ニンテンドーダイレクト 予想。 “ニンテンドーダイレクト ミニ”発表まとめ。『ブレイブリーデフォルトII』先行体験版や『ゼノブレイド』詳細など、突如配信された内容を一挙掲載

ニンテンドーダイレクト2019(3月?)の配信日、ゲームタイトルを予想!

ニンテンドーダイレクト 予想

Contents• nintendo. jp 今回の記事のタイトルにもなっているように、今回主題として取り扱うのは 「ニンテンドーダイレクト」の内容や配信日についてです。 これまでの記事でも何度か、ニンテンドーダイレクトについて言及している事があったと思いますが、 情報番組として非常に濃密な内容になる事が多いです。 というわけで、今回は予想などの内容にふれる前に、 ニンテンドーダイレクトがどんな番組なのか、というおさらいから始めていきたいと思います。 「ニンテンドーダイレクト」は、 任天堂が公式で配信する情報番組で、 2011年10月からスタートした情報番組となっています。 2011年当時、情報を発表した際に、 様々なメディアを通じて情報が歪んで伝わってしまうという問題があり、それを脱却するために開始されました。 メディアを通さず、 任天堂が直接ユーザーに情報を発信する、という形式なのでその分情報量などが多いのも魅力・特色の一つ。 昨今では任天堂から発売されるタイトルのほとんどが、 ニンテンドーダイレクト内で情報を公開されてから発売、といった形になっていますね。 公式から発信される情報番組、という体ではありますが、残念ながら毎月配信、というような形ではなく、 2019年 現在は不定期での配信になっています。 以前は偶数月に決まって配信される、という形を取っていましたが、これは労力もかなり掛かると思いますので仕方のない部分ですね。 現在は基本的に 新作の発売日が決まった際の告知や、開発が進んでいるゲーム内容の紹介、といった形になる事が多いといえるでしょう。 この番組で初めて情報が公開される、というタイトルも珍しくないので、ニンテンドーダイレクト配信時には様々なユーザーが注目する事になります。 最近のニンテンドーダイレクトで記憶に新しいのは、やはり 複数回に渡って紹介された「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」関連でしょうか。 このように、 総合番組的な内容ではなく、 期待のタイトル1つに焦点を当てた、単独の内容となる事も多いのも特徴の一つと言えるかもしれません。 何にせよ、 海外のリーク情報、といった不確定な内容の物ではなく、 信頼できる情報を公式が発信してくれる、というのは非常にありがたいですね。 今後も、ニンテンドーダイレクトでの情報公開は見逃せない内容になる事が多いのでは、と思いますので、配信時には注目していきたいですね。 nintendo. jp さて、そんな内容が盛りだくさんになる事が多い情報番組「ニンテンドーダイレクト」ですが、上でも書いた通り 現在は不定期での配信。 必ず決まったタイミングで配信される、という事は少なくなっているので、 今か今か、と待ちわびているというユーザーも多いでしょう。 ニンテンドーダイレクトの 配信告知に関しては、大体配信日の 3~4日ほど前、とそれほど前もって告知する、というわけではありません。 まぁ、これに関してはあくまでゲームの宣伝及び内容の紹介等がメインの情報番組ですので、仕方のない部分もあると思います。 そして現在、 ニンテンドーダイレクトの最後の配信日は2018年11月、スマブラSP発売前の配信が最後、という状態になっています。 2019年、新年明けてすぐのゲームラッシュには任天堂はあまり関与していないので仕方のない部分ではありますが、そろそろ配信時期が来るのではと思います。 そろそろ何か新情報が、とやきもきしているユーザーも多い事と思いますので、今回の記事では 配信日の予想なども書いていきたいと思います。 とはいっても、あくまで配信日や内容についての予想に関しては、何となく、推測したらこんな感じでは、といったふわっとした内容になるでしょう。 これまでの ニンテンドーダイレクトでは、1月に配信される事もそこそこ多かっただけに、今年はなかった、というのが気になっている人も多いようですね。 筆者の推測ではありますが、あくまで情報番組、という事で 現時点ではまだ発表できるほどの情報がない、という事も考えられます。 とはいえ、流石に新年が明けてもずっと新情報なし、というのは考えづらいので、やはり 配信日の予想は遅くても3月中旬頃といった感じになるのではないでしょうか。 3月の下旬には注目されているタイトルの発売もありますので、 早ければ2月の終わり頃などには配信される可能性もあるでしょう。 2019年の内4分の1が終了してもまだ何も情報が発表されない、という事は確実にありえないと思いますので、 4月に食い込む事は考えづらいですね。 また、配信の予定が現在ないのは、 先日情報が発表され驚かれた 「メトロイドプライム4」の「開発体制のリセット」といった状況なども関係があるかもしれません。 やはり ゲーム開発の状況次第では 出せる情報、出せない情報と色々複雑な事情もありそうなので、この辺りは仕方のない部分ですね。 この番組自体を楽しみにしている、というユーザーもかなり多そうなので、できれば定期的に配信をして欲しい所ですが、こればかりは我慢。 新たなソフトの情報や、 アッと驚くようなサプライズ情報に期待しつつ、次の配信日が告知されるのを楽しみに待ちましょう。 nintendo. jp さて、今回の記事の〆として、 次回のニンテンドーダイレクト配信時に紹介、及び情報が公開されそうなタイトルについて予想を立てていきたいと思います。 勿論、あくまでこれは発売スケジュールなどから推測した物で、 実際にこうなる!とは断言できる物ではありませんので注意。 筆者の願望も多少なり反映されている所がありますので、その点に関しては話半分ぐらいで見ておいて頂ければ幸いです。 というわけで、次回ニンテンドーダイレクトで情報が出そうなゲームタイトル予想は、以下のようになりました。 nintendo. jp これは大本命、というわけでもないのですが、 まだ公開されていない DLCについての情報が新たに出る可能性はそこそこ高いのではないかと思います。 先日公開された第1弾キャラクター「ジョーカー」が実際に動いている映像などが見れる可能性もなくはない、といった所ではないでしょうか。 nintendo. jp こちらは 3月29日に発売日が決定している、マリオシリーズの人気キャラ「ヨッシー」を主人公としたアクションゲームですね。 空き箱や紙コップなどで出来た工作の世界を冒険する、というなんともファンシーな設定、 配信が発売日前に行われるなら紹介される可能性は大。 nintendo. jp こちらも任天堂といえばこれ、という人気シリーズ「ファイアーエムブレム」の最新作、発売予定などはまだ発表されていないタイトルです。 とはいえ、 発表からそれなりに経過している事もあり、そろそろ何かしらの新情報が来てもおかしくないので、次のダイレクトに期待といった所です。 自由自在にカスタマイズできる点など、 アーマード・コアファンにはたまらない内容。 こちらもまだ新情報などは公開されていませんので、ぜひ ニンテンドーダイレクト内で続報を期待したいタイトルの一つではないでしょうか。 と、とりあえず予想としてはこんな所ではないかと思います、 勿論これ以外にも続報がありそうなタイトルは複数あると思います。 また、ニンテンドーダイレクト内で新たに発表されるタイトル、なども普通にありえますので 、やはり 実際に配信されるのが楽しみですね! 特に、発売以降、未だに遊び続けている人が多いであろう 「スマブラSP」は、DLCの情報がまだまだ控えている状態です。 これに限らず 情報公開が待ち遠しいタイトルも非常に多いので、 2019年もニンテンドーダイレクトの配信には注目していきましょう。 ニンテンドーダイレクト2019予想まとめ• 任天堂発信の情報番組! 新情報など多数!• 次回配信時期は 2月下旬から3月頃?• 新作タイトルや スマブラDLCなどの情報があるかも! 公式が発信する情報番組は最近ではそこまで珍しくもなくなった印象がありますが、ニンテンドーダイレクトの濃密さは中々ですよね。 配信される度に何かしら大きな話題が出ますので、配信告知などには気を配って、最新情報を見逃さないように注意したいですね。

次の

【最新リーク】ニンテンドーダイレクトは1月11日!? さらにポケモン最新作などニンテンドースイッチのソフト情報が発表されるとの噂

ニンテンドーダイレクト 予想

皆さんこんにちは、のです。 というの事は皆存知かと思いますが、 今回は「」として、 このの「ニンテンドーダイレクト」のからお送りしています。 「」ですから、いつもとは趣向を変えて、ニンテンドーダイレクトとはどういうものなのか、 どういったを持っているのか、などについての知識を、 でをご覧の皆さんに、 \直接!/ お伝えします。 どうぞ最後までよろしくお願い致します。 まずは、ニンテンドーダイレクトのおおよそのについての説明です。 の方々に用意していただいた記事がありますので、そちらをご覧ください。 概要 の社員が案内人として登場し、通りにのやに関する新などを発信する番組。 ()は「ニンダイ」「任直」など。 なお、初代プレゼンターである元がご存命の時には、自ら 直 接 お届けしていた。 にが開催してきたスでの講演にも似た、数十分間に及ぶプレゼンテーションの録画放送を行った後、関連や新たなを後でめて放送、配信するという形をとっている。 発表内容は全に向けてのものであるが多く、現地の言葉にでされたの配信や、を始めとしたの支社のOがプレゼンを行ったりしている。 元がご存命の時には、自らの言葉でで 直 接 伝えることもしばしばあった。 の配信から放送内容を大幅にし、の社員は案内役として冒頭や合間、に登場するのみにとどまり、別途によるの上げという形になった。 のほか、 と で視聴可。 (はの限定で閲覧できる)配信されたはや、のでも閲覧できる。 やで配信されている『』を利用すれば、やを通じてやでも視聴が可。 伝えられるはにのの続報、を先行開するなどだが、ニンテンドーダイレクトで初開されたも数多く存在する。 また、発表の順序や形式は回によって大きく変わり、これといった性も見受けられない。 かつては で連載している「」がプレゼン中に行われたり、と飛び入りによるな劇が披露されるなど、実際に観てみるまで 何があるかはほぼ予測なが飛び出すことがあった。 番組の告知はにや トゥイッターので行われる。 放映中に発表されたはほぼで トゥイッターでも トゥイートされる。 第3回ニンテンドーダイレクトからはの「いつの間に交換」を用いた告知も行っている。 の「いつの間に交換」の停止に伴い、この告知も行われなくなった。 の配信は他にもあるのだけにを絞ってを発信するや、小規模にはなるものの較的重要性が高くないと思われる新を少しだけ発信する「ちょっと NintendoDirect(:ちょっと)」も行なっている。 に関しては、通常のとは違いこれといった告知もなく配信される事が多い。 また、こちらの配信は本人が登場する機会はあまりなく、代わりに が登場しプレゼンしていた。 プレゼンターの歴史 先述の通り、プレゼンターは当初は が担当。 を自ら 直 接 伝える動きが活発となったが、のから新たに広報室の がプレゼンターの役割を引き継いだ。 氏の死去後も氏のプレゼンによる配信は何回か行われたが、からの番組内容のに伴い 氏が案内人を担当。 その後は時折 氏と交互に案内人を担当する。 ちなみに 番組が始まったきっかけはに開催されたスを上で生中継した事にある。 でも配信されたこの中継のが思いの外多く、反応も上々だったため、「 スで伝えきれないをに直接お届けする」という試みの元、この番組が開始されたとの事。 以後は好評を受けて定期的に放送されている。 社内の開発室などで行われるもあり、社内をで見る事ができる重な機会でもある。 プレゼンではその番組名称にも示されている「 直接」という言葉が決まり文句となっており、がこの言葉を口にする際は、毎回必ずと言っていい程「 ピンと立てた両手を顔の前で向かい合わせて前方に突き出す」という独特のポーグを見せる。 最近ではそのポーグと同時にの SEが鳴ったりが付けられたりする事もあり、 発表するに応じての七変化を遂げる自身も相まって全にの持ちと化している節がある。 に開催されたによると、 1週間で万人とか人規模の閲覧数があるらしく、 ・専門誌などと並ぶ向けの新たなマーケング手段として、「 一定のを割いて続けていく価値が十二分に」あると社内で評価されている。 にあるNintendo Directでは「Dct」がを記録し、その認知度はに詳しいだけでなく一般にも広まりつつある。 ここからは、に行われたニンテンドーダイレクトのやについてお伝えします。 ににされたや、 で放送されたなどを紹介していきますが、 どのはの「」のでも視聴する事が出来ます。 ただしこれらのは、配信当時の最新をお伝えする的で作られていますので、 新たにニンテンドーダイレクトを放送する際は、のを予告なくする場合があります。 予めご了承ください。 この記事のとあるさんも、のプレゼンテーションを参考にしようとしたら、 既にがされてしまっていた、という出来事に遭遇したとお聞きしています。 また、これまでの向けニンテンドーダイレクトでは、開発者の方が出るとき以外はずっと一人で紹介をしてきました。 ただ、が毎回すべてのを紹介するやり方を、今後も漫然と続けていていいのかとという問題意識もあって、のから新たに、広報室の「」に私の名で、私に代わってやってもらうことになりました。 広報室のです。 からご名を受けて、かなり気が動転していますが、これからさんに代わって、からのを (:せーの) \直接!/お届けしていきます。 どうぞよろしくお願いします。 それではさん、後はよろしくお願いします。 それではめまして、 に行われたニンテンドーダイレクトのやを、 順にご紹介致します。 ご覧ください。 5 日時 備考 Nintendo Direct: 9 9. 12 Nintendo Direct(第回) 9. 14 Nintendo Direct(第回) 8. 14 Nintendo Direct: 8 8. 13 Nintendo Direct(第回) 8. 9 Nintendo Direct(第20回) 7. 14 Nintendo Direct(第19回) 7. 13 、氏が案内人に交代 Dct (第3回) 6. 1 Nintendo Direct (第18回) 6. 4 Nintendo Direct (第回) 5. 13 Nintendo Direct (第16回) 5. Nintendo Direct (第15回) 5. 2 プレゼンターが氏に交代 Nintendo Direct (第14回) 5. 14 Nintendo Direct (第13回) 4. 6 Dct (第2回) 4. 29 Dct her 4. 11 Nintendo Direct (第12回) 4. 14 Nintendo Direct (第11回) 3. 18 Nintendo Direct (第10回) 3. 1 Nintendo Direct (第9回) 3. 7 Nintendo Direct 3 3. Nintendo Direct 2 3. Dct (第1回) 3. Dct 3. 14 Dct 3. 生 Dct 2. 6 から配信 発売直前紹介 2. 5 Nintendo Direct (第7回) 2. 本社・ム から配信 発売に関するプレゼンテーション 2. 13 Pw Nintendo Direct (第6回) 2. 29 ・五山のの前 から配信 Nintendo Direct (第5回) 2. 本社・ム から配信 プレ 2. 4 本社・7階室 から配信 Nintendo Direct (第4回) 2. 本社・ム から配信 Nintendo Direct (第3回) 2. 本社・地下 から配信 Nintendo Direct (第2回) 1. 27 本社・ムから配信 Nintendo Direct (第1回) 1. いかがでしたでしょうか。 ニンテンドーダイレクトはこれからも、皆様にの最新を 直 接お伝えする場として、 の皆さんのご期待に応えられるように努して参ります。 新たなニンテンドーダイレクトをいつ配信するのかについては、や、で随時お知らせいたしますので、そちらもご覧いただければと思います。 また、この記事でも新たなニンテンドーダイレクトのが入り次第、記事のさんが、この記事をして、皆さんへお知していただける、とお伺いしています。 こちらも併せてご覧ください。 今回のプレゼンテーションは以上になりますが、 この後引き続き、及びの紹介を続けてご覧頂けるようにしますので、 お時間のある方はぜひご覧下さい。 本日もお付き合い頂き、。 関連商品 関連項目•

次の

次のニンテンドーダイレクトはいつ?発表内容の予想まとめ!

ニンテンドーダイレクト 予想

そして残るがニンテンドーダイレクト。 2019年に発売されるNintendo Switchのゲームソフトを紹介するとのことで、「どうぶつの森最新作の情報があるのでは?」 と期待しています。 タイトルの発表があるかもしれませんね。 (PR) とびだせどうぶつの森から何年も経過しました。 そろそろ最新作を遊びたくなってきている「森ユーザー」の方も多いのではないでしょうか? 後はポケモン剣盾も何かしらの発表があるでしょうし、夏に発売されるファイアーエムブレム最新作の「風花雪月」の情報もありそうです。 特に「どうぶつの森」新作は今まで「2019年に発売予定」ということしか発表されていませんので、発売日やタイトルの発表が期待されています。 タイトルは以前予想した2つに近いものになるかな?と思いますが、さてどうなるか。 >> ポケモンが11月か12月だとすると。。。 秋に発売してくれるかも?と期待していますが、今のところ情報としてはポケモンの方が進んでいる感触があるので、 「どうぶつの森」新作はポケモン剣盾の後になってしまうのかもしれません。 個人的にはポケモン剣盾と「新作どうぶつの森」は「発売日は9月・11月」か「10月・12月の発売」を予想しています。 何となく、どうぶつの森はいつも冬からスタートしているイメージがあるので、11月・12月が発売日になる可能性もあるでしょうか。

次の