デロイトトーマツコンサルティング 派遣。 コンサルティング業界の「ホワイト度が高い企業ランキング」 3位日本アイ・ビー・エム、2位デロイト……1位は?

デロイト トーマツ人材機構地域企業における経営人材紹介ニーズへのサービス体制を強化

デロイトトーマツコンサルティング 派遣

経営コンサルティング会社とは? BtoBの業態で、大企業や自治体、政府などを相手に商売をしている会社なので、一般消費者には馴染みのない会社名かも知れない。 しかし、身近な商品、例えば今あなたが使っているPCやスマホなども、実は同社や同社の競合会社が裏でコンサルティングして世に出回っているのが一般的。 発売直後は全然売れなかったプレステ4も、同社がコンサルティングした商品。 プレステ4のどこにも同社の会社名は書いていないのだから、一般消費者には馴染みがないのも仕方がない。 一般企業にとって「先生」みたいな存在なので、コンサルティング会社の社員はエリートで高収入。 新卒でも一般企業の部長くらいの給料を貰っているケースも珍しくはない。 この企業に限らないが、正社員が高収入なので、派遣社員も 派遣としては 高収入。 笑っちゃいけないYO! カタカナ交じりの日本語が飛び交う ルー語と言っただろうか、オフィスはとにかくカタカナ交じりのジャパニーズがエブリデイ飛び交う。 同社は監査法人のトーマツグループなので外資系というわけではないが、外国のデロイトグループの看板を使っているため このへんはシンプルにアンダースタンディングできない 、社内システムがイングリッシュだったり、基本的に社員はイングリッシュが喋れる。 社内のパブリックユーズランゲージはジャパニーズだが、それでもルー語が飛び交う。 社内独自用語もメニー。 」という真面目なトーキングがエブリデイあるのでサプライズドするかもしれないが、Mはマネジャーというミーニング。 一等地だけどオフィスは狭い コンサルティング会社なので、オフィスの場所はイメージ的に重要。 各駅しか停まらない駅とか、ターミナル駅でもガラの悪い場所 どことは言わないが にあるとクライアントからのイメージが悪くなってしまう。 最寄駅からクライアントを歩かせるのも良くないので、本社はJR東京駅直結の丸ビルに入居。 IDカードがないとエレベーターには乗れないし、セキュリティガードが常に見張っている環境。 だが、賃貸料が高いためか、オフィスは下手な中小企業よりギュウギュウ詰め。 一人当たりのデスクの幅は数十センチでデスクトップPCやモニターを置いたりすると、ほとんど余裕がなくてエコノミー症候群になりそうな環境。 会社見学やクライアントが出入りする来客エリアは、広くて綺麗で快適なのだが、働く場所はイマイチ。 ちなみに東京でも丸ビルじゃない拠点だと、オフィスの広さは普通。 ワインにステーキ、豪華な社内イベントが多い 写真はイメージです 大手コンサルティング会社は大体どこもそうだが、定期的にパーティーのようなイベントがある。 所属部署によると思うが、派遣社員も無料で参加できたり、自分じゃ絶対食べにいけないような高級店で食事ができたりする。 新入社員は山奥で研修として運動会みたいなイベントや演劇大会などをやったりする。 毎日、どこかの部署はこういったイベントをやっているのではないだろうか。 派遣社員は契約外のイベントの強制参加はない はず。 会社見学はプレゼンあり テンプスタッフテクノロジー 現インテリジェンス から紹介。 職種によると思うが、コンサルティング会社の文化なのか、派遣の会社見学では「ノートPC持ち込みで自己PRのプレゼンをお願いします」と案内あり。 プロジェクターが使える。 役員のマネージャーと現場社員複数名で、下手な正社員の面接より豪華な顔ぶれ。 普段からプレゼン慣れしている人たちが相手なので、プレゼン慣れしていない人は練習をしておいた方がいいだろう。 パワーポイントのスライドのクオリティーや、PCの調子にも注意。 基本的にはレジュメの段階でほぼ採用は決まっているようで、面接的な質問や駄目出しはない。 しかし、就業後に担当者に聞いたら「何人も応募者に会って選んだ」と言っていたので、同社の会社見学=事前面接と理解して良いだろう。 しっかり選抜されている。 派遣としては珍しく、採用決定から就業するまでに日数を空ける相談に応じてくれる。 前職からブランクを空けずに就業することも可能だったが、前職で消耗していたため、2週間くらい日数を空けさせて貰った。 採用後の社内全体の受け入れ研修は、業務範囲に応じて2~3日程度かけて行われる。 もちろん給料が発生する。 業務で使う社内システムは複雑だが、それを覚えないと何もできないからだ。 PCを起動して使用可能になるまで、3回もパスワードを入力しないとならないし、定期的に変えないとならないから大変過ぎる。 担当者に口答えしたり、時期が来たらグッバイ 基本的にコンサルティング会社の社員はマトモな人が多いが、業務が多忙だったり、難易度の高いミッションを日々与えられている。 そういった人のサポートとして派遣社員は採用されるため、上司の愚痴を毎日聞かされたり、ストレスを派遣にぶつけてくる場合もある。 指揮命令者=担当社員で図式としては合っているのだが、密室的な社内の雰囲気で、パワハラ的行為があっても相談しにくく、社内に人的ネットワークがない派遣社員は孤立しがち。 社内のパワハラ相談窓口的なところに相談しても、「まぁまぁ・・・」とお茶を濁される程度。 自分が正しくて、相手が契約に無いどうでもいい大量のファイル整理の仕事とかを頼んできたことを相談したって「まぁまぁ・・・」とお茶を濁されて終わり。 正当なものであっても社員の苦情を申し出ると、本当に翌月くらいには派遣切りされる。 やり方は外資系的で「業務縮小のため」と言われるが、翌月にはしっかり同じ案件の派遣募集がされる。 この会社にとって、派遣社員はその程度の使い捨て要因なのだ。 エリートと一緒に仕事しているから色々錯覚してしまうけど、そのことは常に頭にいれておいた方がいい。 正社員の定着率も若手はそれほど良くない。 契約終了が決まった瞬間から冷酷に部外者扱い 退職 契約終了 は外資系企業と同じようなシステム。 退職が決まった瞬間から、社内システムの利用が制限される。 大半の共有ファイルにアクセスできなくなるので、業務で必要な場合も、いちいち社員からファイルを個別に貰ったりしないとならないし、外資系のやり方に慣れていない人はトラウマになるだろう。 そういう社内ルールがあるのか、それまで親しく趣味の話などをしていた正社員は全員、業務で必要な会話以外は何も喋ってくれなくなる。 契約社員など、同じ非正規の人は引き続き喋ってくれるし、くだらないメールも返してくれるので、正社員と非正規の間には分厚い壁がある。 本当のアメリカとかにある外資系企業だと、私物整理する時間も貰えず退社しないとならないので、契約満了日まで会社に出入りできるだけ優しいと考えるべきか。 障碍者採用に要注意 私含めて、健常者の派遣社員の人は障碍者採用の情報にも注意。 大手企業は障碍者を雇うと税金が優遇されたりするのだが、派遣の仕事を契約社員の障碍者に置き換えるケースがある。 私は障碍者が大好きだけど、この会社では派遣社員の5倍くらい障碍者が大事にされるので注意。 部署ごと葬りさられることも これは派遣ではないが、いわゆる受付嬢の話だ。 最近は会社の受付は電話が置かれているだけということも多いが、この会社はしっかり受付嬢が数人いる。 しかし、数年単位で貢献してきた契約社員の受付嬢数名が、ある日、会社の方針で受付業務全てが外注されることになり、葬りさられてしまった。 経営コンサルティング会社だけあり、こういったことの判断はシビアなのだ。 いまや世界でも他に例がないほど「派遣大国」になってしまった日本。 少子高齢化や格差問題など、様々な社会課題に直面しています。 編集長は、つなぎの短期派遣からIT系など専門職の長期派遣まで、派遣会社も派遣先も零細~超大手まで色々と経験しました。 派遣会社は100社くらい、付き合った営業やコーディネーターは200人くらいでしょうか。 派遣の現場の現実をお伝えし、派遣で働くことを検討していたり、日本社会の一員として暮らす多くの方の役に立つ、公益性の高いサイトを目指しています。 人が人らしく暮らせる社会には、何が必要で、何が不必要なのか? 各人が考えなくてはなりません。

次の

デロイト トーマツ コンサルティング 新卒採用

デロイトトーマツコンサルティング 派遣

「自分が自分のリーダーとなって問題や課題を発見すること」 現在のDTC デロイト・トーマツ・コンサルティング がもっとも得意とするのは、アジア新興国に進出する日系企業のサポートです。 国内市場のシュリンク、さらに円高。 もはや日系企業はグローバルで戦わざる得ない状況を強いられている。 この流れは止まらないし、今後も海外進出は増える一方です。 そうした日系企業の支えとなるのが我々の仕事です。 グローバルが特別なんて意識は微塵もありません。 もちろん英語くらいはできたほうがいい。 ただ、我々が価値を発揮すべきなのは日本人エグゼクティブだから、日本語がしっかり話せることがまず大事です。 ネイティブレベルの語学力があるにこしたことはないけれど、環境に関係なく、どんな場所でもコンサルタントの仕事ができればいい。 コンサルタントの資質として、常に自分がリーダーのつもりで行動する心構えが必要です。 どんな場面でも自分が自分のリーダーとなって問題や課題を発見しないと先に進めないはずなんです。 誤解を恐れずに言えば、サラリーマン的なタイプには続けられない仕事ですね。 チームとして結果は出しても、DTCという組織で何かを提供するわけじゃありませんから。 仕事は何年目で取ってきてもらっても構わないし、自分のやりたいプロジェクトは見つけてくればいい。 引用: メッセージ - デロイト・トーマツ・コンサルティング新卒採用HP ここから読み取れるのは、同社においては 「自ら考え働くこと」や 「リーダーシップをもつこと」が強く求められているということです。 外資・日経を問わずコンサルティング業界の大きな特徴として 「自社の製品をもたず、社員という人材が企業を支える柱となっている」という点が挙げられます。 そうした企業が自社の価値を高めていくためには、「人」が自ら積極的に行動を起こしていくべきなのではないでしょうか。 また活躍の場が世界である以上、英語力はもちろんのこと、 異なる価値観に対する受容力も問われているはずです。 またこれらは、Unistyleの関連記事「」で紹介されている「努力して個人として成果をあげることができる」「リーダーシップを発揮し、周囲の人と目標を達成することができる」「価値観や立場の異なる人と協力して成果をあげることができる」という強みによく関連していると思います。 デロイト・トーマツ・コンサルティング設問 以上で紹介した「デロイト・トーマツ・コンサルティングで求められる資質」を十分に意識した上で、エントリーシートの設問を見ていきたいと思います。 また、コンサルタントに必要なものはどのようなものだと考えますか。 その理由も含めて説明してください。 600字以内 デロイト・トーマツ・コンサルティングのエントリーシートは目立って奇抜な設問がないこと、設問数が少ないことなどが特徴として挙げられます。 ただし、1つの設問に対する制限字数が比較的長いため、しっかりとした構成を考えてから書く必要があるでしょう。 採用ホームページからは、デロイト・トーマツ・コンサルティング独特の企業文化や考え方などがよく見えてきますので、自身がいかに同社の理念や働き方とマッチする人材であるかを回答の中で端的に示せれば良いと思います。 一つ目の設問 あなたが考えるコンサルタントのイメージはどのようなものですか。 また、コンサルタントに必要なものはどのようなものだと考えますか。 600字以内。 ここでは先ほどの「デロイト・トーマツ・コンサルティングで求められている資質」をよく意識した上で、あなたのコンサルティングに対するイメージを書くべきだと思います。 ただ闇雲に一般的なコンサルタントに対する印象を書き連ねるのではなく、同社に照準を合わせた上で意見を述べることでより企業研究の成果が見せられることと思います。 また「コンサルタントに必要なもの」の回答に関しては正解があるわけではありませんので、まずは相手が「なるほど」と納得できるような理由付けができているかどうかを意識しましょう。 この設問においては、自分の考えとそれに対する理由がきちんと述べられていることが第一だと思いますので、字数に余裕のない場合は無理に自身の経験を盛り込む必要もないでしょう。 二つ目の設問 あなたが最終的に入社する企業を選択する場合、最も重要視することはどのようなことですか。 その理由も含めて説明してください。 600字以内 こちらの設問では 「企業のどういった特徴があなた自身の長所や理想とする働き方とマッチして志望に至るのか」という点を論理的に記述するべきだと思います。 その際、やはりデロイト・トーマツ・コンサルティングにおける環境や同社で求められている力を意識した上で書くことができると、より説得力が増すのではないでしょうか。 企業選びのポイントを述べる設問ですので、選ぶ際の価値判断が自分のどのような経験に基づいているのかまで述べられた方が良いと思います。 最後に いかがでしたでしょうか。 採用ホームページの一部とエントリーシートという情報源だけからでも、これだけ企業の特徴が見えてきます。 同社の設問では「志望理由」が直接問われていませんが、それでもやはりあなたの同社に対する意識を設問のどこかで見せておく方が戦略的だと思います。 ここで紹介したこと以外にも企業・業界研究の材料はたくさんありますので、自身と企業の共通点をできるだけ多く見つけておけるとよいのではないでしょうか。 私が考えるコンサルタントのイメージは開拓者だ。 コンサルタントはクラインアントである経営陣の意思決定に大きな影響を与える。 また、時にはベストプラクティスを生み出し、業界全体に貢献することもできる。 このことから新しいスタンダードを第一線で作る開拓者だと考える。 コンサルタントに必要な力は、四点ある。 1.ニーズを探りだす力。 案件形成段階ではクライアントのニーズや課題はクリアになっていないことも多いと聞いている。 ヒアリングやファクト収集を通じてニーズや課題を掘り当てる力がまずは必要不可欠だ。 2.周りを巻き込む力。 解決策があっても一人では最適解に辿り着くことは難しい上、実行も不可能だ。 所属していた団体でも、まず解決策を提示し、メンバーの意見を聞くステップを踏むことで、積極的なコミットメントと質の高いアウトプットを引き出せた。 3.信頼を得る力。 信頼なくしてはクライアントの本音や重要な情報を聞き出すことはできず、良い成果物も生まれないだろう。 4.未知を楽しみ成長し続ける力。 既存のソリューションが通用しない課題に際して、それを成長の好機と捉え、楽しめなければ価値ある提案をひねり出すのは難しいと考える。 自分が団体の運営に貢献できたのも、団体を中国人学生と立て直すという未知に際して、それを楽しめたことが大きい。 上記4点が開拓者としてクライアントに価値を提供し続けるために必要だと考える。 いかにもコンサルタントとしての適性がありそうな、簡潔で分かりやすいESです。 この回答の良いところは、まず初めに結論を伝えた上で、そう考えた理由や根拠となるエピソードをその後に示す「結論ファースト」の話し方を取り入れているところです。 実際のビジネスシーンでは、自分の言いたいことを素早く的確に、相手に伝えることが求められる機会が出てきます。 結論ファーストの回答であれば、読み手にとっても、まず結論を頭の中に入れ、それをもとに原因や理由を聞くことができるので、理解しやすいと思われます。 また、「コンサルタントに必要な力」の説明については、それぞれの能力が実際の仕事の中でどのように活きるのかについて言及されているところが評価できます。 新卒採用ホームページの確認やOB訪問を通じて、実際のコンサルタントの働き方に対する理解を深めたのではないかと思われます。 あなたが最終的に入社する企業を選択する場合、最も重要視することはどのようなことですか。 その理由も含めて説明してください。 【参考】アビームコンサルティング内定者の回答 「自分で考え行動し、結果(成果)を残した最も大きな経験を教えてください。

次の

【デロイト トーマツ コンサルティング】DTCが見据える コンサル新時代

デロイトトーマツコンサルティング 派遣

デロイト トーマツ グループ 地域企業に対する経営人材紹介のプロフェッショナルチームが参画 デロイト トーマツ グループ(東京都千代田区、CEO:永田高士)は地域経済を牽引する企業に対するサービスを通じた地方創生支援の一環として、地域企業への経営人材紹介を強化します。 これに合わせ、2020年7月1日より人材紹介、派遣サービスを展開するデロイト トーマツ アンカー マネジメント株式会社の名称をデロイト トーマツ人材機構株式会社(以下デロイト トーマツ人材機構)に変更し、併せてサービス強化のために、2020年6月30日で事業を終了した株式会社日本人材機構の創生事業本部長を務めた井上雅之氏をはじめとする創生事業本部の主要メンバーが参画しました。 デロイト トーマツ グループは国内約30か所に拠点を持ち、地域において社会的使命の観点を含め下記を中心とする様々な取り組みを展開しています。 この地域企業の持続的成長には人的資源が重要であると考えており、今回のサービス体制の強化により、地域企業への経営人材紹介ニーズを的確にとらえた下記の取組みを推進します。 地域企業において、経営人材ニーズの前提となる経営状況及び戦略の方向性が明確に整理等されていないケースも存在します。 経営層へのヒアリング・討議を通じて、取り組むべき経営課題の認識、仮説に基づく対応案等を提示しながら人材要件の明確化を支援します。 地域企業へ貢献することを希望する経営人材が増加傾向にあります。 こうした人材層に対して前述のプロセスを経て明確化された人材ニーズ、今後の方向性、地域情報を含む判断材料を提供し、地域企業・経営人材双方のニーズの充足を支援し、更に経営人材の入社後の定着をフォローアップ等通じ支援します。 デロイト トーマツ グループは、日本最大規模のプロフェッショナルサービスファームとして有する圧倒的な専門性・総合力を背景に、経営人材紹介サービス機能を強化することで更に地域企業における経営課題解決に向けた包括的なサービスを提供し、引き続き地方創生支援を推進してまいります。 【デロイト トーマツ人材機構の概要】 会社名:デロイト トーマツ人材機構株式会社 会社名(英名):Deloitte Tohmatsu Human Resources Co. , Ltd. (略称:DTHR) 設立:2013年10月25日 資本金:2,000万円 代表者:代表取締役社長 福島 和宏 本社所在地:東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビルディング 事業内容:経営人材やプロフェッショナルの紹介、派遣を通じた事業承継・経営支援.

次の