったりします。 感染による重症化リスクが高い方への対応 公式サイトに行ってみると、全店一斉休業で感染予防対策強化についてのお知らせがドーンとありました。 休業期間:3月8日~3月15日とのこと 「新型コロナウイルス特別休会制度」も設けられていました。 3月の1ヶ月間休会できるとのことで、私はこの制度を適用してもらえたようです。 3月の1ヶ月間休会の対象者は、80代以上の方や、糖尿病、心筋梗塞、狭心症、慢性腎疾患、呼吸器疾患、高血圧など、重症化リスクの高い方向けと書かれていました。 私自身は対象者ではないのですが、私の場合は家族に介護が必要な高齢者がいるので、間接的に重症化リスクの高い人になるようです。 まとめ 運動不足解消のため通い始めたカーブス、適度な運動が習慣化されつつあったのですが、コロナウイルスの感染リスクが心配です。 そこで、2月下旬から自主的にお休みしていたのですが、カーブス側で一週間の休業や重症化リスクがある人には休会でコロナ対策が強化されました。 私自身は重症化リスクの対象者ではないのですが、家族に高齢者がいるので、3月の1ヶ月間休会の対象者になりました。 3月分の月会費は一度引き落とされますが、4月に返金されるとのこと。 カーブスの良心的な対応に感謝いたします。 自分の意志だけで運動を継続するのはなかなかできないので、早くコロナウイルスの感染が終わってほしいです。

次の