生命 保険 作文。 保険ってどんなもの?

生命保険作文の書き方はエピソード重視で。身近なところから考えよう

生命 保険 作文

例文 第一生命の志望動機 様々なニーズにあわせて、人の生活の「安心」を支えていきたいと考え、貴社を志望しております。 私が高校生の頃、父が心筋梗塞によって倒れました。 この時、人の暮らしの安心を支える保険という商品の必要性を実感しました。 また、大学時代にも、海水浴場のライフセーバーのアルバイトの経験から「安心があるから、人は物事を楽しめる」ということを実感し、人生で最も困難な時に生活を支えられる保険という商品に魅力を感じるようになりました。 生命保険業界の中でも、貴社は「ご契約者第一主義」を掲げ、生命保険業界ではじめて、金融機関向けの代理店である『第一フロンティア生命』を設立するなど、お客様のニーズにあわせた改革をしておられます。 また、株式会社化を進めた貴社は、これからも多様化するニーズにあわせた柔軟な事業展開が可能だと思われます。 貴社で働くことで、お客様の様々なニーズにあわせ、人の暮らしを支えていくことができると感じ、貴社を志望しております。 質問に答えるだけで志望動機を完成させよう 志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。 「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「」を活用しましょう。 志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。 面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。 無料でダウンロードできるので、効率的に志望動機を完成させましょう。 例文 私が高校生の頃、父が心筋梗塞によって倒れました。 この時、人の暮らしの安心を支える保険という商品の必要性を実感しました。 また、大学時代にも、海水浴場のライフセーバーのアルバイトの経験から「安心があるから、人は物事を楽しめる」ということを実感し、人生で最も困難な時に生活を支えられる保険という商品に魅力を感じるようになりました。 生命保険というビジネスは、契約者の掛け金で一人ひとりを相互に支えあう特殊な形態です。 志望する場合は、他の業界以上に「なぜ私は生命保険を志望するのか?」というロジックをきっちり作りこんでおく必要があります。 たとえば、生保業界志望者の中に「形のない金融商品を扱いたい」という人がいますが、それなら他の金融業でも良いですよね。 「安心」を提供して人の暮らしを支える• 契約者が相互に支えあう金融商品• etc… など、「他の金融商品と、保険が違うのはどこ?」「なぜ自分はそこに魅力を感じるのかな?」と考え、「なぜ保険でなければならないのか?」説得力のある理由を考えてください。 数ある保険会社の中でも「なぜその会社なのか」が伝わるように書くこと 志望動機は、「私はあなたの会社を第一に志望している」と伝わるものであるべきです。 (実際にそうであるかは別として) 第一志望だと伝えるには、「なぜその会社でなければならないのか?」をしっかりと書くことです。 具体的には、『会社の強み・独自の特徴』を上手く織り交ぜましょう。 例文では、 例文 生命保険業界の中でも、貴社は「ご契約者第一主義」を掲げ、生命保険業界ではじめて、金融機関向けの代理店である『第一フロンティア生命』を設立するなど、お客様のニーズにあわせた改革をしておられます。 また、株式会社化を進めた貴社は、これからも多様化するニーズにあわせた柔軟な事業展開が可能だと思われます。 貴社で働くことで、お客様の様々なニーズにあわせ、暮らしを支えていくことができると感じ、貴社を志望しております。 このように、第一生命が先駆けて進めた事業展開をとりあげ、「貴社で働くことで、お客様のニーズにあわせて暮らしを支えていける」とまとめています。 なお、ここで取り上げる「会社の特徴・強み」は、ビジネスに深く関わるものにしましょう。 「社会貢献」等は、あくまでイメージアップのためにやっているもので本質ではありません。 その会社が持っている事業上の強みを、上手く志望動機に織り交ぜてください。 設問に回答をすると、経産省の定めた「社会人基礎能力」のうち、あなたがどの面に秀でていて、どの面に弱点があるのかを教えてくれます。 これは、私がテストした時の診断結果です。 この通り、かなり詳しく教えてくれます。 偏差値形式で表示してくれるので、「自分の強みは何なのか?」「向いている仕事は何なのか?」「どんな弱点があるのか?」「向いていない仕事は何か?」が一発でわかります。 OfferBoxは、プロフィールを登録しておくだけで、あなたのプロフィールに関心を持った人事から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。 AnalyzeU+で診断するついでに、プロフィールを詳しく入力しておくと、有名企業からの選考のオファーまで届くようになります。

次の

【例文あり】説得力のある、生命保険会社への志望動機を書こう

生命 保険 作文

生命保険の第一の目的は、契約者が死亡した場合に残された家族が生活に困窮しないように生命保険で保障することです。 しかし、一方で金融資産としての面もあることをご存知でしたでしょうか。 ここで、生命保険で保障できる内容を確認していきましょう。 金融資産として金利を目的とした資産運用• 教育資金として貯蓄を兼ねた保障• 契約者が死亡した場合に遺族への保障• 契約者が病気や障害を負った場合に生活費の保障• 介護のリスクを備えた保障• 終身保険や養老保険を目的とした高齢者になってから必要な保障 このように、生命保険は死亡保障だけを目的とした保障ではありません。 貯蓄や金利を目的として月々の支払いを金融資産として運用を目的に加入する場合もあります。 貯蓄をしながら、万が一の際に保障をしてもらえる保険と考えれば、生命保険に必要性を感じる人は多いでしょう。 ここまでは、生命保険の必要性を知るためのシミュレーションをご覧いただきました。 とはいえ、その人の ライフスタイルによって生命保険の必要性は大きく異なります。 独身者と 既婚者の違いはもちろんのこと、 子供の有無や 片働き・共働きということによっても生命保険の優先度は変わってきます。 なぜなら生命保険の中でも死亡保険は、自分のためではなく 「残された家族が困らないため」にあるからです。 あなたに経済的に依存する人が多く、かかる予定金額が高いほど、死亡保険金の必要性は高くなるでしょう。 しかし、いずれの場合でも生命保険には加入しておいた方が良いのです。 ここからは生命保険の必要性を、独身者の場合と既婚者の場合に分けて説明していきます。 「独身者に死亡保障はいらない」という意見もあります。 確かに独身者には扶養する家族がいないため、比較的 死亡保険への優先度は低いといえます。 しかし、独身者の万が一のときに、お金がまったく不要というわけではありません。 両親や親族へ負担をかけないよう、最低限の保障 200~300万円程度 を 葬儀などの費用として確保しておきましょう。 ローンなどの負債がある場合は、その分も死亡保障への上乗せが必要となります。 もし現在、特別な理由なく掛け捨て型生命保険に加入しているなら、解約を考えても良いでしょう。 独身者には大きな死亡保障がある定期保険よりも、貯蓄性が高く保険料がずっと変わらない積立型終身保険をおすすめします。 生命保険は死亡保障ばかりに目がいきますが、がんなどで長期間働けなくなった場合にも備えることができる 収入保障保険というものがあります。 この収入保障保険というのは、 重い病気や怪我などで長期間働けないときに収入保障されるものです。 公的な保障で医療費を少なくする 高度療養費制度や収入減を保障する 傷害手当がありますが、いずれも 生活を支えるためには不十分です。 収入減を補填するために生命保険の収入保障保険があります。 これは掛け捨ての保険のため比較的安価ではありますが、 毎月の収入のように保険金を受け取れるので生活保障にはとても役立ちます。 ただ、この収入保障保険は保険期間の満了日までしか受け取れません。 そのため収入減の分の保障はできますが、まとまった額をもらえるわけではないので、貯蓄には向きませんし、教育費などにまわせるものではないので注意が必要です。 また、通常の収入のように所得税が課税されることも気をつけましょう。 ご高齢の両親がいる場合、 経済的に支えが必要になる場合があります。 高齢家庭は貯蓄をしっかりされている場合もありますが、 健康状態や家庭のそれぞれの事情によりご両親の生活の面倒を見る場合もあるでしょう。 自分の家族の生活はなんとかなっても、ご両親の生活までを支えるとなると、夫婦の保障を増やして、ご両親の生活を援助できるくらいの保険をかけておくことも検討しなければなりません。 貯蓄と保障を兼ねるために、 終身保険や養老保険を検討してみることもいいでしょう。 死亡保障を保険の主たる目的を子供だったものを両親へと変えることで、保険を見直すこともできます。 安心して長生きしてもらうためには、保険を生活にあわせたものに変えておき、万が一に困る人がいないよう 生命保険で備えをしていくことが重要です。 妻の年齢 35 36 37 41 47 53 65 長女の年齢 7 8 9 13 19 25 37 長男の年齢 5 6 7 11 17 23 35 行事 長女小学校 入学 長男小学校 入学 長女中学校 入学 長女大学入学 長男就職 保険金 30,000,000 遺族年金 1,790,000 1,790,000 1,790,000 1,790,000 1,570,000 560,000 1,340,000 児童手当 240000 240000 240000 240000 児童扶養手当 52,000 52,000 52,000 52,000 42,000 妻の収入 1,000,000 1,000,000 1,000,000 1,000,000 1,000,000 1,000,000 1,000,000 収入合計 33,082,000 3,082,000 3,082,000 3,082,000 2,612,000 1,560,000 2,340,000 生活費全般 2,400,000 2,400,000 2,400,000 2,400,000 2,400,000 1,680,000 1,680,000 教育費 322,000 322,000 624,000 804000 2495000 0 残金 32,360,000 32,720,000 32,778,000 32,830,000 27,632,600 13,589,600 10,179,600 生命保険に加入していなかった場合 妻の年齢 35 36 37 41 47 53 65 長女の年齢 7 8 9 13 19 25 37 長男の年齢 5 6 7 11 17 23 35 行事 長女小学校 入学 長男小学校 入学 長女中学校 入学 長女大学入学 長男就職 保険金 0 遺族年金 1,790,000 1,790,000 1,790,000 1,790,000 1,790,000 1,790,000 1,790,000 児童手当 240000 240000 240000 240000 児童扶養手当 52,000 52,000 52,000 52,000 42,000 妻の収入 1,000,000 1,000,000 1,000,000 1,000,000 1,000,000 1,000,000 1,000,000 収入合計 3,082,000 3,082,000 3,082,000 3,082,000 2,612,000 1,560,000 2,340,000 生活費全般 2,400,000 2,400,000 2,400,000 2,400,000 2,400,000 1,680,000 1,680,000 教育費 322,000 322,000 624,000 804000 2495000 0 残金 3,360,000 3,720,000 3,778,000 3,830,000 -1,367,400 -15,410,400 -18,820,400 死亡保険金を受け取ったケースでは、妻65歳時点で1,000万円以上を残しています。 しかし死亡保険金がない場合は、約1,900万円のマイナスとなってしまいます。 万が一のときでも同水準の生活を続けるためには、生命保険が不可欠であるといえます。 生命保険に加入するべき時期は、生命保険の種類によって考え方が変わってきます。 たとえば60歳払込済の 貯蓄型終身保険なら、20歳で加入した場合には50歳加入に比べて月額保険料を4分の1以下とすることができます。 払込総額も2割ほど安くなるため、なるべく早いうちに始めるのがお得です。 更新型定期保険の場合、保険料は更新ごとに上がっていきます。 たとえば20歳から60歳まで10年更新型の商品に加入し続けたなら、なんと払込保険料総額の 半分近くは50歳からの10年間の保険料ということになってしまいます。 定期保険の加入時期に正解はありませんが、長期間加入するのではなくライフステージごとに見直しを行う必要があるといえます。 生命保険が必要か不必要かを考える際に、生命保険はどのような時に必要なのか考えてみましょう。 一家の大黒柱に万が一のことがおこった時のために、傷病手当金や遺族年金などの公的年金があります。 傷病手当金とは、病気や怪我で長期間働けなくなったときに、最長1年6ヶ月にわたって給与の約3分の2が支給される制度です。 これによって、十分ではないかもしれませんが、ある程度の生活費を確保することができます。 遺族年金とは、世帯主が亡くなった場合、一般的に世帯主がサラリーマンで子供が2人いると、月額で15万円程度支給されます。 これらの公的保障により、もともとの生活レベルではないにせよ、生きていくだけの保障は受けられます。 しかしながら、足りない分の金額はなんらかで補わなければなりませんが、例えば小さい子供がいる場合では思うように働くことはできません。 公的保障の不足分は生命保険に加入し、保障を補う必要があるのです。 実際生命保険に加入するとなると、保障して欲しい額を決めて、それに併せて毎月の支払額を決めるということになります。 それでは、生命保険の必要額はいくらになるのでしょうか。 生命保険の必要額は• 現在の収入• 家族構成• 持ち家かどうか• 子供がいるか• 子供がいるとすればどのくらいの教育費をかけるか などいろいろな要素がかかわってきます。 いろいろな保障をつければ、当然保険金額は上がりますし、万が一のことがなければ、掛け捨ての保険をかけていれば、損をすることも出てきます。 生命保険の必要額は、各家庭の状況によるので、なかなか一概に言える物ではありません。 生命保険の生涯の支払い額は大変高額なものです。 ファイナンシャルプランナーなどの保険のプロに相談し、個々の状況にあわせた保険を一緒に考えて加入した方が間違いありません。 この記事をお読み頂いて気になる点がありましたら、こちらのサイトでもご相談をうけつけています。 以下のボタンから無料保険相談することができますので、この機会に後回しになっている保険選びを片付けてしまいましょう! ここまでは独身の場合と既婚の場合の生命保険の必要性や、加入すべき時期についてお伝えしてきました。 ところで、老後にも死亡保障は必要なのでしょうか? 不要という意見もありますが、葬祭費用や配偶者の生活費を考えればある程度の死亡保障は確保しておきたいところです。 遺族年金だけで、生活に十分な額が賄えるとはいえません。 定期保険の保険料は年齢が上がるごとに割高になるため、むしろ 老後資金を減らしていく原因にもなりかねないのです。 そういった理由から、退職が近くなる50代あたりから死亡保険を「貯蓄型終身保険」に絞る人が多いのです。 そこで、ここからは 老後資金と保険料のバランスを考えた保障の選択方法について説明していきます。 死亡保障は、自分に万が一のことがあった後の家族の生活を経済的に保障するものです。 子供が小さいうちは今後の養育費を考慮する必要がありますが、子供が 独立したら 死亡保障の必要性はかなり低くなります。 たとえば先ほどのシミュレーションを見ると、長女7歳~長男22歳までの17年間の支出総額は6,625万8,400円です。 対して、長男独立後からの12年間の支出総額は2,016万円と3分の1以下になります。 人生において、 子供の養育費はもっとも高いコストがかかるのです。 子供が独立した後は配偶者の生活のみを心配したら良いのですから、必要な死亡保険金額はぐっと減るはずです。 配偶者の老後にかかる費用をシミュレーションし、無駄な保障は削っておくことをおすすめします。 貯蓄型の終身保険は、相続税対策にも役立ちます。 遺族が受け取る死亡保険金は正式には「財産」ではありませんが「 みなし相続財産」とされ、相続税の対象となります。 ただし、死亡保険金には法定相続人 1人あたり500万円の非課税枠が設けられています。 つまり法定相続人が2人なら1,000万円、3人なら1,500万円が非課税となります。 これが預貯金なら全額課税対象ですが、生命保険という形で貯蓄しておくだけで相続税を減らすことが可能となるのです。 なお、配偶者にはもともと「法定相続分」または「1億6,000万円」のどちらか多い金額までは相続税がかかりません。 よって終身保険は、 子供に遺産相続させる部分について有効な節税手段となります。 生命保険の必要性についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。 この記事のポイントは、• 生命保険はライフステージや既婚・独身などの違いによって必要性が異なる• とはいえ、どの立場であっても生命保険は必要である• 遺族の生活にかかる費用をシミュレーションし、保険金額を設定する 以上のことでした。 しかし、いつどのように生命保険を選ぶべきかを自力で判断するのはなかなか難しいかもしれません。 そんなときは、 ファイナンシャルプランナーなどの 専門家に相談してみてもよいでしょう。 公平な目で、あなたに合った生命保険の選び方を提案してくれることと思います。 ほけんROOMでも、無料の保険相談サービス「 ほけんROOM相談室」を開設しております。 「保険についてもっと知りたい」「専門家に直接相談したい」という方は、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか?.

次の

【公式】保険・生命保険はアフラック

生命 保険 作文

生命保険文化センター(東京都)は、「第58回中学生作文コンクール」の作品を募集している。 生命保険についての学びや、生活の中で果たしている役割などについて、考えを原稿用紙にまとめる。 応募締め切りは、9月11日(当日消印有効)まで。 コンクールは、全国の中学生に超高齢社会や社会保障制度などについて考えてもらおうと、1963年から実施している。 テーマは「わたしたちのくらしと生命保険」で、400字詰め原稿用紙2~4枚に書く。 ワードでの原稿も受け付ける。 優秀作品は表彰し、奨学資金7万円を贈る文部科学大臣賞をはじめとする全国賞や、図書カード最大8000円分を贈る都道府県別賞などがある。 また、応募者全員にシャープペンシルと替え芯を贈る。 題名、学校名、学年、氏名(ふりがな)などを明記し、所定の応募票を添付する。 応募先は〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル3階(公財)生命保険文化センター作文係。 問い合わせは電話03(5220)8517。

次の