まつり や。 祭り(まつり)とは

回転寿司 まつりや、札幌、十勝、釧路、道内8店舗 新鮮なネタが美味しい

まつり や

紹介動画 日清焼そばU. 業務内容はの管理やの為の仕事。 ・・・なのだが、機械化が進んだ現代において秋はさほど人気がなく、他の季節と比べて明らかに賽銭の量が少ないため、その増額の為に上司の家宅六神の命令により、人間界にやって来た。 2019年5月27日よりに所属。 見かけこそに大胆にを露出させたが目を引くな美女だが、 かなりの。 行きつけの屋台では ほぼ毎回のように吐いており、そのたびにそこの店主からあきれられている他、吐くことを動画の落ちにもっていくことも少なくない。 関連タグ :Balusの同僚。 :Balusの同僚。 :Balusの同僚。 :声質がよく似ている。 外部リンク 関連記事 親記事.

次の

高槻まつり

まつり や

の 前祭山鉾 御池通巡行/2017年7月17日撮影。 原初的形態 [ ] 祭祀・祭礼の形は、世界各地で多様な形を示す。 そして、原初の祭は、一つのに基づいていたと考えられる。 すなわち、 への感謝・祈りであり、の『』では、生命のを通して考察された。 においては、が古いものであるが、その他にもに動物のを捧げる形式があり、ともに命によって豊穣を得られる信仰が窺える。 『金枝篇』に載せられている例でいえば、ヨーロッパのキリスト教以前の色を濃く留めているの一つで、収穫した穀物を使い状のパンまたはクッキー(人体の象徴)を作り、分割する祭礼があり、との類似が指摘できる。 ・などのにも祭礼がみられるが、より・によるところが大きい点で、祭の要素は、本質的に民族宗教に顕著であるともいえる。 狩猟民族でも、獲物を捧げ豊猟を祈願する儀礼がみられる(など)。 また、先にも述べたが、キリスト教のやで行われているのように、キリスト教・仏教などの世界宗教に基づく祭りもある。 一方、のなどのように、世界宗教以前の信仰に基づくものや世界宗教が伝来した各地でした形で伝わっている事例もある。 日本語の「まつり」の語源と原義 [ ] 「まつり」という言葉は「祀る」の名詞形で、本来は神を祀ること、またはその儀式を指すものである。 この意味では、個人がそういった儀式に参加することも「まつり」であり、現在でも地鎮祭、祈願祭などの祭がそれにあたる。 日本は古代において、祭祀を司る者と政治を司る者が一致した祭政一致の体制であったため、政治のことを政(まつりごと)とも呼ぶ。 また、祭祀の際には、神霊に対して供物や行為等、様々なものが奉げられ、儀式が行われる。 その規模が大きく、地域を挙げて行われているような行事の全体を指して「祭」と呼ぶこともある。 しかし宗教への関心の薄れなどから、祭祀に伴う賑やかな行事の方のみについて「祭」と認識される場合もあり、元から祭祀と関係なく行われる賑やかな催事、イベントについて「祭」と称されることもある。 「まつり」や「まつる」というが先であり、その後、の流入により「祭り」・「奉り」・「祀り」・「政り」・「纏り」などの文字が充てられた。 現在は「祭りと祀り」が同義で「祀りと奉り」が同義ともいわれるが、漢字の由来とともに意味も分かれているので下記に記す。 「 祀り」は、・(みこと)に祈ること、またはその儀式を指すものである。 これは祀りが、祈りに通じることからやそれに順ずる者(・やの矢取り)などが行う「」や「神との交信の結果としての」などであり、いわゆる「」の本質としての祀りでもある。 この祀りは(かぐら)などののやなどのやなどであり、広く親しまれるものとしてなどがある。 その起源はなどの日本の民間信仰にもあり、古くは神和ぎ()といい「そこに宿るやが、 荒ぶる神にならぬよう」にと祈ることであり、それらが、ややややとしてのや、手を合わせ日々の感謝を祈ることであり、また神社神道のにて祈願祈念することも同様である。 「 祭り」は・・・(みたま)を慰めるもの(慰霊)である。 「祭」は、の本来の意味においてのこと [ ]であり、現在のとでは祭りは正反対の意味と捉えられているが、慰霊という点に着眼すれば本質的な部分では同じ意味でもある。 の本質の一つでもあるが、と習合()して現在に伝わるものとして、(純粋な仏教行事としてはを奉るがあり、同時期におこなわれる)があり、辞書の説明では先祖崇拝の祭りと記載されている。 といわれる祭りが、日本各地の津々浦々で行われているが、それらは、鯨突き()によって命を落としたを慰霊するための祭りである。 「 奉り」は、奉る(たてまつる)とも読み。 献上や召し上げる・上に見るなどの意味もあり、一般的な捉え方として、の人格神(人の肖像と人と同じような心を持つ日本創世の神々)ややに対する行為をさし、これは、神社神道の賽神の多くが人格神でもあるが、に本質がある「(みこと)」に対する謙譲の精神を内包した「まつり」である。 その起源は、自然崇拝であるにまで遡り、日本神話のにあるように(古くはも釣針も一つの概念であった)やは、(さち)といい神に(海の幸山の幸)を「奉げる」神聖な(いさり)・(かり)の(えもの・や神聖な)であった。 古くからやは、(えもの)を獲る(える)と神々の取り分として、やにそのの一部を還した。 このような行いは、漁師や猟師だけに限らず、その他のに係わる(なりわい)から、現在のやなど職業としての神事や、各地域の「おまつり」にもあり、やでも(おみき)や(おこめ)が大地に還される。 「 政り」については、日本はからのや社会である、いわゆる古神道おいて、祭祀を司る者(まつり)とを司る者(まつり)は、同じ意味であり、この二つの「まつり」が一致したといわれるものであったため、政治のことを政(まつりごと)とも呼んだ。 古くはなども祭礼を司る巫女やであり、祈祷や占いによって執政したといわれ、平安時代には神職がのを取り込みとという思想と役職を得てとして大きな勢力を持ちした。 またこうした政と祭りに一致はに限らず、地方ややでも、その年のを占う祭りや、としての祭りが行われ、「としての政」に対し資金調達や、吉凶の結果によるの実施の時期の決定や執政の指針とした。 なお、日本の祭についてで紹介する場合、「」・「リチュアル」・「」がそれぞれ内容に応じてとして用いられる。 祭祀と祭礼 [ ] 祭祀と祭礼に厳密な区分はなく、便宜的な区分である。 「まつり」は、超自然的存在への様式化された行為である。 祈願、感謝、謝罪、崇敬、帰依、服従の意思を伝え、意義を確認するために行われた(祭祀の段階)。 祭祀は定期的に行われるとは限らないが、年中行事や通過儀礼と関連して定期的に行われるものが多い。 このことによって、「まつり」は、日常生活のサイクルと深く結びつき、でいう「」のサイクルのなかの「ハレ(非日常性)」の空間・時間を象徴するものとなった。 社会的に見れば、共同体全体によって行われ、共同体統合の儀礼として機能した(祭礼の第一段階)。 共同体が崩壊し、都市が出現すると、都市民の統合の儀礼としての機能を強め、宗教的意味は建前となり、山車の曳行や芸能の披露といった娯楽性が追求されるようになった。 「まつり」を行う者と、「まつり」を鑑賞する者の分化が生じた(祭礼の第二段階)。 大衆統合としての機能と娯楽性のさらなる追求の結果、元来の宗教的意味は、忘却され、あるいは機能を喪失し、世俗的な催事としての「まつり」が登場した。 例えばも本来は神道としての奉納の祭りであり、神事でもあるが、宗教への関心の薄れなどから、大相撲のように「神事や祭礼としての祭りである」ことが忘れられたり、祭祀に伴う賑やかな行事の方のみについて「祭」と認識される場合もあり、元から祭祀と関係なく行われる賑やかなについて「祭」と呼ばれることもある。 規模が大きく、地域を挙げて行われているような行事の全体を指して「祭」と呼ぶこともある。 建築祭礼 [ ] (昭和56年)にが設立され、現在も京都、奈良において番匠(位の高い大工)による秘儀、建築祭礼の秘伝の伝承、継承は続いており、現在でも、などの造営では、番匠棟上槌打という建築祭礼、建築儀式が行われている。 朝廷や幾内を中心とする社寺に属した技術者が陰陽道の知識を深く保持し、特に法隆寺や四天王寺などに属した大工は、流派を形成し、その技術と知識は秘伝として口伝にて継承していたと建築史学者が文献に記載している。 陰陽道として、、、と深く関わっており、建築儀礼、及び祭祀において、建物やその住まい手の繁栄を祈願する儀式、がおこなわれてきた。 祭祀 [ ] それぞれの地域・宗教における祭祀の詳細は、各項目を参照 祭祀・祭典はあらゆる地域・文化・宗教において行われている。 ここでは一般的な事項や特徴的な具体例について記述する。 神道 [ ] 「」、「」、および「」も参照 ただしキリスト教においても、にはクリスマス・パーティ、にはキリストの道行きを再現するパレード、には卵探しなどのイースター・パーティーが行われるなど、祭の局面は礼拝・儀礼・祈祷に限定されない。 においては、が解かれた後の祭(降誕祭や復活大祭など)に御馳走を用意してこれを皆で食べるパーティを行ったり、と呼ばれる行進を街中で行ったりする習慣もある。 復活祭・降誕祭などの重要な祭日名をはじめとして、・などの表現にも「祭」の概念・表現がみられる。 中においても、・の両方に「祭」の翻訳がなされている。 ただし、のでは「祭」と表記されているが、においては「祭り」と表記されている。 (ギリシャ正教)の一員たるは、日常用語においても各種著作物においても、「祭」(まつり)もしくは「お祭」(おまつり)との言葉を単独で使う事を全く避けない。 祭と(ものいみ)、祭日(さいじつ)と斎日(ものいみび)というように、喜ばしい時(祭)と、自らを喜ばしい時に備える時(斎)とを対比させるリズムは正教会の伝統に組み込まれて日常生活の規範となっており、これを説明する際に「祭」の語・概念が多用される。 代表的な例として、正教会で最大の祭であると、それに自らを備える期間である(おおものいみ)がある。 同様のリズムの伝統は正教会に限らず、(・など)においてもとの形などにみられる。 しかしながら殆どのにおいては、日常用語として「祭」(まつり)という言葉は単独ではあまり用いられない傾向がある。 「祭」の語を単独で用いる傾向が強いのは一部の例外を除き、殆ど日本正教会のみとなっている。 イスラーム [ ] /(1945年)からの復興祈願を起源とする。 大花火大会では、(2004年)の翌年以降、災害からの復興を祈願する「復興祈願花火フェニックス」も打ち上げられるようになった。 それぞれの地域・宗教における祭礼の詳細は、各項目を参照• 祭礼・祝祭はあらゆる地域・文化・宗教において行われている。 ここでは一般的な事項や特徴的な具体例について記述する。 日本の祭礼 [ ] 日本の祭礼は、神道系に分類されるものが多いが、色の強いものも多く、やなど渡来の習俗の影響を受けているものも多い。 現在一般的な意味での祭は、神社や寺院をその主体または舞台として行われることが多い。 その目的や意義は、の「五穀豊穣」を始め、「大漁追福」、「商売繁盛」、「疫病退散」、「無病息災」、「家内安全」、「安寧長寿」、「夫婦円満」、「子孫繁栄」、「祖先崇拝」、「豊楽万民」、「天下泰平」などを招福祈願、厄除祈念として行われるもの、またはそれらの成就に感謝して行われるもの、などの年中行事が発展して行われているもの、偉人の霊を慰めるために行われるものなど様々である。 その目的により開催時期や行事の内容は多種多様なものとなっている。 また同じ目的、祭神の祭りであっても、祭祀の様式や趣向または伝統などが、地方・地域ごとに大きく異なる場合も多い。 祭の目的が時代の変化によって参加者達の利害とは離れてしまったものも多く、行事の内容も社会環境の変化等により変更を余儀なくされた祭もある。 それらの結果、祭を行うことそのものが目的に成り代わっているような、目的から考えると形骸化した状況の祭も多い。 このため、全くの部外者や、見物する者や参加する者という当事者にとっても「祭=楽しいイベント(お祭り騒ぎ)」という程度の認識しか持たれないことが多く、祭のために仕事を休むということは、例えばのためにということなどと比べると遥かに理解が得られにくい状況にある。 一般的に神社における祭礼には、(神様の乗り物)をはじめとして・・などのなどが出されることが多く、これらは地方によってのとみなされる場合や、または神輿を先導するの役目を持って町内を練り歩き、それをもてなす意味で沿道では賑やかな催しが行われる。 また、伝統などの違いにより例外もあるが、多くの祭りにおいては工夫を凝らした美しい衣装や、を施して、、、、、等により氏子が祭礼に参加することも多い。 今日では世俗化も進んでいるが、今なお祭の時はによって人間関係の疎遠になった地域住民の心を一体化する作用がある。 変わりないの中に非日常の空間を演出することによって、人々は意味を実感する営みを続けてきたのである。 基本的にとしての祭りは厳粛な場面と賑やかな場面の二面性を持ち、厳粛な場面では人々は日常よりも厳しく、伝統や秩序を守ることを要求される。 しかし一方で、日常では許されないような秩序や常識を超えた行為(一丁、男性の等)も、「この祭礼の期間にだけは」伝統的に許されると認識する地方が多く、そのため賑やかな場面を指して「お祭り騒ぎ」などの言葉が派生している。 の影響を受けたの色が濃いものとしては土着のやの性を帯びたを取り入れたがあり、習合したに繋がる。 また、神事から発達した・などがなど後の日本中世を形作る素地となった。 祭りの呼称 「祭」は様々な種類のものが各地で行われているため、あるで祭と言っても、どこのどの祭を指しているのか判断しにくい。 このような場合、その祭が行われる地域名と、祭礼の行事の内容や、出し物の名前を指す名称を、組み合わせた名前で呼ばれることが多い。 世界各国の祭り [ ] 宗教的な祭祀・祭典に付随して、賑やかな催事が行われるのは、古代より現代まで世界各地でみられることである。 仏教各宗派共通で行われているものとしては、、、がある。 やは、日本でもよく知られるキリスト教文化圏の祭礼である。 クリスマスは世俗化して、イベント化している。 はキリスト教文化圏を中心に祝われるが、キリスト教とは直接関係がなく、欧州のに起源を持つ的な祭りである。 キリスト教文化圏の祭礼。 世界各地で様々なスタイルで行われる。 - その他の宗教的な祭りや商業的な催しもの。 伝統的では、ないものも含め世界各地で様々なスタイルで行われる。 観念や日本のとしては「催しもの」といったほうが近い。 インドネシアでは、による大規模な葬祭が知られ、との関連も指摘される。 古代ギリシャではのための「」が存在し、を上演する祭典となっていた。 も参照。 も、ギリシャの神々に捧げる祭典に伴う行事が起源である。 慣用例に基づいた催事 [ ] 宗教的意義を失ったクリスマスの一例 祭礼・祭典の賑やかな様子から、「お祭り騒ぎ」という慣用句が生まれ、何かが賑やかな状態や喧騒や喧々囂々などの状態になっているのを例えてた態様表現がある。 宗教的祭礼・祭典であったものが次第に世俗化して宗教的意義を失った(弱まった)ものや、古来からの宗教的意義がないもの。 この場合は祭礼と明確に区別をするため、「-祭り」「-まつり」と表記されている場合がある。 まつり、俗に「-フェスティバル」「-まつり」 例として、や、、、。 また、やで行われるまつり。 で行われる祭り。 文化施設においてのまつり 、など。 芸術分野に関する祭り () 例:、、• 学生による祭り 例:、、各教育機関(、、など)の祭り• その他の転用例 [ ]• 一部ので、特定のスレッドが異常な盛り上がりを見せ、流れが通常よりも速くなっている状態を (お)祭りという。 その他のインターネットスラングとしての「祭り」はといわれるものがあり、特定の団体や個人によるや不穏当発言などに対する、中傷や非難や批判が多いが、(祭り上げられる)といった悪意の、または社会に対する不安や批判などの発露であり、それに呼応したり尻馬に乗るなどのや、一家言を持つ人々がインターネット上の様々な場所で、意見や議論を拡散・増大させ、いわゆるネット上の「祭り」といわれる状態に更になっていく様をいう。 魚釣り 隣り合った人の、仕掛け、糸などが絡まることをお祭りという。 他人の糸、仕掛けに関係なく自分自身の糸、仕掛けがからまってしまう事を手前祭りという。 子作り・子宝 を指す例え。 のの一節や(やなぎだると読み、とも表記する)という(巷から集めた)の書籍のなかに「祭り」を男女の性行為の例えとして用いている表現がある。 またにおいては、・信仰と言われるものがあり、子作りは、新しいの誕生の場であるところから、性行為を「祭り」と言うようになったともいわれる。 古神道には、(とこよ)と(うつしよ)という世界観があり、常世はや神の国をあらわすが、一説には常世は床世(床は性行為の意味もある)であり、性行為は神域で行われる(若しくは神域へ誘う)神聖なものとする考え方がある。 季語 [ ] としての 祭(まつり)は、の季語(三夏の季語)である。 季語「祭」の は、によって13年()に刊行された論書『』(「花火草」「嚔草」とも記す)においてであった。 すなわち、初期の、史上初めて印刷公刊された俳諧の式目・作法の書に記載された。 季語・季題の世界で、単に「祭」といえば、・・などといった部ので執り行われる夏祭を指す。 古来、夏はが発生しやすく、それをもたらす元凶と信じられていたを鎮めたり祓ったりすることは人々の切実な願いであり 、その思いを籠めて行うのが夏祭であった。 災禍を遠ざけてくれる神様が降臨するのは夜と考えられていたため、祭はたいてい宵宮から始められる。 このような習俗を背景として、夏は祭の、夏の祭は夜行われるもの、そしてまた「祭」といえば第一に夏祭を指すようになった。 俳諧・の世界でもそれに伴い、「祭」は「夏祭」を意味する季語となり 、一方で、の祭は「」、の祭は「」と、季節名を冠することで季語として用いられるようになった。 あるいはまた、依って立つが日本古来の祭と全く異なる日本国外の祭を対象として季語「祭」を用いることも、これを認めないという考え方は、少なくとも一般的でない。 『草の丈』所収 ) 「祭」を親季語とする子季語 は多様で数も多い。 (なつまつり)、 (みこし)、 (とぎょ。 意:祭礼の際の、神輿のお出まし。 神輿が進むこと)、 (だし)、 祭太鼓(まつりたいこ)、 祭笛(まつりぶえ)、 宵宮(よいみや、よみや。 :よひみや、よみや。 意:本祭の前夜に行う祭)、 宵祭(よいまつり。 歴史的仮名遣:よひまつり。 意:宵宮と同義)、 陰祭(かげまつり。 意:本祭が隔年で行われる場合の、例祭の無い年に行われる簡略な祭)、 本祭(ほんまつり。 意:宵祭・陰祭に対して、本式に行う祭。 のこと)、 (たるみこし。 意:の空きを神輿に仕立てたもの)、 (まつりばやし)、 祭提燈(まつりじょうちん)、 祭衣(まつりごろも。 意:祭りの)、 祭舟(まつりぶね。 意:祭りで使う)。

次の

「松山・野球拳オンラインまつり」開催へ 松山まつり中止受け市内有志らが企画

まつり や

大きなとが特徴的な19歳のお姫様アイドル。 一人称は基本的に「まつり」「姫」「まつり姫」。 口癖は「」であり、純粋な疑問以外にも「わんだほー」「びゅーりほー」「はいほー!」などの使い方も。 ふわふわとした独特の雰囲気を持ち、やなど、基本的に年上の相手には「さん」付けするアイドル達からも「まつりちゃん」と呼ばれている。 「まつり、少し喉が渇いたのです。 …ね?」等のおねだりをよく用いるのも特徴。 そんなふわふわした雰囲気の反面、運動神経が秀でており、真や海美とタメを張るかそれ以上のフィジカルを持つ。 さらに洞察力も優れており、周りに対して非常に気が利く。 劇場のメンバーが悩んでいるとき、助け舟としてアドバイスし、解決へ導くということもいっぱいある。 とても素敵なお姉さんである。 時たま一人称が「私」になったり、「~です」の語尾ではない普通のしゃべり方になったりすることがあり、気を許した相手には、「姫」としてのまつりではない姿を見せてくれる描写もある。 大切な妹がいる様で、この性格はそこに関係あるのかもしれない。 彼女の好きなものから由来して、自らをと名乗る担当プロデューサーもいるとかいないとか。 では イベント「風雲!アイドルキャッスル!」では城主役を務めた。 まだ、イベント「激闘!NAMCOアイドルフェス2013」では、姫なのでスポーツはよく判らないと言いながら、無回転シュートを放ちを決める活躍を見せた。 さらには「大激闘!765プロ!」でも軽々とを決めてみたりトリプルプレーを出してみたりとプロ選手も真っ青な活躍をしている。 いったい何者なのか…。 最近になって裏で結構練習していることがわかり、身体能力だけでなくそれなりの努力があってのものである。 まつり本人はそれを隠したがっているのだが…。 まつりの表情もさることながら、後ろのやの黒い顔や、マシュマロ好きというプロフィールを揺るがすセリフ、今まで無敵キャラを保ってきたまつりに遂に訪れたピンチな状況も相まって、凄まじいインパクトを与え、のトレンドワードにもまつりの名が挙がった。 ただし美奈子とのり子に悪気があるわけではない。 これを期に過去のまつりの発言を見直したP達は、「まつりがいつも他人にマシュマロを食べさせるばかりで自分では食べていない」という2年越しの伏線に気付く事になる…。 これだけだとネタにしか見えないが、「本当はマシュマロ嫌いなんじゃ、ムリしない方が…」と心配するに対し、まつり本人はあくまでも「フワフワでニコニコ」という自身のキャラを押し通そうとする。 「 姫だから信じているみんなをがっかりさせるわけにはいかない」「 最後まで貫き通せば、嘘じゃなくて本当になる」というような言葉には、まつり自身の矜持を感じ取れるかもしれない。 覚醒後はどうやらなんとか食べきったらしく だが涙目である 、テレビの前にみんなに好き嫌いは良くないと訴えた。 実家ではを飼える事から、それなりの土地を所有しているようで、実はお嬢様の可能性もある。 また、「 徳川」という姓を自ら出したがらないところがあり、特に自己紹介セリフでは、 「ほ? まつりの苗字? そんなのどうでもよいのです。 まつりはまつりなのですから。 」 というセリフが存在し、実際サインにも「徳川」という要素はない。 しかし、R「メルヘン大砲」では徳川家康の武装をモチーフとした衣装を身にまとってキメ顔をしていたり、イベント「絢爛!ゴールデンキャッスルライブ」ではその衣装を着用し、SR「天下無双アイドル! 田中琴葉」で笑顔を振りまいていることから、特別忌み嫌っているわけでもなさそうである。 では 以下開催終了済みのイベントコミュ等のネタバレ注意! 属性が新たに「Princess」、「Fairy」、「Angel」の3つに分かれ、まつりは「Princess」に属することに。 流石まつり姫。 いっぽう「お姫ちん」ことはFairyに所属することとなった。 「徳川」という名字は相変わらずほぼ名乗らないものの、メモリアルコミュ1で自己紹介するときには普通に「徳川まつり」と名乗り、「名字なんかどうでもいいのです」といった旨の発言もしない。 だがCleaskyのドラマでは「まつり先生」と呼ばせる。 また出身地が愛知県とプロフィールに表記された。 三河は徳川氏というか松平氏の創業の地、名古屋周辺は江戸時代には尾張徳川家が治めていた。 そのあたりの関連性も強まったといえる。 ちなみに担当声優の氏も愛知県出身。 さらにまつりが765プロに所属することとなったいきさつが「オーディションで合格した」という形で明確となった。 余談だが、アニメ「アイドルマスター」の劇場版「輝きの向こう側へ!」では、オーディションの順番を待っているまつりがチラッと写っている。 あとはそれほどGREE版とは変わらず、ふわふわな雰囲気とわんだほー!なアピールを忘れず、アイドルとして日々振る舞う様子が描かれている。 実は「」のイベントコミュ第4話にてということが判明し、制服シリーズも大学生組の衣装で排出されることとなった。 メインコミュ第27話「スイート・マシュマロ・パーティ!」では、まつりが主役となるコミュと、ソロ曲「フェスタ・イルミネーション」がプレイ可能楽曲として追加された。 コミュの名前からすると不穏な…いや楽しそうな空気が漂うが、実際は…? ちなみに、2018年10月21日のミリシタ感謝祭の業務連絡にて、メインコミュ第27話及び楽曲「フェスタ・イルミネーション」の実装が予告され、現地でも多くの驚きと喜びの歓声が揚がり、さらに当楽曲のコールも大きな盛り上がりを見せた。 「」のイベントコミュでは隕石が頭にぶつかってしまったことが原因でとなってしまい、アイドルとして、そしてまつり姫としての記憶が一時的に欠落してしまう(日数は不明だが少なくとも3日か4日以上はその状態になってしまったと思われる)。 単刀直入に言えば事故である。 結果で戻ったは戻ったのだが、まつりにとってはその間、姫でも何でもない無防備な自身の姿を露呈してしまっていたことになるためか、本人は記憶喪失になったことを固く否定し、宇宙人に攫われたことで通す模様。 グリマス時代から マイペースユニットとの呼び名でお馴染み。 ただしこの名称は 美也のカードから便宜上呼ばれているだけで、正式なユニットの名称とは言えない。 まつりと朋花に関しては「開催!アイドル学園文化祭」、3人での絡みでは「決選!学園ミスコンサバイバル」も有名である。 朋花とはライバル意識が強く、時に競いながらもお互いを認め合っている。 二人のじゃれあいはミリシタにてを恐々とさせる程。 美也とは「瞳の中のシリウス」、LTD02での「」、「メメント? そして2020年6月28日、ミリオンフェス限定SSR枠で3人のカードが同時登場。 さらに3人で「ラムネ色青春」を歌唱することとなった。 と違いユニット名は付けられていない。 「集え!NAMCOアイドルサッカーフェス2014」にて、「仲間を引き立たせられればそれでいい」という姿勢の恵美に対し、「 仲間を助けながら、自分を輝かせることだってできるのです。 恵美ちゃんならできます。 …ね?」と言い、最終的に恵美の活躍にも導く様が琴線に触れた人も多く、この組み合わせの根強いファンが多い。 ちなみに6thLIVEでもがあった。 特技が「 演技」なアイドル繋がり。 ドラマ「屋根裏の道化師」を経て、映画「おとぎの国の物語」でも共演する。 若干つんけんしがちな桃子も、まつりに対しては柔らかい表情を見せることが多い。 でデュオを結成する。 お互い妥協しないスタイルが口論を呼ぶことも。 ちなみにPrincess属性最年長とAngel属性最年長(というかミリオンライブ!の登場アイドルの中で最年長)という共通点がある。 元々や選抜メンバーで同じユニットにはいたものの、でデュオを組むことで絡みがさらに増えた。 のイベントコミュにて、お互いがどう思っているか言及がそれぞれなされており、エミリーにとっては尊敬する大和撫子の一人である。 担当楽曲 ソロ まつりのソロ曲の特徴として、どれも一度聴けば耳から離れないほど中毒性が強い点、ミリオンライブ!の様々な楽曲で作詞をてがける松井洋平氏が3曲全てにおいて作曲に参加し、さらに作詞も行っている点が挙げられる。 松井洋平氏が本人名義で作曲を手掛けるのは、他のコンテンツを含めても珍しいほうである。 ソロ3曲全てにおいて同じ人が作詞・作曲に参加しているアイドルは、馬場このみのソロ曲を制作するKOH氏のみ。 作詞のみならの楽曲を手掛けるきみコ氏がいる。 「THE IDOLM STER MUSIC ON THE RADIO」公開録音での松井洋平氏曰く、「まつりの曲は自分の中で勝手に三部作と決めていて、2曲目が出来上がった時点で、プリンセス・アラモードのタイトルだけは決まっていた」とのこと。 イルミネーションから小さな遊園地、そして永遠に在り続けるワンダーランドとへと規模が大きくなっているのもその証左と言えるだろう。 トランスというかテクノというか、「」や「」とはまた違った方向で今までのアイマス曲と異なる曲調である。 イベントでは「ルミルミ音頭」「ルミルミ体操」なるワードも登場した。 またドラマパートでは「まつりと愉快な仲間たちによるわんだほーぱーてぃー」と称してライブを開催。 をして「あの生き方は只者ではない」と言わしめる姫っぷりを発揮している。 編曲に関野元規氏が参加している。 松井氏によるも存在する。 「ルミルミ音頭」が特徴的。 ジャパネスクと名づけられている通り、曲調に和の要素が所々入れられている。 「女の子の晴れ舞台」という歌詞もあり、応援歌の側面も併せ持つ。 このCDに入っている他のソロ曲が「プラリネ」、「君だけの欠片」、「bitter sweet」、「Just be myself!! 」といった並びで、この楽曲はその中でも異彩を放つ。 編曲に関野元規氏と谷島シュン氏が結成したAstroNoteSが参加している。 こちらにも松井氏によるが存在する。 余談だが、当楽曲以降数多の楽曲で聴くことになるであろう「ジョンベベベヤイヤイ」が初めて使われた楽曲だと思われる。 ただしワブルベース自体はAstroNoteS初参加楽曲である「」でも使用されているが、いわゆる「ジョンベベベヤイヤイ」というような鳴り方ではない。 「5thLIVE BRAND NEW PERFORM NCE!!! 」の開演の挨拶で諏訪彩花氏が「まつりーランドにご招待なのですよー!」といった感じの言葉を言ったことから、「まつりーランドの曲」として定着したりしなかったりしている楽曲。 実際、夢の世界へまつりが招待し、一緒にその世界を楽しんでいく楽曲。 また、AstroNoteSが編曲のみでなく、作曲にも参加している。 こちらにもが存在する。 ユニット.

次の