須磨 小学校 いじめ 女 教師。 長谷川雅代の経歴と学歴や大学は?家族(子供や夫)と自宅の住所は?東須磨小学校加害者40代女性教師で特定│SUCCESS TICKET

【教員いじめ】性行為強要の噂を検証!加害教師は蔀俊(しとみたかし)?逮捕はある?

須磨 小学校 いじめ 女 教師

「12月に入り通院の頻度も減り、薬には頼っていますが夜も眠れるようになってきました。 早ければ来年度には教壇に戻れるように調整をしているようです」(X教員の代理人弁護士) 30〜40代の先輩教員4人が20代のX教員に対し、いじめの限りを尽くした兵庫県神戸市の東須磨小学校で起きた教師間いじめ事件。 X教員を羽交い締めにし、激辛カレーを無理やり食べさせ、大笑いしている教員たちの動画が報道されると、加害教員たちへの怒りは列島を駆け巡った。 ネットで晒し者、外出できず 暴力、暴言、教師とは思えない非道な行為は50項目以上。 追い詰められたX教員は2019年の夏休み明けから登校できなくなり、事件が明るみになった。 市教委は同年10月に外部調査委員会を設置。 12月20日に報告書を公表、'19年内にも加害教員らを処分する予定だったが、 「X先生が被害内容を訴えたメモなどの資料10点ほどを調査委員会に提出し忘れていました。 隠蔽ではないです」 と前出・市教委の担当者は謝罪。 公表時期は年度内とはされるが未定だ。 X教員は被害届も提出。 兵庫県警は4人から任意で事情も聞き、慎重に調べを進める。 加害教員たちは自分たちの行為を省みているのだろうか。 「加害教員たちは精神的に憔悴していました。 するとD教員は「不当だ」と訴え、市の人事委員会に審査請求。 D教員は関与を認めているものの、「激辛カレー強要など悪質性の高い行為には関わっていない」と主張、納得できないとしている。 「加害者からは弁護士経由で定型的な謝罪文など文書が届いていますが、示談の申し入れはない。 本人たちはすっかりどこかに雲隠れしている様子だった。 しかし、学生時代を知る同級生らの間では女帝の昔話がひそかな話題になっているとか。 同じ学校に通っていた同級生の親は、 「彼女はわがままというか、当時から性格がきつくて友達も少なかったみたい。 高校で不登校になったこともあったそうですが、そのときはお兄さんが世話をしたそうです」 今回もまた教育関係者の兄たちが骨を折るのだろうか。 外部サイト.

次の

【教員いじめ】性行為強要の噂を検証!加害教師は蔀俊(しとみたかし)?逮捕はある?

須磨 小学校 いじめ 女 教師

神戸市の東須磨小学校で起きていた教員いじめ問題。 40代の女性教諭をリーダー格とした4人の教員が行っていた所業は、いじめというより虐待・暴虐とでも呼ぶべきものだった。 学校関係者は次のように証言する。 「女性教師がボスで、3人の男性教員は、彼女に嫌われたくない一心だったようです。 独身の彼女は、愛人だと陰口を叩かれるほど芝本力前校長に気に入られ、虎の威を借りていました」 また保護者に聞いても、 「よくいえば仕事ができ、悪くいえば勝気な人。 芝本前校長は、集合写真を撮るときはいつも彼女を横に座らせ、保護者のなかでも噂になるほどでした」 一目置かれた理由は家族にもありそうだ。 彼女の名を、仮に海老沢泰代としよう。 自宅近所の人がいう。 亡くなったおとうさんは学校の先生で、お兄さんも教育委員会の関係者、その嫁も先生と聞いています」 一方、腰巾着の30代の男性教員で、被害者が買った新車の屋根に乗っていた男を仮に岡誠とする。 「3年ほど前に家を建てて、奥さんと小さなお子さん2人と暮らしています。 よくお子さんを抱っこして、おとうさんというイメージですよ」(近所の人) 子煩悩の父親も、ボスの威の前にはこうべを垂れたのか。 それにしては、カレーを食べさせた際のはしゃぎ声は、心底楽しそうに聞こえるが。 教え子がいう。 一番遊んでくれる先生でしたけど、怒るといきなり怖くなりました。 あわせて読みたい関連本•

次の

神戸東須磨小 長谷川雅代まさよの経歴・大学・家族は?住所特定!今現在は?|waonのブログ

須磨 小学校 いじめ 女 教師

しかも、その証拠画像を撮影して送るよう指示したのだが、指示した送り先が、動画が拡散している「激辛カレー強要事件」の被害者で、最近兵庫県警に被害届を出した20代の男性教師だという。 「(証拠画像は)汚いからオレの携帯には送ってくんなよ」と命じて、被害教師の携帯に画像を送らせたらしい。 後輩教師に性行為を強要した男性教師は、いじめ行為を繰り返していたようだ。 被害教師が社会人になって初めて購入した新車の屋根に土足で立ったのもこの教師だ。 そのうえ、足でドアを閉めたり、車内にたばこの吸い殻が入ったペットボトルの水をこぼしたりしている。 また、女性教師にひどいあだ名をつけ、「お前、嫌いやん、マジで無理や」と暴言を吐いたり、プライベートや胸のサイズを執拗に尋ねたりもしている。 この加害教師の高校時代の同級生によれば、反抗してきそうもないクラスメイトに「ウンコまみれ」というあだ名をつけ、周囲にもそう呼ばせようとしていたという。 また、偏差値の低い私立大学に推薦入試で合格したクラスメイトが教室に入ってくると、「負け組が来たぞ」とつぶやいたこともあるらしい。 一連の報道が事実とすれば、この加害教師は、他人が困ったり苦しんだりする姿を見たいというサディスティックな欲望、そして他人が恥ずかしがったり嫌がったりすることを強要して自分の力を誇示したいという支配欲求が強そうだ。 しかも、サディスティックな欲望と支配欲求を満たすことに快感を覚え、いじめをやめられなくなっている可能性が高い。 低い自己肯定感 このようにいじめを繰り返す人は、虐待を繰り返す人と同様に、多くの場合自己肯定感が低い。 自己肯定感が低いと、自分より弱い者を攻撃して、自分のほうが優位に立っていると感じることによってしか、自らの存在価値を確認できないのだ。 自己肯定感が低いのは、さまざまな原因によるが、この加害教師の場合、学歴が影響しているように私には見える。 彼は高校時代「東大を目指す」と豪語していたようだが、二浪の末に入学したのは大阪教育大学だった。 国立大学を出て小学校教師になり、安定した収入を得ているのだから、それなりに恵まれた人生のように傍目には見えるが、本人としては不本意だったのかもしれない。 その結果、欲求不満がたまり、鬱憤晴らしのためにいじめを繰り返した可能性もある。

次の