マイ ボディーガード。 マイ・ボディガードのレビュー・感想・評価

【死ぬまでに見て欲しい】おすすめ映画

マイ ボディーガード

【映画のあらすじ】 元アメリカ軍の対テロ暗殺の特殊部隊の一員として優秀な功績を収めたジョン・W・クリーシー(デンゼル・ワシントン)は、退役した現在、無職で生気を失い、酒におぼれる毎日だった。 そんな彼を見かねた友人のレイバーン(クリストファー・ウォーケン)は、ジョンにメキシコでのボディーガードの話を持ち掛ける。 メキシコに住む実業家のサムエル・ラモス(マーク・アンソニー)の9歳の娘ピタ(ダコタ・ファニング)のボディーガード依頼がレイバーンの下へ届いていたのであった。 メキシコでは、裕福な家庭の子供たちが誘拐される事件が日常茶飯事で、裕福な家庭では、誘拐保険に入り、子供たちにボディーガードをつけるのが当たり前の状況であった。 友人の口利きということもあり、渋々ながら仕事を引き受けたものの、クリーシーにとっては、依頼内容にはまったく興味はなく、ピタに会ってもそっけない態度をとっていた。 一方、純真無垢なピタはクマのような目を持つクリーシーと友達になりたいと思っていたが、そんなピタの思いとは裏腹に、ボディーガードを始めた当初、クリーシーは業務を淡々とこなす毎日であった。 ところが、クリーシーが、ピタの護衛をし、彼女と過ごす時間が長くなるにつれ、やがて彼の中にまるで父親のような感情が生まれていることに気づくようになる。 そんなある日、クリーシーが、ピタを学校に迎えに行った帰り道、彼女は、突如現れた謎の集団に襲われることになる。 負傷を追いながらも、果敢に応戦したクリーシーであったが、結局、ピタは誘拐されてしまうことになる。 弁護士のジョーダン(ミッキー・ローク)が犯人との交渉を仕切っていたが、交渉は決裂し、犯人は、ピタの母親リサ(ラダ・ミッチェル)に対し、娘は戻らない旨を告げて電話が切れる。 一方、ピタを護れなかった自責の念に駆られていたクリーシーは、交渉決裂の結果を聞き、犯人たちへの復讐を誓い、このことをリサに告げる。 こうして、かつての特殊部隊の時の能力を駆使し、犯人たちを追い込んで行くクリーシーであったが、彼は、犯人を追い込んでいく中で、メキシコの国家権力さえも巻き込んだ巨大な犯罪組織を目の当たりにすることになる…。

次の

マイ・ボディガード(1980)

マイ ボディーガード

おすすめのアクション映画『マイ・ボディガード』のご紹介です。 ネタバレなし 「男に生きる希望をくれたのは、たった9歳の少女だった。。。 」 名優デンゼル・ワシントンと天才子役ダコタ・ファニングのタッグで贈る! メキシコの実話を絡めた大人の骨太ストーリー。 作品情報 監督 トニー・スコット 脚本 ブライアン・ヘルゲランド 原作 A・J・クィネル 公開 2004年 上映時間 146分 主なキャスト デンゼル・ワシントン 元特殊部隊勤務の殺しのプロ、クリーシー クリストファー・ウォーケン クリーシーと付き合いが長く、仕事仲間で友人のポール ダコタ・ファニング クリーシーに守ってもらうことになった9歳の少女ピタ マーク・アンソニー ピタの父親サムエル ラダ・ミッチェル ピタの母親リサ メキシコの過酷な現実 このアクション映画が実話でもおかしくないと言われる理由の1つは、 舞台となっているメキシコでは本作同様に誘拐ビジネスが横行しているからです。 2013年のデータによると、年間10万2883人が誘拐被害にあったと報道されており、これは毎日約280人もの人が被害にあっているということですから、その悲惨さがわかります。 警察や政府の一部の人間は、複数の犯罪組織と親密な関係で、武装集団自体が元メキシコ軍のメンバーで構成されているということも少なくないというから本当に驚きです。。。 実際の被害者であるルシア・ディアスさんは、2018年に開かれたイベントで以下のように語っています。 「警察には絶望していて自らの手で誘拐された子供たちを探すしかない状況」 うーん、、、もちろん比較的安全な地域もあるんでしょうけど、ヤバすぎです・・・ 2018年の9月には、森に掘られた穴から少なくとも166人の遺体が発見されたとの報道もありましたし、表沙汰になっていないだけで、被害者はもっといるのかもしれません。 印象的な主題歌 メキシコの過酷な現実にちょっとブルーな気持ちになってしまいましたが、本作では主題歌もイメージにあっていて素敵です。 こちらがその主題歌、 カルロス・バレーラの『Una Palabra』です。 ライブ映像 こんな人に特におすすめ 鑑賞後の個人的な感想を言いますと、ツッコミどころが少しあったり全体的に明るい感じではないので、色々深読みして興ざめする人や派手なアクションを求めている人には不向きかも。 なので他のサイトのレビューでも、 大絶賛する人もいればイマイチだっていう人もいて賛否両論あります。 こんな感じでちょっと楽しんでもらえるか心配な点を挙げましたが、個人的には好きな作品です。 ジャン・レノとナタリー・ポートマンの『レオン』が好きな人に特に好評だったので、そういう人には特におすすめです! 天才的なキャストたち それにしてもデンゼル・ワシントンは本当にこういう強キャラが似合いますよね。 演技も素晴らしくて、目だけであれだけ語れるって本当に凄い。 子役のダコタ・ファニングも負けず劣らず良くてまさに天才です。 彼女は本作の撮影のために、わずか3カ月の期間で水泳、ピアノ、スペイン語をマスターしたんだとか。 加えて彼女は、数々の名俳優にその実力を高く評価されていて、 2005年にはわずか11歳で「アメリカ最強の女優」と雑誌で表彰されたそうですよ。 ちなみに大人になった彼女の姿や成長の軌跡がこちら。 『マイ・ボディガード』の評価 「マイボディガード」視聴終了。 予想してたのとは全然違う内容だったけど(内容知ってからだと邦題とあのハートウォーミング系パッケージは詐欺にも程があンガググ)デンゼル・ワシントンが渋カッコ良かったので良し。 ダコタ・ファニングが天使すぎる。 — アサイ・1人でキネマよろしくね asumithi などなど 他にもネットで調べると好きな人には絶賛されています。 今回、おすすめのアクション映画『マイ・ボディガード』をご紹介させていただきましたが、もし少しでも興味が湧いたら是非ご自身の目で映画をご覧になられてくださいね。 メキシコの現実を扱った実話のようなストーリーにきっと惹き込まれると思います。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

ボディーガード

マイ ボディーガード

「レオン」から10年、危険と隣り合わせの新たな愛の名作が誕生した! 2004年秋、興奮と感動がひとつになる! 『マイ・ボディガード』ストーリー ジョン・クリーシー(デンゼル・ワシントン)は、生きる希望を失くしていた。 米軍の対テロ部隊で、暗殺の仕事を16年間も続けた彼に残されたものは、心と身体の傷跡だけだった。 追い払えない恐怖と罪の意識を大量の酒でごまかす日々を送っていたクリーシーは、部隊の先輩で今はメキシコで護衛の仕事をしているレイバーン(クリストファー・ウォーケン)を訪ねる。 レイバーンはそんなクリーシーを温かく迎え、仕事を紹介してくれる。 雇い主はメキシコシティの実業家サムエル・ラモス(マーク・アンソニー)とその妻リサ(ラダ・ミッチェル)。 彼らの9歳の娘ピタ(ダコタ・ファニング)の<ボディガード>が仕事だ。 メキシコシティでは、この6日間に24件もの誘拐事件が発生、人質の70%は生還できないという。 広い邸に住むサムエルは裕福に見えたが、実は自動車の部品工場の経営も思わしくなく、その上父親がのこした借金もあった。 それでもボディガードを雇わなければ、誘拐保険の更新はおろか、ピタを学校に通わせることも出来ない。 そこで、未経験のために給料が安いクリーシーに白羽の矢が立ったのだ。 アメリカ人のリサは、同国人だというだけでクリーシーを雇うことに同意する。 汚れを知らない少女ピタと心を通わせ始めたとき、事件は起こった。 命よりも大切なものを奪われたクリーシーは今、立ち上がる。 c 2004 Twentieth Century Fox and Regency Enterprises. All rights reserved. それにしても怒らせてはいけない相手を怒らせてしまったわね~と復讐劇っぽく観ていましたが(詳しい事は書きませんが)後半に真相がわかるとギョっとするはずです。 カメラワークで人間の心理を表現する面白さ。 ダコタ・ファニングちゃんから「Big」で「Sad」なクマなんて呼んでもらえたら、どんな人でも・・・っと目尻を下げちゃうハズ。 アップの時の大人びた表情と全身が映った時の少女らしさ、そのギャップに天才子役と呼ばれる所以を改めて感じる。 (…というかデンゼル・ワシントンとツーショットだと余計小柄に見えるって、今年やっと10歳なのだ。

次の