ある 日 私 は 冷血 公爵 の 娘 に なっ た ネタバレ。 【ある日、私は冷血公爵の娘になった】待たなくても読めるサイトは?│知識忘備録 ナレッジタワー

ある日私は冷血公爵の娘になった49話ネタバレ・感想!

ある 日 私 は 冷血 公爵 の 娘 に なっ た ネタバレ

ある日、私は冷血公爵の娘になった 56話ネタバレ 【あらすじ より抜粋】 娼婦に育てられた少女「ピンクアイ」。 2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系のでした。 新しく「テル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なテル。 自分のピンク色の目にもなにやら秘密があるようで… かわいいテルのドキドキほのぼの令嬢生活が始まるよ! 「うん あのねエメル。 」 エメルをベランダに呼び出したテル。 「私をのこと命をかけて守ってくれるって約束したでしょ?私は今でもそのことば信じてるよ。 」と話すテル。 「・・・!」 「パパはいろんな危険から私を守ろうとしてくれる。 へやの宝物のようにね。 でもわたしはそんなのイヤ。 もっといろいろ外の事が知りたい。 だからこれからわたしに危険がつきまとうかもしれない。 」と言う。 「その危険からお守りするtがめに僕がいるのです。 」と言うエメル。 「だったらずっとそばにいて?私にはエメルが必要なの。 エメルも言っていたじゃない。 生きのびることだけを考えて・・・そうすれば助けにきてくれるって。 だからずっと待っていられたの。 エメルがそう言ってくれたから待って居られたんだよ。 ありがとうエメル。 」 と微笑むテル。 エメルは、「お嬢様は本当に・・・。 」と呟きため息をつくと、テルの前で跪いた。 「申し訳ありませんでした。 大人げないところをお見せしてしまいました。 勝手に拗ねて勝手に失望して、自分自身が許せなくてどうしようもなくなったり、お嬢様の一言一言に一喜一憂したり・・・。 幼稚でした。 」 と話すエメル。 「ううん。 そんなことない。 」「気にしないでエメル。 」 「ちょっぴり怒っていたのは本当だけど、エメルの手かんじゃったしそれでおあいこ、ね?」 エメルはテルの手をとりながら「お嬢様が私を必要とされるのでしたらー。 」と話す。 「ううん。 私にはテルが必要。 」 「ならばこの身いつまでもお嬢様のそばに。 」と言いながら、手の甲に唇を落とす。 テルは照れながら、「エメル・・・女の子にモテルでしょ?」 「さあ~。 」とにこにこしながら言う彼。 「あ そうだ!手は大丈夫?」 「あ・・・。 」「治るには治ったのですが・・・。 」気まずい様子のエメル。 「?」「じゃあちょっと見せて。 」 「・・・!」傷を見て驚くテルであった。 アンの部屋は屋根裏部屋で過ごすことになった。 日当たりが一番いい部屋である。 「アン。 」 「はい、お・・・お嬢様。 」 テルはアンの所へ行き、「傷跡をなくす薬はないとかってある?」と尋ねる。 「どこかお怪我でも?」と焦るアン。 「私じゃないの。 」と話すテル。 「傷跡を薄くする薬ならあります。 もそういう薬を売っていました。 」 「ありがとう!材料は私がよういするから。 」と笑顔で言うテル。 そして、材料はテルが用意し、あとはアンに作ってもらうことになった。 その夜、アンからもらった材料のリストを確認するテル。 彼女の肩に乗るエンドは、「傷跡が残りなんて肉体を持つとやっかいなもんだね~。 」と言う。 アルファは、「私が材料をとってきてやろうか。 」 と聞くが、「代償とかあるの・・・?」不安そうなテル。 エンドは、「警戒しなくっていいって。 代償ってのは僕らが現身となったときに支払われるものだからね。 」と話す。 「例えば豪炎で燃やし尽くしたり、洪水で全てを飲み込んだり、土砂降りや雷を起こし、を起こしたり嵐を発生させたり。 アルファは、 「精霊の持つ本来の能力と違うことをすると倍の力が必要になる。 たとえば水の能力をもつ私を治癒に使った時のように」と話す。 「それはおすすめはしない。 いっそ洪水を起こしたほうがマシだ。 」と言う。 「材料を手に入れてくることは大丈夫なの?」と聞くと、「ああ、お前の力を使うまでもないからな。 」とのこと。 「よかった、じゃあよろしくね。 アルファ!」と言い、リストを差し出す。 するとアルファは前足で受け取り、その場で消えた。 「じゃあさ、レンはなにをしちゃったの?」 残ったエンドにテルが聞くと、エンドはニッと笑いながら 「教えない。 」と言い、はぐらかすのであった。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」・・・57話ネタバレに続く hukusinoko.

次の

【翻訳】彼女が公爵邸に行った理由 114話あらすじ&ネタバレ(最新話)

ある 日 私 は 冷血 公爵 の 娘 に なっ た ネタバレ

スポンサーリンク ある日、私は冷血公爵の娘になった 4話ネタバレ・感想 エステルは屋敷の中を探検して男の子と出会います。 初めてお友達ができたことにときめくエステルが可愛すぎます。 カルルはやっぱり公爵の息子だった アニーに公爵の息子の名前を聞くエステル。 すると思った通りカルルは公爵の息子でした。 エステルはカルルに出会ったことを夢だったらどうしようと思っていたみたいですよ。 かわいすぎか! 公爵もイケメンでしたけど、エステルの実母と一夜を共にしたのかと思うとすこしだらしない気がします。 息子さんはどう思うのでしょうか。 カルルにお姫様抱っこされちゃうエルテル 庭を探検していると迷ってしまったエステル。 慣れない靴を履いていたせいで靴擦れしちゃって困ってしまいました。 すると自室からその様子を見ていたカルルが迎えに来てくれます。 靴擦れしていると気づいたカルルはエステルをお姫様抱っこで屋敷まで連れて帰ります。 これは少女漫画展開ですね。 カルルの立ち位置がまだつかめていませんが、恋人候補ということでいいのでしょうか?それとも兄妹みたいな感じなの? 本当のこの家の娘なのかと心配するエステル カルルからこの家の人間は赤い目と黒髪を持っていると明かされ、エステルは自分が本当にこの家の子なのかと心配になります。 せっかく手に入れたつかの間の幸せを、血がつながっていないからと追い出されてしまったらまた悲しい思いをすると思ったんでしょうね。 その想いをアニーに話すと、アニーは優しくエステルを抱きしめます。 かわいいエステル。 ずっとこの家で幸せに暮らしてほしいですね。 とはいってもまだ公爵と再会していないので立場がどうなるかわかりませんが。 漫画をお得に読む方法! 「悪女の定義」はピッコマ独占配信となっているので、動画配信サービスなどでお得に見ることはできませんが、あなたが読みたい人気漫画がお得に読めるかもしれません。 以下の記事をご覧ください。

次の

ピッコマ漫画ライフ 新着記事

ある 日 私 は 冷血 公爵 の 娘 に なっ た ネタバレ

スポンサーリンク• 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」のあらすじ 娼婦に育てられた少女「ピンクアイ」。 2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系の公爵家でした。 新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。 エステルの誕生日になり、アニーたちからプレゼントを貰い、おめかしをするエステル。 これまで誕生日を祝ってもらったことのないエステルはたくさんの人から祝ってもらったり、プレゼントを貰ったりと嬉しそうです。 パーティーの挨拶がうまくいかず、少し戸惑うエステルですが、お客さんたちは温かい言葉を返します。 カルルにダンスを申し込まれ踊っていると、公爵も続きます。 カルルからのプレゼントは弓矢で、使い方を教えてもらうことになりました。 公爵からは青い宝石が与えられ、役立つだろうと言われました。 ベランダに出てエメルとお話をし、エステルはダンスを申し込みます。 とにかく明日のことが楽しみなまま眠りにつきます。 しかし、なんだか肌寒く目を覚ますと、エステルはベッドではなく冷たい床に横たわっていました。 夢なのかと考えますが、あまりにもリアルでした。 そこに現れたのが魔導師。 エステルに危険が迫ります。 ネタバレ・感想まとめ.

次の