日本文理大学 経営経済学部。 早分かり 経営学部・経営学科 大学偏差値 ランキング 2020

【大学の学部】文系・理系の主要15学部をまとめて紹介!

日本文理大学 経営経済学部

概観 [ ] 大学全体 [ ] が経営する。 なお、「文理」と称するが、文学部や理学部は設置されていない。 また、にあるとは名称が似ているものの別法人であり、無関係である。 建学の精神 [ ] 「産学一致」 教育理念 [ ] 建学の精神である「産学一致」に加え「人間力の育成」、「社会・地域貢献」 教育および研究 [ ] 近年は教育に力を注いでおり、「人間力育成センター」を学内に設置している。 沿革 [ ]• 佐伯徒弟養成所設立• 3月 学校法人佐伯産業高等学校の設立認可• 4月 佐伯産業高等学校(建築科・林業科・造船科・家政科)開校• 3月 学校法人佐伯産業高等学校を学校法人佐伯学園と改称• 1月 (家政科)設置認可• 4月 佐伯女子短期大学(家政科)開学• 1月 大分工業大学(工学部 機械工学科・電気工学科・土木工学科・建築学科)設置認可• 4月 大分工業大学(工学部 機械工学科・電気工学科・土木工学科・建築学科)開学• 12月 工学部に経営工学科、工業化学科の設置認可• 4月 工学部に経営工学科、工業化学科を増設• 6月 環境科学研究所を設置• 1月 工学部に航空工学科の設置認可• 4月 工学部に航空工学科を増設• 12月 工学部に船舶工学科の設置認可• 4月 工学部に船舶工学科を増設• 4月 学校法人事務所を大分県佐伯市から大分県大分市へ移転• 1月 商経学部(商学科・経済学科)の設置認可• 4月 学校法人佐伯学園を学校法人日本文理大学、大分工業大学を日本文理大学、佐伯高等学校を日本文理大学附属高等学校と改称。 商経学部(商学科・経済学科)設置• 3月 日本文理大学附属日本語専門学院の設置認可• 4月 日本文理大学附属日本語専門学院の開設• 1月 海洋工学実験場を設置• 4月 太平洋地域研究所を設置• 4月 学校法人日本文理大学を学校法人文理学園と改称• 4月 日本文理大学に別科日本語課程を開設• 大学敷地内にをから移設• 5月 工学部に知能機械システム工学科、電気・電子工学科、建築都市工学科、建築デザイン学科、環境マテリアル学科、航空宇宙工学科の設置認可• 8月 工学部に情報メディア学科の設置認可• 4月 工学部に知能機械システム工学科、電気・電子工学科、建築都市工学科、建築デザイン学科、環境マテリアル学科、航空宇宙工学科、情報メディア学科を設置• 7月 経営経済学部経営経済学科の設置認可• 12月 大学院工学研究科航空電子機械工学専攻の設置認可• 4月 経営経済学部経営経済学科、大学院工学研究科航空電子機械工学専攻を設置• 8月 大学院工学研究科環境情報学専攻の届出• 10月 大分県大野郡大野町(現・大分県豊後大野市)に航空宇宙工学科県央空港エクステンションキャンパス竣工• 4月 大学院工学研究科に環境情報学専攻を設置• 5月 工学部に建築学科設置の届出• 工学部に建築学科を設置• 工学部に機械電気工学科の設置届出• 4月 工学部に機械電気工学科を設置 基礎データ [ ] 所在地 [ ]• 大在キャンパス() 象徴 [ ] 「」を参照 施設 [ ] キャンパス [ ]• 交通アクセス:下車 文化財 [ ]• - より1993年に移築復元された明治時代の洋館。 対外関係 [ ] 自治体との協定 [ ]• 連携協定• 民間等との協定 [ ]• 連携協力協定• 地方創生の実現に向けた連携協定• 業務提携• 他大学との協定 [ ]• 協力協定• 単位互換制度• 海外協定校 [ ]• (応用日本語学科)• (応用日本語学科)• (日本研究センター)• (国際教育学院)• (人文学部)• 社会との関わり [ ]• 留学生別科• 留学生別科日本語研修課程• 留学生別科]]• 留学生別科• 留学生別科• 留学生別科• 留学生別科• 留学生別科• 留学生別科• 留学生別科• 留学生別科• 国際別科• 別科武道専修課程• 留学生別科• 留学生別科• 日本語・日本文化教育センター 別科• 留学生別科• 留学生別科日本語課程• 国際別科• 日本語予備教育課程• 留学生別科• 別科日本語研修課程• 留学生日本語別科• 留学生別科• 別科日本語研修課程• 留学生別科• 外国人留学生別科• 留学生別科• 別科日本語課程• 留学生別科• 留学生別科• 留学生別科• 留学生別科• 外国人留学生別科• 別科日本語課程• 留学生別科• 別科日本語研修課程• 留学生別科日本語専修課程• 留学生別科 短期大学.

次の

経営経済学部 水島蓮|日本文理大学サッカー部|note

日本文理大学 経営経済学部

入学時から多彩な就職支援プログラムを提供しています。 就職ガイダンスや筆記試験や面接等の対策にむけての指導を行うなど、一人でも多くの学生のより良い就職を念頭に入れたサポート体制を全学で整えています。 また、1年次から職業・進路選択を視野に入れ、就職試験対策講座や資格講座等を計画的に受講することを勧めています。 本格的な就職活動は、3年次から始まります。 3年生全員には「就職活動サポートブック」を配布し、指導を行っています。 また、学内では企業説明会、業界研究会、公務員等の業界別ガイダンス、マナー講座等も実施しています。 学生一人ひとりのライフデザインに沿った職業・進路(大学院等)選択を考え、卒業まで個別指導を行うことで、学生の満足度が高まっています。 インターンシップの目標は、就業体験を通じた学習目的の明確化と学修意欲の喚起、産業界や地域社会との交流と相互理解、高い職業意識を持った職業人の育成です。 学生は所属している学部・学科に関係なく、参加することができます。 本学では、受け入れ企業の開拓と申請、学生とのマッチング等を行うなど、実践的な学びの場であるインターンシップを推進しています。 また、学部により一定の条件で単位認定を行う学科実践型や直接学生が申し込むインターンシップもあります。 いずれも、事前に行われるマナー講座では、「職場の心得や勤務態度」「職務管理上の諸注意」などを行い、実習報告書や日誌の提出、実習報告書の書き方などを指導しています。 卒業式後に卒業生に対して「進路・学生調査アンケート」を実施し、卒業後の進路調査を行い、卒業後の進路の最終確認を行っており、未内定者に対しては進路開発センター担当職員が中心となり、情報提供を行うとともに「未内定者卒業生対象特別就業力強化講座」を開催しています。 また、早期離職者の防止と迅速な対応を目標として、メーリングシステムを活用したアンケート調査を実施しています。 対象は、前年度卒業生で、卒業後約4ヶ月目に状況確認を行っています。 現状の就業状況の確認に加え、心配や不安がある場合などは進路開発センターに相談するよう促しています。 さらに離職を考えている卒業生や、既に離職している卒業生に対しての相談等にも個別に応じています。 『就職支援』とは? 学生の就職活動に対して大学・短期大学が行う支援やサポートなどの取り組み。 『進学支援』とは? 進学を希望する学生に対して大学・短期大学が行う支援やサポートなどの取り組み。 『インターンシップ』とは? 進路指導として学生の就業体験や社会貢献活動への参加を制度化し、学生が自らの適性や将来のキャリア、業種や職種等に対する理解を深めたうえでの進路選択を実現するための取り組み。 『キャリア教育』とは? 学生に勤労観・職業観及び職業に関する知識や技能を身につけるための教育を行い、自らの個性や適性を理解し、主体的に進路を選択する能力を育てるための教育。 『資格取得(国家資格受験資格)』とは? 国家資格試験を受験し合格することを目的に、学校が資格取得講座などを用意し、学生が望む進路を実現するための支援をする取り組み。 『卒後調査の活用』とは? 卒業生を対象に、在学中の進路選択のための教育内容が就職や進学にどのように役立ったなどについて調査し、その結果を在学生の進路選択の教育に活用する取り組み。

次の

入学手続き・学費|入試情報|日本大学経済学部

日本文理大学 経営経済学部

「産学一致」を建学の精神とし、地域を学びのフィールドにした人間力教育を実践しています。 卒業者数402名で内定者数は369名、進学者数は5名でした。 主な就職先は以下の通りです。 日本航空(株)• ANAラインメンテナンステクニクス(株)• ANAベースメンテナンステクニクス(株)• 國際航空給油(株)• (株)コスモテック• 竹田設計工業(株)• (株)日立アドバンストシステムズ• 大和ハウス工業(株)• セキスイハイム九州(株) など多数。 主な進学先は以下の通り。 広島大学大学院• 兵庫県立大学大学院• 鹿児島国際大学大学院 など。 難易度としては易しいレベルです。 国公立大学・短大の併願者は受験料免除という特典がある珍しい大学です。 一般入学試験では、2科目となります。 経営経済学科は数学・国語・外国語から2科目選択となっています。 学力による奨励金制度のランクも別れているので、モチベーションにも繋がると思います。 数学をメインに得意な教科を一つ以上、集中的に学習すると効率的です。 硬式野球部• サッカー部• チアリーディング部• ラグビー部• レスリング部• 陸上競技部• 柔道部• 女子ソフトボール部• 沖縄県人会• 航空部• 美術部• 茶道部• 宇宙開発部 日本文理大学が輩出した有名人・著名人• 中島正純(元国民新党衆議院議員、元大阪府警察刑事、コメンテーター)• 大学無料送迎バス 講義時間に合わせて運行 (約5分/1時間に約2本運行).

次の