英語 自己 紹介 締め。 英語で自己紹介

英語で自己紹介!お決まりフレーズ33点と第1印象で勝利する方法

英語 自己 紹介 締め

「英語でビジネスメールを書く際のポイント【件名】」 自己紹介の基本は、日本語であっても英語であっても自分の情報を伝えることです。 自分の情報を出し惜しみしてしまっては、自己紹介の意味がありません。 ここでは、自己紹介で話すべき基本項目を挙げるとともに、自己紹介に使える簡単な言い回しをご紹介します。 伝えるべき項目としては、自分の名前、出身地、年齢、趣味、仕事内容、特技などが考えられます。 ビジネスシーンなのかプライベートなのかなど、シチュエーションごとにいくつか「自己紹介のパターン」を考えておくようにするとスムーズに話せます。 I work at ~. 「I'm with~」か「I work at~」を使うとよいでしょう。 ・仕事内容を伝える 【例】I work for a manufacturing company. (私は製造業の企業で働いています) 【例】I work in the financial industry. (私は金融業界で働いています) 【解説】 よほどの有名企業でないと、会社名を伝えたところで相手はピンとこないはずです。 より分かりやすく仕事内容を伝えるには、業種や業界に言及するのが一番です。 「work at」以外に、「work for」や「work in」を使うケースもあります。 細かく言うと、atを使うと場所、forを使うと雇用・被雇用関係、inを使うと業界を強調することになります。 (経理部門の責任者です) 【例】I'm an IT consultant. (私はITコンサルタントです) 【解説】 日本だと「部長」「次長」「課長」「課長代理」などポジションが細かく分かれていますが、英語の自己紹介でそうした詳細なポジションを伝えるのは自然ではありません。 むしろ自分の仕事内容を絡めた形で、ポジションを説明することが多いです。 「be in charge of~」は「~の担当だ」という意味で、職種を表現するのに便利です。 また、単純に「I'm a~」と表現しても構いません。 「英語の自己紹介【回答編】質問に答える」• 「英語の自己紹介【回答編】質問に答える」 自己紹介の際に、自分の情報を伝えるだけで終わるわけではありません。 相手からの質問に回答する機会があるでしょう。 「質問に対してうまく回答しないといけない」と考えると大変なように思えますが、実際のところ質問される内容もある程度限定されています。 質問されても冷静に回答できるよう、頭に入れておきたい項目やフレーズを挙げておきます。 海外では、卒業した大学名より大学の専攻内容について聞かれることが多いです。 【質問例】What did you major in? (何を専攻していましたか? ) 【回答例】I majored in sociology. (社会学を専攻していました) 【解説】 「major in~ (~を専攻する)」を使います。 自分の修めた学問名を確認するとともに、その学問はどんなものか簡単に説明できるようにしておきましょう。 相手との共通項があれば話題の弾むきっかけになりますし、相手にも自分のことを覚えてもらいやすくなります。 【質問例】What do you do in your free time? (プライベートで何をやっていますか?/趣味は何ですか?) 【回答例】I like playing football. (私はサッカーをするのが好きです) 【解説】 「趣味」という意味で「hobby」という単語を覚えている人も多いかと思いますが、実際の会話での使用頻度はあまり高くありません。 間違いではありませんが、場合によっては違和感のある単語とも言えます。 質問例のような聞き方、回答例のような答え方が無難です。 ただし家族の人数や構成、結婚/未婚、子供の有無程度で構いません。 【質問例】How many people are there in your family? (何人家族ですか?) 【回答例】We are 4 in our family — my wife, two sons, and me. (妻、2人の息子、私の4人家族です) 【解説】 自己紹介の場では、家族についてそれほど深い話をする機会は少ないと考えられます。 人数や構成について答えられればよいでしょう。 「英語の自己紹介【応用編】好印象を与える」• 「英語の自己紹介【応用編】好印象を与える」 自己紹介の場は、単なる情報交換にとどまりません。 初対面の相手にポジティブな形で自分を印象づける自己アピールの場でもあります。 どうすれば好印象を与えられるか、ポイントをまとめました。 自己紹介における締めの英語を工夫することで、相手(同僚やパートナー)に与える印象が変わってきます。 もちろん「Thank you」だけでも問題はないのですが、一工夫あるとよりよいでしょう。 【例】I'll work hard to make this project a success. Thank you. (このプロジェクトを成功させるために、ベストを尽くします。 よろしくお願いします。 ) 【解説】日本語の「一生懸命頑張ります」に当たる表現を入れています。 「I'll work hard to~」以外には、「I'll do my best to~」もよく使われます。 職業や大学の専攻などといった基本情報だけではなく、自分の興味のある仕事や仕事に取り組む上でのポリシーなど、内面理解につながる内容を含んでいるとよいでしょう。 また、自己紹介の締めで覚えておきたいフレーズとして、次のようなものがあります。 いかにも感じのよい表現であり、自分が礼儀をわきまえる人間であることを示す内容と言えます。 【例】I'd like to have a good time with you all. (これから皆さんと一緒に楽しい時間を過ごしたいと思います。 ) 【解説】会えて嬉しいこと、礼儀を表す言葉などがあると相手も受け入れやすくなります。 この言い回しは広く自己紹介の最後に使えます。 「自己紹介は自分を知ってもらうきっかけと心得よう」.

次の

英語プレゼンテーション完全攻略!基本的な流れやテクニックをご紹介

英語 自己 紹介 締め

みなさんは英語での自己紹介、どうやっていますか?「My name is 〜. 」なんて学生の頃よく習いましたよね。 この自己紹介はもちろん正解です。 」も必要ありませんよね。 突然自己紹介と言われると、なかなかスムーズには出てこないものですよね。 そこで今回は、「英語の自己紹介センスがぐっと上がる6つのテクニック」をご紹介します。 仕事の顔合わせや飲み会、またプライベートな飲み会など、自己紹介はいつどこで必要になるか分かりません。 いざという時の為にぜひ備えておいてくださいね。 英語の自己紹介センスがぐっと上がる6つのテクニック 1. 自己紹介をする時の心構えを覚えておこう 自己紹介する時に押さえておきたいポイントがあります。 それは「 周りを反応を見ながら、ゆっくりめに話す」事です。 これは日本語で自己紹介する時も同じですが、自己紹介はコミュニケーションの第一歩。 すなわちこれからの関係を左右しかねない大切なものなんです。 早口で一方的にまくしたてるだけでは相手に好印象は与えられません。 特に英語の場合は相手にきちんと伝わっているかの判断にもなりますし、相手の反応を見ながら言う内容を変えたりする事も可能です。 ぜひ自己紹介の前には深呼吸をして、気持ちゆっくりめに「Hello. 」などの挨拶から始めましょう。 そしてアイコンタクト(目を見て話す事)もお忘れなく! もうひとつ、たとえ 英語が苦手であっても堂々と自己紹介する事はとても大切です。 特に相手がビジネス関係であれば、小声でボソボソとした自己紹介では頼りない印象を与えてしまいます。 」 ごめんなさい。 英語は苦手です。 なんて言いたくなってしまうかもしれませんが、そんな弱気な方と一緒にビジネスはしたくないですよね。 もしどうしても一言前置きしたい場合は、 「If I make a mistake with my English, please correct me. 」 もし間違えていたら直してくださいね。 と 冗談めかして言うに留めておきましょう。 基本的な情報は必ず入れよう それではここから、具体的な自己紹介の内容をご紹介します。 まずは基本的な情報からです。 ・名前 My name is 〜. (名前) My name is 〜, please call me 〜. 〜と呼んでください。 My name is 〜, but most people call me 〜. 皆から〜と呼ばれています。 (職業名・teacher,office workerなど) I work at 〜. (会社名) I do 〜. (仕事内容・I teach English. Born and raised. I was born in A, but I grew up in B. (場所) I moved to 〜 10 years ago. (場所) ・英語 英語について何か伝えたい場合はぜひ入れてください。 (時々仕事で必要だから)」「I like traveling. (旅行が好きだから)」などを入れて使います。 あまり年齢を言うシチュエーションはないとは思いますが、簡単な表現なので覚えておいて損はないです。 ・血液型 My blood type is A. あまり自己紹介で血液型は言いません。 外国では血液型占いはあまり浸透していないので、何型だから〜〜な性格です。 という自己紹介をしてもあまりピンと来ない方が多いと思います。 印象に残る何かを入れると覚えてもらえる ここまで基本的な自己紹介の内容をご紹介してきましたが、はっきり言ってこれだけではつまらないですよね。 何か他の人とは違う事、印象に残る事を入れると、相手に覚えてもらいやすくなります。 何を入れるかはそれぞれ違うと思いますが、趣味や休日の過ごし方、恋人募集中など、なにか少し面白い事を入れるのもいいですよね。 My hobby is 〜. 私の趣味は〜です(golf, shopping… I like to 〜. 〜するのが好きです My favorite food is 〜. 恋人募集中です 4. ビジネスシーンでの自己紹介の基本 ビジネスシーンでの自己紹介の場合、 自分の仕事や職歴などがとても重要になってきます。 先ほど仕事については簡単に紹介しましたが、ここではさらに詳しく見ていきましょう。 まずはビジネスシーンでの簡単な自己紹介の場合、「名前・勤務会社名・肩書や職種等」がよく使われます。 (例) My name is 〜. , Ltd. 私は社内システム担当です このように簡潔に大切な事を伝えますが、仕事に関しては表現がたくさんある上に部署名など難しい英語も多く使われます。 なので、 自分の仕事に合ったものをあらかじめ準備しておくとスムーズに自己紹介できます。 なお、英語の部署名や組織名については以下に詳しくまとめていますので、こちらもチェックしておきましょう。 また、他にも下記のような表現があるので、ぜひ活用してみてください。 営業部の部長です 役職については以下の記事で解説していますので、こちらも読んでおくと役に立つと思います。 ぜひご覧ください。 締めの言葉とは? 日本語だと「よろしくお願いします」と締める所ですが、英語ではこのような表現はありません。 「Nice to meet you. 」で締めるのが一般的でしょう。 何か明確な目的を持った集まりであれば、決意表明という形で締めるのも良いかと思います。 Nice to meet you. 〜にベストを尽くします I will do my best no matter what happens. 何があってもベストを尽くします なお、英語の「よろしくお願いします」に近いフレーズは他にもたくさんあります。 以下の記事で特集していますので、こちらもぜひチェックしてみてください。 相手に質問をしてみよう こちらが自己紹介をするという事は、必然的に相手も自己紹介をする場面が多いと思われます。 お互い自己紹介をしたけれど、その後の会話が続かない。 またはもっと相手の事を知りたい。 そんな時はまず相手に質問をしてみましょう。 相手の事をよく知る事は、今後のコミュニケーションの上でとても大切です。 また相手にとっても、質問をされるという事は興味を持ってくれているという事なので、快く答えてくれるはずです。 ぜひ自己紹介をきっかけに、会話のキャッチボールを楽しみましょう。 How can I call you? 趣味は何ですか? What grade are you in? 何年生ですか?(学生向け) What do you do? お仕事は何をしていますか? What company do you work for? どちらの会社にお勤めですか? Have you worked here long? こちらで長くお勤めですか? What is your position? こちらでのあなたの担当は何ですか?(役職など) まとめ いかがでしたか? たかが自己紹介と言っても、本当に色々な表現がありますよね。 最初にご紹介した通り、自己紹介はコミュニケーションの第一歩です。 ほんの短い自己紹介の中で、相手はあなたがどんな人間かを探り当てようとしています。 すると必然的に 喋っている内容だけでなく、表情、喋り方、話すスピード等色々な事を総合してあなたという人間を見ている事をぜひ覚えておいてください。 例え英語に自信がなくても、ゆっくり堂々と自己紹介する事、相手の目を見て話す事で、相手にしっかりとした印象を与えます。 ぜひこちらで紹介した「英語の自己紹介のセンスがぐっと上がる6つのテクニック!」を参考に、あなただけの自己紹介を作り上げてくださいね。 そしていつでも自己紹介出来るよう、時々練習してみてください。 きっともっと自信が付くはずです。 英語の自己紹介センスがぐっと上がる6つのテクニック 1. 自己紹介をする時の心構えを覚えておこう 2. 基本的な情報は必ず入れよう 3. 印象に残る何かを入れると覚えてもらえる 4. ビジネスシーンでの自己紹介の基本 5. 締めの言葉とは? 6. 相手に質問をしてみよう.

次の

英語で自己紹介|恥をかかない!厳選9つのポイント

英語 自己 紹介 締め

I am in Marcketing development. ( マーケティング部に所属しております。 I have been involved in this line of business for 3 years. ( この仕事に3 年間携わっています。 (経理部門の責任者です)• I work for a manufacturing company. (私は製造業の企業で働いています)• (〜という会社で働いています) ここら辺がよく使われます。 ノープランの人だとここで終わってしまうのですが、仲良くなりたいのであればもう少し話した方がいいですかね。 英語で自分の性格を紹介.

次の