お邪魔プラス。 おしゃれなインテリアなら、バランスボールも邪魔にならない

集団レッスンにお邪魔します♪ コペルプラス大宮教室

お邪魔プラス

インターネット接続している環境から、対象URLにアクセスすることで、IPv4、IPv6のどちらで、また両方で通信している事を判別できます。 インターネットに接続されていなければ、ページ自体が開きません。 ページは2階層で構成され、IPv4/IPv6接続の判定と、v6プラスでの接続かを判定できます。 判定結果を確認 ページを開いてしばらくすると、下記の判定結果が表示されます。 続いて「v6プラスで接続しているか確認するにはこちら」をクリックすると、v6プラスであるかどうかの判定結果が表示されます。 「v6プラス」ではなかった場合の判定結果について 「v6プラス」ではありません。 IPv4接続設定をしている機器(ひかり電話対応ルーターやWi-Fiルータ)を初期化してください。 -------------------------------------------------------------- 「v6プラス」ではありません。 v6プラスに対応した機器をご用意ください。 -------------------------------------------------------------- 「v6プラス」ではありません。 v6プラスに対応した機器をお持ちでないか、正常に設定が完了していない可能性がございます。 ひかり電話対応ルーターおよび弊社レンタルWi-Fiルーターを初期化して30分経ってから再度お試しください。

次の

『パズドラ』新覚醒スキル“お邪魔耐性+”や“毒ドロップの加護”が登場!7/25よりVer.17.3へアップデート [ファミ通App]

お邪魔プラス

2019年に新業態の「ワークマンプラス」を成功させ、ワークマンの勢いをけん引する土屋哲雄専務は、どのようなリーダーシップを発揮したのか。 「頑張りはいらない」「先にアメをあげる」「残業させるくらいならやらない」…驚きのリーダー論を、日経トレンディ編集長・三谷弘美が聞いた。 コロナ禍をものともせず成長を続けるワークマン。 6月の前年比売上高は、既存店137. 2%、全店144. 0%と驚異的な数字だ。 一般客向けの新業態「ワークマンプラス」が伸びているのはもちろん、既存のワークマンも好調を維持している。 キーパーソンは、ワークマンプラスを立ち上げた同社の土屋哲雄専務。 日経クロストレンドの酒井大輔記者が執筆した、書籍『ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか』(日経BP)からは、土屋専務の全く新しいリーダーシップを感じられる。 彼の斬新な考えはどう機能しているのか。 【土屋哲雄氏】 ワークマン専務取締役 2012年ワークマンに入社し、作業服専門店に「データ経営」を持ち込んで社内を改革。 一般客向けのアウトドアウェア新業態店「WORKMAN Plus(ワークマンプラス)」が大ヒットし、ワークマンは日経トレンディ2019年ヒット商品ベスト30の1位を獲得。 2019年6月、専務取締役経営企画部・開発本部・情報システム部・ロジスティクス部担当(現任)に就任 日経トレンディ編集長・三谷弘美(以下、三谷) 私は、書籍を執筆した酒井大輔記者が日経トレンディにいたときに一緒に仕事をしてきて、ワークマンを2019年ヒット商品ベスト30の1位に選定したときにもその場にいました。 書籍のゲラを読んだとき、思わず涙が……。 私たちは間違ってなかったな、と。 単に成功した事業というだけではなくて、社員、メーカー、フランチャイズ(FC)店、すべての人が幸せになれる経営があることに、あらためて感動したんです。 土屋哲雄氏(以下、土屋氏) 私も実は本を読んで、「こんないいこと言ったかな」と(笑)。 新型コロナの問題が持ち上がってからはずっと在宅勤務ですので、酒井記者とは電話でたくさん話をしましたがそれがこうなるとは。 この働き方、ワークマンには合っていますね。 皆、分散しているけれども、家でくつろぎながらできることをやる。 このほうが持続可能な働き方じゃないかと感じています。 三谷 新型コロナにも負けず成長を続けている、一番の要因は何だと分析されていますか。 土屋氏 8割の店舗が、時間短縮営業や臨時休業をしましたが、その割には良かったですよね。 競合が閉まってしまった中で、「ワークマンでも行くか」となったのかなと(笑)。 今後ショッピングモールの店舗は、100%元に戻るのかというと疑問でしょう。 我々はほとんどの店舗が路面店ですから、その点は良かったのかもしれません。 うちの近くの店舗では、7時から10時まで店を開け、また夕方に少し開けるという変則営業にしていました。 それでも19年よりむしろ売り上げは上がっていたから驚きました。 もう少し強気に言うと、ワークマンはコロナ時代に合っているんじゃないかと。 横に広がるグローバル経済から、外に出ないローカル経済に変わっていき活動範囲が狭まる。 狭い商圏に根差して、自然体で経営する。 フランチャイズの店長やうちの社員が、残業してまで結果を目標にはしません。 あんまりガツガツするのはいけない。 私は「頑張る」という言葉が嫌いなんですよ(笑)。 三谷 「ガツガツ」「頑張る」、私、ずっとそうしていますね。 衝撃……。 土屋氏 ははは、だってマニュアルに「頑張る」と書けないでしょう。 一部のスーパーマンが頑張ると、その仕事は引き継げないからかえって会社の邪魔になる。 誰もが力を入れなくてもできるようにしなければならない。 例えば、FC店にとって、一番難しいのは発注です。 そこでワークマンはこれを自動化しました。 店長はレジを打って品出しするだけでいい。 それだけで売り上げが上がっていくというのが理想です。 レジの精算も、閉店後にやりません。 20時になったらレジを閉めて金庫に入れて5分後に帰りなさいと。 だから無理せずに経営できる。 この文化はもともとのワークマンにあり、それを知ったときには感激しましたね。 他の店舗で売れているのに、入れていない商品があったら自動的に判明するエクセルベースのシステムも入れています。 それがあれば、店舗に足を運ばなくても、パソコンで分かるわけですよ。 あとはビデオ会議でもすればOK。 だから本部のSV(スーパーバイザー)にも、「そんなに店舗に行くな」と言っています。 店長と話すのは10分以内にしろ、と。 三谷 調子がいいんだからもっと足を運べ!工夫しろ!と言いそうなところですが、むしろ余計なことはするな、と。 この合理的な考え方が、FCの店長さんが無理せずに経営を続けていける理由なのですね。 土屋氏 FCは、本当に辞めないですね。 更新率99%、子供に引き継ぐ店舗が47%もあります。 昔は、売れない店が辞めるというケースはあったのですが、最近は、もうかり過ぎてお金ができたからボランティアなどのために辞めようという人がいるくらいです。

次の

Excelの邪魔な「貼り付けオプション」ボタンを非表示にする:Tech TIPS

お邪魔プラス

皆さんこんばんは、Jackです。 先日から徐々に冬の気配が近づいてきていますが、2019年の釣りシーズンは続くよどこまでも…皆さん、防寒対策の準備はいかがですか? 今回は働く人だけでなく、僕達釣り人にとっても強い味方の「ワークマン」シリーズ、その中でも「ワークマンプラス」と呼ばれる専門店のうち、僕の活動エリア内にある津河芸店の様子をご紹介いたします。 どうぞよろしくお願いいたします。 冬の釣り人の強い味方!? ワークマンプラス津河芸店にお邪魔しました イントロダクション 今回ご紹介する 「WORKMAN Plus 津河芸店」さんは、2019年11月14日にリニューアルオープンしたお店です…これまでは通常の「ワークマン」さんだったんでしょうね、たぶん。 お店の遠景は、こんな感じです。 リニューアルオープンしたてということもあって、お客さんの数が非常に多く、を挟んで反対側の臨時駐車場に車を停めての来店となりました。 お店の近景は、こんな感じです。 リニューアルオープンセールの関係か、お店の外にも商品がたくさん陳列されていましたよ。 「ワークマンプラス」の大きな特徴と言うのでしょうか… 「フィールドコア」「ファインドアウト」「イージス」の各ブランドのロゴが、お店の壁に掲げられています。 それでは早速、店内にお邪魔してみましょう。 店内の雰囲気は、かなりカジュアル お店の中はたくさんのお客さんでごった返していましたが、雰囲気は通常の「ワークマン」とは打って変わってカジュアルな感じで、まるでのようでした。 店内の商品の多くが、全然仕事着っぽくない服でいっぱいです。 着こなし方次第では、普段着としても十分に使えそうなデザインです。 この辺りなんかも、非常にオシャレな防寒着となっています。 これらの防寒着が3,000円~5,000円ぐらいで買えちゃうのが、ワークマンの凄いところです。 数年前からアウトドア方面で色々と話題になった「イージス」シリーズの2019年バージョンです。 ちなみに、僕も旧モデルの「イージス」は一着持っています。 お手頃価格で購入可能なのに、防寒着としては非常に優秀ですよ。 最新モデルをざっと見た感じでは、機能面では旧モデルと大きな違いは無いようですが、ところどころのデザインが少しずつオシャレになっているように見受けられました…きちんと手に取ってまでは見ていなかったのですが、性能面での向上もあったのかな? 釣り人向けの「イージスオーシャン」というモデルです。 通常の「イージス」と比べると、肩や肘、膝などの各関節部分にストレッチ素材を使用することで、釣りをしている時の身動きのしやすさを確保しているそうです。 こちらは確か、2019年から新登場したツナギタイプのイージスです。 どうやらバー向けのアイテムのようですが…釣りで使うのもアリかも!? 脱いだり着たりするのは大変そうですが、防寒性能は通常のイージスよりも高そうです。 足元の防寒対策も、こちらのコーナーでばっちりですよ。 僕は真ん中の棚にある、1,900円の「」を使用しています。 履き心地は「まずまず」ですが、防寒機能はなかなか優秀です。 通常のシューズ類は、こんな感じです。 これだけ色々とオシャレな商品があると、そりゃお客さんもたくさんお店に来るはずですね。 (笑) よりスポーなデザインの靴が欲しい人向けにも、色々と商品がありました。 うーん…これはもう、何でもアリの世界ですねぇ。 何でもアリといえば、ここ最近(確か今年からだったかな?)発売されるようになったバッグ類のバリエーションも豊富です。 これらのバッグ、半分以上が防水タイプのものなので、釣りに使うのにもぴったりですよ。 こちらの商品なんかは、ショアジギングで釣った魚を一時的に入れておくのにも便利そうです。 ショアジギングだと、サーフで大きなクーラーボックスを持ち歩くのは大変ですが、釣れる魚が少し大きめのものが増えてくるので、この手の防水バッグは重宝しそうです。 最後に このように、店内にはかなりカジュアルなデザインの商品が数多く陳列されていますが、通常のワークマンで取り扱っている「プロ仕様」の商品も、お店の比較的奥の方の数列で取り扱われていました。 「ワークマンプラス」では、これまでの作業着のイメージから、普段着としても着られるウェア類を取り扱われる方向へとシフトされているそうですが、なるほどこれだけオシャレな衣類ならばバイクや釣り、ちょっとした登山やハイキングなどでも、抵抗感なく身に着けることが出来るだろうと思いました。 何よりうれしいのは、通常のアパレルメーカーや釣具メーカーの商品で同じようなデザインや機能のものを買うよりも、一桁安い価格帯で購入できる点ではないでしょうか。 そりゃまあ、値段の高い商品にはそれだけの価値がある訳ですが、そこそこオシャレれで必要十分な機能を持つお手頃価格の商品が欲しいのであれば、ワークマンプラスの商品群は非常に魅力的です。 今回は津河芸店さんをご紹介しましたが、ワークマンプラスは全国各地にも店舗展開されています。 そして、「イージス」シリーズの商品群はここ数年、年越し前ぐらいには既に品薄or入荷待ち状態になっていたはずなので、もしも今回の記事で興味を持たれた方は、お近くのワークマンプラスへ急いでGo!! ですよ。 (笑) あ、ちなみに何で今回ワークマンプラス津河芸店さんへ行ったかと言いますと… お師匠様&お師匠様のお兄さんと一緒に、朝から津の海で船釣りをしていたからです。 お店に立ち寄ったのは、そのついでと言いますか…。 (笑) 今回は青物には巡り合えませんでしたが、サイズは小さいながらも僕の釣り人生初のマゴチをゲット出来ました。 とっても嬉しかったです。 【関連商品の広告】 ワークマンの「イージス」に機能的・価格的に近い商品としては、こちらなどもよろしいかと思います。 冬の時期の釣りでは、こういったちょっとした防寒具の有無が非常に重要になってきますよ。

次の