顔 の シミ を 消す 方法 ニベア。 ニベアの青缶に〇〇を混ぜたら顔のシミが消える?美白効果を調査!

ソンバーユでシミは消える?馬油を顔に塗ってシミを消す効果的な使い方!

顔 の シミ を 消す 方法 ニベア

毎朝、鏡を見て「顔のシミ」を確認して地味にダメージを受けてた毎日から脱却できたのが物凄い良かった 結論を先に書くと男でも毎日のスキンケアは「仕事並みに重要」かもと言うか 超重要です。 そうすると仕事にしても勉強にしてもPDCAが回ってすべてうまく行く感じになってきますので、試してみる価値はありますよ! と言うか、 「シミ」を消すだけでこんなに効果があるとは思ってなかったので自分でもびっくりでしたw 「シミ」を消すまでの経緯 もともと色白で、そんな人にありがちな日焼けしても赤くなってそのあとはまた色白の肌に戻るという体質だったんですよね。 なので 夏でも色黒になることがなく、それはそれでイヤだったんですがそんな感じだったんで当時自分は 「シミやそばかす」などとは無縁だと思っていたのです。 そう、35歳を迎えるまでは… 35歳をすぎたある日、何気に鏡を見ているとなんとなーく「シミ」があるのを見つけました。 まま、そんな大きくもないし、濃いくもないのでとりあえず 放置でいいかとほったらかしに 笑 男なんでスキンケアなんて当然適当です。 そんな中「シミ」は 少しずつ濃くなっていってたんですね… 毎日鏡を見ていると変化に気づかなくて、嫁から指摘されるまで何も思ってなかったんですがいつのまにか「シミ」が すんごく濃いく真っ黒になっていました。 一度気になり始めるとずっと気になるんですよね、こうゆう「シミ」って… そこからはもう鏡を見るたびに 地味な「ダメージ」を抱えてる事になったのです。 こういった地味ではあるんですが「ネガティブ」感情が朝からあると、当然仕事でも マイナス思考が入っていてうまくいかない事が続いて(それだけのせいではありませんが…)ました。 そんなモンモンと悩んだ結果、色々刷新しようと思い分かりやすくスポーツクラブに入会したりw 地味に 「ネガティブ」だった「シミ」も消してやろうと思ったわけです。 (前置き長いな…) 日本酒を飲めば「シミ」が消える!?って話を小耳にはさんで そんなワケないだろと思いました。 日本酒で消えるなら最近増えてる日本酒女子は真っ白に! で、そんな話をしてた会社の女子に聞くと当然 「日本酒飲んでシミが消えるわけない」とかるーくあしらわれました… orz ですよねーっとさらに掘っていくと、その日本酒女子は コウジ酸配合の化粧品を使っててシミ的なものも薄くなって明らかに肌のトーンがあがったとの事。 オレにはわかりませんでしたが 笑 と言うか コウジ酸とはなんぞ?っと聞くと、なんでも日本酒を作っている酒蔵の職人・杜氏(とじ)の手がみんな白い事に注目されて研究をすると、お酒を造る時(発酵させる)に使う 麹の中にあるコウジ酸と言うのが、「シミ」の元凶である メラニン生成を抑制する機能があったとかで、三省製薬が 医薬部外品として厚生省から認可を貰ったのがなんと1998年、実はかなり古くから研究されている成分だとか… さらに聞くと女性向けの高級化粧品の中には美白成分として入っているらしいとこまでは酔っ払いながら覚えてた感じです。 しかし、飲み会で美白で盛り上がるおっさんと女子ってどうよ?w 翌日に覚えている(もっと色々熱く語ってくれてたらしいが覚えてない…)コウジ酸ってのをネットで調べると自分で コウジ酸買ってクリーム作ってる人もいるのを確認。 天然成分でさらに効き目がある成分が入っている事が条件の 「医薬部外品」だし、そこまでする女子がいるならまずはコウジ酸からやるかと思い調べるも見事に女性用の化粧品ばかりでした… 女性用でもいいですがやはり匂いとか気になりますから、出来れば 男用に開発されたものがいいですよね。 (百貨店とかの化粧品コーナーに買いに行くのもあれだし、いやBAさんは好きですが… 通販があってもどんなもんかわかりませんからね…) コウジ酸を買って作るってのもあったんですが面倒なのでスルーですもちろん。 そんな中、本当に男向けでは唯一と言ってもいいくらいで出会ったのが クアトロボタニコです。 と言うかよく作ってくれてたって感じです。 しかも美容系にあるあるの 定期便ではない買い方が出来る! これはずぼらな私にとってはありがたかったですね(解約を忘れるんですよね…) で、さっそくポチッと買ってみたわけです。 なんかね、肌が 明るくなってきた感じがするんですよね。 肌が明るくなるとなんだか意味もなくポジティブになるのは管理人だけではないはずです。 もちろん「シミ」はそんなすぐには消えません、てか、地味に毎日このクワトロボタニコを塗ってコウジ酸でメラニンを抑制しつつ ターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)を促していくのが「シミ」消しで一番重要なポイントです。 コウジ酸を商品化したも言ってます この毎日欠かさず塗ると言うモチベーションを 3~6ヶ月保てるかどうかがポイントです。 (重要なので2回言いました) 男でも比較的使用率が高いニベアの青缶はかなりべとべとするんですが、 クワトロボタニコならべたつかずさらっとなるのでスマホもすぐに使えるのが地味いいですw で、そんな感じで管理人は 3ヶ月ほどがんばって毎日(呼吸するかの様に) 塗り続けました…結果、薄い「シミ」はなくなると言うか ほぼ目立たなくなりました! いや、本当に目立たなくなってきた時はうれしかったですね、こうなってくるとモチベーションを維持するのも簡単で半年たったころには薄い「シミ」主体に消えていきました。 そうすると不思議なもので自分の顔に根拠なく自信を持てるように 笑 以前は鏡を見たらまず最初に「シミ」に目が行っていたし、人と話をする時も「シミ」ばかり気にしていたのですが、今では逆に 相手の「シミ」に目が行くように… 「シミ」消しをするまでは色々とネガティブな発想になりがちだったんですが、「シミ」が気にならない所まで消せた・薄くなった事でかなり ポジティブな考え方になったと自分でも思います。 気のせいか仕事もうまく回ってきたし、前よりも積極的に外へ出て行く様になりそこでもいい経験ができた事もあり本当に「シミ」消しをやってよかったと思いました。 うまくコウジ酸配合を配合している 男専用のクワトロボタニコに出会えたのも大きかったです。 実はここまでくるまでに女性の美白(嫁のやつ)化粧品を借りて匂いで玉砕したり、高かったり、思った様に結果がでなかったなど色々と試していたので、余計にうれしかったのはここだけの話w なので、「シミ」に悩んでいる男性には是非一度この クワトロボタニコを使ってみて欲しいです。 ともあれ「シミ」を消すには時間かかるので、 取り組むなら早めをおすすめします。

次の

ためしてガッテンで放送されたシミの特効薬はニベアって本当?

顔 の シミ を 消す 方法 ニベア

もくじ• ニベア コスメではもはや神!ニベアが最強な秘密って? ベストコスメになった化粧品はたくさんありますが、コストパフォーマンスの良さでニベアに勝てるものはないのでは? ニベアといえば最近は某高級化粧品(ドゥラメールですが・・・)と成分が似ているということでコスメの口コミサイトやテレビ番組などでも話題になりました。 最強クリームと言われているニベアなんですが、実際にニベアではシミ消しできる?美白効果あり?ってみんなが知りたいその辺をもっと詳しく探っていきたいと思います。 ニベアの成分(青缶) ではさっそくニベアの成分を見ていきましょう。 ニベア全成分 水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料 ワセリン、スクワランオイル、ホホバオイルなどオイリーな成分がたくさんです。 スクワランやホホバ油は肌にうるおいを与えてくれるますし、ワセリンも鉱物油なので保湿がメインのお仕事です。 商品説明 健康でしっとりした素肌を保つスキンケアクリームです。 顔にも身体にも、全身のスキンケアに家族みんなで使えます。 肌にうるおいを与えるスクワラン、ホホバオイル配合。 (by ニベアHPより) しっとり、うるおい。。。 やっぱり、そうですよね?そう思っていました。 じゃあ、ニベア美白の都市伝説はどこからやってきたのか?そして本当に美白効果はあるのでしょうか。 シミに効く?ニベアの美白効果は? すでにお気づきかと思いますが、ニベア青缶は保湿メインなので美白効果はないのです。 ニベアは、クリーム自体が白いから塗った時に 肌が白くなった=美白された と思われての勘違いだったのではないかと言われています。 そんな間違いってある!?って思っちゃいますが^^; むしろオイリーなクリームのため、がってん塗りという顔全体にぬる塗り方は要注意です。 ニキビができやすい人は症状が悪化するおそれあり。 一方、成分が似ていると言われている超高級化粧品ドゥ・ラ・メールは男性女性問わず、芸能人の愛用者がとっても多いです。 もとは重度の火傷を負った科学者がやけどの治療のために開発したクリームなので、保湿クリームと説明がありますがこちらのほうが傷ついた肌を何とかするといった点でシミに効果があるのかもしれません。 ニベアまとめ ニベア(青缶)は、しみや美白に効果はありません。 なぜなら 美白成分が入ってないからです。 とはいえ、あの独特のニオイさえ我慢できればコスパ最強な保湿クリームです。 しっとりなうるおいが欲しい時はニベアというのもありかも。 同じニベアでも買うなら断然こっちがおすすめですね。 ニベアの日焼け止めが800円くらいで鬼の数値です。 で、別のニベアの日焼け止め ノンケミカルかつ高SPF値なのがこれ。 紫外線吸収剤やアルコールに敏感な肌も、強力紫外線からしっかり守ってくれて石けんでも落とせるという優れもの。 日焼け止めにこだわりがなければ試してみる価値あり。 低価格なのに紫外線吸収剤無配合・ノンアルコール・無香料・無着色なのもうれしい! 「じゃ、シミやくすみに効果がある美白ものって?」という方は、ちょっと長いですがよかったらこちらも読んでみてくださいね。

次の

ニベア青缶に美白効果はある?シミを消す根拠はないので気をつけて!

顔 の シミ を 消す 方法 ニベア

毎朝、鏡を見て「顔のシミ」を確認して地味にダメージを受けてた毎日から脱却できたのが物凄い良かった 結論を先に書くと男でも毎日のスキンケアは「仕事並みに重要」かもと言うか 超重要です。 そうすると仕事にしても勉強にしてもPDCAが回ってすべてうまく行く感じになってきますので、試してみる価値はありますよ! と言うか、 「シミ」を消すだけでこんなに効果があるとは思ってなかったので自分でもびっくりでしたw 「シミ」を消すまでの経緯 もともと色白で、そんな人にありがちな日焼けしても赤くなってそのあとはまた色白の肌に戻るという体質だったんですよね。 なので 夏でも色黒になることがなく、それはそれでイヤだったんですがそんな感じだったんで当時自分は 「シミやそばかす」などとは無縁だと思っていたのです。 そう、35歳を迎えるまでは… 35歳をすぎたある日、何気に鏡を見ているとなんとなーく「シミ」があるのを見つけました。 まま、そんな大きくもないし、濃いくもないのでとりあえず 放置でいいかとほったらかしに 笑 男なんでスキンケアなんて当然適当です。 そんな中「シミ」は 少しずつ濃くなっていってたんですね… 毎日鏡を見ていると変化に気づかなくて、嫁から指摘されるまで何も思ってなかったんですがいつのまにか「シミ」が すんごく濃いく真っ黒になっていました。 一度気になり始めるとずっと気になるんですよね、こうゆう「シミ」って… そこからはもう鏡を見るたびに 地味な「ダメージ」を抱えてる事になったのです。 こういった地味ではあるんですが「ネガティブ」感情が朝からあると、当然仕事でも マイナス思考が入っていてうまくいかない事が続いて(それだけのせいではありませんが…)ました。 そんなモンモンと悩んだ結果、色々刷新しようと思い分かりやすくスポーツクラブに入会したりw 地味に 「ネガティブ」だった「シミ」も消してやろうと思ったわけです。 (前置き長いな…) 日本酒を飲めば「シミ」が消える!?って話を小耳にはさんで そんなワケないだろと思いました。 日本酒で消えるなら最近増えてる日本酒女子は真っ白に! で、そんな話をしてた会社の女子に聞くと当然 「日本酒飲んでシミが消えるわけない」とかるーくあしらわれました… orz ですよねーっとさらに掘っていくと、その日本酒女子は コウジ酸配合の化粧品を使っててシミ的なものも薄くなって明らかに肌のトーンがあがったとの事。 オレにはわかりませんでしたが 笑 と言うか コウジ酸とはなんぞ?っと聞くと、なんでも日本酒を作っている酒蔵の職人・杜氏(とじ)の手がみんな白い事に注目されて研究をすると、お酒を造る時(発酵させる)に使う 麹の中にあるコウジ酸と言うのが、「シミ」の元凶である メラニン生成を抑制する機能があったとかで、三省製薬が 医薬部外品として厚生省から認可を貰ったのがなんと1998年、実はかなり古くから研究されている成分だとか… さらに聞くと女性向けの高級化粧品の中には美白成分として入っているらしいとこまでは酔っ払いながら覚えてた感じです。 しかし、飲み会で美白で盛り上がるおっさんと女子ってどうよ?w 翌日に覚えている(もっと色々熱く語ってくれてたらしいが覚えてない…)コウジ酸ってのをネットで調べると自分で コウジ酸買ってクリーム作ってる人もいるのを確認。 天然成分でさらに効き目がある成分が入っている事が条件の 「医薬部外品」だし、そこまでする女子がいるならまずはコウジ酸からやるかと思い調べるも見事に女性用の化粧品ばかりでした… 女性用でもいいですがやはり匂いとか気になりますから、出来れば 男用に開発されたものがいいですよね。 (百貨店とかの化粧品コーナーに買いに行くのもあれだし、いやBAさんは好きですが… 通販があってもどんなもんかわかりませんからね…) コウジ酸を買って作るってのもあったんですが面倒なのでスルーですもちろん。 そんな中、本当に男向けでは唯一と言ってもいいくらいで出会ったのが クアトロボタニコです。 と言うかよく作ってくれてたって感じです。 しかも美容系にあるあるの 定期便ではない買い方が出来る! これはずぼらな私にとってはありがたかったですね(解約を忘れるんですよね…) で、さっそくポチッと買ってみたわけです。 なんかね、肌が 明るくなってきた感じがするんですよね。 肌が明るくなるとなんだか意味もなくポジティブになるのは管理人だけではないはずです。 もちろん「シミ」はそんなすぐには消えません、てか、地味に毎日このクワトロボタニコを塗ってコウジ酸でメラニンを抑制しつつ ターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)を促していくのが「シミ」消しで一番重要なポイントです。 コウジ酸を商品化したも言ってます この毎日欠かさず塗ると言うモチベーションを 3~6ヶ月保てるかどうかがポイントです。 (重要なので2回言いました) 男でも比較的使用率が高いニベアの青缶はかなりべとべとするんですが、 クワトロボタニコならべたつかずさらっとなるのでスマホもすぐに使えるのが地味いいですw で、そんな感じで管理人は 3ヶ月ほどがんばって毎日(呼吸するかの様に) 塗り続けました…結果、薄い「シミ」はなくなると言うか ほぼ目立たなくなりました! いや、本当に目立たなくなってきた時はうれしかったですね、こうなってくるとモチベーションを維持するのも簡単で半年たったころには薄い「シミ」主体に消えていきました。 そうすると不思議なもので自分の顔に根拠なく自信を持てるように 笑 以前は鏡を見たらまず最初に「シミ」に目が行っていたし、人と話をする時も「シミ」ばかり気にしていたのですが、今では逆に 相手の「シミ」に目が行くように… 「シミ」消しをするまでは色々とネガティブな発想になりがちだったんですが、「シミ」が気にならない所まで消せた・薄くなった事でかなり ポジティブな考え方になったと自分でも思います。 気のせいか仕事もうまく回ってきたし、前よりも積極的に外へ出て行く様になりそこでもいい経験ができた事もあり本当に「シミ」消しをやってよかったと思いました。 うまくコウジ酸配合を配合している 男専用のクワトロボタニコに出会えたのも大きかったです。 実はここまでくるまでに女性の美白(嫁のやつ)化粧品を借りて匂いで玉砕したり、高かったり、思った様に結果がでなかったなど色々と試していたので、余計にうれしかったのはここだけの話w なので、「シミ」に悩んでいる男性には是非一度この クワトロボタニコを使ってみて欲しいです。 ともあれ「シミ」を消すには時間かかるので、 取り組むなら早めをおすすめします。

次の