モダン ミリー ミュージカル。 ミュージカル『モダン・ミリー』[東京]

「難儀な役に巡り合った」!? 一路真輝さんが『モダン・ミリー』に出演!

モダン ミリー ミュージカル

2020. ミュージカル『モダン・ミリー』(演出・翻訳:小林香)が、2020年4月に東京のシアター・クリエほか全国で上演されます。 本作は、1967年公開の同名ミュージカル映画が原作で、1920年代のニューヨークを舞台に、モダンガールに憧れて田舎から出てきた主人公・ミリーの奮闘を描く物語。 2000年に初演されたブロードウエイ・ミュージカル版は、映画から楽曲をほぼ一新し、トニー賞作品賞など5部門を受賞した人気作です。 そんな本作で主人公・ミリーを演じる朝夏まなとさん、ミリーに惹かれていくジミーを演じる中河内雅貴さんにお話をうかがいました。 中河内「いい感じです!」 朝夏「(笑)」 中河内「自分では波長が合うのではないかな?と思ってます。 」 朝夏「私も思ってます!」 中河内「(朝夏は)スターさんなので少し緊張していたのですが、思いのほか……」 朝夏「あはは!」 中河内「とても話しやすい方でした。 多分、お酒を飲んだら一発で仲良くなれそうな感じがしてます。 出演が決まったときも、映画もとても面白いし可愛いしワクワクしていたのですが、今はさらに楽しみになっています。 」 中河内「僕は久しぶりにハッピーなミュージカルに立てるんですよ。 だからすっっっごく楽しみにしていました!!」 朝夏「(笑)」 中河内「死ななくていい作品が久々ですからね(笑)。 ジュリー・アンドリュースがとにかく魅力的で。 ミリーがどんどんあか抜けていく冒頭のシーンが素敵でしたね。 私自身が佐賀出身なので、ミリーの気持ちがすごくわかるんですよ。 」 中河内「僕はこの時代のヘアスタイルやファッションが好きなので、そういう楽しさも感じました。 この作品のチラシで皆さんが着ている衣裳も、オールドな感じがかわいいですよね。 ストーリー以外にもいろんな楽しみがある作品になりそうだなと思っています。 玉の輿を狙っているところはちょっと違いますけどね。 でもこの際狙おうかな(笑)。 」 中河内「たくさん来ちゃうから、気を付けてください!」 朝夏「(笑)。 ミリーちゃん、面白いですよね。 すごく素直だし、その場で起きたことを全部そうだと思い込んでしまうという、純粋でかわいい子だなと思っています。 タイピストという仕事をきっちりこなしながら「玉の輿に乗りたい」と思って生きているのですが、そういうところからも生きるエネルギーって出てくると思うから。 私自身が舞台に立つときの熱量ともかぶってくるんじゃないかなと思います。 」 中河内「僕が演じるジミーは、作品資料に「いかにも都会の遊び人風だが」……もう一度言いますね。 こう見えて真面目に生きてきた人物なので(笑)。 ピッタリだと思っています。 ただ、ジミーにはある秘密があるので、そこの見せ方を探りながらつくっていきたいです。 稽古していくうちにどうなるかはわからない。 いかようにもできそうな役です。 中河内「初めましての方もいらっしゃいますが、きっと楽しく真面目につくっていけるんだろうなと思うメンバーです。 まぁちゃん(朝夏)との初共演は本当に楽しみです。 二人「 (笑)」 中河内「30分前から呼んでます(笑)。 言いながらドキドキしてますよ。 」 朝夏「(笑)。 私は「まぁくん」と呼ぶことになりました。 アンサンブルのメンバーも知っている方が多くて、アグレッシブに歌、ダンス、芝居に臨みそうな方が揃っています。 楽しみなことだらけです。 」 朝夏「私もまぁくんと今日お会いして、いける!と思いましたし、一路(真輝)さんも『オン・ユア・フィート!』(18年)で母娘役だったので、今度はまた全く違う役柄でご一緒できることが楽しみです。 廣瀬(友祐)さんは初めましてなのですが……ふふっ。 呼んでくださいね」とお伝えしたら、「徐々に」って(笑)。 」 中河内「あはは!」 朝夏「玉の輿に乗りたいお相手(会社社長グレイドン役)なので、これからどんな感じになっていくのかすごく楽しみです。 保坂さんは個人的に舞台で拝見していて、いつかご一緒してみたい女優さんだったので今回、嬉しかったです。 素敵だなっていつも思っています。 朝夏「実咲さんとこんなカタチで共演するとは思ってもいなかったです(笑)。 朝夏「そうですね。 安心な面もあるし、観てくださる方に昔がよぎらないようにしなきゃって。 ちゃんと女同士の親友に見えないといけないなと思います。 でも普段の私たちがそんな感じなので。 朝夏「香さんはその作品の世界観をとても素敵に表現されるので、今回も楽しみです。 『Little Women -若草物語-』のときも、時代のイメージにすごくこだわっていらっしゃったんですよ。 今回も20年代のファッションや最先端のものもたくさん出てくるだろうな。 紆余曲折のある濃い半生が描かれる役でしたが、わたし自身がつくってきたよりも、さらに深いところで繋いでくださるんですよ。 いろんなヒントをくださいましたし、それがとても勉強になりました。 こちらの話も聞いてくださいますし、こだわりもあるけど柔軟という、すごく素敵な方です。 今回は香さんがコメディをどう演出されるのか、今から楽しみにしています。 中河内「だからこその楽しみがありますね。 香さんもここまでいろんな葛藤や苦労も経験してこられたでしょうし、僕自身もいろんな舞台に立って、いろんな役をやらせてもらってきたので、またこうしてご一緒できるのが嬉しい。 「あの頃から成長したね」と言われたいです。 お客さんの前に出るうえでは、そこが絶対に大事なので。 だから、周りのことを考えるようになりました。 昔は目立ってなんぼ、みたいな精神だったのですが、それは一切なくなったと思います。 大人になったその変化はお見せしたいですね。 おふたりの印象的な出会いについて教えていただければと思います。 朝夏「まさに「すべての出会い」ですよね。 ただ特に、宝塚歌劇団を卒業してからの出会いは、人と人との繋がりとか縁とか運命ということを、より感じるようになりました。 でもそこから、いろんな方に引っ張っていただいたり、役や作品を与えていただいて、今がある。 自分が望むだけでは絶対にできないことがあると思うから、とてもありがたいことだなと思っています。 「この人とまた仕事がしたいな」と思ってもらえたらと、いつも思っています。 親にはすごく感謝しています。 芸能の世界の人ではないですが、僕が「やりたい」ということを受け止めて、応援してくれて、動いてくれた。 面と向かっては絶対に言えないのですけど、感謝していますね。 やっぱり、周りの方の力がないとどこにもいけませんから。 だから、誠意を持って、感謝をしなさいと言われていました。 あと、15歳の時に生まれ育った広島から(ダンスのために)長野に旅立つときに、「やるからにはちゃんとやりきりなさい」と言われたのも覚えています。 そして「人よりも早くがんばりなさい」って。 つまり、人より何倍も努力しろということなのですが、それは特に覚えていますね。 開幕を楽しみにしています。 インタビュー・文/中川實穂 朝夏/ヘアメイク:タナベコウタ スタイリング:加藤万紀子 中河内/ヘアメイク:前田美沙子 【公演概要】 ミュージカル『モダン・ミリー』.

次の

モダンミリー

モダン ミリー ミュージカル

<返送先> 〒150-0011 東京都渋谷区東1-2-20 渋谷ファーストタワー ぴあ株式会社 チケットぴあメールセンター『モダン・ミリー御園座公演』宛 <返送時の必要事項> チケット返送時に必ず下記の内容を記載したメモを同封いただきますようお願いします。 ご返金先の住所• お名前• 連絡可能な電話番号(メモの内容と同封内容に相違がある場合、お電話にてご確認させていただくことがあります。 返送チケットの単価• 返送チケットの枚数 <返送時のご注意> 必ずチケットを入れて、返送をお願い致します。 メモのみの送付では払い戻しできませんのでご注意ください。 <返送先> 〒150-0011東京都渋谷区東1-2-20 渋谷ファーストタワー ぴあ株式会社 チケットぴあメールセンター『モダン・ミリー御園座公演』宛 <返送時の必要事項> チケット返送時に必ず下記の内容を記載したメモを同封いただきますようお願い致します。 ご返金先の住所• お名前• 連絡可能な電話番号(メモの内容と同封内容に相違がある場合、お電話にてご確認させていただくことが あります。 返送チケットの単価• 返送チケットの枚数 <返送時のご注意> 必ずチケットを入れて、返送をお願い致します。 メモのみの送付では払い戻しできませんのでご注意ください。 「郵便振替払出証書」にてご返金いたします。 ご返金は、お手続きの都合上、払い戻し受付期間が終了してから3~4週間程となります (返送時期目安:8月末から9月末頃)• 郵便振替払出証書は、郵便貯金事務センターより緑色の封筒にて届きます。 本人確認証をご持参のうえ、郵便局で換金してください。 <返送先> 〒150-0011東京都渋谷区東1-2-20 渋谷ファーストタワー ぴあ株式会社 チケットぴあメールセンター『モダン・ミリー御園座公演』宛 <返送時の必要事項> チケット返送時に必ず下記の内容を記載したメモを同封いただきますようお願い致します。 ご返金先の住所• お名前• 連絡可能な電話番号(メモの内容と同封内容に相違がある場合、お電話にてご確認させていただくことが あります。 返送チケットの単価• 返送チケットの枚数 <返送時のご注意> 必ずチケットを入れて、返送をお願い致します。 メモのみの送付では払い戻しできませんのでご注意ください。

次の

ミュージカル『モダン・ミリー』朝夏まなと×中河内雅貴 インタビュー

モダン ミリー ミュージカル

映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 婦人参政権が叫ばれ、ジャズが流行しはじめた、いわゆる狂乱の1920年代。 ミリー・デルマウント(ジュリー・アンドリュース)は、カンサス州の商業学校を卒業して、ニューヨークへやって来た。 元気いっぱいで恐いもの知らず、気取り屋で断髪に吊鐘型の帽子をかぶり、奇妙な服装で人の目をひくミリー、要するに彼女はモダン・ガールだった。 そんな彼女のおめあては粋な独身社長を射止めることである。 早速彼女は信託会社の社長トレバー・グレイドン(ジョン・ギャビン)に目をつけて就職した。 だが彼はミリーが彼に対して抱いている気持ちなど、一向に察してくれなかった。 これに反してダンス・パーティーで彼女に会った青年ジミー・スミス(ジェームズ・フォックス)は、さっそうたるミリーにすっかりいかれてしまった。 ある日、ミリーが泊まっている若い独身女性専用のホテルに、女優志願の金髪娘ドロシー・ブラウン(メアリー・T・ムーア)がカリフォルニアから到着し、ホテルは一段と活気をおびてきた。 さてミリーは社長トレバーの心を得られなく、ジミーの誘いに応じて、ドロシーと共に週末のデートに出かけた。 その時ミリーはジミーに金満家の未亡人マジー・ホスミア(キャロル・チャニング)を紹介され、ホスミア邸のパーティーに招待され愉快な時を過ごした。 相変わらずミリーは社長トレバーに冷たくされ続けていたが、トレバーはひと目ドロシーを見るに及んですっかり気に入ってしまった。 だが彼女にデートをすっぽかされ居酒屋でふさぎこむ始末。 一方ドロシーは突然、ホテルの経営者で、売春あっせんを内職とするミセス・ミアーズに連れ去られてしまった。 疑念を抱いて後を追ったトレバーも、あまり彼の女装が真に迫っていたため、売春グループに加えられてしまった。 だがそこへふとまぎれこんだミリーの活躍で無事救出されたのだった。

次の