みちのく 有料 道路 事故。 青森県・みちのく有料道路

第二みちのく有料道路

みちのく 有料 道路 事故

起点:青森県上北郡七戸町字志茂川原• 終点:青森県青森市大字滝沢字下川原• 総延長:21. 52 km• 車線数:2車線• 事業費:210億円• 料金徴収期間: - (49年間) 当道路は青森 - 間を最短で結ぶ路線ではあるが、 夏季は当道路を避け、交通の流れも円滑で無料のの(たしろたい)を抜けるを通る車も多い。 [ ] また、冬期間は路面凍結箇所が多く、 スリップ事故が多発している [ ]ため、 地元のドライバーの多くはを利用する。 [ ] の( - 間)が開通する以前は、青森市とを結ぶ路線の一つとして活用された。 (15年)にが、みちのく有料道路の青森側入口に近いまで開通したが接続していない。 将来的には、(天間林道路、上北天間林道路、上北道路)、、、と連携し、青森・八戸間を結ぶ高速道路八戸線を補完する 道路として機能する予定。 ただし、直接接続するかどうかは未定である。 に分類されているが、上の区分は第3種第2級であり、及びに必要な第1種の道路の基準を満たしていない。 脚注 []• 設立当時は。 国土交通省. 2017年5月15日閲覧。 みちのく有料道路とは別に高速自動車国道である東北縦貫自動車道八戸線の計画があるが、当該区間は基本計画区間のため当面実現の見込みはない。 ただし、道路構造令第3種に該当する一部の道路でも、を含む自動車専用道路の基準を満たしている道路もある。 その例として、山陽自動車道()などがある。 として整備された経緯があったという。 その一方で、道路構造令第1種に該当する道路でも、(の一部を構成する)などのように一般道路となっている場合がある。 - (2011年3月23日アーカイブ分) - 青森県庁• - (2011年8月21日アーカイブ分) - 青森県道公社• 当日のRAB「今日も! あさぷり」内交通情報から• 国土交通省東北地方整備局青森河川国道事務所. 2018年7月5日閲覧。 七戸町(旧天間林)側からみちのく有料道路と並行・重複し、みちのくトンネルの七戸側の坑口付近から分かれ、を経由し青森市田代に至る。 みちのく有料道路付近から田代平付近までは未舗装かつ道幅の狭い悪路が続き、冬期は閉鎖される。

次の

今日トラックで八戸のみちのく有料道路を通りました。みちのくの料金所...

みちのく 有料 道路 事故

概要 [ ] 将来的には、・・(・・)と接続し、百石道路を経て、八戸自動車道に接続する予定である。 法定路線名のの一部を構成し、 東北縦貫自動車道(八戸線)に並行する一般自動車専用道路【A'路線】であるが、都道府県道が(一般自動車専用道路【A'路線】)となるケースはあまり例がない。 当路線の料金所は1か所のみである。 なお、当路線に関する料金の支払いについては上下線ともおよびクレジットカードには対応していないため、当路線と八戸自動車道以南や百石道路(以下、ネクスコ区間)とをETCを使用して連続走行する場合は注意が必要である。 下り線(三沢・上北方面)の料金所はネクスコ区間の通行料金と第二みちのく料金の合併収受をしている。 ネクスコ区間の通行料金はETCやクレジットカードでの精算ができるが、第二みちのく分は現金もしくは回数券のみの精算となっている為、ETC流入の利用者の場合、車載器からカード抜き現金もしくは回数券と合わせて出さなければならない。 ただし、隣の下田百石ICで一旦流出し、再び下田百石ICの一般レーンから通行券を取り再流入すると、ETCカードを手渡しする必要がなくなる。 上り線(東京・八戸方面)の料金所は第二みちのく通行料金のみの料金収受を行っている。 ETC/一般共用レーンが1線あるものの、あくまでETC設備はネクスコ区間の処理をするためのものであり、第二みちのく有料道路の料金についてはETCの有無に関係なく、一旦停止した上で係員に現金もしくは回数券で精算をする必要がある。 この際、ETC/一般共用レーンを利用し、ETC車載機器・カードが無線通信で確認できた場合、ネクスコ区間の出口では通常通りETCレーンを走行しての精算が可能になる。 当料金所でETC車載機器・カードが確認できない場合や、一般専用レーンを通行した場合は通行券が手渡される。 上り線のETC設備は2019年(平成31年)3月23日の八戸自動車道八戸西スマートインターチェンジ開通に伴い、2019年(平成31年)3月22日午前10時より利用可能となったものであり、それ以前は通行券を受け取り料金所通過後いったん隣の下田百石ICの一般レーンを流出し、再度ETCレーンから流入する必要があった。 毎年9月第2日曜日に行われる三沢基地航空祭時には、第二みちのく有料道路は渋滞になる。 料金所にETCレーンがなく料金徴収方法が特殊である為、1台の精算処理に時間がかかることが原因となっている。 2009年(平成21年)6月12日に設置された「青森県有料道路経営改革推進会議」は、2010年(平成22年)1月19日に、「この道路は、単年度黒字を維持していることから、債務は着実に減額していくものの、料金徴収期間が満了を迎える2021年度には返済ができない結果となった。 第二みちのく有料道路は、の開通を前提に計画されており、その開通なしには経営が厳しいことが改めて確認できた」との提言を青森県知事に提出した。 路線データ [ ]• 起点:青森県上北郡おいらせ町高田• 終点:青森県上北郡六戸町大字犬落瀬字堀切沢• 総延長:9. 7 km• 規格:第1種第3級• 車線数:(完成4車線)• 事業費:56億円• 料金徴収期間:(4年) - (令和4年)(30年間) 沿革 [ ]• (平成4年)• - 一部供用開始。 - 供用開始。 (平成22年) - 青森県有料道路経営改革推進会議が、本道路の有料期限内の債務完済が困難であるとの見通しを報告。 (平成25年) - 上北自動車道部分開通により設置。 併せて、をフル化。 通行料金 [ ]• 普通車 220円• 大型一種 330円• 大型二種 740円• インターチェンジなど [ ]• 英略字は以下の項目を示す。 IC:、JCT:、TB: IC 番号 施設名 接続路線名 下田百石から km から km 備考 所在地 E4A ・方面 8 (現道) (現道、国道45号と重複) 0. 0 646. 9 - 2. 7 649. 6 6. 1 653. 0 E4A 青森方面 8. 3 655. 2 百石道路方面のみ 青森県道10号三沢十和田線 9. 7 656. 交通量 [ ] 24時間交通量(台) 区間 平成17(2005)年度 平成22(2010)年度 平成27(2015)年度 下田百石IC - 三沢十和田下田IC 3,061 2,806 3,231 三沢十和田下田IC - 六戸JCT 1,116 1,448 1,504 六戸JCT - 六戸 782 (出典:「」・「」(ホームページ)より一部データを抜粋して作成) 地理 [ ] 通過する自治体 [ ]• - 上北郡 接続する高速道路 [ ]• E4A (下田百石ICで直結)• E4A (六戸JCTで接続) 脚注 [ ] []• 国土交通省. 2017年5月15日閲覧。 都道府県道が高規格道路の例はほかににあり、佐山の - 同県大字東岐波間が、に並行する一般自動車専用道路【A'路線】になっている。 - (2006年5月10日アーカイブ分) - 青森県道路公社• 「」 - 青森県八戸市2019年3月16日閲覧• - 青森県道路公社 東日本高速道路 株 (2019年3月16日閲覧)• 青森河川国道事務所 2013年2月25日. 2015年11月16日閲覧。 「」 - 青森県道路公社 2019年10月11日閲覧• 六戸出入口と上北自動車道の接続はできない。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

青森県道路公社

みちのく 有料 道路 事故

今日トラックで八戸のみちのく有料道路を通りました。 みちのくの料金所を通過したあたりで、後方を見たら高速隊のパトカー(クラウン)が近づいていました。 サイドミラーで確認しながら走っていました。 そこのみちの く有料道路は制限速度は60キロ制限でした。 自分は70キロで法定速度ギリギリで走っていました。 ところがパトカーは赤色灯だけ回して追い越して行きました。 80キロは出ていたと思います。 警察官は速度守らなくてもいいのでしょうか?岩手県警の高速隊は80キロの制限速度のところ90キロで走っていました。 県が違っては警察官は速度無視してもいいのでしょうか?運転中でしたので証拠がありません。 目視だけでしたので、ナンバーは控えてきましたけど... 同じような質問がよくあり,何度も回答してるんで,出来れば先に過去の質問を検索してほしかったのですが… まぁ,最高速度関係の法令を整理して説明しますね。 まず,法定速度と制限速度の違いについて。 実際は,道路の状況等を勘案して,法定速度以下の速度に制限されています。 次に緊急自動車の特例について。 ただし,警察用自動車が速度違反車両を取締る際に,特に必要がある場合はサイレンを鳴らすことを要しません(道路交通法施行令第14条)。 速度違反車両を取締る場合の緊急自動車は,最高速度の規定が適用されません(道路交通法第41条)。 この場合「警察用緊急自動車」ではなく「警察用自動車」ですから,サイレンを鳴らすことも,赤色警光灯を点灯することも必要ありません。 で… あなたの見たパトカーは,あなたの車より前方にいる車両が速度違反をしているために取り締まろうとしていたなら,赤色警光灯を点灯すれば,何キロの速度で走ろうと構わないということになります。 それと… 「みちのく有料道路は制限速度は60キロ制限でした。 自分は70キロで法定速度ギリギリで走っていました。 」 みちのく有料道路は一般自動車専用道路ですから,高速自動車国道ではありません。 トラックの運転手さんなんでしょ?それじゃぁプロじゃないですか! 道交法ぐらいきちんと覚えておきなさいよ。 そんなことだから「トラック運転手の運転は荒い」などと言われるのです。 私も一時期,運送業界にいましたが,トラック運転手への苦情はよく耳にしました。 プロは他の模範でなければなりません。 いっそ,そのパトカーに捕まっちゃえば良かったのにね。

次の