阪神 ドラフト 2019。 2019阪神タイガースのドラフト指名選手を大予想!阪神のドラフト1位は誰だ?

2019年の阪神タイガース

阪神 ドラフト 2019

去年の甲子園では負けたままで終わっているので、阪神タイガースに入団してからその借りを返せるようなピッチングができたらいいなと思っています。 実力的には奥川の方が上かもしれないですけど、実力があっても試合に勝つというところでは別になってくると思うので、自分は実力がないからこそ勝てるピッチングができえたらと思っています。 一緒にプレーするのが楽しみな選手は西勇輝さんで。 遠い親戚ということなので、技術的な事であったりとか、色々なことをお聞き出来たらいいなと思っています。 アナ 1位指名の西純矢投手を見て頂きましたが、なんか華がありますよね。 なんとしても甲子園で結果を出すしかないと言われていたので、その自分が甲子園で気持ちを全面に出して優勝できて良かったのかなと思います。 山田哲人選手とはタイプが違うので自分が目標としている選手というのは岡本和真選手です。 アナ 頼むで井上くん!という声が関西の方から聞こえてきましたよ。 西尾 「いてはる」って言ってましたね 笑 小関 隣にいた岡田監督がニヤっとしてましたね 笑 一同 笑 小関 目標が定まっていていいですね。 40本以上。 アナ いいですね。

次の

阪神ドラフト指名予想2019【上位候補選手の評価まとめ】

阪神 ドラフト 2019

2年夏の甲子園では16奪三振完封という見事な投球を披露したが、それ以上にド派手なガッツポーズが話題に。 生え抜きの絶対的エース不在のタイガースに於いて、所謂「エース」となれる逸材。 夏の甲子園出場は叶わなかったが、予選では昨年よりも球速をUPさせ、スプリットの精度も向上しており確実に成長を遂げている。 プロでは今の大きなスライダー系統に加えてカット気味のボールを覚えることが必須となってくると思われるが、幸い阪神の2軍はこのスラッター習得に定評があり、あまり大きな心配は不要だろう。 U-18の大会でホームラン王を獲得するなど、バッティングも非常に魅力的。 手術歴のある膝の状態が不安視されており、守備・走塁の評価は高くなかったが、50m6秒3の足と遠投100mと本来は身体能力の高い選手である。 「金属打ち」との声もあるが、個人的にはそこまで違和感のあるスイングには見えなかった。 そもそも高校生で完璧なスイングができる選手など、ほとんどいないので、少しずつプロのレベルを経験することによって確実に成長していけるだろう。 以前、Twitterでも発言したように、ホームランの形を複数持っていることも評価できる。 前で捌いたようなホームランも有れば、しっかりと引き付けてパワーで放り込んだホームランまで様々な形を持っており、ホームランバッターとしての才能を感じる選手である。 しかし、これほど「将来性」豊かな投手もなかなかいない。 未完成ながら最速153キロを投げられるポテンシャルは間違いなく世代屈指だろう。 まずは2軍でしっかりと身体を作り、自分のフォームをしっかりと完成させることからのスタートになると思われるが、それが完成した時にはリーグを代表するサウスポーに成長できるのではないだろうか。 技術的な面では、ストレートとスライダーの2ピッチになってしまっているのが現状なので、高校時代にほとんど投げていなかったチェンジアップの精度を上げ、使用頻度をもう少し増やしていかなければならないだろう。 打撃は世代屈指の完成度を誇り、高校通算45発のホームランを放っている。 広角に打てるのも強みで、プロでは長距離というよりも中距離のスプレーヒッターとしての活躍を期待したい。 個人的には2Bとして大成するところが見てみたいが、本人は「ショート一本」と宣言しており、一学年上の小幡とのライバル関係にも注目だ。 1と評価している。 2塁へのスローイングタイムは1. 79というプロでも屈指の数字。 50m6秒3も捕手としてかなり優秀な数字でフットワーク面も問題なさそうだ。 捕手に求められる能力が年々高まってきている現代野球において、必要不可欠な能力は全て兼ね備えていると言えるだろう。 山田コーチの元で英才教育を受け、梅野の後釜として正捕手に育ってくれると期待したい。 持ち球はカットボールとチェンジアップと最近のトレンドをしっかりと押さえている。 1年時には熊本地震、その後も自身の怪我や部員の不祥事による出場停止処分を受けるなど、かなりの苦労人。 阪神得意の下位指名投手育成メソッドに乗り、下克上なるか。 000を超えることも珍しくなく、トップクラスの選手であることは疑いようのない事実だが、4年春の全国大会では打率1割、6三振とかなり厳しい成績で、惜しくも支配下指名を逃してしまい、入団会見で涙を流した姿は阪神ファンの胸を打った。 他球団に比べて右打ちの外野手が少なく、伸び悩み気味の選手も多いタイガースではチャンスも多いだろう。 持ち前のフルスイングを貫き、育成の星となれるか。 一方で成績的にはあまり芳しくなく、すぐに支配下というタイプの選手ではないだろう。 しかし、秘めたポテンシャルを一気に爆発させることができればチームの中核になることも十分にあり得る。 育成1位の小野寺同様、右打ちの外野手は枯渇しており、チャンスは間違いなくやってくる。 そのチャンスを一発でモノにすることができるか。 理想の選手像:大田泰示 全体的な指名プラン 今年の指名プランは皆さんもお分かりのように2軍・チーム全体の若返りでしょう。 矢野監督は明言していませんが、平均年齢31歳という異常な環境であった鳴尾浜へのテコ入れ、終盤戦で浮き彫りとなった先発投手の不在など、明確となっている課題にピンポイントの指名だったのではないかと思っています。 念願だった長距離砲候補の指名にも成功しました。 3位という事実が今回の指名をさせた理由だとするならば、矢野監督には感謝しないといけませんね笑 即戦力は必要ではなかったのか 個人的にはかなり満足しているこの「高卒ロマン」ドラフトですが、一方で 「上位で即戦力候補を指名するべきではなかったか」 という意見も散見されます。 確かに今シーズンの阪神タイガースは圧倒的な力を見せつけて優勝した訳でもなく、巨人と熾烈な優勝争いを繰り広げたわけでもありません。 リリーフ陣と終盤の神がかり的な連勝で3位に滑り込んだのが、チームの現状です。 しかし、そんなチーム状況にも関わらず、2軍からの突き上げはほとんど無いに等しく、江越・陽川・中谷あたりが交互に1. 2軍を行き来するのが恒例になっていました。 その上平均31歳というかなりの高齢化で、有望な若手がルーキーの小幡しかいないという異常事態でした。 即戦力を必要とする意見はもちろん正しいのですが、今後のチームの事を考えれば、どこかで大博打が必要だったのです。 所謂「高卒ロマンドラフト」という大博打が。 なので、それがたまたま今年であったというだけで、今後のタイガースにとっては必要であった指名であると私は考えています。 今オフ、タイガースは何をするべきか 上記にもあるように今年のタイガースはドラフトで来年すぐに活躍できるような選手はほとんどいないと考えていいでしょう。 しかし、現有戦力が他球団に比べて整っている訳でもありません。 なので、今オフは「補強」が間違いなく必要なシーズンになったと言えるでしょう ・ローテーションを張れる先発候補 ・4番候補のスラッガー獲得 この2つが実現しなければ来シーズンのタイガースは厳しい戦いを強いられる事になるでしょう。 もちろん現有戦力の選手がみんな成長してくれれば何の問題もないのですが、パワプロみたいに簡単に行くほど現実のプロ野球は甘くありませんので、補強は必須と呼べるオフになったということが言えるでしょう。 「若さ」は簡単に補強できない 戦力の補強としてはFA・新外国人獲得・トレード・ドラフト、というこの4つが主だって考えられます。 しかしFAは最低でも8年、新外国人も若い選手が来てくれることは稀ですし、トレードも色々な事情があるので、若い選手を簡単に放出するということはあまり考えられません。 「若さ」を補強できるのは今のプロ野球でドラフトしかないのが現状なのです。 阪神はチームに欠けている部分である「若さ」をドラフトで補強することに成功した これは疑いようのない事実なのではないでしょうか 今日は阪神タイガースのドラフト会議2019に関して色々と書いてきました。 個人的には応援してる選手がいっぱい入ってきてくれたのでめちゃくちゃ嬉しかったです笑 1人でも多くチームの戦力になることを願ってます。 最後まで読んで頂いてありがとうございました 去年のドラフトは大成功.

次の

阪神ドラフト指名予想2019【上位候補選手の評価まとめ】

阪神 ドラフト 2019

育成枠の最多指名はオリックスの8人 「2019年プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が17日、東京都内で行われ、12球団のドラフト指名選手が確定した。 支配下74人(セントラル・リーグ37人、パシフィック・リーグ37人)、育成33人(セ・リーグ8人、パ・リーグ25人)、合わせて107人が指名された。 「BIG3」と称された3人、星稜高の奥川恭伸投手は東京ヤクルトスワローズ、大船渡高の佐々木朗希投手は千葉ロッテマリーンズ、明治大の森下暢仁投手は広島東洋カープがドラフト1位でそれぞれ交渉権を獲得。 そして、甲子園では投打で活躍し、U-18日本代表「侍ジャパン」で内野手として持ち前の打撃力を発揮した東邦高の石川昂弥は、中日ドラゴンズが交渉権を獲得した。 その他にも、才能くすぶる高校生や全国の各リーグで成長を遂げた大学生、より高いレベルで経験を積み上げた社会人がプロへの扉を開いた。 また、育成枠ではオリックス・バファローズが最多の8人を指名、福岡ソフトバンクホークスも7人を指名。 近年、育成から支配下枠を勝ち取り1軍で活躍する選手も多いことから、その順位に関わらず大きな期待が膨らむ。 各球団に指名された選手は以下の通り。 セ・リーグ ヤクルト 1. 吉田大喜・投手(日本体育大) 3. 杉山晃基・投手(創価大) 4. 大西広樹・投手(大阪商業大) 5. 長岡秀樹・内野手(八千代松陰高) 6. 橋本侑樹・投手(大阪商業大) 3. 岡野祐一郎・投手(東芝) 4. 郡司裕也・捕手(慶応義塾大) 5. 岡林勇希・投手(菰野高) 6. 松田亘哲・投手(名古屋大) 広島 1. 森下暢仁・投手(明治大) 2. 宇草孔基・外野手(法政大) 3. 鈴木寛人・投手(霞ヶ浦高) 4. 韮澤雄也・内野手(花咲徳栄高) 5. 石原貴規・捕手(天理大) 6. 持丸泰輝・捕手(旭川大高) 2. 木下元秀・外野手(敦賀気比高) 3. 西純矢・投手(創志学園高) 2. 井上広大・外野手(履正社高) 3. 及川雅貴・投手(横浜高) 4. 遠藤成・内野手(東海大相模高) 5. 藤田健斗・捕手(中京学院大中京高) 6. 小野寺暖・外野手(大阪商業大) 2. 奥山皓太・投手(静岡大) DeNA 1. 森敬斗・内野手(桐蔭学園) 2. 坂本裕哉・投手(立命館大) 3. 伊勢大夢・投手(明治大) 4. 東妻純平・捕手(智弁和歌山高) 5. 田部隼人・内野手(開星高) 6. 蝦名達夫・外野手(青森大) 7. 堀田賢慎・投手(青森山田高) 2. 太田龍・投手(JR東日本) 3. 菊田拡和・内野手(常総学院高) 4. 井上温大・投手(前橋商高) 5. 山瀬慎之助・捕手(星稜高) 6. 平間隼人・内野手(BC徳島インディゴソックス) 2. 加藤壮太・外野手(BC埼玉武蔵ヒートベアーズ).

次の