左下 腹痛 チクチク。 左下腹部にチクチクした痛みが?!絶対に気をつけたい11の原因!

左腹または右腹のチクチク痛は【怖い帯状疱疹】の可能性あり!

左下 腹痛 チクチク

「チクチク」「ズキズキ」「キュー」といった下腹部痛の原因は? 今回は、妊娠中期の代表的な下腹部痛の原因を紹介します。 まず、 あなたの痛みを 冷静に判断してみてください。 痛い部分は、子宮全体、子宮の左右同時子宮の左右どちらか・・?? 下腹部痛を訴える多くの妊婦さんが痛みを訴えている箇所は、 子宮全体、子宮の左右同時ではありません。 ほとんどの妊婦さんは、 左右どちらか、または、 交互に痛みがあり同時に痛むことはあまりないのです。 このような痛みやつっぱりの原因のほとんどが、 子宮を支える靭帯に影響が出ているためにおこるものなんです。 子宮本体と左右の太ももの付け根の部分をつないで、子宮がねじれるのを防ぐ役割がある靱帯が左右に1本ずつあります。 妊娠中期になるとお腹も急に大きくなり、それまで硬かった靭帯が子宮が大きくなるにつれて柔らかくなって伸びていきます。 しかし、その靭帯がお腹が大きくなるスピードに間に合わず、 靭帯が突っ張られることによって、 下腹部や太ももの付け根に痛みやツッパリ感が出るのです。 なぜ、痛みやツッパリ感が左右のどちらかに出るのかというと、子宮は常に真っ直ぐを向いているのではなく、 左右のどちらかに傾いたり、ねじれたりするためなんです。 「チクチク」「ズキズキ」「キュー」といった下腹部痛の対処法 下腹部痛やツッパリ感の対処法としては、 痛い方を下にしてしばらく横になれば、 痛みが軽減されることが多いですよ。 妊娠中の下腹部痛は、妊婦さんにとってはとても心配なことですが、赤ちゃんが順調に育つにしたがって、お腹がちゃんと大きくなっている証拠なので特に心配する必要はありません。 妊娠週数が進むにつれて痛みや、ツッパリ感はなくなっていきますので安心しましょう。 産婦人科を受診したほうがいい場合は、 子宮全体に規則的あるいは、定期的に痛みがあったり、 出血を伴なったり、動けなくなるほどの激痛を伴うときなどです。 このような場合は、すぐに産婦人科を受診することをおすすめします。 スポンサーリンク まとめ 「チクチク」「ズキズキ」「キュー」といった下腹部痛やツッパリは、妊娠中期の妊婦さんにとっては よくあることですので、心配しすぎないようにしましょう。 ただ、子宮全体に規則的あるいは、定期的に痛みがあったり、出血を伴う、動けなくなるほどの 激痛を伴うときなどは産婦人科を受診しましょう。 自分でできる最初の診断としては、左右どちらかが痛いかどうかです。 両方同時に痛む場合は、注意が必要です。 スポンサーリンク.

次の

左下腹部にチクチクした痛みが?!絶対に気をつけたい11の原因!

左下 腹痛 チクチク

・かゆみ ・モゾモゾ感 ・違和感 ・しびれ ・ピリピリ痛 ・刺すような痛み など個人差があります。 赤い発疹が出る数日~1週間前のこのような初期症状を 「前駆痛」 ぜんくつう といいます。 またお腹の帯状疱疹の前駆痛は、人によっては背中に移動する場合があります。 <症状は急に出ます> 帯状疱疹を起こすウイルスは普段、背骨近くの神経節に潜んでいて、免疫力が落ちた時に活動を始めます。 ですので、上記の症状は急に出ます。 お腹に症状が出た場合は、「腰神経」(へそ下~腰・脚の前側)をつたってウイルスが活動し始めたパターンです。 <左腹もしくは右腹が急にチクチク痛み出したら、皮膚科でも診てもらいましょう> 普通、お腹が痛い時は消化器疾患を疑いますが、お腹の片側に 上記の前駆痛を感じたら 帯状疱疹の初期症状を疑うことも大切です。 この段階で皮膚科を受診できればよりベターです。 痛みに続いて皮膚にプツプツ(発疹)が出てきたら、至急、皮膚科を受診しましょう。 「虫刺され」や「かぶれ」と思い込んで治療が遅れると、後が大変な場合があります。 軽く考えずに直ぐに診てもらいましょう。 スポンサーリンク では帯状疱疹は「なぜ初期症状で疑えること」が大切なのでしょうか? その理由について見てみましょう。 2 帯状疱疹は初期症状で疑えることが大切! 帯状疱疹を初期段階で疑えることが大切な理由は、 「つらい合併症・後遺症を避けるため!」です。 <帯状疱疹は合併症・後遺症が怖い病気!> 帯状疱疹の怖いところは合併症や後遺症を起こす可能性があるところです。 中でも「帯状疱疹後神経痛」は長期間にわたって痛みが残る、つらい神経痛です。 若い方は後遺症が残るケースは少ないですが、帯状疱疹が重症化すると残る場合があります。 痛みが残る期間は、治療が開始された時期や重症度、年齢などによって異なります。 数ヶ月~数年、中には10年以上激痛が続くこともあります。 私の父は痛みは無くなりましたが、後遺症で右手の薬指と小指がしびれて力が入らず、箸が持てなくなりました。 スポンサーリンク 続きまして、お腹の帯状疱疹の合併症・後遺症を具体的に見てみましょう。 3 お腹の帯状疱疹の合併症・後遺症 まず最初に合併症と後遺症の違いについてご紹介します。 合併症:不具合が治療可能な一時的なもの 後遺症:不具合が半永久的に残るもの <お腹の帯状疱疹の合併症・後遺症> お腹の帯状疱疹の合併症で多いのが「便秘」です。 その原因として考えられているのが、• 片側の腹筋マヒ• 腹部膨満• 大腸の働きの低下 <腸閉塞(イレウス)に要注意!> お腹の帯状疱疹の合併症で注意が必要なのが 「腸閉塞」です。 腸閉塞(イレウス)とは食べた物が腸内で詰まった状態をいいます。 その症状は、• 腹痛(吐き気・嘔吐を伴う)• キリキリとした腹痛• お腹が張る• 吐き気• 頻繁にお腹が鳴る 腸閉塞は命に関わる場合もありますので、上記の様な症状が出たら、至急、消化器系外科の受診をおすすめします。 4 帯状疱疹後神経痛はなぜ痛みが続くの? 帯状疱疹による痛みは、早目にしっかり治療すれば、通常、1~2ヶ月程度で消えるケースが多いです。 しかし痛みが3ヶ月以上続く場合、「帯状疱疹後神経痛」と診断されます。 帯状疱疹後神経痛の痛みが続く理由は、帯状疱疹によって起きた炎症で「神経が損傷」したためです。 帯状疱疹による痛みは、神経に炎症が発生していることによって感じる痛み! それに対して帯状疱疹後神経痛の痛みは、炎症で損傷してしまった神経によって起こる神経痛なのです。 簡単に言いますと、• 帯状疱疹:炎症そのものの痛み• 帯状疱疹後神経痛:炎症による神経損傷からくる痛み この違いです。 神経の損傷が治るまでに時間がかかるため、痛みが続くのです。 それでは次に、具体的になぜ治療を急がねばならないかを見ていきましょう。 <後遺症のリスクを下げるためには3~5日以内に対処> 帯状疱疹の原因はウイルスです。 このウイルスに効く薬は抗ウイルス剤! ウイルスと聞くと、インフルエンザをイメージされる方が多いと思います。 ご存知のように、インフルエンザに効くタミフルは、発症から48時間以内に飲まないと効果がありません。 同じように 、 帯状疱疹の薬も発症から3~5日以内に飲まないと効果がありません。 なぜならば、抗ウイルス剤は、ウイルスを死滅させるのではなく、 発病初期のウイルスの増殖を抑える薬だからです。 ですので、発病初期に薬でウイルスの増殖を抑えて、神経の損傷を少なくすることが大切なのです。 ここまでご覧いただきありがとうございます。 それでは最後に、今回のポイントをまとめます。 6 まとめ <お腹の帯状疱疹の初期症状> 発疹が出る数日~1週間前に前駆痛が出る お腹の片側に急に出る• チクチク痛• ピリピリ痛• かゆみ• モゾモゾ感• 違和感• しびれ• 刺すような痛み このような症状が片側に出たら、皮膚科でも見てもらいましょう。 <お腹の帯状疱疹の合併症・後遺症> お腹の帯状疱疹の合併症で多いのが「便秘」 腸閉塞(イレウス)に要注意! その症状は、• 腹痛(吐き気・嘔吐を伴う)• キリキリとした腹痛• お腹が張る• 吐き気• 頻繁にお腹が鳴る このような症状が出たら、至急、消化器系外科へ 7 記事を書き終えて いかがでしたでしょうか? 参考になりましたでしょうか? 腹痛の原因は色々あるため、発疹が出る前に帯状疱疹を疑うのは難しいかもしれません。 でも片側のチクチク痛はヒントになります。 お腹の片側にチクチク痛が出たら、消化器系と一緒に、皮膚科の受診もお勧めします。 冒頭でも申し上げましたように、私の父は右肩に帯状疱疹を発症し、治療が遅れたために後遺症が残ってしまいました。 今でも右手の薬指と小指がしびれて力が入らず、箸が持てません。 読者のみな様には本記事及び、次の関連記事を参考にしていただき、もし帯状疱疹にかかったとしても、辛い合併症や後遺症にならなくて済むことを願っています。 8 おすすめ関連記事 「 最後までご覧いただき、ありがとうございました。 ) -.

次の

妊娠後期に腹痛、下腹部痛「チクチク・ズキズキ」は出産兆候?

左下 腹痛 チクチク

左下腹部〜足の付け根が痛い原因 鼠径部とは、足の付け根から下腹部にかけての溝の部分を指します。 この下層には鼠径部靭帯があります。 縫行筋、股関節の内転に作用する長内転筋の内側縁、鼠径靱帯で囲まれた部分は、スカルパ三角(大腿三角)と呼ばれています。 鼠径靱帯上では、スカルパ三角部のまんなかあたりを大腿動脈と大腿静脈が縦走、その外方を大腿神経が縦走しています。 深層には腸腰筋があり、鼠径部は体の大事な部分なのです。 鼠径部には大きなリンパ節があります。 鼠径リンパ水平列と垂直列といわれ、これは体の表面からさわって確認することができます。 痛みがあるときは、そこが腫れてしまっていると考えられます。 引用元- 腰痛からくる鼠径部の痛みもあれば、ウイルスの侵入を防ぐため、リンパ節でその侵入をくいとめるためにたたかっているため、リンパの腫れがみられる場合もあります。 その場合は突然しこりができる場合も多いよう。 リンパの腫れが見られるようなら、内科での受診をおすすめします。 痛みがなく倦怠感や体重減少がみられる場合は悪性リンパ腫の場合も。 そのほか、脂肪腫である場合も。 さわるとぐりぐりとしたしこりが確認できる場合は脂肪腫と考えてよいでしょう。 痛くない場合、大きさが変化しない場合など、日常生活に支障がないなら大丈夫ですが、しこりが大きくなったり心配であれば皮膚科、形成外科での受診をおすすめします。 引用元- 質問:左下腹部〜足の付け根が痛い 左下腹部~左足の付け根が痛いです。 我慢出来ない痛さではなく,何かに集中していれば忘れている位の痛さです。 便秘気味だからかな? っと勝手に思ってますが,以前から何度痛みがあるので質問してみました。 ごくまれに,左足の指まで同じ様な痛みがあります。 以前腰痛で,整形外科に行った時,特にヘルニアなどではないと分かったので,何か内臓が悪いのかと少し不安です。 また,左側だけっていうのが気になります。 これは,何かの症状でしょうか? 引用元- 回答:左下腹部〜足の付け根が痛い 病気ではないと思います。 お腹の痛みや張りの原因としてあなたの症状は胃腸管の働きが低下して大腸内を食べたものがスムースに流れないときに起こる症状です。 原因はいろいろですが、多いのが何らかのストレスにより大脳が緊張し大脳に直接支配される胃腸管も緊張萎縮して働きが低下して食物カスが滞留して体温で腐敗したり、便秘薬の副作用や長年の便秘状態などで大腸管筋肉が弛緩してダラ〜ンとのびて下垂やくびれができてそこに食物カスが滞留して腐敗して腐敗毒や腐敗ガスが発生します。 ちょうど、夏場に放置された牛乳が腐敗して悪臭ガスが発生したようなもので、この腐敗があなたのお腹の中で起こっています。 症状として腸内圧力が上昇することで腹痛やお腹の張りが起きます。 このガスは暫くすると腸内に拡散して腸管壁面から吸収されて血液に入り腸内圧力は低下して腹痛や張りがなくなります。 腸管壁面から吸収された腐敗毒は血液を汚してドロドロにし、血流が悪くなって冷え性、肩こり、頭痛、イライラ、肝機能が毒素の解毒で過労状態になり解毒機能が低下して疲労感や新陳代謝の低下、貧血感、食欲不振で嘔吐感、細胞の老化で肌荒れや吹き出物、臭い血液の水分が皮膚から汗で発散してうんち臭い体臭、ときに微熱やむくみ、不眠などいろいろな便秘症状がでてきます。 お心あたりの症状がありますか。 便秘薬や漢方下剤では直腸の便の塊は排泄できますが、腸管壁面の粘液にからまった汚れやくびれにたまった老廃物はなかなか落ちませんので、便秘薬(下剤)や胃腸薬では症状は改善しないと思います。 お腹の中をきれいにして自力排便を回復させる方法として、生体の排便反射機能を低下させる便秘薬などの不要な下剤は服用しないこと、食べたものは毎日すっきりきれいに排泄することで自力排便を訓練して回復させ、大腸管内の食物カスの流れをよくして腐敗を減ら血液をきれいに保つことです。 この方法は自力排便回復法として知られている「絶対排便力」です。 検索してみてください。 自力排便が回復し血液がきれいになればお悩みの症状も徐々に改善するでしょう。 引用元- 左下腹部の痛みの男女共通の病気 ・左側の下腹部が痛む お腹のうち、左下側腹部が痛いときには、大きな病気を抱えている可能性もあります。 急性腸炎、慢性腸炎、食中毒、潰瘍性大腸炎、大腸がん、過敏性腸症候群などなど。 病気の種類が多いというのも、左側の下腹部が痛むときの特徴です。 急性腸炎 腸に炎症を引きおこす疾患群の総称のこと。 下痢、嘔吐、吐き気、腹痛などがみられます。 慢性腸炎 慢性的に左下腹部の痛みを繰り返し、下痢、吐き気、嘔吐などを伴います。 食中毒 食事と一緒に入ってきた、有害物や細菌、またはウイルスなどによって急性の中毒症状を引き起こす病気です。 熱い季節は集団で発生することがあります。 食中毒の原因によって症状は様々ですが、下腹部の腹痛、下痢、嘔吐といった症状が多いです。 潰瘍性大腸炎 大腸に炎症や潰瘍ができる病気であり、長期間に渡って下痢や腹痛を繰り返します。 大腸がん 中高年に多い病気で、主に欧米的な食生活がひとつの原因であるといわれてます。 血便、下痢、便秘を繰り返す症状がみられます。 過敏性腸症候群 下痢や便秘などの症状がずっと続く病気のこと。 「腸が弱いんです」訴える人の大部分は、この過敏性腸症候群に当てはまると言われています。 主な症状は下痢、便秘、腹痛など。 排便によって腹痛症状は軽くなるのも特徴。 ここまで、男性女性に共通する下腹部の病気でした。 引用元- 足の付け根の痛みは鼠径ヘルニア? 「鼠径(そけい)」部とは、太もももしくは、足のつけねの部分のことをいい、「ヘルニア」とは、体の組織が正しい位置からはみ出した状態をいいます。 「鼠径ヘルニア」とは、本来ならお腹の中にあるはずの腹膜や腸の一部が、多くの場合、鼠径部の筋膜の間から皮膚の下に出てくる下腹部の病気です。 一般の方には「脱腸」と呼ばれている病気です。 |鼠径ヘルニア 脱腸)のイメージ 鼠径ヘルニア(脱腸)は子供の病気と思われがちですが、むしろ成人に多く、手術以外、治療方法がありません。 痛みも少なく短期入院で済む新しい手術方法が普及してきており、生活の質を考慮すれば、積極的に治療した方が良い病気です。 |鼠径ヘルニア(脱腸 の症状 初期症状は、立った時とかお腹に力を入れた時に鼠径部の皮膚の下に腹膜や腸の一部などが出てきて柔らかいはれができますが、普通は指で押さえると引っ込みます。 太ももや足のつけね(鼠径部)に何か出てくる感じがあり、それがお腹の中から腸が脱出してくるので「脱腸」と呼ばれています。 次第に小腸などの臓器が出てくるので不快感や痛みを伴ってきます。 はれが急に硬くなったり、膨れた部分が押さえても引っ込まなくなることがあり、お腹が痛くなったり吐いたりします。 これをヘルニアのカントン(嵌頓)といい、急いで手術をしなければ、命にかかわることになります。 — みーもん kznr0742958 最近、足の付け根や左下腹部に鈍い痛みが…なんだろう。 座りっぱなしだから? — クロ machi510 昨日から、また左下腹部、足の付け根辺りの激痛が治まらない。 今日は、午前中に面談があるだけで、午後は、久々に、ゆっくり過ごせると思ったのに、痛みのせいで、何も出来ず寝込んでます。 昨日の授業も痛みで、集中出来ず、身に入らなかった。 でもそれ以外は異常なし! — いながき ゆり yurinyan1006 最近、左下腹部〜足の付け根あたりが少し痛むので調べてみると、卵巣の〜とか生理の〜とか女性の悩みばかりで、もしかして俺は女だったのか — こたろ dolce997 ここ数日、左下腹部・足の付け根辺りが痛むなぁと思い、ネットで調べたらなんだかこわくなって内科へ。 検査したところ、恐らく腸炎だとな。

次の