歪な 読み。 「歪」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

歪視(わいし)

歪な 読み

応力ひずみ関係ともいいます。 今回は、応力ひずみ線図の意味、ヤング率と傾きの関係、考察方法、応力ひずみ線図の書き方、脆性材料との関係について説明します。 応力ひずみ線図とは? 応力ひずみ線図は、縦軸を応力、横軸をひずみとした関係図です。 応力ひずみ線図を考察することで、大まかな力学性状が分かります。 慣れると一目で、その材料が「固いか、柔らかいか」理解できます。 下図は、鋼材の引張試験で得られる関係図です。 鋼材が破断するまで引張力を加えて、力学性状を確認する試験。 降伏点までは、グラフは線形(直線)です。 この部分を「弾性領域」、単に「弾性」といいます。 降伏点を迎えると、一度応力が低下します。 降伏した後、応力が低下し、一定の応力を維持します。 この部分が降伏棚です。 その後、降伏点を超える応力となり(最大応力)、また応力が低下し破断します。 応力ひずみ線図と傾き、ヤング率の関係 応力とひずみの関係は下式で表します。 数学でいう一次関数です。 一次関数で、 y=ax の「a」は直線の傾きでした。 よって、応力ひずみ線図の傾きは、ヤング率と同じです。 降伏すると、グラフが線形でなくなります。 よってヤング率は、弾性領域での値です。 応力ひずみ線図の考察方法 さて、応力ひずみ線図を読めば材料の力学性状が分かります。 下図に、2通りの応力ひずみ線図を示しました。 グラフAは、Bに比べて勾配が急です。 一方、Bは、勾配が緩やかです。 Aに比べて柔らかい材料です。 応力ひずみ線図を考察するとき、弾性領域の傾きを読めば、「固い、柔らかい」が判断できます。 次に、AとB材料がどのように破断するかみてください。 A材料は最大耐力に達した直後、破断しています。 B材料は、降伏をして変形が進み、最大耐力に達しています。 A,Bの材料を、それぞれ下記といいます。 所定の引張力を作用させたときのひずみをプロットして、線で結びます。 鋼材の応力ひずみ線図は、ひずみゲージなどを用いて、データを直接PCなどに取り込めます。 自動で応力ひずみ線図を描いてくれるソフトもあります。 応力ひずみ線図は、「応力に対応したひずみをプロットする」と覚えておけば十分です。 応力ひずみ線図と脆性材料、伸びの関係 脆性材料の応力ひずみ線図を下図に示しました。 脆性材料には、ガラス、FRP、無筋コンクリートなどがあります。 塑性領域のない材料です。 建築物に使う構造材料は、延性材料を用いるのが基本です。 延性材料の方が、大地震時に効果的に地震力を吸収できるからですね。 まとめ 今回は応力ひずみ線図について説明しました。 意味が理解頂けたと思います。 応力ひずみ線図は、材料の力学性状が判断できます。 必ず理解したいですね。 特に、鋼の応力ひずみ線図は基本なので覚えてください。 余裕のある方は、鉄筋コンクリート、木の応力ひずみ線図を調べてみましょう。

次の

歪(いがみ)とは何? Weblio辞書

歪な 読み

ひずみ• やで像が変形すること。 (strain) - での材料の形状変化。 ()が変形すること。 また、その度合。 地下の岩盤の一部で(ストレス)が増えていき、歪みが岩盤のの限界に達するとが発生する。 詳細は上記、材料工学における「ひずみ」を参照。 (distortion - 電子機器において入出力の非線形性によって生じる相似性の崩れ。 指標として(THD などがある。 (skewness) - およびにおける分布の非対称性を示す指標。 - のシングル曲。 ゆがみ• - で、重力により発生する空間のゆがみ。 このページは 曖昧さ回避のためのページです。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

次の

歪視(わいし)

歪な 読み

応力ひずみ関係ともいいます。 今回は、応力ひずみ線図の意味、ヤング率と傾きの関係、考察方法、応力ひずみ線図の書き方、脆性材料との関係について説明します。 応力ひずみ線図とは? 応力ひずみ線図は、縦軸を応力、横軸をひずみとした関係図です。 応力ひずみ線図を考察することで、大まかな力学性状が分かります。 慣れると一目で、その材料が「固いか、柔らかいか」理解できます。 下図は、鋼材の引張試験で得られる関係図です。 鋼材が破断するまで引張力を加えて、力学性状を確認する試験。 降伏点までは、グラフは線形(直線)です。 この部分を「弾性領域」、単に「弾性」といいます。 降伏点を迎えると、一度応力が低下します。 降伏した後、応力が低下し、一定の応力を維持します。 この部分が降伏棚です。 その後、降伏点を超える応力となり(最大応力)、また応力が低下し破断します。 応力ひずみ線図と傾き、ヤング率の関係 応力とひずみの関係は下式で表します。 数学でいう一次関数です。 一次関数で、 y=ax の「a」は直線の傾きでした。 よって、応力ひずみ線図の傾きは、ヤング率と同じです。 降伏すると、グラフが線形でなくなります。 よってヤング率は、弾性領域での値です。 応力ひずみ線図の考察方法 さて、応力ひずみ線図を読めば材料の力学性状が分かります。 下図に、2通りの応力ひずみ線図を示しました。 グラフAは、Bに比べて勾配が急です。 一方、Bは、勾配が緩やかです。 Aに比べて柔らかい材料です。 応力ひずみ線図を考察するとき、弾性領域の傾きを読めば、「固い、柔らかい」が判断できます。 次に、AとB材料がどのように破断するかみてください。 A材料は最大耐力に達した直後、破断しています。 B材料は、降伏をして変形が進み、最大耐力に達しています。 A,Bの材料を、それぞれ下記といいます。 所定の引張力を作用させたときのひずみをプロットして、線で結びます。 鋼材の応力ひずみ線図は、ひずみゲージなどを用いて、データを直接PCなどに取り込めます。 自動で応力ひずみ線図を描いてくれるソフトもあります。 応力ひずみ線図は、「応力に対応したひずみをプロットする」と覚えておけば十分です。 応力ひずみ線図と脆性材料、伸びの関係 脆性材料の応力ひずみ線図を下図に示しました。 脆性材料には、ガラス、FRP、無筋コンクリートなどがあります。 塑性領域のない材料です。 建築物に使う構造材料は、延性材料を用いるのが基本です。 延性材料の方が、大地震時に効果的に地震力を吸収できるからですね。 まとめ 今回は応力ひずみ線図について説明しました。 意味が理解頂けたと思います。 応力ひずみ線図は、材料の力学性状が判断できます。 必ず理解したいですね。 特に、鋼の応力ひずみ線図は基本なので覚えてください。 余裕のある方は、鉄筋コンクリート、木の応力ひずみ線図を調べてみましょう。

次の