へそ ごま 臭い。 へそのごまが白いのはなぜ??臭いの原因も徹底的に解説します!

おへそのごまってなんで臭いの!?正しいおへそケアをご紹介!!│もう自分のニオイで悩まない

へそ ごま 臭い

へそって臭いんだ…… 子どもながらにショックを受けました。 要注意なへそとは へそっていっても、その形状はいろいろ。 へそにも個性があります。 つっても、人のへそをあまりじろじろ見たことないんですけども。 かつて、母親と結ばれた命綱ですが、生まれるとともにちょきんとされますよね。 どんなふうに処理したかでその後のへそに影響が出るようですね。 わたしはというと、 ヘソの穴が深い。 お肉をつまんで左右に引っ張らないと、その深淵は見えません。 でべそじゃないことを喜ぶべきか、だがしかし、ヘソ穴が深すぎて通常の洗体じゃ全然洗えないです。 同様に、太っている人もおへそが引っ込み思案らしいです。 こんなふうに、 おへその穴が深く埋もれてしまうような場合は、匂いがこもりやすく臭くなりやすいと思われます。 あくまで予想。 なんだろ。 蒸れる感じなのかね。 そんなわけで、雑菌が繁殖しないようにしっかりとケアして清潔に保つ必要があるよね。 ほら!!今すぐ自分のへそを確認して!! 掃除したことのないヘソはやばい youtubeにもけっこう動画が上がってると思います。 へばりついた積年の垢を、剥がすように取り除いている映像が……閲覧注意レベルですが、怖いものみたさでついつい覗いてしまう。 わたし自身、30年近く、ちゃんと「ケア」をしたことがありませんでした。 昔、つまようじでいじったことあるかも。 ブルブル。 子どもの頃、親に「ヘソをいじるな」って言われたことありませんか?まるで都市伝説のように、 ヘソは触れてはいけないような身体の聖域と思い込み、その貞操を守り続けている人もいるかと思います。 大人になってわかったのは、へそはそれ以上でもそれ以下でもないということ!! 変な神聖視は今すぐやめまっしょい きっと、子どもにそう言うのは、子どもの何触ったかわからん汚い手でおへそをぐりぐり力加減もせずにいじると炎症を起こしてしまうから、ではないでしょうか。 へその皮膚は薄そうですし、他の皮膚と違ってデリケートなのも事実。 しかも穴から内臓に直結してそうな……なんて思うと、むやみやたらいじるのは怖いですよね。 しかーし!積年の怨念ともいうべき垢の塊、いわゆる ゴマが、がっつりこびりついてしまう危険も!!そっちのが不健康になりそうだ!しかもなんか汚い! わたしの奥深いヘソには、かつて、どうあがいても取れない感じの白い塊がありました。 見て見ぬフリして生きてた。 だってどうしていいかわからなかったんですもの…… でもね、何がきっかけだったか忘れたけど、あ、たぶんyoutubeでたまたまヘソごまグロ動画を見たんだと思う、「取ろう!!!」て決断した。 これが結構大変だったんですが…… 取ったらすごいすっきり!!本当の自分、こんにちは!! 頑固なへそゴマの取り方は後述しますので乞うご期待です。 ズボラでもOK!簡単へそケア 日課にしなくても、気づいた時でOKな簡単へそケアです。 傷めちゃうといけないので、やりすぎにはご注意くださいね。 お風呂で! まず、用意するのはこちら。 なんの変哲もないただの綿棒!!!どこにでも売ってるやつ!!! デイリーケアはこれだけで大丈夫です。 お風呂に浸かると、肌が柔らかくなり身体の垢もふやけてきますよね。 へその垢もふやけてくる。 なので、綿棒で優しくこするだけでOKです。 こすると、肌からはがれた垢が目に見えてきれいに落ちていくと思います。 しかし、ふだんお風呂に浸かる習慣のない方もいると思う。 わたしがそうなので。 シャワー派の方には! シャワーでささっと済ませてしまう人は、十分に垢がふやけてこないので、わたしは綿棒の他にアイテムを使います。 アイテムって言っても、他の用途で常備しているものばかり。 向かって左から、ニベアボディクリーム、ワセリン、オリーブオイル(洗顔用)です。 ボディクリームは乾燥肌ケアに欠かせないし、ワセリンはリップクリームとしてだったり乾燥がひどい部分に塗ったりだし、オリーブオイルはたまにディープクレンジングのために持っています。 共通するのは、 「油分があること」。 なので、他でも代用がきくと思う。 乳液とかでもいいと思う。 サラダオイルはさすがに抵抗があるので使ったことありませんが。 酸化してたらなんか怖いじゃないですか。 油分は、皮脂汚れ(これも油)を浮き上がらせる効果がありますよね。 油分を落とすときは油分で! そんなわけで、垢がふやけてない状態のへそにはこれらのアイテムが役立ちます。 ワセリンに綿棒をぶっこんでから、それでヘソを擦る。 拭うように優しくね。 すると、綿棒が茶色くなってくるはず。 汚れが落ちているのが実感できます。 オイルを使用する場合は、どうしても油残りが気になってしまうので、シャワーの前に行い。 でも、そんなタイミングよくヘソケアをするとなると面倒くさいので、わ たしは気付いた時にワセリンやボディクリームなどでちょちょいとケアしてます。 これなら、 デート前に慌ててケアすることもできますよ。 ただ、汚れ落ちが抜群なのはやはりオイル。 面倒くさくなければ断然オイル押しです。 準備するもの• オイル• ラップかコットン オイルは、ベビーオイルがあれば。 さらさらして使いやすいし肌に安心です。 ラップかコットンは、ヘソを覆うものなので別になくても。 長期戦になる方にはあったほうがいいと思います。 わたしは短期決戦だったため、ヘソを出したままでした。 いざ!!撲滅! まず、おへそにたっぷりとオイルを垂らし込みます。 ひたひたに浸してください。 数分~10分程度放置し、綿棒で拭ってみます。 拭うっていうかわたしは抉るように、ヘソの穴の奥、ひだの部分を掘りました。 これで一気にごっそり取れればしめたものですが、ゴマの表面ばかり少しずつ削れるがなかなか根こそぎ除去できない方は、ここでさらに放置です。 オイルが足りなくなった場合は追加してください。 放置する場合は、ラップを貼るかコットンで覆うかなどして、衣類などにつかないよう配慮しましょう。 ある程度放置したら、再びチャレンジ。 わたしは短時間で取れましたが、頑固すぎるゴマさんをお持ちの方は、もう一晩くらい放置する勢いで粘りましょう。 皮膚にこびりついた垢を、完全に皮膚から剥がれるようオイルの力に期待して待ちます。 わたしは30年弱そこにあったゴマが見事取れましたので、きっと多くの人もこの方法で取れるはず。 それでもダメな場合は病院へ……となりますね。

次の

へそのゴマ、臍石?、へその病気、お手入れ法

へそ ごま 臭い

大きくなったへそのごまを取り除いたことのある方はご存知かもしれませんが、すさまじい悪臭を放っています。 そもそも、へそのごまはなぜできるのでしょうか? 今回はへそのごまについて専門家にお聞きしました。 30代男性からの相談:「へそのゴマはなぜできる? なんであんなに臭い?」 『 たまにへそをいじっていると、固いものに指の先が触れて掻き出してみるとカチカチに固まった黒い塊が出てきます。 これがへそのゴマなんでしょうが、ものすごく臭かったです。 なんでへそのゴマはあんなに臭いんでしょうか? そして、なんでへそのゴマはできるんでしょうか? へそのゴマができないようにすることはできるのでしょうか。 『 へそごまとは、おへその中にできる黒っぽい小さなものです。 ゴマ粒サイズで、大槻。 黒こげ茶色をしています。 精密にはへそゴマは別のもので、へその緒が取れた時にごくまれに、末端部分に色が付き茶色くゴマ粒のようにできたものです。 医師 』 『 通常は取らずにずっとそのままにしています。 匂いもありません。 大半は、垢が溜まったものがへその奥深く中で醗酵してきつい匂いになります。 医師 』 『 へそのごまは、カラダから出た垢や剥がれ落ちた皮膚や皮脂、着ている服の繊維やほこりなどが混ざったモノです。 さらに、においは雑菌が増殖することによってガスが発生することで起こります。 看護師 』 『 いつの間にか溜まっているへそのごまは、そのままにしてくとますます溜まっていきます。 更にそのままにしておくと、皮膚についた状態となり病院で取ってもらわなくては取れない状態になってしまうこともあります。 看護師 』 『 このようにならないためには、定期的な掃除が必要です。 オリーブオイルなどの油をへそに垂らして、しばらくそのままにして綿棒で優しくこすります。 そして、水で流すだけです。 強くこすったり、一度では汚れが落ちないからと何度も掃除する必要はありません。 その時に汚れが落ちなければ、何日か置いてから掃除をしましょう。 看護師 』 『 お風呂にゆっくり入ってお腹を温めてやると、浅いおへその方は、すぐに取れますが、深い方は指や綿棒を使ってとってください。 あまり深く入れると痛みや出血もあるので気を付けてください。 医師 』 『 取った後は、ベビーオイルを綿棒につけて塗ってください。 垢が付きにくくなります。 年月が過ぎて垢が固くなり、取れない場合がありますので、皮膚科でとってもらってください。 医師 』 へそのごまはずっと放置していると悪臭を放ってしまいます。 そのため、定期的な手入れが必要になってきます。 ただ、注意しなければならないのは、へそは内臓に近い場所にあるため、あまり指を突っ込んだりしてしまうと腹痛などを引き起こしてしまう恐れがあります。 深入りせずに刺激の少ない方法で手入れしてみましょう。 infoseek. infoseek.

次の

おへその臭い

へそ ごま 臭い

へそが臭い原因について 服を着ている時にはあまり意識しませんが、下着を脱いだ時にへそから嫌なにおいがするのに気づいて愕然とする時がありますが、なぜへそが臭くなるのでしょうか。 へそはくぼんでいるので、皮脂、汗、垢、埃、石鹸の洗い残し等の汚れがたまりやすく、その汚れを栄養分として細菌が繁殖しまうためです。 細菌が繁殖することによって不快なにおいが発生するのです。 へそに汚れがたまりやすいとはいうものの、へその手入れをほとんど行っていない人は多いです。 へそを触るとお腹が痛くなるからあまり触らない方が良いという言い伝えをよく耳にしますが、その影響も多分にあるでしょう。 確かに、へそを触ることによってへその下にある腹膜の神経が刺激され、へその周辺に痛みを感じる事がありますので、へそを触るとお腹が痛くなるという話はうそではありません。 ですが、へその手入れをしなければ確実に汚れがたまり、細菌が繁殖してにおいを発するようになりますし、 細菌感染でへそが炎症を起こす危険もあります。 へその手入れは、へそを刺激しないように丁寧にすれば、しても大丈夫です。 へそを触りすぎて皮膚を傷つけてしまうのは禁物ですが、週2回程度、へそに汚れをためないようにするケアを心がけましょう。 へそが臭いのは病気なの? 単にへそが臭いだけあれば、へその汚れが原因ですので病気ではありません。 ただし、においだけでなく、へそが赤くなったり、腫れて痛みがあったり、へそから膿が出たりする場合は、臍炎(さいえん)や尿膜管遺残症といった病気の可能性があります。 へそに異常を感じた時は、まず 皮膚科を受診しましょう。 尿膜管遺残症の場合は泌尿器科が専門ですが、最初から自分が尿膜管遺残症だとは分からないことが多いです。 もし尿膜管遺残症と分からずに皮膚科を受診し、尿膜管遺残症の可能性があると診断された場合は、泌尿器科で受診するようにしましょう。 チェック 臍炎は、産まれたばかりの赤ちゃんがかかりやすい病です。 へその緒(臍帯)が取れた直後のへそは細菌が侵入しやすいためですが、大人でも、へその皮膚にできた傷から細菌が入って臍炎にかかることがあります。 放置しておくと、へその周囲の腹膜に細菌が感染して腹膜炎を発症し、命に関わる危険があります。 尿膜管遺残は、母親のお腹の中にいた時に膀胱と母体をつないでいた尿膜管が産まれた後も閉じずに残ってしまっている状態ですが、そこに尿が漏れ出したり細菌が感染したりして炎症が起こると尿膜管遺残症を発症します。 へそが臭いことそのものは病気ではありませんが、細菌が繁殖して病気を引き起こしやすい状態になっているサインですので、病気を予防するためにはへそのにおいに注意しなければなりません。 スポンサードリンク へその正しいケア方法について まず抑えておきたい点として へそからの悪臭を防ぐために常にへそを清潔に保つのは重要ですが、へそはデリケートな部分であり、決して乱暴に触ってはいけません。 へその皮膚は薄いので、爪を立てたりすると傷ついてしまいます。 傷から雑菌が入ると炎症を起こす恐れがあります。 へそのケアは、入浴の時に行うと、水分で汚れがふやけて汚れが落ちやすくなるので楽に行えます。 あまり頻繁にやりすぎても皮膚を傷める恐れがあるので、 頻度は週1~2回程度が目安です。 ・へそに指を入れて洗う時は、石鹸やボディーソープ等をしっかり泡立て、爪で皮膚に傷をつけないように注意しながら、力を入れずに軽く回すようにして洗いましょう。 湯船にしっかりとつかると、へその汚れがふやけてより落ちやすくなります。 ・へそに汚れがたまり始めているようであれば、綿棒と刺激の少ないオイル(オリーブオイルやベビーオイル)で手入れをしましょう。 オイルを直接おへそに少量たらしてしばらく待つと、汚れがふやけて落ちやすくなるので、綿棒でやさしく汚れを拭き取りましょう。 へそを傷つけないために、綿棒は奥まで突っ込まないようにしましょう。 最近では、へその汚れをきれいに落とすお掃除キットも販売されており、手軽にへそのケアが行えるようになっています。

次の