ヨーク タウン 空母。 アメリカ海軍空母機動部隊

トランペッター 1/200 USS ヨーク CV 5 空母 03711

ヨーク タウン 空母

特定のパラメータ 商品番号: 03711 アイテム名: USS ヨーク CV-5 バーコード: 9580208037110 スケール: 1:200 アイテムの種類: プラスチックモデル軍艦キット モデルの簡単な: 1245. 5 ミリメートルビーム: 179. -正確に詳細な銃 -8 個のフォトエッチング handrais ためフレット、はしご、レーダー部品など。 私たちの平均記録は 19 に 58 日アメリカへ。 部品の西沿岸都市でアメリカは、レコードのようにちょうど 15 21 日。 全体配信期間だろうまでに 55 62 日。 を回避するために詐欺バイヤーアカウントオープン中要求輸送上のパッケージを、を選択するバイヤーを経由して無料 SAL は返金されません。 ケース開けるよう要求 ebay で負帰還を残し取得し全額返金、まだ数日後受信します。 がその後、なしの任意のアプローチ私たちは購入者に連絡。 このような場合本当に傷つける米国深く。 船歴史 USS ヨーク CV-5 アメリカ海軍で空母委託だったから 1937 まで彼女は撃沈のバトルで途中で月に 1942。 ヨークタウン再生重要なバトルに参加し、複数の敵空母破壊支援、敵との大部分を吸収するカウンター攻撃。 彼女はちなんで命名バトルのヨークタウンでの 1781 とリード船ヨーククラスれた後に設計され操作から教訓大変換戦艦レキシントンクラスと小さい専用 USS レンジャー。 彼女は日本潜水艦撃沈 I-68 バトル中に 6 月 1942 上の途中で。 にもかかわらず、集中的な弾幕と操縦回避、 3 "ヴァルス" 得点ヒット。 それらの 2 撮影されたダウンすぐ解放後自分爆弾負荷; 第三の出かけ制御ちょうど彼爆弾として左ラック。 それはちょうど船尾に飛行中とヒットナンバー 2 エレベーター右舷側に、爆発に連絡と爆破穴約 10 フィート 3 m の広場飛行デッキ。 爆発から破片爆弾がほとんどのクルーの 2 1. 1 インチ 28 ミリメートル ガンマウント島との後方に飛行甲板以下。 フラグメントピアス飛行デッキヒット 3 飛行機格納庫デッキに、開始火災。 1 の航空機、ヨーク精悍な、は完全に燃料と運ぶ 1,000 ポンド 450 キロ 爆弾。 を LT による迅速な行動。 emerson 、格納庫デッキ役員、を活性化することにより深刻な火災スプリンクラーシステム防止とすぐに消火火災。 第二爆弾ヒットする船から来たポート側、ピアス飛行デッキ、と爆発の下部漏斗、効果古典的な "ダウンスタックショット。 " それを破裂 uptakes 3 ボイラー、無効 2 ボイラー、と消滅火災 5 ボイラー。 煙とガスを充填開始の firerooms 6 ボイラー。 で男性ナンバーワンボイラー自分のままであったポスト保管それ下車、十分蒸気圧力維持できるように補助蒸気システム機能。 第三爆弾ヒットキャリアから右舷側、ピアス側ナンバーワンのエレベーターと爆発第四にデッキ、開始持続的火災ぼろ収納スペースで、前方に隣接するガソリン収納と雑誌。 を前注意窒息のガソリンシステム二酸化炭素間違いなく点火からガソリンを防止。 9 mph ; と 14:40 で、約 20 分後に爆弾ヒットていたシャットほとんどのボイラー、ヨーク鈍化停止、デッドに水。

次の

ヨークタウン級航空母艦

ヨーク タウン 空母

特定のパラメータ 商品番号: 03711 アイテム名: USS ヨーク CV-5 バーコード: 9580208037110 スケール: 1:200 アイテムの種類: プラスチックモデル軍艦キット モデルの簡単な: 1245. 5 ミリメートルビーム: 179. -正確に詳細な銃 -8 個のフォトエッチング handrais ためフレット、はしご、レーダー部品など。 私たちの平均記録は 19 に 58 日アメリカへ。 部品の西沿岸都市でアメリカは、レコードのようにちょうど 15 21 日。 全体配信期間だろうまでに 55 62 日。 を回避するために詐欺バイヤーアカウントオープン中要求輸送上のパッケージを、を選択するバイヤーを経由して無料 SAL は返金されません。 ケース開けるよう要求 ebay で負帰還を残し取得し全額返金、まだ数日後受信します。 がその後、なしの任意のアプローチ私たちは購入者に連絡。 このような場合本当に傷つける米国深く。 船歴史 USS ヨーク CV-5 アメリカ海軍で空母委託だったから 1937 まで彼女は撃沈のバトルで途中で月に 1942。 ヨークタウン再生重要なバトルに参加し、複数の敵空母破壊支援、敵との大部分を吸収するカウンター攻撃。 彼女はちなんで命名バトルのヨークタウンでの 1781 とリード船ヨーククラスれた後に設計され操作から教訓大変換戦艦レキシントンクラスと小さい専用 USS レンジャー。 彼女は日本潜水艦撃沈 I-68 バトル中に 6 月 1942 上の途中で。 にもかかわらず、集中的な弾幕と操縦回避、 3 "ヴァルス" 得点ヒット。 それらの 2 撮影されたダウンすぐ解放後自分爆弾負荷; 第三の出かけ制御ちょうど彼爆弾として左ラック。 それはちょうど船尾に飛行中とヒットナンバー 2 エレベーター右舷側に、爆発に連絡と爆破穴約 10 フィート 3 m の広場飛行デッキ。 爆発から破片爆弾がほとんどのクルーの 2 1. 1 インチ 28 ミリメートル ガンマウント島との後方に飛行甲板以下。 フラグメントピアス飛行デッキヒット 3 飛行機格納庫デッキに、開始火災。 1 の航空機、ヨーク精悍な、は完全に燃料と運ぶ 1,000 ポンド 450 キロ 爆弾。 を LT による迅速な行動。 emerson 、格納庫デッキ役員、を活性化することにより深刻な火災スプリンクラーシステム防止とすぐに消火火災。 第二爆弾ヒットする船から来たポート側、ピアス飛行デッキ、と爆発の下部漏斗、効果古典的な "ダウンスタックショット。 " それを破裂 uptakes 3 ボイラー、無効 2 ボイラー、と消滅火災 5 ボイラー。 煙とガスを充填開始の firerooms 6 ボイラー。 で男性ナンバーワンボイラー自分のままであったポスト保管それ下車、十分蒸気圧力維持できるように補助蒸気システム機能。 第三爆弾ヒットキャリアから右舷側、ピアス側ナンバーワンのエレベーターと爆発第四にデッキ、開始持続的火災ぼろ収納スペースで、前方に隣接するガソリン収納と雑誌。 を前注意窒息のガソリンシステム二酸化炭素間違いなく点火からガソリンを防止。 9 mph ; と 14:40 で、約 20 分後に爆弾ヒットていたシャットほとんどのボイラー、ヨーク鈍化停止、デッドに水。

次の

ヨークタウン

ヨーク タウン 空母

「ド・・・ド・・・・・・ンデイケ・・・・・・!」 「」の第3域(第1段階)ののとして登場。 に共通する特徴のほぼのにくる瞳で、の長とのを合わせ持つかのようなをしているのが特徴。 装は台の左右から滑走路が延びている形式で、その中央に まるで ンスのように空母棲鬼本体が持たれかかっている。 空母棲鬼本体も甲冑のようなものを着込み、肌は顔と肩くらいしか見えないほどの重武装。 に続き新 艦載機を大量に搭載しており、お供に級の・を引き連れている事もあって、こちらもを大勢投入するではあるが、制権確保は非的である。 なおではないため三式弾の特殊効果がく、代わりに攻撃が通じ、艦爆搭載艦も攻撃可。 またはととしては控えめなため、戦での撃沈も望める。 「カッ……オモッテノカ? カイナア…」 空母棲姫 「ヒノ・・・カナッテ・・・ンデシマエ・・・・・・!」 同じくイベの第5域(第3段階)のとして登場。 空母棲鬼が重武装でど肌を見せない装だったのに対し、全体的に破壊されて肌の露出が多くなっているを受ける。 部分はビリでもう少しで見えそうで、なんかは全に脱げてるんじゃないかこれ?(のせいで見えないけど) 手足の甲冑だけは残っているが、血濡れのような模様が走っている。 背後の装も血濡れのような模様が走っていたり、内部のい的なものが見え隠れしたりと、本体同様にを受けている印がある。 らがとして登場する域の戦の「」は、深く暗いに沈んだ亡霊の呼びとも表現できそうな、空母棲姫がとしていると思われるものを考えると悲しいのある、恐ろしくもとして名高い。 は純なの版で、凄まじい制と高い()を持つが、ではなく攻撃が通じるので、に入る第2艦隊に一以上入れなければならないやでも有効打を与える事が可。 のよりは打ちもらしてしまう可性が高いという程度で、やはり極悪な強敵と言うほどのはかった。 が、空母棲姫の本気はここではなかった。 の隙を突いて本土急襲をかけてきた別働隊を迎撃すると言う最終域E-6にて、なんと前のにて待ち構えていた。 であるが故の非常に高い制により優勢どころか劣勢を回避するのがやっと で、高いをの計算式でぶつけてくるため反抗戦だろうがほぼを割らないと言う脅威の攻撃でだろうが何だろうが容赦なく大破。 大破が出てもこのを勝ちさえすれば良かった戦とは違い、大破を出さずに進撃できる状態でを終えなければならない前戦では脅威度が段違いであり、に挑んだ多くのの毛根に深刻なを与えた。 制御によって空母棲姫のを回避する事は一応可なのだが、そうすると必ずを通る事になり、。 あまりの脅威度に、「空母棲姫の攻撃を1回減らす」ためにを入れない編成が考え出され、それで挑み続けるもいたほどである。 多くのの円形の原因を作ったこの空母棲姫に対し、艶やかな容姿やE-6における圧倒的な脅威への畏怖・念・の揶揄あるいは親しみを込めて「空母おばさん」と呼ぶもいる。 だのだの、妙な渾名が付けられる傾向にある最近の名有りであるが、空母棲姫のからは「やろ!」と突っ込まれることもある。 量産から単に「」と呼ばれることもあるが、こちらはイベでのの方がが強い人が多いかも知れない。 それも域ではなく、通常域へのである。 形が輪形固定のためはさほどでもないが、その分制が高く、消費が大変な事になる(もっとも、この6-1はあまりを編成できないが…)。 では全にする必要があるかというとそうでもない。 このは がする通常域一のなのである。 ここ以外ではでしか入手できないをめ多数のが殺到……したからといって出るわけでもなく、そもそもこのにたどり着くことも確実ではないため、たちはを流しながら資と毛根を注ぎ込むのであった。 2014年秋イベにて 先述のように、同様再登場が十分あり得る空母棲姫であったが、やはり現れた。 しかも、すぐ次の「」への連投である。 出現場所は ron「敵機動部隊迎撃」(E-4)の前、のへ進撃るの前に立ちはだかり、、E-1のe、等を引き連れてくる。 形も輪形と変わらないので、前回の死闘がほぼされる形となった。 ただし、当時と違い編成で打撃部隊を選択できるため、較的楽である。 を多く採用できがあり、戦でのを担当しないた程度のを許容できる第1艦隊を撃戦フェにて先にぶつけて空母棲姫の戦を削ることができるため、第2艦隊のを減らせるのだ。 また、を使用する域は敵味方共に撃戦の命中率が下がるので、イベのE-6にべれば楽になっている。 ここで大破しても装備「艦隊部施設」をすれば進撃することは可だが戦は否めず、結局だろうが前だろうが、することに変わりはないのである。 2015年冬イベにて 二度あることはある、「」にも引き続き出現した。 もはやも驚かないであろう。 第4域「敵機動部隊を捕捉せよ! 」(E-4)で空母棲姫がとして、第5域「! 反撃せよ! 」(E-5)で空母棲鬼が直前のでそれぞれ出現する。 E-4「敵機動部隊を捕捉せよ! 」 E-4では空母棲姫がとして、、(によりドが変化)などを従え、「」を入手るの前に立ちはだかる。 通常編成の6隻による艦隊で挑まなければならないものの、複数の進撃を選択でき、複数の正規やを連れて高で殴り倒すことも、軽量のによって反復出撃で「削る」ことも可である。 ただし当の本人は相変わらず強であり、攻撃に当たっては味方を一撃破に、防御に当たってはや重装の連撃・なしに撃沈が難しい高・高装甲を誇る。 本は域のを選択して出撃することが可であるが、空母棲姫の強さ自体は変化しないので破壊に当たってはとどめを刺せる艦と装備の選択を熟慮されたい。 なお、破壊・域時には「 ド……カ……カワラナイ……リ……」と言葉を残し消えていく。 その意味するところは……皆まで言うな。 E-4はの中で一(甲・のみ)と(全難度)が獲得可なである。 してからもたちをめて周回するも少なくないだろう。 何度でも繰り返すってそういうことか…… E-5「決戦! 連合艦隊反撃せよ! 」 最終域であるE-5では3つある前の全て、そしてに関わらず空母棲鬼が出現する。 この前では・・などの艦のも見込める。 随伴艦が大破し撤退せざるを得ない場合、撃破を狙うのも一手だろう。 2015年春イベにて 最、第2のと言っていい程の出ずっぱりである。 「」にて出現する。 出現場所は ron「『打通! を越えて』」(E-6)の、各の合流地点である前にて、空母棲姫として待ち構えている。 上記の部分に散々書かれている通り、相変わらずの大破であり、相変わらずのである。 このにてのが確認されているので、大破撤退時はを挑むのも手だが、それ以外のめぼしい艦がい事も注意。 また、E-6が破壊可な時のみ、甲・の場合に、にて1体と差し替わりで、 の随伴艦として出現。 前回の随伴より見たの及びはましなものの、制値を意識しないと、弾着観測及び偵が機しなくなり、撃破難度が上がるので要注意。 幸い今回の最終編成は、に限らず破壊した後は元の編成に戻るので、気合いを入れてさっさと壊してしまえば、二度とには出てこないのが救い。 2015年夏イベにて 後述のやらか含めて、と呼んでも差し支えないのだろうか……。 「」にて出現する。 第3作戦海域【激突!第二次南太平洋海戦】 南太平洋海域 甲及び破壊時のみ、空母棲鬼がの 随伴艦として2隻登場。 にかばう率の高い輪形である。 に極意でも教えてもらったのだろうか? らの存在により、甲においてはSは極めて困難であり、この限定のであるを狙う際には、掘りで先に済ますか、も考慮に入れた大を用いるか、よく考える必要がある。 第6作戦海域【反攻作戦!FS方面進出】 ソロモン海東部海域 E-6としての登場。 域としては、15年以来。 甲・においては、随伴艦にがいるという、いずれ来ると怖れられ、噂されたの登場である。 また、甲及び破壊時には、今イベ一部のが搭載した、くる艦載機を搭載し、更なる強化が施されている。 は怖いので、の出ないで乗り切ろうと思うと、五航戦のに使用すると噂される試製甲が手に入らなくなるという意地の悪さも備えている。 このにおいては、今回新の「」のが見込まれている。 2016年冬イベにて のにて、初登場以来の皆勤が途絶えたものの、その分において、結構な暴れっぷりを披露している。 出現場所は、「捷四号」北東の中H(全)と、T(甲のみ)。 また、今回はいずれも艦載機搭載で襲ってくる。 Hは機動部隊を編成する事で通過するなのだが、甲だと随伴に、艦載機搭載2隻、敵推定制値は台後半という、優勢をとるのに、制値台半ば(確保には0弱)、歴代最高の制値が必要という、何気にとんでもないである。 この狂った制値に加え、第二艦隊からが始まる機動部隊が戦では都合悪いのも相まって、がで連れていきたいという以外は、こちらのを通らず、打撃部隊で出撃するが多い模様。 あちらはあちらで中だが、中回数は少なくなるし、これにべればましという理由もある。 Tにおいては、甲のみの随伴艦として、削り段階はeとの、破壊可時には確定で出現する・・・が、随伴艦はだけではなく、 2隻は確定という頭の痛くなる敵編成である。 のトリプル・・・。 これでも級4隻の中では、中破で間は動かなくなり、他3隻とべればまだ柔らかい方なだけましという存在なのが恐ろしい所。 2016春イベにて 「3周年をお祝いしてあげなきゃ」とでも思ったか、万遍なく登場する。 に? 前です。 本域前の敵編成には2種類ある。 すなわち、空母棲姫が旗艦を務める輪形と、 旗艦のである。 当該域には複数の航路があるが、最終的にはらの待つ前に収束するため、どんな編成でも必ずどちらかの敵艦隊と交戦しなければならない。 「中破させれば化するうえ輪形ゆえに随伴艦はさして怖くないが爆だけで大破させられることもある空母棲姫艦隊」• 「戦がないが単縦・複縦ゆえに旗艦以外にも大破させられる可性が視できない艦隊」 という、どちらも遠慮したい布となっている(どうせこちらで敵編成を選ぶなんてできないのだが…)。 空母棲姫という大破をよもやの前に置くなんて、からこれだと後半はどうなるんだ、と歴戦のたちも戦慄したとか。 【前段作戦】北太平洋前線海域(E4)発進!基地航空隊 がだけでするはずがない。 E4ではの「機動部隊」「打撃部隊」どちらを編成したかによって地点および航路が変わるのだが、機動部隊編成だと中でと遭遇することになる。 中とはいえ、当該域の編成があまり強くなく(ももいない)、護衛退避させても問題なくできるため、さほどの脅威とはならないのが救いか。 【拡張作戦】南方ラバウル基地戦域(E5)ラバウル航空撃滅戦 この域、でのが流の為、あまり知られてないが、・込みの編成で進軍すると、のいるKに招かれる。 に輪形で、以上は も随伴で待ち構えており、そんな相手を1艦隊で相手するのだから、ズタ間違いなしという、が流になる一端を担っている。 【後段作戦】北太平洋深海中枢泊地沖(E6)友軍泊地奪還作戦 後半域にも常連のごとく顔を見せてくれる。 のLではやなどを引き連れて待ち受ける。 当該では新・がするがあり、同を掘らんがため、あるいはが言うことを聞いてくれなくて流されてきたたちが日々と踊っているとか。 輪形のみならず単縦の場合もあるが、輪形でT字不利でもはをえているのでそれほど意味はない。 が、単縦だとの先制撃が痛い。 どのみち大破量産はまぬかれないだろう。 【後段作戦】北太平洋戦域(E7)波濤を越えて 本最終域となるE7においては、に機動部隊が通る前と、堂々の随伴として鎮座。 前はこそ系は2隻だが、では1隻と差し変わって旗艦に鎮座、甲では 2隻並ぶという、最笑いしか出ない編成で待ち構えている。 他随伴のが、まるで的な状態である。 では、削り時はで、最終形態では必ずが編成に加わっている。 その編成とは、 枢棲-壊 空母棲姫 6隻すべてのみのは3周年を迎えたでも初である。 さらに、もっとも低いとなるでも、空母棲姫はい艦載機を運用している。 控えめに言って突破は困難を極めるだろう。 中部海域にて 域の最深部 6-5「KW環礁域 機動部隊迎撃戦」にて旗艦を務める。 この域の特徴は何といっても敵が12隻からなるを組んでいるところにある。 を削るためには本体の旗艦である空母棲姫を撃沈しなければならないが、本隊とを行うためには随伴艦隊をほぼに追い込む必要がある。 このと空母棲姫本人のも相まって撃沈するのはなかなかが折れる。 、この域ではをすることができ、に敵艦隊の制値を削ったり随伴艦をある程度蹴散らすことも可である。 さらに、空母棲姫に艦攻や陸攻の装の特効があることが確認されており、運がよければの攻撃だけで撃沈できることもある。 敵という見たの厳つさほどのではないというもあるが、歴戦のたちを苦しめてきた空母棲姫の実は健在なので心してしたい。 ちなみに、通常域では6-5以外でも6-4の中に空母棲姫の出現が確認されている。 が破壊可になった段階での機動(右)でのみ遭遇するが、大半のは(左)でするため。 2016年秋イベにて 6イベ『』ではを挟んで約半年ぶりの登場となった。 【後段作戦】 MS諸島北部 E4 シャングリラ捜索追撃 艦隊前進配備 E4は輸送+戦のいわゆるの域であるが、その戦の旗艦として立ちはだかる。 6-5と同様にを率いているが、こちらは通常艦隊で相手をしなければならない。 中では2回艦載機を飛ばしてたちに襲を行い、では随伴艦ととちらに手痛い攻撃を浴びせてくる。 なら敵の戦は空母棲姫のみだが、、甲では戦が強化され、甲の最終形態ではが2隻随伴し、こちらの編成次第では制優勢すらままならない。 随伴艦隊が残りすぎてしまえば空母棲姫をに引きずり出すこともできない。 中の敵編成もかなり悪で、あらゆるが大破撤退である。 苛な中で消耗した艦隊で空母棲姫率いるを相手にするこの域のは極めて高く、多くの歴戦のたちの資と毛根を消し飛ばしていった。 【後段作戦】 MS諸島北部 B環礁沖 E5 渚を越えて の甲にて率いるの本隊随伴艦として再度登場(、ではに置き換わる)。 当然のようにことも随伴している他、随伴艦隊にはもいる。 なかなかなナップだが、での出撃、の、装甲破砕、(、、、 )による艦隊特効といった要素が組み合わさり、E4ほどの感はないというも多い。 特にによる特効は凄まじく、が弾着観測射撃でをしたりがでのを出したりと、「もう全部あいつらだけで」状態である。 とはいえやはり最終域、空母棲姫含めの攻撃はすべて味方を大破に追い込めるものなので油断せずにしていきたい。 2017年冬イベにて 「」でも3域中2域に登場した。 【前段作戦】小笠原諸島航路(E2) 小笠原諸島哨戒線強化 E2のとして、のを率いて登場。 随伴艦隊にはが混じることもある。 しかし、ここは輸送なため、空母棲姫のいるに到達できれば、あとはAを得るだけで輸送成功となる。 空母棲姫を残しても他のを撃破すればAは達成でき、艦隊やも使えるため、空母棲姫の攻撃で大破する事はあってもA自体はそれほど難しくないだろう。 むしろ、このは輸送隊でがウヨウヨしている中を如何にを押さえて突破できるかが本題で、空母棲姫のいるまで到達してしまえばなどをしてほぼ確定である。 しかし、Sを取ろうとしたらやはり空母棲姫のが立ちふさがるだろう。 また、輸送ではあるが、こちらのは打撃部隊や機動部隊も選択可なため、輸送が残り少なくなったりの段階ではこちらを選んで空母棲姫の殴り合いも可である。 【後段作戦】トラック泊地沖(E3) 発動!「光」作戦 「」の随伴として 2隻の空母棲姫が登場。 ただでさえ0と高い装甲で撃沈が難しいをがっちりしている。 6E7前でさえで並んだのは甲限定であったが、今回はでもではで登場。 全てのたちにが立ちふさがる。 また、一個前にある襲戦でも空母棲姫の姿を見る事が出来る。 ここで傷のを大破させられるも多かったようだ。 での空母棲姫の制は非常に高く、さらにのも艦載機を飛ばすため、優勢さえなかなか取れない。 特に甲で中が最短になる打撃部隊を選択した場合、軽2隻をほぼキャにしたうえで、にも制値の高い機体を入れてようやく優勢を勝ち取れる。 弱点としてによる攻撃が特攻になっており、当たれば大きなが期待でき、で中破以上に持ち込むこともある。 が、を組んでいるため、12隻中2隻の空母棲姫に当るは低く、を上げるために陸攻を増やしたら制値が足りなくなるといったもある。 2017年春イベにて 「」E-5にて登場。 第一戦時には中にて前で襲戦と直接の2回戦うことになる。 ただし、・では史実を一入れることにより直接を回避する事が可なため 、襲戦のみとする事も出来た。 第一戦時のはなので、の護衛の役を任されていたのかもしれない。 第二戦時には空母棲姫のいるは通らないので、お役御免となる。 2017年夏イベにて 「」ではに対するのようにとなった 空母夏鬼・空母夏姫として登場する。 両方に共通する特徴としてを解いていをかぶり、普段と露出度は変わらないののを着ている。 その横には由来なのかい巨大なビスが置かれている。 だが、何よりも注すべきはそのお。 見方にもよるだろうが、ついついしたくなるような油断しておがついているおなのである。 戦削りのとしてはE-4一本で空母夏鬼が、E-6二本で空母夏姫が登場。 また、E-7では中に空母夏姫が登場。 破撤退の要因の一つとなっており、資と時間と毛根を消費させられるが続出した。 甲ではE-7の随伴にも登場する。 【前段作戦】E-4 遥かなるスエズ このは二本の戦が存在する。 そのうち一本を担当するが空母夏鬼である。 Iにてを率いてたちを待ち受けているが、などしっかり出しておけばそうそう苦労はしない程度のである。 このの本番は後半戦にあるため、空母夏鬼はいわば前座的存在であった。 ただ、空母夏鬼のではこのの新規「」がしたため、をめて空母夏鬼通いをするもいたかもしれない。 【後段作戦】E-6 マルタ沖海戦 このでも輸送と戦のが存在する。 そのうち二本、戦を担当するのが空母夏姫である。 Sにてまたしてもを率いての登場であり、最終形態ではことも登場してが姿でしたものの、装甲破砕などもあるためやはり対空母夏姫との自体はそれほどは高くない。 むしろこのは前半戦の長すぎる輸送で苦しんだ人の方が多かったのではないだろうか。 また、の報酬も新規「」をはじめとして非常になナップがそろっていたため、やはり空母夏姫通いしてを行ったも相当数いた事だろう。 【後段作戦】E-7 ドーバー海峡沖海戦 そして今回空母夏姫が最大の脅威、そしてとなったのがこの最終域である。 この自体が中が級4連戦、かつ、それぞれに対応する方法が異なるというである。 最短を選択した場合、空母夏姫は3戦のQで登場し、当然のごとくを率いてこちらの進撃を阻んでくる。 このでもで味方の攻撃を増やすことができるため、決して撃破できない敵ではないのだが、いかんせん中での戦いとなるため油断していると大破撤退に追い込まれてしまう。 ただ、空母夏姫の前のではほぼがそれてくれることを祈ることしかできないが現れ、空母夏姫の次のでは・べロスとも呼ばれた最大3隻が待ち構えており、それと較して「 むしろ空母夏姫が」という評価も与えられた。 とはいえ全にと言えたのは甲のみ。 形は甲では第三警航行序列なのだが、では第四警航行序列。 つまり甲ならが抑えられるのにでは最大で襲い掛かってくるので、このは脅威となった。 甲ではの最終形態にも空母夏姫が随伴として登場する。 2017年秋イベにて イベ「」に登場。 はトリプルとなっているが、最後のである第二戦のを務め、また直後の襲も担当している。 では2隻が随伴艦となっており、甲では破壊可になるとがにップする。 優勢をとるのに必要な制値も非常に高いため、弾着観測射撃をしたければ艦戦を多めに搭載する必要がある。 ただ、このにおいては2本の輸送が最難関とされており、この空母棲姫は大した脅威ではないという人も少なくない。 なお、最終域であるE-4は中心のであることもあってか、空母棲姫の出番はなかった。 2018冬イベにて イベ 「」では中の襲戦やへの襲、など出番が多かった。 E-2 威風堂々 出撃!栗田艦隊 中の襲戦を担当する。 E-3 小沢機動部隊 全力出撃! として空母棲姫が登場。 もちろん中の襲戦も担当する。 ではを率いている。 の空母棲姫は装甲が強化され、以上では艦載機がくなりさらに強化される。 E-6 追撃!第二遊撃部隊 以上では解除のため到達しなければいけないKで待ち構えている。 Kは艦隊編成でが足りない場合のおしおきも兼ねている。 以上ではまたしても襲戦も担当する。 特に以上での第1時にはTで空母おばさんが待ち構えている。 以下だと1隻になる。 第2に移ってからも以上ではMで待ち構えている。 いうまでもなく襲戦も担当する。 第2期・南方海域にて 第2期に入り、第5域までのの大半がされたのに伴って、 空母棲鬼がに5-2にもで旗艦として出現するようになった。 装甲10のさんはされてしまった。 ちなみに空母棲鬼でない場合の旗艦は。 体も第1期でこの域の旗艦だったより強敵だが、流石に空母棲鬼にべれば倒しやすい分、編成を引けた方が楽になる。 ここで問題となるのは敵形。 基本的に艦隊は5-2の場合はが落ちる輪形固定なのだが、空母棲鬼が旗艦の場合のみ 単縦になることがある。 空母棲鬼編成で単縦を引いた場合は、熟練の艦隊でも苦戦を強いられる恐怖の存在と化した。 なお輪形もあるので、この場合は空母棲鬼の危険度は大幅に低下する。 ……なのだが、輪形だと随伴艦に艦載機を撃墜してくる eがいるのが問題となる。 というか5-2の編成は必ず が随伴するため、艦載機の熟練度的には対の付く輪形の方がともいえる。 2018初秋イベにて 8初「」では約一年ぶりに 空母夏姫として登場。 としての登場はなかったが、今年もまたこととのや襲戦でこちらを苦しませてくれた。 E-4 ジェノヴァの風 戦手前のにを問わずに出現。 前で大破撤退させられる原因となっている。 を解除する事で別への分岐が可になるが、その場合のではとやり合うことになるので、どちらが良いかはの判断にゆだねられる。 E-5 全力出撃!新ライン演習作戦 甲のみに登場する。 第1戦では、のの随伴として空母棲姫が登場。 ちなみに、ここではになっていない。 第3戦でも、のの随伴として登場する。 もちろん、ことも一緒に登場する。 も登場するので級が4隻い踏みになる。 に突入すると、空母夏姫が2隻に増加。 さらにも2隻に増えるため、の級6隻編成となる。 2019年冬イベにて 以上で登場する。 最も本でのやが大暴れしたか、空母棲姫の出番は非常に少ない。 最終域のの戦の破壊段階のみことのと言わんばかりに1隻だけ登場する。 結果として旗艦の日棲を含めた4隻&2隻で迎撃してくるため、要制値がとんでもなく高くなる事態に。 ただしここの空母棲姫は同様に友軍後はに一撃で吹き飛ばされてしまうことも多く、としてはさほど脅威とはならなかった。 2019年春イベにて において全、E-5では以上で登場する。 特にはがのが上壊滅した 坊ノ岬戦がなだけに大暴れし、甲では12ととは思えないに多くのがする事態となった。 またE-4では上位種のがJ、役割的には似通っているがSにそれぞれ旗艦として登場し、それぞれにもなっている。 幸い両とも輪形固定なので脅威度は見たほどではないが、解除のために甲ではS必須なのが多少面倒。 仮に単縦か複縦のどちらかのしかなかったら暴動が起きているような悪編成であることはナイショダヨ。 E-2 防備拡充! 南西諸島防衛作戦 戦ののほか、三か所の襲に登場。 特に戦時には甲だとやとともに襲で容赦ない襲を浴びせてくる。 この域は正規を組み込めない関係上、襲やは軽2隻に艦戦をガン積みし、かつなどが艦戦や戦で底的に制補助をして何とか優勢が取れるであり、最短経路を通る史実準拠の編成では確実に制権喪失になるので対策なしではにたどり着くのも難しい。 以下では中・のが大きくするので、多少は楽になるがそれでもきつい中には変わりない。 さらに前のには全共通で 以上で3隻、丁はとeで計3隻 が雁首えて単縦 または単横 でお出迎えと言うオマケ付きである。 そして甲のではかの搭載版を2隻随伴としてして引き連れて登場。 長い中でペナルが付いた自軍に容赦なく襲いかかる。 さらに 破壊段階では確定で空母棲姫となり、随伴もや後期eに強化されるのだが、問題はこの編成が 削り段階でもで出ること。 そのためにたどり着いても勝てないが続出した。 ……なのだが友軍後はの高い艦隊が容赦なく艦隊をにするため、中さえげばどうにかなるようになった。 なおではが解禁 以上 となったため、を狙うにもられる事態に。 ちなみに 以上 ・波・などもする。 なお以下では襲だけでなく、艦隊の随伴も著しくし、がeになるほか、のも混ざることがあるので辿りつきさえすればでAを逃すことはほぼない。 特に以下の最弱編成だと随伴にが3隻しかいない。 どっかのンカの並みにまともな護衛がいない空母棲姫は泣いていい。 ただしこちらは以上で随伴することのの方が立つ。 特に甲の破壊段階ではが3隻登場し、空母棲姫込みで とも取れる布に。 もっとも旗艦のが値以外はに置かれ気味なで、5隻でもさほど脅威ではないと言われる始末。 とはいえ制権を渡せばと共に大暴れすることもあるので、当然油断は禁物。 2019年夏イベにて 最終域のの中に空母夏姫として全で登場。 今回は分裂したりしないが、の戦1本の前のに取っている。 形は 単縦か輪形のどちらか。 輪形を引ければの対以外はさほど脅威にならないが、単縦を引いた場合は危険。 特に甲では()、、と非常にが高い随伴ばかりなので、少なくとも制権は渡さないように注意。 中は必ず出すべきだろう。 なお隊で通る場合、以下ならほぼできるが、甲の場合は輪形を引いた場合にの先制対潜で大破になる可性があるので注意。 だけではが落ちないことも多いため、基本的にとなる。 基本的にありがたくない単縦固定の方が楽だったというである。 2019年秋イベントにて E-5の第2、E-6の中でいずれも旗艦としてを率いて登場する。 後半域に出てくるなんて今更じゃね?なんていってはいけない。 は全共通で 空母棲姫 である。 特に甲では0、装甲とのに匹敵するを引っさげて登場するほか、テ以来となる間艦載機を全で標準搭載し、だろうが中破させないと容赦ないを浴びせてくるなど大幅にしている。 ……なのだが共通してになるのは、むしろ お供に連れているが2隻いることである。 このせいでが出る以上 甲ではh、ではe では必要制値が跳ね上がっているのが問題。 特にE-5では味方側が組める艦隊も基本的に打撃部隊のみ しかも正規がの関係上出撃不可 という嫌がらせじみたである。 しかも E-5の甲では破壊段階になると空母棲姫が 予想通り増える。 打撃部隊で4隻相手ともなると最なので、軽だけでなくや航巡を艦戦キャーにしたり、いっそ陸攻特攻でが沈むのを祈るなどいろいろ試すしかない。 一番効果的と思われるのは、友軍を前提にした上で、・の特殊撃でで突破する方法が流の模様。 E-6ではで絡みで登場。 E-5の最終編成とほぼ同じ構成なので艦隊といっても過言ではないが、幸いこっちも機動部隊 高速統一の正規2&軽1 で戦えるので 友軍が来ない前提におけるはやや下がっている。 とはいえ以上だとで1隻がと入れ替わっていることがあるので、その編成だと4隻を相手にしなければならず、が3隻しか使えない関係上、4隻編成だと下手をすれば劣性どころか制権喪失もありうるので注意。 特にの2回で必要な甲のSは、同域の戦削りにも匹敵する狂ったとのも強い。 こちらも甲の場合は制は拮抗・劣性前提で、の特殊撃で強引に捻じ伏せるか、機動部隊のみ大きな特効があるとのに頼る方法が有視されている。 なお何故か丁のでは随伴にがいないため、と丁の場合ですら差を実感できるとなっている。 ちなみにのE-5では空母棲姫は増えないが、割りの段階でeが増えるので制値的な厳しさはあまり変わらなかったりする。 以下まで下げるとがeまでする上、の数も増えないので、かなり楽になる。 2020年冬イベントにて 1域のみのながら、トリプルのトリを飾る格好での旗艦として空母棲姫が登場。 編成としては何時ものようにを2隻従えている以外は、随伴に級がいないので甲だとしても削りの場合はまず問題にならない。 ただし 甲では破壊段階になるとのと2隻のが出るため、段違いに撃破が上がるので注意。 特に甲の場合だとのみならずも非常に堅いので、下手をすれば沼る可性もあるので注意。 最短を通れなくなるが、甲の破壊段階は打撃部隊と洋上補給を投入しての特殊撃に頼るのも手。 なおはで、だと1隻が破壊段階で出現するものの、以下のはに出る分にはそこまで強くなく、特にならばで簡単に吹き飛ぶので、まで来れる人ならそこまで苦労はしないと思われる。 なお丁だと削りでは随伴にがおらず、破壊段階になってもが出ないうえ、eが2隻出るも旧艦載機しか積んでいないため、に挑むなら負ける要素はないと思われる。 関連動画 関連静画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• 撃破による報酬• 「カナ… キニ… そうか …だ から 私は……」 脚注• は戦ではない上、対の戦を考えるとそんなにを入れられない。 ただこれはそのものが制権に左右されやすい艦種だからであり、制権を確保するのが当然だった味方でさえ攻撃を外す事がよくある中、劣勢~よくて均衡の制状態で攻撃する事がどの敵は元来命中においては非常に不利だった。 実際この命中を持ってしても、外す時は外す。 空母棲姫はではなく、お供にもを連れていないため、こちらがを入れなければなしでの撃戦が1巡しかなくなる。 戦はどうせにかけるので必ずは必須ではない。 ちなみに、これまでの最高は、E4、の(優勢4、確保5)である。 ただし、この頃はまだ艦載機の熟練度はされていない。 は同域の突破報酬なのでには使用できない。 後の掘り作業などでは猛威を振るう。 一応甲でも出来るようだが、条件が厳しく的ではなかった• とはいえ、今回の変化は差分程度なので通常の空母棲姫と体自体は変わっていない。 しかし、通常形態ではににぼかされていたり隠れていた輪がはっきりと描写されているため、おに注する人が増えてしまったと思われる。

次の